先週の回顧と皐月賞2018のちょっとしたデータと馬体を見た感想他!

競馬オヤジの壺

GⅠ桜花賞! アーモンドアイ号優勝!

おめでとうございます。

国枝厩舎 C・ルメール騎手

シルクレーシング ノーザンファーム生産

勝ちタイム 1.33.1 勝ち馬上がり 33.2

12.3 10.7 11.5 12.1 12.1 11.5 11.3 11.6

ペース判定ミドル レース上がり3ハロン 34.4

今回はレース自体の回顧ではなく、上位馬の走り中心の感想にします。ただ地力&適性が顕著になる馬場にペースだったと思います。

勝ったアーモンドアイについてはもうスケールの違いとしか言いようがないでしょう。レースの流れと全く違う流れ(ラップ)を走破する馬には名馬が多い印象。上がり2位のトーセンブレスとも1秒差ですし、レースの上がりとは1.2秒差。直線の半ばでは既に差し切ることが分かるほどの脚。ただ手前を何回も替えるんですね。苦しくなって変えている感じではないですし、肩ムチで促されている訳でもない自発的なモノ。疲れる前に手前を替えるので意外とノンストレスで伸びて来られるのかな?気性的問題も感じませんのでペース自体も不問では?馬体について、個人的には中距離馬と見ているので、一世代戦の2400mなら問題ないと思います。正直、歴史的名牝の誕生といって良いのでは?

2着のラッキーライラックは、GⅠ仕様の良好な仕上げ。鞍上の石橋騎手も上手に乗っていました。枠的に多少出しては行きましたが、コレで負けたら仕方ないというジャッジなのは満場一致でしょう。直線でも難なく前が開きましたし、リリーノーブルに差させなかったのですから仕掛けが早かったということはないでしょう(自身の上がりは34.5)。例年なら勝ち馬のレベル。今後については水準以上の能力やセンスのある馬として活躍するでしょうけど、同い年にあの馬がいるとは。気性も良さそうなので距離の融通性もありそう。この辺は意見割れそうも競馬オヤジが考える成長度や適性に関しては、オークスの時に改めてコメントします。

3着のリリーノーブルは陣営の懸命の仕上げと、自身向きのラップで上手な走り。やはり典型的な叩き良化型でしょう。馬体的にはこの血統らしくまだまだ成長途上の感。コレも意見割れそうも個人的には適性も中距離にありそうとのジャッジ。気性的問題が出なければ次走には期待が持てるのでは?

4着のトーセンブレスも素晴らしい末脚。中2週での輸送もクリアし精神力も上々。個人的には疑問あったもパドックでは出来落ちどころか良好な感じ。まぁ厩舎力の高い加藤征厩舎ですからね!今後もマイル~中距離の牝馬戦なら上級重賞でもやれそうも次走については慎重な判断が必要かも。

5着のマウレアはパドックでも成長度の差を感じたのですがどうでしょう?またディープインパクト産駒らしい軽さがあるタイプでもあり、そのシルエットからは距離延びて良さそうに思います。ただ今回は適性的に疑問先行で切りました。大谷翔平選手の⑰だったので迷いましたが(笑)。鞍上とは合っているので次走は楽しみでしょう。

6着のリバティハイツは、よく頑張りました!成長曲線が緩そうなので今後の成長に期待。距離自体、融通性高そうもあまり長いのはどうか?キャラの確定には時間がかかりそうもマイル前後では?ただ能力はかなりあると見ています。もう少し体が大きくなれば。

7着のレッドサクヤには馬場というか時計が速過ぎたのでは?少々コトコトしたタイプでもあり、ディープインパクト産駒ですが緩い馬場の我慢比べの方が良さそう。

10着のプリモシーンは出っぱが悪かったですが、普通にローテと距離適性、輸送に敗因を求めて良いのでは?直線のコース取りを失敗しての10着で、4着辺りと同等の評価も。先週もコメントしましたが、ココではなくフローラSからオークスというローテだったらなぁ。オークスで有力視したかも。

11着のアンコールプリュについては、長距離馬好きな友道厩舎が短めを使ってきた馬。仕上がり抜群だったも、現状もっと速いペースの1400mの方が脚が溜まりそう。

12着のフィニフティは良好なシルエットも、脾腹が巻き上がった感じでマイナス6kg。素質抜群も、成長度の問題なのか?体質の問題なのか?個人的には秋以降に期待かな?上手く成長したら世代上位の可能性大では?

さて競馬オヤジ的にはパドック見て今回は上位3頭プラス、3着候補としてリバティハイツとトーセンブレスで仕方ないと馬券的には絞りました。配当的に大きくは勝てませんでしたし、誰でも取れる馬券。ま、今週に繋がったから良しとします。

*阪神牝馬S及びNZTについては今回割愛します。時間があれば、改めてUPします。

今週は牡馬三冠の第一弾・皐月賞!ダノンプレミアムの回避は非常に残念も、かなりの粒揃いで興味深い一戦。いつも通りのデータと馬体についてコメントしたいと思います。

ちょっとしたデータ!

キャリアは3~7戦も4,5戦がベスト!前走クラスはOP~GⅡも若葉S以外のOPはアウト。前走着順は4着以上!前走2200m以上出走馬は厳しい。近2走以内にローカル出走馬、3か月以上の休養明け馬も少々減点。好ローテはスプリングS、共同通信杯、毎日杯の1800m重賞好走から。

続いて登録馬!
指数と馬体を見た感想他のコメント。プラス材料大は赤文字、プラス材料小にはオレンジ文字。マイナス材料大には紫文字、マイナス材料小には青文字

※指数については出走馬の過去指数の相対的なものになります。また過去最高指数に近走状態を加味しており、国内レース中心・当該距離にて評価しております。A~Eで想定。A本命級 B次点 C連下なら D恵まれて E厳しい 更に同じランクでも上下を付ける場合もあります。3歳戦の場合、サンプルが少ないので指数は拮抗しています。

昨年及び今期成績の良い厩舎力の高い厩舎(東西リーディング10位以内と重賞成績をメドとする)にはを!

競馬ブックや競馬ラボに馬体写真があります。またそこに馬体のコメントもあります。参考に!

続いて登録馬!

アイトーン 指数C上 栗東五十嵐忠厩舎 国分恭騎手予定 逃げ キャリア3003 前走OP若葉S1着 中3週

胴はやや箱形で背も長くはないですが、四肢はスラッと長く体高があり首の角度や長さも良好な中距離型に見えます。胸前、トモの張りは上々で皮膚も薄め。やや筋肉の質は硬そう。腹袋がドシッとして意外な底力がありそう。コレは父のキングズベストの影響なのかな?結果に出ている通り、得手不得手がハッキリしたタイプもツボにはまればという感じでしょう。

エポカドーロ 指数B上 栗東藤原厩舎 戸崎騎手予定 逃げ先行 キャリア2110 前走GⅡスプリングS2着 前々走高指数も小倉出走 中3週

骨量も筋肉量も豊富なタイプ。能力も底力もありそう。まだ緩そうで野生馬っぽい雰囲気も、コレであそこまでの走りなので、こういったタイプなのかも。筋肉の質はタルめなのかな?繋ぎは良好で蹄底がありそうなので馬場の悪化は有利になりそう。前々走の指数は優秀で、前走は折り合いに進境し、急坂も克服。中距離の適性は抜群でしょう。先行勢多数もおもしろい存在に!ちなみに大井時代の戸崎騎手は番手競馬が達者。同馬とは手が合ってます。

オウケンムーン 指数A下 美浦国枝厩舎 北村宏騎手予定 先行差し キャリア3001 前走GⅢ共同通信杯1着 約2か月

前後のバランスの取れた、良い意味でコンパクトな馬体。四肢はスラッとし、真っ直ぐめ。胸前の張りは上々も、首の太さとお尻の張りに目が行きます。背のラインは良好で速力を伝え易そう。現状、骨量はそれ程でもなさそうも、成長度に関しては個人的にはまだまだとのジャッジ。牡馬らしい力感というか、迫力が出てシルエットに伸びやかさが出てくれば。割と器用なタイプで2走前、このコース・距離で鮮やかも軽い芝向きの印象。

キタノコマンドール 指数B下 栗東池江厩舎 M・デムーロ騎手予定 差し キャリア2000 前走OPすみれS1着 中6週

初めて馬体写真を見ますが、さすが栗東とTOP厩舎の超血統馬という馬体の持ち主。品のある首差と斜尻に直飛の後肢の感じは全姉のデニムアンドルビーに似ているような気がします。胴にも窮屈さがないですし、胸囲も大きいので、距離もっと伸びた方が良さそう。肩の盛り上がりが凄いですね。四肢の出ている位置が前後に広く、背と下腹、後肢の感じから長く良い脚を使うタイプも、シルエットからは不器用でエンジンの掛かりは遅そう。課題は中山の2000mか!?

グレイル 指数B 栗東野中厩舎 岩田騎手予定 差し キャリア2001 前走GⅢ共同通信杯7着0.7差 約2か月

前走の不可解な敗戦にはガッカリした人も多いのでは?前走時、シルエットは素晴らしいも成長度筆頭に体幹の強さ他、不明点が多かったのも事実。跳びが大きそうなので、もしかしたら惰性で走る坂のない小回りベター?今後の成長に期待も素質自体は引けを取らず!急坂あるも小回り合う可能性は否定できず。重は鬼の可能性も!

ケイティクレバー 指数C上 栗東安田翔厩舎 浜中騎手予定 逃げ キャリア2222 前走OPすみれS2着0.1差 中6週

牡馬にしては小柄も、好バランスな馬体。ハービンジャー産駒にしては筋肉量自体はそれ程でもないかな。筋肉の質はややタルそうで体幹の強さも微妙なので瞬間的な動きは得意ではないでしょう。ただそういった緩い面でタフなのかも?骨格の可動域は良好そうでシルエットに窮屈さもありません。長距離馬ではなさそうも中距離以上での距離の融通性は高いかも?蹄底から重は問題なさそうも展開面と平坦実績からパワー的にどうか?筋肉量が増えたら今後結構やれそう。

サンリヴァル 指数B 栗東藤岡健厩舎 藤岡佑騎手予定 逃げ先行 キャリア2002 前走GⅡ弥生賞4着0.3差 中5週

パワーのある頑強な逃げ先行馬。今回写真ないも、前走時の印象では骨量と筋肉量に関しては世代でもTOPクラスだったような。ゴール前の速い脚はないも、簡単にはタレない。馬場とペース次第で台頭するか!?

ジェネラーレウーノ 指数B上 美浦矢野英厩舎 田辺騎手予定 逃げ先行 キャリア3010 前走GⅢ京成杯1着 約4か月

黒光りする馬体は迫力十分も、成長度というか完成度はまだっぽい。皮膚が薄く垢抜けてはいますが、ポイントポイントが少々今っぽくない気がします。特に首から尻へのラインや、胴や後肢の感じは。胸前やトモの迫力は上々で、腹袋がドッシリとし、背にも力感がありそう。また前腕や脛も逞しい。骨格に窮屈さがないですね。筋肉の質は柔らかさよりも粘りかなぁ?また背と下腹の感じや今まで述べた面から、軽い瞬間的な走りではなく、長くしぶとい脚を使うのでしょう。イレッポなところがあるので平常心でレースに向かい自身の得意な展開に持ち込めれば!鞍上が上手く乗りこなしている感。蹄の感じから馬場は悪化してもそれ程苦にしないのでは?むしろ後続が苦労するようなら…。

ジャンダルム 指数B上 栗東池江厩舎 武豊騎手予定 先行差し キャリア2110 前走GⅡ弥生賞3着0.3差

しなやかな首に背のライン。張りのある胸前にトモと、前後のバランス抜群のシルエット。筋肉の質も上々。薄い皮膚感も相まって垢抜けた馬体は魅力十分。新聞や雑誌他、2000mまでは大丈夫というコメントが多いも、ココはGⅠ。2000mが得意な馬もいますからね。リーディングトレーナーが距離もつよう訓練しているのでしょうけど、バランス的な重心の位置や背の長さや母系から、マイルならもっと上のパフォーマンスを発揮するのでは?と期待してしまいます。個体レベルが相当なのと鞍上の腕で上位争いの可能性は感じるが、どこまで…。

ジュンヴァルロ 指数D上 栗東友道厩舎↑ 大野騎手予定 逃げ先行 キャリア2002 前走OP若葉S7着1.1差

血統や馬格的にはパワーありそうも、坂のあるコースでは厳しい結果に。平坦コースをそこそこのペースで後続に脚を使わせるレースが理想?

ステルヴィオ 指数A 美浦木村哲厩舎 C・ルメール騎手予定 差し追い込み キャリア3200 前走GⅡスプリングS1着

窮屈感のない骨格で、しなやかな筋肉の持ち主。2歳時はまだ華奢な印象もココにきてボリュームが増してきた感。四肢はスラッとし、長めの繋ぎはバネを感じ、抜群のクッションでしょう。蹄も丈夫そうです。後肢の飛節の感じから一瞬の加速も凄そう。胸の形や深さから、心肺機能が高そうなのでロードカナロア産駒とはいえ中距離まで問題ないと見ています。しっとり濡れたような皮膚感は一流馬のそれ。体幹面が強くなったのか、前走は中山1800mのそこそこの流れを中段から差し切る強い内容。ダノンプレミアムがいないココは負けられない!?

スリーヘリオス 指数E 栗東村山厩舎 柴田善騎手予定 差し キャリア1115 前走500万下ダ1200m3着0.1差

芝は4戦して未勝利。ダートで勝ち上がるも現状500万下。さすがに厳しいか!?

タイムフライヤー 指数A下 栗東松田国厩舎 内田博騎手予定 差し キャリア3201 前走OP若葉S5着0.5差

ホープフルS時にもコメントしたかもですが、成長度に関しては微妙というか疑問。といっても晩成というよりは成長曲線がユックリという感じ。使いながらダービーにその馬なりのピークを持ってくるノウハウのある松田国調教師ならではの育成法なのかな?馬格は中位も筋肉量は豊富。後肢はハーツクライ産駒らしく曲飛気味。骨格は伸びやかで窮屈さがなく距離は中距離以上。母系の影響でしょう、やや野暮ったくどっしりとしています。繋ぎはシャープでクッションは良さそう。上がりのかかる底力勝負向き!前走は仕上がりと展開が向かなかった。中山の2000mなら巻き返す!?

ダブルシャープ 指数C 栗東渡辺薫厩舎 和田騎手予定 差し キャリア1113 前走OP若葉S2着0.2差

ココにきて骨格が伸びているのかな?地方所属の2歳時よりも伸びやかさが出た感。ただそれに筋肉がまだ追い付いていないのか、メイチの仕上げなのか背や腰、脾腹がシャープに見えます。皮膚が薄く毛艶良好なので状態は良さそう。体の線が硬く見えるので得手不得手がハッキリしそう。朝日杯時にもコメントしましたが距離に関しては1800m以上の中距離馬と見ているのですがどうでしょう?繋ぎや蹄の感じから、馬場の悪化は苦にしなさそう。背の力感がついたらもっと良くなりそう。

マイネルファンロン 指数C上 美浦手塚厩舎 柴田大騎手予定 先行 キャリア1220 前走GⅡスプリングS3着0.6差

中山でも東京でも強敵相手でも常に善戦する安定したタイプ。母系は良血で厩舎力の高い手塚厩舎所属。中山得意のステイゴールド産駒!ココは善戦以上を狙う!?

ワグネリアン 指数A 栗東友道厩舎 福永騎手予定 先行差し キャリア3100 前走GⅡ弥生賞2着0.2差

デビュー直後から世代TOPの呼び声高い同馬!ダノンプレミアムとの無敗対決では敗退も悲観する内容ではなかったでしょう。小柄ながらもバランス的に四肢がスラッとし、胸もそこそこ深め。首や背にも窮屈さがないので気性的問題さえ発生しなければダービーまでは問題なさそう。筋肉の質はTHEディープインパクト産駒という感じで、繊細で良好。骨量は豊富ではないが付くべきところにしっかりと柔らか味のある筋肉が付き、寝気味でバネのありそうな繋ぎからも、それ程非力感は感じないでしょう。運動神経の良いタイプなのかな?ステルヴィオ同様、ダノンプレミアム不在のココは負けられないも、キャラ的にもダービー狙いでは?

総評~っす!

出走すれば圧倒的一番人気が予想されたダノンプレミアムが座石で回避したのは非常に残念。マイラーとの評もありましたが、個人的には否と考えていましたから。ま、同馬についてはダービーに出走するならその時に改めて評します。

ダノンプレミアムが不在ならば、負けられないのがワグネリアンとステルヴィオの2頭。じゃあ、この2頭で堅いか?といえば確かに成長度や現時点でのポテンシャルからはかなり有力も、中山の2000mという面と、週末の怪しい天候から果たして一筋縄でいくのかどうか???また近年、皐月賞で勝ち負けしている馬は前走1800mの重賞、スプリングS・共同通信杯・毎日杯で好走した馬が多いんです!重めの芝も高速化しているので、タイムのある距離延長馬が良いという傾向。ただ先にも述べたように週末の天候的に微妙!さてさて。

競馬オヤジ的には、スンナリとは決まらないのでは?と、願いも込めて考えています。前述の条件や追い切り前という面はありますが本命候補は3頭(不確定要素が多く絞れずスミマセン)。ポイントは中山2000m適性と天候による馬場の悪化(4月9日時点)。

まずは最終追い抜群なら、上がりの掛かるレース向きのタイムフライヤー本命の予定。完成度は疑問も同コースのホープフルSを快勝していますからね。ハーツクライ産駒とはいえ、母系が強く出ている可能性からこのコース形態は合うでしょう。また悪化した馬場も苦にしなさそう。むしろ軽い芝の上がり勝負の方が前走のように取りこぼすのでは?当日、馬場が良く時計が速ければ印を下げるかも?

もう1頭の本命候補はジェネラーレウーノ!ローテが微妙で、今回は逃げ先行多数。展開的に不利に思えますが同馬の場合は逆なのでは?タフな馬場で上がりがかかるレースをスタミナに任せてしのぎ切るタイプなので、その展開に持ち込めるかどうかがポイントでしょう。ある程度の時計勝負にも対応すると見ています。今回は逃げ先行馬を見ながらの好位からの競馬になるのかも。鞍上の田辺騎手も鮮やかな脚を引き出すイメージあるも、逃げ先行馬はかなり達者ですから。ただ先に述べたローテや気性、完成度など不安も。

この2頭の共通点にはロベルト系が強く出ている面があると思います。あ、ちなみにダノンプレミアムの母系もロベルト系。ダノンプレミアムは常に速い上がりを発揮していますが、底力があり、上がりのかかる我慢比べにも血統的には向いている可能性大。ダノン不在ならこの2頭を高評価。ロベルト系を保有しているからだけではなく、形相的にもキャラ的にもそれが出ている可能性が高いからかな。

もう1頭の本命候補にはステルヴィオを!前走の走りからかなりの成長&完成度を感じました。中山の坂も何のその、中段差し位置から一気に全頭差し切る可能性も感じます!鞍上も桜花賞勝って乗ってるルメール騎手ですから。

馬券的には上記3頭をほぼ同等に扱う可能性もあるかな?またくどいようですが、馬場他によって序列を変える可能性も。週末雨で重想定で馬場が悪くなった場合は、

◎タイムフライヤーorジェネラーレウーノ ▲ステルヴィオ

で考えてます。良馬場やあまり悪くならなければ、ステルヴィオの評価をあげる予定。ただステルヴィオは重を苦にしないと思っています。他の2頭に、より有利になる可能性があるのでは?というジャッジです。タイムフライヤーは枠次第も、今回の鞍上から前走よりも位置を取りに行く気もしますしね。序列は流動的も、まずはこの3頭を評価しています。

☆にはワグネリアン。過去の印象からも馬体からも、上がりがかかるレースよりも軽い芝での上がり勝負向きの感。また他頭数をどう捌くかもテーマでしょう。ただ完成度が高く基礎能力相当なのでこれ以上評価を下げられなかったというところ。悪天候で馬場が悪化した場合はやはり疑問が拡大の可能性も。運動神経は良さそうですが他馬の方がパワーあるのは間違いないのでは。状況如何によっては相当、外を回らされる可能性もあるでしょう。個別のトコでも言いましたし、ファンも関係者も同じ見解でしょうが、ダービー向きなのは間違いない。現状ではダービーの最有力候補と考えています。

注には穴狙いっぽいもグレイルかな?同馬は素晴らしい馬体の持ち主。前走時の写真には成長度は疑問も惚れ惚れしました。前走の敗戦だけでは見限れない。急坂微妙も小回り向きの可能性は大いにあるのでは?また重馬場は鬼の可能性もありますし、鞍上も悪天候に強そう。人気しないでしょうから狙ってみたら面白いのでは?但し、前走敗戦のダメージがなさそうな追い切りの動き次第でしょう。

連下にはまずエポカドーロ。ポテンシャルからここでも通用すると見てはいます。ただ2走前からそれなりの状態で高レベルのレースを走っているのがどうか?タフなタイプも他馬の上がり目が顕著なだけに。馬場の悪化は有利になりそうなので最終追いと馬場状況次第では評価を上げるかも?悪天候の場合、馬券的には☆や注よりも買う可能性大かも。

それとオウケンムーン。好ローテの共同通信杯勝ち馬!ただ馬体的にはまだ非力感があり前々走、このコース勝ちといっても、指数・印象的には微妙。また重馬場も未知数?血統的には苦にしなさそうですし、蹄の感じからは問題なさそうもやってみなければ何ともですし、他馬の方が有利にもなりそうな気も。器用なタイプなので上手く立ち回れば勝機も!厩舎的にも桜花賞勝って勢いあるので無視は禁物も、本音としてはやはりダービーでは?

続いてデータアウトも、馬体優秀で鞍上が勝負強いキタノコマンドールかな?ただ同馬の場合、馬主さんの様々な意向もありそう。京都新聞杯~ダービーかな?って思ったのですが、強気にも出走に踏み切ってきました。厩舎コメント、特に池江調教師が現在の状態について何て言うのか?によっては印を下げるかもですが、持っているものは非凡でしょう。ただ馬体的には中山の小回り2000mは微妙。持ち時計は優秀ですけどね。オッズ次第も馬券的には少々抑える感じかな。

後はレジェンド・武豊騎手と三冠トレーナー池江氏がタッグを組むジャンダルム。さてどんな策で勝負に出るのかは非常に興味深い。個体としてのポテンシャルは世代TOPの1頭と相当とのジャッジで、2000mも一応守備範囲も、頂上決戦のGⅠでは、マイル前後の速力勝負がベターの感はやはり拭えないかな?週末の天候で馬場が悪化した場合も未知数なので。

適性的にジャンダルムは3連系馬券かなぁ?例年通りの高速良馬場ならかなり評価を上げますけどね。キタノコマンドールは厳しいと思いつつ、相当なポテンシャルの可能性も否定できないので、好気配なら一工夫した買い方にするかも?

最後に今のところ微妙も、追い切りの動き良ければ展開が向きそうなサンリヴァルを付け足すかも?ただサンリヴァルはパワー相当も馬場の悪化に関しては不明。今回、写真がないのですが、以前見た印象から四肢や蹄の感じからは微妙だったような。馬場が悪化したら評価を下げると思います。いずれにせよ、追い切りの動きと馬場次第かな?

フルゲートに満たずダノンプレミアム不在ですが、なかなかのメンバーが揃った皐月賞。今年の3歳世代は高レベルの可能性も十分でしょう。では2018牡馬クラシック第一弾・皐月賞!キッチリ勝てますように。

by競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji