GⅠ・チャンピオンズC2017の回顧!

競馬オヤジの壺

GⅠ・チャンピオンズC ゴールドドリーム優勝!

おめでとうございます。

平田修厩舎 R・ムーア騎手

吉田勝己氏 ノーザンファーム生産

勝ちタイム 1.50.1 上がり3ハロン 36.2

ペース判定 スローよりのミドル

12.8 10.9 12.5 12.7 12.7 12.3 12.0 11.8 12.4

過去3年とは違い、コパノリッキーが好発しハナへ!鞍上の田辺騎手は好走の8割以上はゲートと考えていたのかもしれません。ゲート後、外からテイエムジンソクが掛かりそうになりながら並びかけるも、隊列が確定し落ち着いた流れに!

向こう正面では前走のコリアCで逃げて勝ったロンドンタウンが掛かって上がって行くも大きな隊列に変化はなかった感。

ペースがペースだったこともあって、馬群は割と密集。後方の馬達は進路をどう確保するかが大きなポイントに!

勝ったゴールドドリームはそこそこのスタートから中段のインを確保!向こう正面では馬群の中もやや外めで、進路を確保しやすいポジションに。ペースからコーナーで上がって行く馬が多い中、ムーア騎手の手は動かず直線まで脚を溜めていました。直線では仕掛けたアウォーディーの後方が空き、その外側から一気に強襲。ラスト2ハロンは凄い脚を使いました。ちなみに3ハロンでもレースの上がりより1.0上回っていたのは凄い。元々、ワンターンコース向きとの先入観から評価し切れませんでしたが、馬体写真では一番良く見えた馬。鞍上も世界のTOP、R・ムーア騎手ですから積極的に買うべきでしたね。それにしてもムーア騎手の騎乗は素晴らしいの一語!既に様々言われていますが、あの騎乗ができる現役日本人騎手ってどうなんでしょう?いずれにせよ関係者の皆さま、おめでとうございます!

2着のテイエムジンソクはパドックで凄く良く見えました!同馬の場合、パドックで柔らか味のある筋肉で悠々と、そこそこの歩幅でで歩いている時は調子が良い時。ホテルクラシックで古谷コンシェルジュが調教評価を低めにして(C評価)いましたが、元々ウッドでは走らないタイプ。またレース直前に坂路調教というパターンも今まではあまりなかったのかな?中京の坂克服のため、背腰を強化したのかも?鞍上の古川騎手の溜めた騎乗についても様々言われていますね。もっとペースを作っていれば!的な。確かにラップ的にはテイエムジンソクの得意とするラップではなかったですね。ただ初のGⅠで経験のないコース。そういった面から慎重になったのでしょう。前任の主戦についての云々もありそうですが、馬自体は来年ピークの可能性。成長にあった育成という考えもあるのでは?ただ個人的には東京大賞典に出て欲しかった。また芝馬と違って、ダート馬の場合、休養の取り過ぎが吉と出ないケースがあるとの考え方も。テイエムジンソク自身、ココまで長距離輸送や(関西圏や滞在競馬中心)坂のあるコースを敢えて避けて成長にあったレース選択をしてきたのは間違いないのでは。指数的にはGⅠに十分手が届くところには来ています。う~ん、そう考えるとやはり陣営の狙いは来年のJBC(京都開催)なのかな?と。

3着のコパノリッキーは好発から先手を取ってレースを支配に!前走1200mを使ったことが出っぱにはプラスの感。ただ最後に垂れて3着になったのはその弊害の可能性も。何とも言えませんが、人馬ともよく頑張ったでしょう。引退レースになる東京大賞典に向けて良いレースができたのでは?

競馬オヤジが馬券の中心に据えたケイティブレイブは4着に。正直、パドックでは他馬との比較で迫力としては少々物足りなかったのも事実。使っていますが、まだ馬が若い可能性も。背からお尻!そして後肢の形、纏っているややタルめの筋肉の質からも瞬発力にはやや欠け、長く脚を使うタイプ。ただ逃げ先行では競り掛けられるとやや淡泊な面も。GⅠクラスになると少々脚の使い所が難しいのかもしれません。また坂で伸び切らなかった面から少々、背腰のパワーが甘いのかも?交流重賞向きなのかもしれませんね。タフな馬なので次走に期待でしょう。

5着のアウォーディーは何ともだなぁ…。直線ではまずまずの伸びも顔を外(右)に向けてましたしね!確かに勝ち馬との瞬発力の差はあるでしょうけど、昨年やドバイでの強さを感じなくなってしまったのは少々不可解。1800mでは距離が足りない可能性も、馬体写真から衰えは感じなかったので、相当気難しくなってしまったのかも?鞍上は最善の騎乗をしたと思いました。

2番人気で11着のサウンドトゥルーは後方差し位置から馬群を突くも、進路確保に時間を要しペースも落ちついてしまったため不発に。昨年はペースは馬群のバラけ具合はもちろん、コレしかない!大野騎手の見事過ぎる騎乗でしたからね。馬体を見た感想他でもコメントしましたが、16頭(今回は15頭)立てのフルゲートGⅠでは相当上手くいかないことには厳しい脚質。個人的には今回馬券買いませんでした。縦長になり易い交流重賞、特に大井競馬では見限れまんけどね。次走の東京大賞典ではコパノリッキーと共に引退レース。どちらが有終の美を飾るか?それとも…。

他の馬にも見解はありますが、長くなるので今回はここまでにします。ちなみに競馬オヤジとしては1枠2頭からの3連複中心に3連単を少々。ゴールドドリームが飛んでこなければ!!!

今週は阪神競馬場で2歳牝馬のナンバーワン決定戦!GⅠ阪神ジュベナイルフィリーズが行われます。今回は動画サイトの方にちょっとしたデータと馬体を見た感想他をUPする予定です。良かったらご覧くださいませ。

by TEAM 競馬オヤジ

 

Posted by KeibaOyaji