弥生賞2018!ちょっとしたデータと馬体を見た感想他!

競馬オヤジの壺

今週は中山競馬場で弥生賞が行われます!皐月賞のトライアルではありますが、ココをかってダービーも勝った馬が多いクラシック最重要トライアルの1つ。しかも皐月賞で1~3番人気になりそうな馬達が前哨戦のココで早くも激突とかなり興味深い一戦に!

どこまで参考になるコメントができるか分かりませんが、またまたちょっとしたデータと馬体を見た感想他をネタにしたいと思います。

ちょっとしたデータ!

キャリアは2戦~6戦がベター!1戦馬は全滅で7戦以上馬は苦戦。前走クラスはOP以上が理想も500万下で素質の片鱗を見せていればok。前走着順は掲示板は欲しい。脚質は先行がやや有利。意外にもマイルからの転戦馬が健闘。

続いて登録馬!
指数と馬体を見た感想他のコメント。プラス材料大は赤文字、プラス材料小にはオレンジ文字。マイナス材料大には紫文字、マイナス材料小には青文字

指数についてはサンプルが少ないため、過去、高指数を出した馬に「高指数馬」そこまでではないものの期待値のある指数を出した馬を「次点指数馬」と記載します。

昨年及び今期成績の良い厩舎力の高い厩舎(東西リーディング10位以内と重賞成績をメドとする)にはを!

競馬ブックや競馬ラボに馬体写真があります。またそこに馬体のコメントもあります。参考に!

アサクサスポット 美浦戸田厩舎 武藤雅騎手予定 キャリア1000 前走東京新馬戦1600m1着 ワークフォース産駒

母系はプライムステージ、ダイナアクトレスと良血系。ただキャリア1戦でダートのみでデータ的にはアウト。強敵相手にどこまで追い込むか?

アラウン 栗東森厩舎 騎手未定 キャリア1004 前走中山ダ500万下1800m9着 オルフェーブル産駒

近3走はダート戦出走で勝ち鞍は地方・川崎でのモノ。血統的には芝馬も、芝の2戦は大敗で…。

オブセッション 高指数馬 美浦藤沢厩舎 C・ルメール騎手 キャリア2000 前走阪神500万下シクラメン賞1800m1着 ディープインパクト産駒

シルエットが伸びやかで首、胴、四肢が長く体高もあります。前走は1800mで素晴らしい指数で走破もシルエットからは距離延びた方が良いのでは?皮膚も薄く余裕があり、筋繊維は繊細で柔らか味十分。細身に見えますがこれで510kg以上なのは好感です。故・大川慶次郎氏が大きく見えない大型馬と小さく見えない小型馬は良い馬が多い!と言っておられたのを思い出します。バランスが絶妙とのこと。同馬や同馬の父はその典型でしょう。四肢は真っ直ぐで繋ぎは長くクッションが良さそう。変な言い方になりますが、しなやかで軽やかな野生のシカのようで、重たさは皆無。更に変な例えですが、カテゴリイメージとしては幼いというか、完成度の低いマカヒキというイメージなんですがどうでしょう?脾腹や腰はまだ薄いですね。

サンリヴァル 次点指数馬 栗東藤岡健厩舎 藤岡佑騎手予定 キャリア2001 前走GⅠホープフルS4着 ルーラーシップ産駒

500kgには満たないものの、骨量豊富でかなり多めの筋肉量。首差し、胸前、胴トモが迫力十分過ぎて、バランス的にやや重心が低く、四肢が華奢に見えなくもないですが、相対的なモノだと思うのですがどうでしょう。シルエット的には胴も長めで窮屈さはありません。パワーと速力は相当で世代上位も、運動神経と器用さは微妙。また筋肉の質がやや粗めで硬め。距離適性は現状は柔軟そう。ただ将来的にどのカテゴリに向かうのかは興味深いですね。小回りですが中山コースは向くでしょう。重戦車がワンラップで後続を完封できるか?今年冴えた手綱捌きの藤岡佑騎手が鞍上というのはプラスでしょう。

ジャンダルム 次点指数馬 栗東池江厩舎 武豊騎手予定 キャリア2100 前走GⅠホープフルS2着 キトゥンズジョイ産駒

前走時は首差しの長さに対して胴(背)が少々短めに見えたのと、重心からマイルベストとのジャッジも騎乗した武豊騎手は距離はもつとの弁。管理する池江調教師は本質はマイラーも距離の融通性は高いとも。今回馬体的には成長の跡。胴が幾らかしなやかになり多少伸びたのか、首差しとのバランスが絶妙に!重心に関しても体高も伸びたのでしょう、それ程気にならなくなってきました。肩の傾斜は寝気味で胸前の張りは迫力十分。胸囲も大きいので心肺機能は高いでしょう。確かに距離の融通性は高くなったと思って良いと思います。四肢は軽くクッションが良さそうも前腕や脛の筋肉は上々。骨格の可動域が良い意味で余裕ができたのかな?皮膚感や収縮力の強そうな筋肉はさすが一流厩舎の期待馬でしょう。

ダノンプレミアム 高指数馬 栗東中内田厩舎 川田騎手予定 キャリア3000 前走GⅠ朝日杯FS1着 ディープインパクト産駒

ある意味、全てが纏まった好バランスのシルエット。しっとり濡れたような皮膚感も一流馬のそれ。また柔らか味も十分そうですが、何よりゴムのような強靭な収縮力がありそうな筋肉を多く纏っているのは素晴らしい。朝日杯時は背中が相当良い馬では?とコメントしましたが、間違いないでしょう。ただココにきて懸念も。ライバル達に比べて、成長度がどうなんだろう?生産牧場~育成法から考えてもノーザンのディープ産駒よりはその曲線がゆったりとしていそう。馬体的変化が他馬よりも乏しい(早熟ではないと思いますが…)気がするんですよね。また、ジャンダルムが距離に融通性が出そうな変化が見受けられましたが、同馬にはまだ距離が長くなるとどうか?という面も。ただロベルト系が出ている場合は一見マイラー~中距離馬っぽいも距離に融通性が高い馬が多いのも事実。メンタルも優秀で先行して最速の上がりを使えますからね。杞憂に終わるのかな。

トラストケンシン 美浦高橋文厩舎 内田博騎手予定 キャリア1021 前走東京未勝利2400m1着 ハーツクライ産駒

4戦全て追い込み競馬。流れに乗れているのか微妙も常に速い上がりを繰り出し接戦に!素質は感じるもココは相手が揃った感。

ニシノトランザム 栗東森厩舎 騎手未定 キャリア1125 前走東京OPヒヤシンスS1600m11着 オーブ産駒

キャリア過多のダート馬!?外国産馬だがスピード能力的には足りない感。完成度は十分の可能性。

ヘヴィータンク 栗東森厩舎 騎手未定 キャリア0000 未出走 クロフネ産駒

未知の魅力といえばそうだが、初出走でこのレースは無謀過ぎる感。和製ラムタラを目指すのか???

リビーリング 美浦萩原清厩舎 戸崎騎手予定 キャリア1100 前走東京500万下セントポーリア賞1800m2着 ヴィクトワールピサ産駒

血統的にはパワー型も東京の軽い芝で好走!写真がないので不明も、思いの外、奥があるタイプの可能性。厩舎・過去騎乗騎手からも期待の大きさが伺える。

ワグネリアン 高指数馬 栗東友道厩舎 福永騎手予定 キャリア3000 前走GⅢ東スポ杯2歳S1着 ディープインパクト産駒

2歳時はトモの迫力は凄かったですが、キ甲が伸び胸が深くなったことで、前後のバランスが絶妙に取れてきた感。心肺機能も相当高いのでは?また肩の傾斜は寝気味で前肢を目一杯伸ばせそう。骨格の可動域は超良好で体感の強さや運動神経は抜群の部類でしょう。繋ぎは寝気味でクッションは良好そう。今回の休養で素晴らしい成長を遂げたのではないでしょうか?後は福永騎手が懸念されていた気性面がどこまで成長したか?また蹄が小さいタイプなので、道悪には対応できそうも少し蹄底が薄い気も…。こういった蹄の場合、馬格が大きくならないケースが多い気がします。また重馬場でスローだったとはいえ、2走前は直線で少々モタついた印象も(上がり2位)。軽い芝の長い直線がベターの可能性も。コース適性がカギになるかも?それでも馬体の優位性と完成度は素晴らしいものがあります。

総評~っす!

明け3歳のクラシック有力馬の多くがココに出走してきました。馬体写真からも素晴らしい馬が多く、この条件じゃなきゃダメという面も少なそう。GⅠ級でも古馬のスペシャリスト戦になるとあ~だこ~だ言えるようなキャラは出てくるんですけどね。

まず関係者の評判が高いダノンプレミアムとワグネリアンから!ワグネリアンが東スポ杯で高指数を叩き出しましたが、ダノンプレミアムがGⅠでそれを抜くという構図。指数的にはマイルでは少々差がつきましたが2000mならある意味未知数というか、まだ決着はついていないっていっても良いでしょう。

ただココにきて育成等の差が出ている可能性も。ワグネリアンは東スポ杯の時に比べ、体高が伸びたのか胸が深くなり良好な馬体が更に進化した感。同様に良好な変化を感じたのはダノンプレミアムではなくジャンダルムですね。こちらもクラシックの戦い方を熟知しているノースヒルズ&池江厩舎。例年なら現時点で皐月賞の中心馬といっても過言ではないのでは?それ程の馬ではないでしょうか?

ダノンプレミアムは他の有力馬に比べると少し成長曲線が緩そうな気がするんですよね。生産・育成の違い(クラシック向けかそうじゃないか)があるのかも?ただ母系のロベルト系が出ているとジャッジすれば、また違った見方もできそう。

前置きが長くなってしまいましたが、まず展開から入ります。出遅れなしという条件で、有力馬の隊列はサンリヴァル・ダノンプレミアム・ジャンダルム・ワグネリアン・オブセッションになるのかな?ペース的には頭数が少ないもそこそこ流れそうなのでミドル~ミドル寄りのスローかな?その上で、この中山小回りで最速の脚を繰り出すとすれば?という推理に。お互いの脚を計りながら本番を見据えた騎乗に徹した上で今回の弥生賞、最も勝ちに近い馬は?というと

個人的話で更に少し逸れますが、ノーザンテースト~トニービン~ブライアンズタイム~サンデーサイレンス~キングマンボが種牡馬として革命的な活躍をし、日本競馬のレベルをかなりUPさせました。

他にもボールドルーラー系やニジンスキー系他、優秀な種牡馬はいますが、やはりノーザンテーストとサンデーサイレンス、キングマンボの系統が現状、幅をきかせていますね。

ただ競馬オヤジ的にはそれらの系統の中にロベルト系が入り、その特徴を強く受け継いでいる馬に常に魅力を感じてしまうんです。ナリタブライアンやグラスワンダーの影響ですけどね。それで今回の弥生賞の本命なんですが、もうお分かりいただけたと思いますが、ダノンプレミアムにしようかな?と。

ワグネリアンやジャンダルムの良好な変化は大変魅力も、ダノンの持ち合わせているロベルト系の可能性から中距離は問題ないと見ました。現状指数もナンバーワンですからね。ただ負けるとしたらココかも???

相手にはジャンダルムを!この時期、中山コースの経験があるのは大幅プラス。しかもホープフルSのレベル(指数)がそこそこだったのは結果的に良かったのでは?過酷すぎると成長を阻害する可能性もありますし、低レベルですと力差が出過ぎますから。それと鞍上の武豊騎手が今年乗れてますからねぇ。他の有力馬(3強)は全て日本人騎手なのはやはりレジェンドに有利なのでは?

単穴にはワグネリアン。馬としてはかなり優秀ですし、鞍上の福永騎手も弥生賞マイスターといって良い程このレースを得意としています。コース適性(重めの芝・小回り・右回り)がどうなんだろう?という面と気性がどこまで落ち着いたか?が未知数なので、現状はブチ抜ける可能性ありの単穴評価です。

4番手にはオブセッション。馬体からは、もしかしたらこの世代の中長距離馬ではナンバーワンになる可能性は同馬かも?ただ2戦目のシクラメン賞の激走からこのローテというのも少々気になります。ダービー時には成長してTOPの1頭に君臨している可能性はかなり高いのですが、他の有力馬より成長度含め現状未知数な面も。藤沢厩舎ですから無理はさせないで成長を促すでしょうから、出走なら問題ないと言えそうですけどね。それと穿った見方ですが、なぜサンデーRの所属ではないのだろう?これはクラブのレベルというより、クラシックを目指す場合はサンデーRorキャロットのイメージ(う~んでもやはり馬質もありますかねぇ・・・)。

サンリヴァルは連下に!人気しなさそうですが、馬体的にも魅力十分ですし、厩舎力も高く、指数的にも十分戦えますので。本番のフルゲート・混戦になった方が怖いと考えてます。

今年の牡馬クラシックを占う大事な一戦・弥生賞。馬券的には少々微妙もレースとしては非常に興味深いモノになるでしょう。キッチリ勝って次に繋いでいきたいですね。では勝てますように。

by競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji