阪神大賞典&スプリングS2018のちょっとしたデータと馬体を見た感想他!

競馬オヤジの壺

GⅡ阪神大賞典!

ちょっとしたデータ!

人気馬が強い!牝馬は苦戦。4,5歳馬中心も高齢馬が全くダメという訳ではない。関東馬は日経賞にまわるケースがおおくココでは苦戦。前走クラスは原則重賞以上(出走数及びレベルが低い場合は微妙になるが)!前走着順は掲示板が理想。

続いて登録馬!
指数と馬体を見た感想他のコメント。プラス材料大は赤文字、プラス材料小にはオレンジ文字。マイナス材料大には紫文字、マイナス材料小には青文字

※指数については出走馬の過去指数の相対的なものになります。また過去最高指数に近走状態を加味しており、国内レース中心・当該距離にて評価しております。A~Eで想定。A本命級 B次点 C連下なら D恵まれて E厳しい 更に同じランクでも上下を付ける場合もあります。3歳戦の場合、サンプルが少ないので指数は拮抗しています。
また昨年及び今期成績の良い厩舎力の高い厩舎(東西リーディング10位以内と重賞成績をメドとする)にはを!

競馬ブックや競馬ラボに馬体写真があります。またそこに馬体のコメントもあります。参考に!

アルバート 指数A下 7歳牡馬  美浦堀厩舎 福永騎手予定 差し 前走GⅡステイヤーズS1着

胸が深く心肺機能が高そう。また繊細ながらもやや硬そうな筋肉や、少々体の線が硬めなところがステイヤーっぽい。四肢は軽くしなやか。お尻の盛り上がりが凄いですし、背腰は強そう。7歳馬ですが非常に充実していそう。写真では少し太く見えますがトライアルですし輸送があるので問題ないでしょう。

カレンミロティック 指数C上 10歳セン馬 栗東平田厩舎 池添謙騎手予定 逃げ先行 前走GⅠ有馬記念15着

高齢のせいか間隔が開いたからか太めに見えます。元々、馬体が安定しないタイプで好不調はハッキリするタイプ。加齢で背っ垂れにも見えますね。基礎能力はあるもさすがに代謝他が落ちてきたのかも?馬場や展開が向けば2走前のような可能性あるも陣営がどこを狙っているのか?現能力ならココ目一杯の可能性も写真からは微妙。最終追いと直前の気配チェックもあまり積極的には…。

クリンチャー 指数A 4歳牡馬 栗東宮本厩舎 武豊騎手予定 先行差し 前走GⅡ京都記念1着

四肢は長く重心は高め。また軽く、繋ぎも寝気味でクッションが良さそうなのである程度の時計勝負にも対応可能だったのでしょう。皮膚は相変わらず少々厚めのタイプも、これは血統的な個性との判断で競争能力に影響はなさそう。たまたま写真の加減かもしれませんが、筋肉の柔らか味がココにきて増した感。ちょっと古臭いシルエットなのが長距離馬っぽいですね。ロベルト系の個性が形相的にも出ており、底力があるタイプで自身向きの展開にさえなれば大物食いも!蹄の形から馬場の悪化は有利に。

コウエイワンマン 指数D下 7歳牡馬 栗東川村厩舎 騎手未定 差し追い込み 前走準OP6着

準OP昇級以降、苦戦続く。格上挑戦は自己条件出走するより頭数的にもこのところ目立つ重賞出走の奨励金では?

サイモントルナーレ 指数E 12歳牡馬 美浦加藤和厩舎 騎手未定 差し追い込み 前走GⅢダイヤモンドS14着

ココまで77戦消化の超タフネスホース!出走数の少ない長距離重賞出走の狙いは最近話題の参加賞でしょう。

サトノクロニクル 指数B上 4歳牡馬 栗東池江厩舎 川田騎手予定 先行差し 前走GⅠ有馬記念9着

四肢は軽く繋ぎは寝気味。前後のシルエットは伸びやかも、バランス的に重心が低めに見えるんですよね。腹袋から底力は感じるも、前々走の走りからも中距離向きの可能性は大きいのでは?皮膚が薄く余裕があるのは好感で筋肉の質も良好。垢抜けた雰囲気はさすがトップ厩舎の所属ですし、基礎能力は高そう。ココにきて胸前やトモの張りが素晴らしい。力関係足りそうも、問題は距離でしょう。

シホウ 指数C 7歳牡馬 栗東笹田厩舎 小牧騎手予定 先行差し 前走GⅡAJCC9着

四肢はスラッとして長め!繋ぎも長くクッションが良さそう。首差しやトモの身入りは上々も胸前や背からはやや非力感も。蹄底はあり蹄も丈夫そう。7歳になるもココまで27戦と大事に使われてきたため、同馬の個性なのかもしれませんが、大分馬体が枯れているというか、少々くたびれてきたのか…。もう少し、力感が溢れていればなぁ。顔付から大人しいというか、賢そうなのでその辺が良い方に出れば。

スーパーマックス 指数未定もC想定 4歳牡馬 佐賀九日厩舎 山口勲騎手予定 差し追い込み 前走佐賀中島記念ダ1800m5着

前々走からも芝の速い時計や坂にも対応可能。無謀なようで意外とやれる可能性も。

トミケンスラーヴァ 指数C 8歳牡馬 美浦竹内厩舎 秋山騎手予定 逃げ先行 前走GⅡAJCC8着

血統は短距離向き(ダートも)ながら3走前に2400mを使われてから長距離適性が開花したのかな?よく障害馬は短距離系の血統が良いとかっていいますからね。どんな因果関係があるのでしょう?血統よりは窮屈感というか短距離っぽさはないですね、重心の位置他。前後のバランスの取れていますがトモの張りが目立ちます。筋肉の質的にやや硬そうで瞬間的な動き他は微妙。そういった面と気性から距離をこなしているのかも?長距離の一線級相手に逃げの手でどこまで?

ムイトオブリガート 指数C下 4歳牡馬 栗東角田厩舎 藤岡佑騎手予定 差し 前走小倉500万下1着

母系は良血もまだ1000下馬。将来芝の長距離重賞で活躍する可能性もいきなりはどうか?

ヤマカツライデン 指数C上 6歳牡馬 栗東池添兼厩舎 松山騎手予定 逃げ先行 前走GⅢ小倉大賞典15着

自分の形に持ち込めないと脆いタイプ。また上級重賞では展開の助けが必要。速力の持続で勝負するタイプ。

レインボーライン 指数A 5歳牡馬 栗東浅見厩舎 岩田騎手予定 差し 前走GⅠ有馬記念8着

牡馬にしては小柄な方も胸も深くトモの張りも上々で、しなやかな好馬体の持ち主。骨量と筋肉のバランスは良好ですし皮膚感も一流でしょう。四肢は軽く、繋ぎのクッションは良好もやや立ち気味で蹄底もそこそこ。馬場の悪化は問題ないでしょう。このところGⅠでは枠に恵まれていなかった感。ほどほどの頭数のココでは同馬の抜群のレースセンスが発揮しやすいでしょう。

総評~っす!

良好な成長を遂げていそうなクリンチャーが平成の盾男を得て前哨戦のココは中心の1頭という見方になるのか?そして相手には関東長距離界の雄・アルバート!現在予想される天皇賞春の顔ぶれからはシュヴァルグランが相当人気被りそうなので、前述の2頭には強い競馬を見せて欲しいところ。特にクリンチャーはその成長力で一段上の馬になった可能性も!!!管理する宮本調教師も馬が成長して変わったとの弁。また天皇賞春を見据えた鞍上のスイッチなのは見え見えですからね。じゃあ競馬オヤジの本命はクリンチャーで仕方ないか?といえば同じ菊花賞2着でも1つ上のレインボーラインを指名する予定。

成長力のあるステイゴールド産駒ながら、早い段階から様々な距離、コースで頑張ってきた同馬。このところのGⅠでは枠や展開に恵まれなかった印象も強いのですが決して能力が足りない訳ではないと考えます。気性面の問題は多少ありそうですが、それが意外性や勝負根性になっているところもあると見ています。本番の天皇賞春も岩田騎手でしょうから、内枠引いてイン突き勝負に出られれば!ただ最近の岩田騎手は外を回すからなぁ。やはりあの影響なのかな…。ま、本番はまだ先なのでココでキッチリ走って次に繋げて欲しい。

相手には平成の盾男を得たクリンチャー!芝の長距離は騎手の腕がモノをいいますし、馬のメンタルも重要。充実期に入ったクリンチャーは人気でも無視できません。馬体写真からも充実ぶりが伝わってきますからね。

単穴というか、3番手にはアルバートの予定。出走馬の中で実績的にも馬体的にも最もステイヤーらしいのが同馬。今回スローながらも逃げ先行馬がボチボチいるので展開的にも向きそう。本命にしなかったのはヤネ。やはりムーア騎手と手が合っている印象が強い。福永騎手というのは通常なら問題ないも、このところの馬質やらネット他での評価やら騎乗っぷりから少々メンタルが心配。

サトノクロニクルは距離的にどうか?能力が高いのと写真からも成長力を感じますので馬券的には無視しないも積極的には買いたくないかも。

つまらない予想になりますが、基本この3頭の戦いと見ています。ただ一応、連下にはムイトオブリガートをピックしておこうかな?格下ながら層の薄い芝の長距離戦線。最終追いで抜群の動きをし、直前の気配が良好なら馬券圏内に食い込んできても…。鞍上も今年乗れている藤岡佑騎手。クリンチャーのスイッチの件もあり、思うところもありそうですし。馬自身も血統的にも成長力ありそうです。ココまでダート中心というのも、その成長を阻害しなかったのでは?このところ好調というか実力を発揮しているな角田厩舎所属!要注意かも?

GⅡスプリングS!

ちょっとしたデータ!

逃げ先行が強いレース!キャリアは2~6戦1戦馬は全滅で7戦以上は連対なし。前走クラスは500万下以上。新馬・未勝利では厳しい。前走着順は3着以内が理想。関東圏のレースだけに東西互角。

続いて登録馬!
指数と馬体を見た感想他のコメント。プラス材料大は赤文字、プラス材料小にはオレンジ文字。マイナス材料大には紫文字、マイナス材料小には青文字

指数についてはサンプルが少ないため、過去、高指数を出した馬に「高指数馬」そこまでではないものの期待値のある指数を出した馬を「次点指数馬」と記載します。

昨年及び今期成績の良い厩舎力の高い厩舎(東西リーディング10位以内と重賞成績をメドとする)にはを!

競馬ブックや競馬ラボに馬体写真があります。またそこに馬体のコメントもあります。参考に!

エトナ 美浦栗田博厩舎 騎手未定 キャリア1001 前走東京500万下10着 先行差し ロードカナロア産駒

母系には札幌2歳S勝ちで桜花賞4着のメローフルーツの名も!新馬後の休養は成長を促したモノ?

エポカドーロ 次点指数馬 栗東藤原厩舎 戸崎騎手予定 キャリア2010 前走小倉500万下1着 逃げ先行 オルフェーブル産駒

血統構成は桜花賞で1番人気必至のラッキーライラックに少し近いのかな?写真では皮膚も厚く野生馬っぽい雰囲気も、成長度の問題でしょう。流線形っぽいシルエットや太い首差し、張りのある胸前にトモは良好です。父は運動神経が抜群っぽいタイプでしたが、同馬は現状ワンラップの速力で勝負するタイプなのかな?キャラ的には母父が出ているっぽいですからね。胸の形から心肺機能も高そう。垢抜けてきたら結構良いところまで行きそう。

カフジバンガード 栗東松元茂厩舎 内田博騎手予定 キャリア2023 前走GⅢ共同通信杯5着 ハービンジャー産駒

前走時にもコメントしたかもしれませんが、他馬に比べ、成長度は高そう。カリスマオーナーブリーダーの岡田牧雄氏がいう馬体の水っぽさが大分抜けている気がしますしね。四肢は軽く胸前やトモの張りは上々。顔付やからも気が強そうというかもしかしたら神経質なのかも?やや骨量とのバランスに欠ける気もするんですよね。その割には割と堅実な結果は立派。ただ良好な馬体も上級重賞ではワンパンチ足りないか?

コスモイグナーツ 美浦高橋祥厩舎 柴田大騎手予定 キャリア2005 前走GⅢ共同通信杯8着 エイシンフラッシュ産駒

快速の中距離逃げ馬も、重賞では厳しい状況。中山1800mは向きそうもどのペースで行くのか?他に強力な先行馬もいるだけに…。

ゴーフォーザサミット 次点指数馬 美浦藤沢厩舎 田辺騎手予定 キャリア2002 前走GⅢ共同通信杯4着 ハーツクライ産駒

前走時も評しましたが、しなやかで前後に伸びやかな馬体は上々。筋肉の質も粘りが強そうでいいですね。血統的にもショウナンマイティの下ということで筋も通っています。まだ幼い面は多いも、皮膚感他、垢抜けたパーツも多いですね。前走は位置取りが後方過ぎた感。前々走の強さや上がりの速さから東京向きといわれそうもパワーありそうなハーツ産駒。上がりのかかる中山の方が合う可能性も。キ甲の感じからまだまだ途上で、体高がどこまで伸びるのかは不明も、現状のバランスからは中距離までの可能性。中山達者な鞍上の連続騎乗は好感。

サトノソルタス 次点指数馬 美浦堀厩舎 騎手未定 キャリア1100 前走GⅢ共同通信杯2着 ディープインパクト産駒

現状、出否未定。素質高いディープインパクト産駒ですが、ココまでの使われ方や成長度からも陣営の本線はダービー?

ステルヴィオ 高指数馬 美浦木村哲厩舎 ルメール騎手予定 キャリア2200 前走GⅠ朝日杯FS2着 ロードカナロア産駒

朝日杯出走時にも高評価し、将来性含め、あのダノンプレミアムを差し置いて本命にしました。四肢がスラッと長く繋ぎも長くクッションが良さそうですし、蹄も丈夫そう。骨格も伸びやかで皮膚も薄く垢抜けた馬体の持ち主。骨格の可動域も良好そうですが、コレを速く動かす体幹はこれからなのかな?ロードカナロア産駒には四肢がスラッとし、体高のあるタイプが多く、連対距離もスプリンターというよりマイラーが多いんですよね。同馬の場合、母父が強く出て筋肉量が増えたら分かりませんが現状の馬体では中距離馬に見えます。ダービーでも面白そうって思うのですがどうでしょう?ココは能力でアッサリ勝ち上がって欲しいも、脚質に一抹の不安。ただ距離延長はプラスでは?

ハッピーグリン 次点指数馬 北海道田中厩舎 大野騎手予定 キャリア3322 前走東京500万下セントポーリア賞1着 ローエングリン産駒

北海道からの遠征にもへこたれず、前走は鮮やかな末脚で中央のエリートたちを一蹴。馬体写真がないも、血統的には中山コースの方が合いそう。今回も侮れないのでは?下克上で人気し過ぎの可能性も。

バールドバイ 美浦木村哲厩舎 北村宏騎手予定 キャリア1110 前走東京未勝利1着 ドバウィ産駒

データでは厳しいも、血統や前走の走りからは面白い存在では?厩舎・鞍上好調ですし、脚質的にも3連系の馬券に入れてみては???

ビッグスモーキー 栗東清水久厩舎 浜中騎手予定 キャリア2211 前走OPすみれS3着 キングカメハメハ産駒

ダート中心に使われてきたキャリア豊富な馬。血統からは屈強なダート馬の印象も馬体写真確認できないのがなぁ?前走だけでのジャッジでは…。何馬身も離した圧勝だったら話は違いますが…。

フォルツァエフ 栗東森厩舎 騎手未定 キャリア1011 前走園田交流ダ1400m1着 パイオニアオブザナイル産駒

地方交流戦出走や重賞への格上挑戦は戦略家・森調教師の真骨頂。様々な奨励金他、馬主のことを考えたローテなんですよね。

マイネルファンロン 美浦手塚厩舎 柴田大騎手予定 キャリア1210 前走東京500万下フリージア賞2着 ステイゴールド産駒

前々走の走りや血統、厩舎からココで狙ってみたい1頭。格下馬と侮るなかれ!?

ライトカラカゼ 美浦相沢厩舎 丸山元騎手予定 キャリア1111 前走GⅢ京成杯4着 キングヘイロー産駒

難なく先行し、好位で競馬出来るのは強み。また血統的にも中山向きも重賞で勝ち切るにはもう一成長、ワンパンチ欲しい。

ルーカス 次点指数馬 美浦堀厩舎 M・デムーロ騎手予定 キャリア1101 前走GⅠホープフルS6着 スクリーンヒーロー産駒

パッと見の雰囲気やシルエット、皮膚感はかのモーリスの弟という品を兼ね備えていますね。ただ関係者が口を揃えて言うのはまだまだこれからの馬とのこと。確かに筋肉量はもちろん、首差しや背などにはもっと力強さや迫力が欲しいかな?四肢はスラッとして良好。体高が大分伸びたのかな?それによって兄に似てきた印象も。成長力ある血統なのでいずれは兄の域に達する可能性も。ゆっくりながら良好な成長を遂げている感。厩舎も関東の雄・堀厩舎。調整力はもちろん、馬の成長力を引き出させたらピカイチなだけに。

レノヴァール 栗東高野厩舎 北村友騎手予定 キャリア2002 前走中山500万下若竹賞1着 ハーツクライ産駒

前後に長手の馬体ですが、肩や首の骨格の形から一見重心が低く見えます。だからといって距離が短い方が良いか?というとこういった馬体の場合は中距離馬が多い感。また柔らか味ありながらもタルそうな筋肉から中距離の持続力勝負が向く印象。四肢は軽く繋ぎは細いもバネがありそう。胸前やトモの張りは上々ですね。背のラインも良好で速力を伝えやすいしなかやかさは好感。そういった個性的(キャラ)には速い上がりの勝負には向かなさそうなので、重めの中山の芝でミドルラップを好位から勝負したいのでは?

総評~っす!

前走時から高く評価しているステルヴィオ。個人的には上級重賞でも十分に戦える素質馬だと見ています。前走にしても相手が悪かったというところでは?じゃあココも迷わず本命!というとつまらない予想ですいません。週末の天候が怪しいこともあり、重馬場を苦にしない同馬が晴雨兼用な面も含め、本命に!ただ馬券の中心ではあるも頭固定(単馬券)で買うかどうかに関しては微妙。差し遅れの可能性もありますので。

相手には今回、前走の教訓を生かして積極策に出ることを条件にゴーフォーザサミットを指名。馬券的にはこちら頭というのもオッズ的には魅力。その場合、ステルヴィオとの2頭軸という方向も。同馬の場合、未だクラシックの出走権を持っていないから、藤沢厩舎といえども今回、それなりの仕上げをするでしょう。中山得意の鞍上が前走の位置取りが失敗だったということで、枠次第も今回は先団直後に付けるのでは?また、上がりがかかるコース形態に意外と対応しそうな気がするんですよね。

展開的には字面上は逃げ先行が多いも、こういった時にはお互いが牽制し過ぎて予想外のスローというケースは多々。今回も固定概念を持ち過ぎない積り。

単穴には馬体的変化を感じたルーカス!特に体高が良い感じに伸びバランスが良くなってきた印象。ただ正直、読み難い。そもそもモーリスの弟で自身の馬体も良好。関係者の評価も当歳の頃から上々で、厩舎は兄同様、関東のTOP厩舎の1つで厩舎力抜群の堀厩舎。そして鞍上にはM・デムーロ騎手。個人的意見になりますが、連対の可能性は微妙と見ていますが、そういった面から計り知れないところ。ただ馬体的には兄・モーリスがそうだったように、背腰がどうなんだろう?モーリスの場合、ケアが必要な箇所が多かったんですよね。ルーカスの方がそういった話は聞こえてはこないですが、馬体の各所に非力感があるのも事実。期待値が高すぎるのも大変そうですね。馬主&厩舎的戦略があるとは思いますが、共同通信杯2着のサトノソルタスを使わないでルーカスで勝負というのも自信の現れ?

さて今回のポイントとしてはココから。注や☆云々ではなく連下にはオッズ的にも魅力的な馬が多々いると考えています。

まず1番手というか積極的に買ってみたいのはエポカドーロ。前走の指数は上々。馬体的にはまだまだ成長が見込めるも意外としぶといタイプでは?厩舎力抜群の藤原厩舎が前走、戸崎騎手を小倉まで呼び寄せた(空き巣ではないと思います)ことからも期待大でしょう。このブログを書いている時点では追い切りや1週前の情報程度なので、抜群の動きならば本命にすることも考えてます。

後はしぶとそうな逃げに近い先行馬を!マイネルファンロンとレノヴァールかな。先週の金鯱賞見てもそうですが、やはり競馬は積極策が重要。枠次第ですが好位で上手く流れに乗った方が残る可能性があるのでは?ライトカラカゼは京成杯の指数自体が上々なのでこちらも枠と気配次第では買う予定。

最後に抑え過ぎですが、ハッピーグリンを!地方所属馬なので競馬オヤジ的に本命にするのでは?と思われた方もいるのかな?前走は強かったですが、それでもまだ500万下。確かに出世レースではありますが…。使われながら強くなった馬で印の序列的には3or4番手ではあります。ただ中山の重めの芝で週末の天候を考えるとどうか?東京の差し比べであれだけの走りをしましたからね。脚質的にも少々微妙ですし。また地方所属ということで人気しそう。抑えの一番手でガミらないようにする予定。バールドバイに関しては、データアウトも厩舎・騎手の勢いからも少し抑えたい。

こんな感じです。正直、単穴はハッピーグリンを予定していたのですが、週末の天候やルーカスの良い意味での伸びしろや環境から、不確定ながらもその可能性が不気味だったのでこちらを取りました。少々分かりづらくてすみません。ザクッとまとめるとステルヴィオ、ゴーフォーザサミット、エポカドーロは高評価!次点にはマイネルファンロン他。ルーカスの取捨が迷うところ。

オッズ的には連下の馬の食い込みを期待というところ。ステルヴィオは1800mに伸びるのはプラスで、3着までにはくるでしょうから。最終追いや直前の気配で予算の上下を付けて少しでも高配当を狙いたいと考えます。

では春のGⅠ戦線に向けて資金が増えますように!

by競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji