京都記念2018のちょっとしたデータと馬体を見た感想他!

競馬オヤジの壺

ちょっとしたデータ!

4,5歳馬が好成績で7歳以上はやや苦戦。前走着順はまちまちで、前走クラスはGⅢ以上。脚質は逃げ~差し。牝馬でも互角に!連対率的には関東馬も互角。ミスプロ系が父もしくは母父の系統なら〇。

続いて登録馬!
指数と馬体を見た感想他のコメント。プラス材料大は赤文字、プラス材料小にはオレンジ文字。マイナス材料大には紫文字、マイナス材料小には青文字

※指数については出走馬の過去指数の相対的なものになります。また過去最高指数に近走状態を加味しており、国内レース中心・当該距離にて評価しております。A~Eで想定。A本命級 B次点 C連下なら D恵まれて E厳しい 更に同じランクでも上下を付ける場合もあります。3歳戦の場合、サンプルが少ないので指数は拮抗しています。
また昨年及び今期成績の良い厩舎力の高い厩舎(東西リーディング10位以内と重賞成績をメドとする)にはを!

競馬ブックや競馬ラボに馬体写真があります。またそこに馬体のコメントもあります。参考に!

アクションスター 指数D 8歳牡馬 栗東音無厩舎 太宰騎手予定 前走GⅡ日経新春杯9着 サンデー×ロベルト

41戦消化の明け8歳馬。馬主孝行の頑張り屋さんですが、ココは頭数的にも入着狙いか?馬券的には厳しい。

アルアイン 指数B 4歳牡馬 栗東池江厩舎 川田騎手予定 前走GⅠ菊花賞7着 サンデー×ボールドルーラー

相変わらず迫力ある馬体ですが、3歳時からメキメキ成長している感!首、胸前、胴、トモには収縮力の強そうな筋肉でプリプリしています。四肢は軽く、繋ぎのクッションは良好。胸囲が大きいというか、結構胸が深いので、心肺機能が高いのでしょう。そういった面から距離の融通性は高そうも、バランス的に重心が低いのと多めの筋肉量からも本質は中距離適性の可能性。ディープ産駒ですが、軽い瞬発力勝負よりも長く良い脚を使うタイプ。今回、騎乗する鞍上からもレースの主導権を取りに行く可能性。

クリンチャー 指数C上 4歳牡馬 栗東宮本厩舎 藤岡佑騎手予定 前走GⅠ菊花賞2着 サンデー×ロベルト系

やや硬質で粗めの筋肉の質に感じます。父のディープスカイ産駒の特徴でもありますが、母系の影響も強そう。アグネスタキオンの血って配合によりますが、大を重ねることでダート向きになってくる印象も。骨格的には四肢が真っ直ぐでやや体の線は硬いのですが、こういった面からステイヤー的資質を備えているのかな?四肢は軽く繋ぎのクッションも良好。後肢の感じたシルエットから長く良い脚を使うタイプでしょう。背が少し短い印象もあるのですが、こういった血統構成の馬ってやはり適性距離が長めの印象。腹袋があり、スタミナや底力が問われるレースに適性がありそう。写真から仕上がりは良さそうも、典型的な叩き良化タイプでは?

クロコスミア 指数B上 5歳牝馬 栗東西浦厩舎↑ 岩田騎手予定 前走GⅠエリザベス女王杯2着 サンデー×ボールドルーラー

ステイ産駒牝馬は馬格や気性面から上手く成長できないタイプが、過去多く、古馬牝馬での活躍馬は少なかったのですが、このところ同馬やアドマイヤリードの頑張りでその印象は払拭されつつあります。むしろ同馬に関してはその成長力は正にステイ産駒(母系がやや完成が早い傾向)と言えるでしょう。馬格自体は小柄も四肢はスラッとし伸びやかなしっかりしたシルエット。首、胸前、背、トモには身が入っています。今回、冬毛が目立っていますが、追い切りの動きが良ければ問題ないか?とっても整った顔をした美人さんでは?

ケントオー 指数C 6歳牡馬 栗東西橋厩舎 小牧騎手予定 前走GⅢ中山金杯8着 サンデー×トゥルビヨン

3~5歳春の時点ではOPで好走し高指数を掲示!血統的には成長力はありそうも、重賞では頭打ちか?それともスランプか?

ディアドラ 指数B 4歳牝馬 栗東橋田厩舎 福永騎手予定 前走GⅠエリザベス女王杯12着 ダンチヒ×サンデー

オークス時にも動画サイトでコメントしましたが、パッと見は無骨というか、皮膚も厚めで筋肉の質もやや粗めで少々古臭い馬体の印象。ただ昨秋の秋華賞やエリザベス女王杯時にはもっと垢抜けていたような…。骨量が豊富で良い意味で体幹強いも骨格に余裕がありそうなので使い減りしないのかな?四肢の生えている箇所は前後に広めで真っ直ぐ。何となくですがパッと見は父のハービンジャーに似てる気がします。既に実績はありますが、手先や蹄の感じから馬場の悪化は有利ですね。タフなだけに叩き良化タイプに見えるんですよね。今回は休み明けっぽい雰囲気なので、最終追いと直前の気配でガラリ一変がなければ次走に期待!?

プリメラアスール 指数C下 6歳牝馬 栗東鈴木孝厩舎 酒井学騎手予定 前走GⅢチャレンジC9着 サンデー×ダンチヒ

一昨年のエリザベス女王杯ではアッと驚く5着も重賞では苦戦傾向。単騎スンナリでどこまで踏ん張れるか?

ミッキーロケット 指数B上 5歳牡馬 栗東音無厩舎 松若騎手予定 前走GⅡ日経新春杯4着 ミスプロ×ヌレイエフ

厳寒期も毛艶ピカピカで銭形が浮いて見えます。状態は良好でしょう。キンカメ産駒らしい筋肉量に腹袋がありパワーと底力は相当。四肢はスラッと長く真っ直ぐ。前後のバランスの取れた垢抜けた馬体の持ち主。3歳時から評価してるんですが、昨年は上級重賞ではやや足踏み。成長度の問題もあるでしょうが、サンデーの血を内包していないので、一瞬の脚がなくキレ負けしたり展開に左右されるのかな?今回は斤量が有利に。鞍上が先週の件を引き摺らず、積極的に乗れば!

モズカッチャン 指数A下 4歳牝馬 栗東鮫島厩舎 M・デムーロ騎手予定 前走GⅠエリザベス女王杯1着 ダンチヒ×ミスプロ

良好なハービンジャー産駒らしく、ややタルめも割と繊細で収縮力もそこそこの筋肉を多めに纏っています。胸前やトモの迫力は抜群。四肢は軽く真っ直ぐで、繋ぎのクッションは良好。蹄底は結構ありますね。腰角がかなり深く、斜尻気味なので立ち方によって背っ垂れに見えたんですが、成長もあり解消してきた感。骨格に良い意味で余裕があり、可動域は広そう。体幹的には馬体というより過去の走りからも強く運動神経も良さそうに思います。クレバーなタイプで鞍上の指示に従順な面はいいですね。性格もあるのでしょうけど、陣営(人間)との信頼関係がしっかりしているのでしょう。毛艶良好で銭形が浮いています。後は牡馬一線級との力関係では?

レイデオロ 指数A上 4歳牡馬 美浦藤沢厩舎 バルジュー騎手予定 前走GⅠJC2着 ミスプロ×ロベルト

成長力のある良血馬だけあって、昨秋からも更に成長の跡。骨格が更に伸びやかになり、元々多めだった筋肉量も更に充実。骨量豊富で逞しい骨格をしていますね。キ甲が抜けてきましたが、馬体的にはまだまだ良くなりそう。ゆっくり成長を促す藤沢厩舎向きの成長力の持ち主でしょう。皮膚が薄くムダ肉が付き難いタイプなのかな?四肢は軽く、後肢はやや曲飛気味ですが蹄の感じや血統からも多少の馬場の悪化には対応しそう。同馬もサンデーの血を内包していないんですよね。距離やコースの面はあるも過去のレースで33秒台の脚は1度。血統からも底力抜群のタイプなので、王道の競馬をすれば大丈夫かな。そういった面から同馬を知り尽くした鞍上が乗れないのは少々不安。とはいえ現役古馬の中距離~クラシックディスタンスではナンバーワンの可能性。負けられない!?

総評~っす!

現役古馬最強は同馬では?と思わせてくれる馬体と成長度を見せるレイデオロ。始動戦とはいえココは通過点でしょう。この先、サトノダイヤモンドやシュバルグラン等、違う世代の王者との戦いや海外遠征も視野に入っているとの報がありますからね。不安材料としては、ルメール騎手が乗れないこと。バルジュー騎手も達者ですが、主戦じゃないですから。

と、まぁまたつまらないコトをコメントしてしまっています。相手にはミッキーロケットを指名したいところ。ただ先週のダノンマジェスティの件を厩舎・鞍上とも引き摺っていなければいいのですが。また同馬もレイデオロ同様、主戦の和田騎手が騎乗停止中なのがどう出るかはありますが、松若騎手が通常通り積極的に乗れば新味が出そうでおもしろいと見ています。

単穴にはモズカッチャン。牡馬との力関係が不明も、先週のリスグラシューを見る限りやれるはず。同い年のダービー馬はかなり強力ですが、こちらは主戦のデムーロ騎手騎乗。勝負強いことや追える技術はもちろん、ペースや馬場読みも相変わらず素晴らしい。今回、頭数少ないも前掛かりの競馬の可能性(途中からかもしれませんが)から、モズカッチャンとどの位置で競馬するのか?楽しみですね。

☆にはアルアイン。印上は4番手も馬としてはかなり評価しています。皮膚の感じやフォルムは良好もあの菊花賞を走ったダメージは本当にないのか?まぁリーディングトレーナーですから取り越し苦労の可能性大も同馬が2番人気でしょうからねぇ。目標は大阪杯や宝塚記念になるのかな?

クロコスミアはエリザベス女王杯は良かったも、ココは相手が違いますし少々前掛かりの展開になる可能性。本来は小回り平坦向きでもあり…。

ディアドラは馬場が悪化したらかなり有力になりそうも、仕上がりがどうなんだろう?関係者のコメントやトラックマンの評価は悪くないどころか高評価も、秋華賞の時の写真と比べると微妙なんですよね。上でもコメントしましたが最終追いと直前の気配が良ければってとこかな?

クリンチャーも休み明けとしてはこれまでで一番との報。ただあくまでも始動戦であり、典型的な叩き良化型ですからね。ディアドラ同様直前の気配次第もこの2頭はあまり積極的には…。

今週末は天候が微妙なので、馬券的にはそういった面はかなり考慮しないといけませんね。では京都記念!頭数は少ないですが絞ってキッチリいきたいですね。

では勝てますように!

by競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji