有馬記念2107の枠、最終追いを見た上での感想他。

競馬オヤジの壺

今日は有馬記念です!クリスマスや年末というコトも相まって物凄くワクワクするんですよね。しかも今回は現役最強の呼び声高いキタサンブラックの引退レース。オーナーは北島三郎さんで鞍上は武豊騎手!馬自身もGⅠ6勝と華のあるチーム。ココまで競馬を盛り上げてくれた功績もありますし、勝ってくれた方が盛り上がりそうなので有終の美を飾って欲しいという気持ちは強い競馬オヤジですが、じゃあ本命か?と言われるとかなり迷っているのも事実。

ちょっとしたデータと馬体を見た感想他の動画サイトでは何だかんだ、キタサンブラックVSスワーヴリチャードになっちゃいそうなので、3着に人気薄という狙いでコメントしました。ただなぁ…、推奨したサクラアンプルールが、最近調子良いようですが、キャプテン渡辺さんと一緒。ちなみに東スポの虎石トラックマンもサクラアンプルールだそう。同じ土曜競馬中継出演の豊島トラックマンはトーセンビクトリー、ジャンポケ斉藤さんはクイーンズリングだそう。

ホテルクラシックでは須田コンシェルジュが、シャケトラ!古谷コンシェルジュがキタサンブラック!棟広コンシェルジュがキタサンブラック!辻コンシェルジュがサトノクラウン!津田コンシェルジュがキタサンブラック!栗山コンシェルジュがシュヴァルグラン!

アンカツさんはシュヴァルグランが本命だそうですね。船橋の森泰斗騎手はキタサンブラック!金沢の吉原寛人騎手はシュヴァルグランだそう。大井のレジェンド・的場騎手はキタサンブラックだったかな?

一年の総決算のグランプリらしいですね。ただ馬柱を見ると幾つか考えないといけない面は多いと思いました。まず、出走16頭中なんと12頭が社台グループの生産馬。特にノーザンファーム生産馬が10頭。切り札のディープ産駒がミッキークイーンのみの出走でも層が厚い。昨年のサトノの連携のようなことはあるのかなぁ?JCでは社台から可愛がられてる柴山騎手が馬主は違いますがディサイファで少々突っつき気味でしたからねぇ。陣営から先行を示唆されていたならば勝ちに行った!って言えますから。そう考えるとカレンミロティック辺りが突っつく可能性って結構ありそう。

とはいえ、キタサンブラックも社台ファームでの種牡馬入りだぞ!っていう意見もありそう。ただココでGⅠ取れなかったとしても価値は下がらないと思うんですよね。

そういえば、某掲示板に真偽不明もキタサンブラックのノドに軽い疾患が出ているという情報がありました。あくまでも真偽不明なので当てには出来ませんけどね。普通、ノドに疾患(喘鳴症等)が出るとさすがに秋2戦のような走りは難しいでしょうから。

調教でおっ!って思ったのはヤマカツエース、サトノクラウン、スワーヴリチャード、サウンズオブアースかな?ヤマカツは寒くなって調子を上げている感。ただ前走時も悪くなかったのにあの結果。個人的には東京の路盤が合わないと見ているので、この気温と中山コースということで無視は禁物。サトノクラウンは既にいわれているように背腰の疲労を残さないためにポリでの最終追い。いつ走るか分からないタイプも、活気が漲っているように見えたのはさすが堀厩舎。スワーヴリチャードに関しては賛否あると思います。右回り対策じゃないか!?っていう面も強いですし。また調教後の馬体重が結構増えていたのもどう解釈するべきか?ただかなり順調な成長を遂げている気がします。現4歳世代のように厳しいレースで成長を阻害されなかった(陣営の英断もあって阻害されなかった)ことで素晴らしい馬になってきたのかなと。サウンズオブアースは調教自体は抜群でしたし、馬体写真も良かったんですよね!ただこのところの成績がなぁ。復活を期したキツい調教という見方もありますから。

そういえば春の時点ではレベルが低いと言われた3歳牡馬ですが、秋になって古馬混合の重賞勝ちまくってます。こういった年は世相を反映する有馬記念も例に及ばず3歳馬の活躍が顕著なんです!個人的にはJCをパスしてソウルスターリングに出て欲しかった。

いろいろ述べましたがボチボチ結論にしたいと思います。

元々は日経賞で強いレースをしたシャケトラが大仕事しそうと思っていたのですが、秋一連の走りから疑問先行。TOP厩舎の角居厩舎といえどもどこまで立て直せるのか?馬自身のメンタルがちょっとチグハグというか、焦っているようにも思えるんですよね。抑えには入れますがどうでしょう?

キタサンブラックに有終の美を飾って欲しいなんて言っておきながら、本命はスワーヴリチャードを指名する予定。M・デムーロ騎手の「プライベートが大変」というコメントは気になりますが、普段のデムーロ騎手ならば!

相手にはキタサンブラックでいいかな?と。馬体自体素晴らしいのですが、やはり春の天皇賞の時には及ばないのも事実。坂路3本追いしてないですからね。馬体自体がしなやかになっている印象が強いですから。

シュヴァルグランも好走はしそう。ただ前走は全てが上手くいった印象が強かったんですよね。鞍上も連続騎乗なので今回も素晴らしい騎乗の可能性はありますが、前走同様キタサンを必要以上にマークしそう。それがどう出るか?またJC自体2着だったレイデオロの方が強い競馬をしたと競馬オヤジ的にはジャッジしていますので。管理する友道先生は吹かす人ではないのでコメントに信用性は高いので状態は良い意味で平行線だと思うのでもちろん無視はしませんけど。それなら昨日の馬場状態からもハマる可能性のあるサトノクラウンの方がオッズ的にも魅力を感じるかな?とにかく馬がやる気になれば!鞍上は世界のムーア騎手ですから、何とかしそうです。

後は元々狙っているサクラアンプルール!枠は微妙も秋天からの直行は好感です。馬自身気が強いタイプなので、上級GⅠでも食らいつくと期待。他ではヤマカツエース、レインボーラインにブレスジャーニー辺りにも展開を味方に2,3着の突っ込みを期待した馬券にする予定。

このところ王道馬が強いですが、有馬記念ってマイラーが好走するなんてケースがあるんですよね。またノーザンチームのキタサンマークで前掛かりになって、ノンストレスの差しが決まる!なんてこともありそう。

いずれにせよ、素晴らしいレースを期待したいですね。では有馬記念キッチリ勝ちましょう。

by TEAM競馬オヤジ

 

 

Posted by KeibaOyaji