年末年始の競馬についてのちょっとした感想他!

競馬オヤジの壺

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。

さて年末年始の馬券成績はいかがでしたでしょう?個人的には読みが甘い面があり、トントンといったところ。動画やブログをご覧いただいている皆さまに有益な情報もイマイチ流せず大反省といったところ。また年明けの3日間、当方の都合で動画のUPができずスミマセンでした。

さて、ファンやマスコミでは既にいろいろ言われていることですが、今年は今まで以上に騎手が誰なのか?を重視する必要があるかな?と。某大手生産牧場等が以前からJRA生え抜き騎手に対して苦言を呈していましたが、このところの外国人騎手及び地方出身騎手の顕著な活躍は単なる馬質の問題ではないと思いますね。今年はその辺のコメントを強化したいと思います。

個人的にはその技術を認めつつも、有馬記念と東京大賞典での福永騎手の番手競馬は何だったのだろう?と。レースの想定時から須田コンシェルジュが指摘していた通りの展開になった時はさすがに笑っちゃいました。力差のある馬が、強い逃げ馬の番手に控えて差すことはかなり至難の業。むしろ突き放されて後ろから差されるのが過去の例を挙げるまでもないんですよね。

引退したホッコータルマエと幸騎手が強引とも思えるコパノリッキーへのプレッシャーは単独で逃がした時のコパノリッキーの強さを知っていたからでしょう。また後ろからやられたら仕方ないという潔い、あくまでも勝ちにこだわった騎乗だと。

福永騎手は当たりが柔らかいタイプで敏感な馬の折り合いには定評があります。またペース判断も良好で馬に余力を残させるのも優秀。ただ意外性は物足りなく感じるかな?昨年末のGⅠではそういった面が出たのかな?と思いました。確かに騎乗している以上、馬の個性を生かし1つでも上の着順を目指すのは騎手として当たり前。でも名勝負が生まれるのはそういった優等生然とした騎乗からだとあまり無いような…。昨年の宝塚記念の騎乗が尾を引いているのかな?個人的にはあの勝負はアリだと思っていますけどね。地方ではよくあるケースですから。むしろその後の行動が馬主さんの怒りに油を大量に注いだのではないでしょうか?

逆に京都金杯での武豊騎手の騎乗はさすがの一語。末脚のTOPスピードはかなり優秀も小脚がイマイチ使えず反応にも時間がかかるブラックムーンを、前掛かりで先行勢にプレッシャーがかかったの馬群の後方にジワッと進出させ、直線はノビノビと走れる外へ!2着の浜中騎手も大外枠から馬群に潜り込ませ馬の間を縫った見事な騎乗も、武豊騎手には及ばなかった感。3着のレッドアンシェルについては、馬体的にも実績的にも1番人気が重かったのではないでしょうか?

勝ちタイム1.34.3(上がり3ハロン35.1)で、ラップ的には12.2 10.6 11.4 12.6 12.4 12.1 11.4 11.6のミドルペース。ペース自体はミドルも先行勢にプレッシャーがかかりそうな展開でしたし、実力馬に差し馬が多かったという面も。ブラックムーンの末脚が単にハマったという見方もあるかもしれませんが、武豊騎手の騎乗あってのものだと思います。ブラックムーン自体の上がりが33.9でレースの上がりとの差は1.2もありますから。今後も様々な理由で脚の使い所の難しい馬が武豊騎手に乗り替わった時は積極的に買うべきでしょう。

中山金杯でのセダブリランテスの戸崎騎手の騎乗も良かった!ジワッとした脚しかないので3角から追い出した好判断。前走、乗ったことでキャラを理解していたのでしょう。2着のウインブライトは器用なタイプで中山巧者。ただ馬体的にはまだ成長の余地がありそうな気がします。もう少し、シルエットに伸びが出て、筋肉にメリハリがついてきたら更なる前進が見込めるのでは?父のステイゴールドは成長力がある、やや晩成タイプ。母父のアドマイヤコジーンは2歳時から活躍も、6歳で安田記念を制しました。コジーンの系統は、カリスマオーナーブリーダー・岡田牧雄氏が気に入っておられる系統で、成長力がありタフな馬が多い印象。そういった面からもまだまだこれから強くなる気はします。ただコースと馬場は選びそうですけどね。

勝ちタイム1.59.8(上がり3ハロン35.3)で、ラップ的には12.3 11.0 13.2 12.3 12.7 11.3 11.7 11.5 11.6 12.2のスロー!本来上がりのかかる重めの芝の小回りコースが向いているセダブリランテス的には向かないラップも、勝ち切ったのは大きいでしょう。ただキャリアが浅いとはいえ、ハンデが0.5~1kgは軽かった印象もあるんですけどね。

そういえば、セダブリランテスってディープブリランテ産駒なんですね。個人的にはディープブリランテ産駒って、馬格に関わらず骨量がバランス的に微妙な馬が多い感。これは馬格とは関係なく、バランス的な印象。かのディープインパクトは小柄ながらも、骨格自体はしっかりとし、体高もあり骨自体は逞しかった印象。このバランスの悪いタイプって上級レースになると底力が不足してしまう印象が強いんです。特にダートでは!大井や川崎で散々馬を見てきたからなのかな?ただ芝でも近いところはあると思います。過去の名馬の馬体でこういったバランスの悪さを持った馬っていたのかなぁ?先に述べたディープインパクトもオルフェーブルもナリタブライアンもキタサンブラックもジェンティルドンナもウォッカもダイワスカーレットも!バランス良かったと思っています。

ちなみに京都金杯の1番人気・レッドアンシェルに関しても、ディープブリランテ産駒ではなく、血統こそ違いますがそういった面が見受けられるかなと。ややタルめながら馬格の割に優秀な筋肉量を誇っていますが、こういった面からレースレベルが上がるとどうなんだろう?と疑問先行。GⅢならいずれチャンスは巡ってきそうですが。ま、今後の成長に期待ですね。

フェアリーSでは戸崎騎手騎乗のプリモシーンが見事な差しで勝利。勝ちタイム1.34.6(上がり3ハロン35.0)で、ラップ的には12.5 11.5 11.9 12.1 11.6 11.6 11.6 11.8のスロー!

キャリアが浅く、メンタルが超デリーケートな明け3歳牝馬の1戦ですから、ちょっとしたことが命取りに!1番人気で6着に敗れたテトラドラクマは枠が厳しかったかな?鞍上の石橋脩騎手が位置を取りに行ったことへの云々はあると思いますが、あれが石橋脩騎手のキャラでもありますし、馬の個性を生かす方法。ルーラーシップ産駒はスローの上がり勝負よりもある程度流れた方が良い面もありますからね。仕方ない敗戦だったのかも?ややワンラップの先行脚質ですが、東京のような広く長い直線の方が良いのかも?未勝利戦の走りから持っているものは決して低くないので今後に期待できるでしょう。

勝ったプリモシーンは大型のディープインパクト産駒!馬体的にはまだ幼いも今後が楽しみな1頭。今やシルクのNo,1ジョッキーとなった戸崎騎手はどの馬でクラシックに行くんでしょうね?

そういえば、戸崎騎手は一昨年の12月に攻勢をかけリーディング(2016)を奪取しました。ただ年末に勝てそうな馬を集めたその反動からか、年明けは(2017)馬質的にもやや苦戦。昨年はリーディングにあれ程こだわり、GⅠ出走すら捨て裏開催で騎乗し、ファンに何と言われようともリーディングを目指しましたが、12月に入ってルメール騎手との差に、早々に諦めた感じでした。それが全てこの年明けダッシュに繋げることだったとしたら大したもの。今年はGⅠでも期待できそう。元々、南関東では上級重賞での勝負強さは目立っていましたから。昨年の戸崎騎手の騎乗っぷりにはガッカリしていた競馬オヤジですが今年は改めて期待したいと思います。

その戸崎騎手が3日間連続重賞制覇したシンザン記念。アーモンドアイは強かった!マスコミやファンの間でも既に桜花賞はこの馬では?なんて声もチラホラと。勝ちタイムは1.37.1(上がり3ハロン35.3)でラップ的には12.2 11.1 12.4 13.3 12.8 12.1 11.7 11.5でスローペース!

タイムは悪いも朝からの雨で馬場は重め(発表上は稍重)。しかも内が伸びる馬場を外から鮮やかに差し切りました。しかもレース自体、後掲ラップです。正直、相当な器でしょう。管理する国枝厩舎も牝馬三冠の戦い方を知っている厩舎。阪神JF上位組と未対戦なので今から楽しみですね。走法や脚先の感じから馬場が悪化しても大丈夫そうですし、気性や馬体からもある程度なら距離も融通が利きそうです。

最後に今週のレースの動画UPは微妙です。スミマセン。その場合はブログに何らかUPしたいとは考えております。もし良かったら覗きにきてみてください。では今年も良い年でありますように!

by競馬オヤジ

 

Posted by KeibaOyaji