ホープフルS2017と東京大賞典について!

競馬オヤジの壺

今日は新設のGⅠ、ホープフルSが行われます。昨年までの傾向やこのレースの好走馬のその後など、まだまだ微妙なところはありますが、JRAや大手牧場、有力馬主からのプレッシャーもあったのか、なかなかの好メンバーが揃った感。

優秀な指数を出した馬もおりますが、どこまで信用できるのか?能力比較も難しいところはありますが、どの馬が有力なのか?推理していきたいと思います。

まず馬体が垢抜けて魅力的だったのはフラットレーとジャンダルム。それとサンリヴァルかな?

ルーカスに関しては、実際、新馬戦のレベル(高レベル)や東スポ杯2着など既に素晴らしい素質を見せています。ただ馬体を見る限り、兄のモーリス同様、成長のピークはまだまだ先なのでは?立ち姿の力感はなかなかも、皮膚の感じや各パーツのしっかり度、またシルエットがボヤっとしているというか…。東の名門・堀厩舎所属なので早くから使えてる印象が強いかな?しかも今回は調教で、騎乗した調教助手が落馬し、放馬というアクシデント。元々、堀調教師的には、ココを使いたくなさそうなコメントも見受けられましたので、ちょっと評価を下げた方が良さそう。能力でアッサリの可能性も否定できませんし、鞍上はM・デムーロ騎手ですが、印的には注が妥当なのかな?

馬券的に中心視し易いのはサンリヴァルでしょう。中山も経験していますし、調教の動きも良好。管理する藤岡健調教師が同馬のセールスポイントとして、柔らか味と勝負根性を挙げていました。馬体写真からは柔らか味よりもパワーを感じたのですが、身近にいる関係者の方がそう見ているのであればそうなんでしょう。本命候補というのは変わりなしでしょう。

ただ相手にはフラットレーを挙げる予定。パドックの気配如何によっては、本命と逆転するかもしれません。前走の敗戦に道悪等をいあげていますが、今更ながら思い出したことがあります。アイビーS出走のために美浦へ輸送中にアクシデントがあり(確か蹄だったような)出走回避との報があった記憶が。輸送中に落鉄して蹄鉄を止める釘が云々と。血統や馬体からもパワーがありそうなので、道悪以上にそういった面が誤算だったのでは?現状、対抗も気配次第では本命もあり得るというところです。

単穴にはタイムフライヤー!数々の名馬を管理・育成した名伯楽・松田国調教師が送り出すクラシック候補。馬体も流線形で窮屈さがなくまた、トモのボリュームなど素晴らしいポイントが多々。ただキ甲や前肢の感じからも馬体はまだまだ幼く感じます。上がりのかかる展開は向くでしょうしC・デムーロ騎手がどう乗るのか?は興味深いも(勝ちに行くか)陣営的にはクラシックを見据えていそう。ただ前走の感じからも中山は合うのでは?ちなみにアンカツさんは本命だそうです。

☆には馬体から可能性を感じるトライン。ディープインパクト産駒の良い特徴を持っており、能力が結構高い可能性。前走、楽に先手を取って上がり1位は優秀も、逃げたことが少々気に入らないかな。とはいえ馬としては高評価しています。育成如何によっては!!!

注には前述のルーカスを!

ジャンダルムは絶好調の武豊騎手が折り合いをつけて何とかしてしまうかもしれませんが、距離とコース形態、重めの馬場への適性がどうなんだろう?2歳限定戦なのでどうにかなるケースはあるも、ワンターンのマイル~1800mベターな気がするんですよね。調教も良かったとは思いますが、人気しそうですからね。評価的には△2かな?

△1には中山がハマるかも?という面でジュンバルロ。スケール感は現状何ともも、馬の育成に長けた友道厩舎ですからね。どんな馬に作ってきたのかは見物でしょう。人気はないですが先行して馬券圏内の可能性はあるのでは?

ステイフーリッシュは馬体からだと手が出しづらい。とはいえ血統や厩舎は優秀なので、直前の気配が良ければ抑えるかな?

JRAの競馬も年内はこれでおしまい。終わり良ければって上手くいくといいですね。

競馬オヤジ的には29日の東京大賞典での大勝負を予定。当日は現場に行けそうなのでキッチリ馬券をゲットしたいと思います。動画にもコメントしましたが、今のところインカンテーションを本命予定。相手には迷っていますがサウンドトゥルー!ただボチボチ世代交代もしないと。ケイティブレイブは優等生的に乗ると意外と使える脚が物足りない。思い切った騎乗できればでしょう。アポロケンタッキーは馬体重というか、太め残りには注意。ただ使い詰めよりもフレッシュな方が走るタイプなので、仕上がり次第でしょう。ロンドンタウンは韓国遠征にGⅠ出走。状態の維持ができているか見極めないと。ミツバは鞍上魅力も、内枠がどうか?それで嫌われるなら逆張り的に狙っても良いかも?

地方の期待を背負ったヒガシウィルウィンも評価は高めですが、人気し過ぎる可能性もありますからね。中央馬の取捨に関しては、ココまでの臨戦過程とどこを勝負レースとしていたか?で考えています。

ではホープフルS&東京大賞典で馬券ゲットできますように。良いお年をお過ごしください。

By TEAM競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji