オークス2018について、競馬オヤジが考えていること。ちょっと長い独り言です。

競馬オヤジの壺

/***いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。またまた少々長くなりますが競馬オヤジの日曜朝の独り言です。さて日曜日には優駿牝馬オークスが行われます!今年の3歳牝馬の上位勢はかなりのレベル。ココもおもしろいレースが期待できそう。

競馬オヤジ的にも予想する上で、指数や馬体、データに追い切りに陣営のコメント等々様々な情報等から当たり前のように推理するのですが、今回は馬券的にはあまりおいしくなさそうでどう工夫するか割と迷っています。

先週のヴィクトリアマイルに関しては上位拮抗で馬場状況によって買う馬の資金配分が変わるという面で、月曜の段階では煮え切らない予想だったので直前で少しだけコメント増やしました。NHKマイルCに関しては2番人気ではありましたが、ギベオンが馬券の中心になることに迷いなく、今年はニュージーランドトロフィーの差し馬のレベル(指数)が上々だったので、カツジとケイアイノーテックの評価は高め。但しケイアイノーテックは馬体の維持が条件というところ。元々、武豊騎手を早々に確保していた時点で、陣営は自信満々だったのでしょう。騎乗停止によって乗り替わった藤岡佑騎手がレジェンドに負けない素晴らしい騎乗でエスコートしたのは爽快。人柄も良く技術のある騎手なので後は巡り合わせが噛み合えばといったところでしたからね。あ、ちなみに競馬オヤジ的には人気を避けるということはあまり考えません。また逆張りについても。ただ人気が過剰に思えたり、騎手や陣営に何らかの影響(ネガティブ)を及ぼすであろうと思える場合は嫌うことは多いと思います。

さて話が長くなってしまうので、オークス2018に戻します。基本的には4強プラス2頭。後は将来性ありそうな1,2頭を付け足すか付け足さないか?という感じで良いと思っていましたが、トーセンブレスがザ石で回避。よって4強プラス1に。ただココまで検討し、調教を見た上で改めて思ったことは1強なのかも?と。

まずは著名人の方々の本命!

須田コンシェルジュ ◎ラッキーライラック

古谷コンシェルジュ ◎ラッキーライラック

棟広コンシェルジュ ◎サトノワルキューレ

辻コンシェルジュ  ◎カンタービレ

津田コンシェルジュ ◎アーモンドアイ

栗山コンシェルジュ ◎サトノワルキューレ

アンカツさん    ◎アーモンドアイ

虎石トラックマン  ◎アーモンドアイ

豊島トラックマン  ◎アーモンドアイ

ジャンポケ斉藤氏  ◎アーモンドアイ

キャプテン渡辺氏  ◎リリーノーブル

だそうです。参考までに!

月曜日のブログでもコメントした通り、アーモンドアイは馬体・指数・プレレーティング全てが素晴らしく、頭1つ、いや1つ半は抜けています。懸念といえば個人的には前肢の蹄がどうなんだろ?という面。ただ実際のレースや追い切りの動きを見る限り問題なさそう。陣営のケアが秀逸なのでしょう。ロードカナロア産駒であることを心配する声もありますが、個人的にはあまり気にする必要はない感。鞍上も折り合い抜群のルメール騎手。現役騎手の中で馬を折り合わせることでは屈指の一人ですから。あ、それと桜花賞で手前を何度も替えていたことにも。トラックマンや競馬ブロガー、某巨大掲示板等で様々話題になっていましたね。通常、コーナーを回りやすくするためや、スピードを上げる時や苦しくなった時に手前を替えるのですが(片方の手前だけだと疲れてしまう他)アーモンドアイの場合、過去のレースや調教を見る限り、他馬を抜こうとする時に馬自らスピードアップしようとして手前を替えているような感。ルメール騎手は分かっているのでは?しかし、桜花賞、ノーステッキであの勝ち方は衝撃以外の何物でもないですね。7枠13番もあの脚質から問題ないでしょう。過去、最高クラスのレーティングの同馬(桜花賞終了時点)。その評価に偽りなしでしょう。

差のない2番人気必至のラッキーライラック。松永幹調教師は距離は延びた方が良いとのコメント。また生産したノーザンファームも今秋の凱旋門賞に登録と、東京2400mには不安どころかむしろ逆転を狙っている感。馬体も指数も素晴らしいですし、生産者・厩舎他、陣営にも恵まれていますね。じゃあ競馬オヤジも2番手評価かといったらう~ん…。これについては後述します。

M・デムーロ騎手が騎乗予定のサトノワルキューレ!鞍上が真ん中辺りを希望していたので4枠8番は良かったでしょう。追い切りの評価が分かれるというか、俗に言うB評価が多くなりそう。1週前に結構やったという判断なのか、掛かる気配があるからなのか坂路で57.5 41.1 26.0 12.9の軽めに留めました。栗東屈指の厩舎力の角居厩舎ですから杞憂に終わる可能性大も調教重視の予想をする方からは懸念されそう。個人的には超抜群ではないも、3歳牝馬の調教としては良かったのでは?との肯定的なジャッジ。キャラ的にもかなり長く良い脚を使うタイプなので昨今のオークスには向きます。距離もコースも経験済みなのは大幅プラスでしょう。

桜花賞でも競馬オヤジ的に高評価したリリーノーブル。今回は最内の1枠1番。真ん中辺りが欲しかったのかな?話は逸れますがこのサイト主である競馬オヤジは元々はタマモクロスとオグリキャップの辺りの競馬ブームに乗っかって中央競馬から始めるも、直ぐに大井に出入りし、そこで多くを学んだのです。南関東のレジェンド予想屋・佐々木の予想を中心に、多くの予想屋さんの話を聞き、ちょこちょこと予想を買って。またパドックにいる常連と思しき、競馬場によくいる典型的なオヤジさん達からもいろいろと教えてもらったという。そういった経緯だからか、割と逞しく使い減りしなさそうで成長力のあるタイプを好むのかもしれませんね。話が大分逸れましたが、リリーノーブルについては馬体、指数(2戦目以降)厩舎等、高評価しています。藤岡健厩舎は戦略的に馬を仕上げるのがかなり達者。また筋肉量豊富で位負けしないタイプが多い感。藤岡健先生がそういうタイプを好むのかな?ただ今回の追い切りが吉と出るか?凶と出るか?各社のトラックマンはどう評価するのか?は気になるところ。CWで6F79.3 62.6 49.3 36.4 11.8と物凄い調教を敢行。3歳牝馬で関東に輸送するのにこの超絶時計。鞍上が川田騎手だったにせよ、やり過ぎとのジャッジをする人も出て来そう。

レジェンド・武豊騎手が騎乗するマウレア。南Wで68.4 53.1 38.6 12.8とボチボチ。もう少し、リズム良く首を使ってゆったり走っていればなぁ。ただ悪くはないと思いますけどね。個人的には距離延びた方がと考えていたタイプ。また良質の筋肉ながら非力感があるので、成長途上なのでしょう。手塚調教師も会見で歯替わりの件を話してました。今後、食いが良くなれば変わってくるかも(今回もパドックで注視が必要)。2枠3番を引いたので直線まで馬群でジッとして!鞍上がどう乗るのかは期待大でしょう。桜花賞での伸びの足りなさが距離延びての可能性は感じます。関東圏なので輸送距離が短いのは大幅なプラスなのは間違いない。

トーセンブレスは競馬オヤジ的に狙おうと考えていた1頭。勝負になると見ていただけに出走回避は非常に残念でした。

ロサグラウカは素質馬であることは間違いないでしょう。ただキャリア不足ですしトライアルを使えなかったことがどう出るか?

カンタービレも良い馬ですね。非力感あるも中山の1800mGⅢ・フラワーCを勝ったのは能力の証。鞍上のM・デムーロ騎手のエスコートも素晴らしかったですけどね。

さてラッキーライラック。馬券的に最も信頼のおけるタイプですが週頭のブログでも不安点をコメントしました。ファンの多い馬ですし、クラブの出資者筆頭に生産者や厩舎等陣営の期待も大きいのでコメントしにくいところはあるんですけどね。また当ブログの読者の皆さまに、変な情報を出すのもはばかられますので。あくまでも競馬オヤジの独り言として参考程度にしてください。

懸念しているのはまずは完成度。成長力抜群のオルフェーブルの産駒ながら、完成度はかなりのものなのでは?桜花賞から中5週とはいえ、この時期に急速に力を付ける馬がいますのでね。差がつまっている可能性も。それと前走の造りがメイチだった印象。今回、伸びやかで素晴らしい馬体も、パッと見の筋肉量や張りは前走の方が良かったのでは?正に桜花賞を取りに行ってる造り。それと馬体。前後に長手で四肢もスラッとし、流線形の美しい馬体の持ち主。下腹は長いのですが、背の長さが気になるんです。背が短く下腹が長い馬は瞬発力に秀でているは間違いないのですが、四肢の生えている箇所は前後に広いのですが、キ甲から腰の長さや単純なバランスから馬体的にはマイル~中距離ベターの可能性。馬体サイズもオークスでは500㎏前後の馬の好走例も少ないんです。またラスト800~1000mの持続力勝負(かなり長く良い脚)になるケースが多いレース。ラッキーライラックの場合、ラスト400m辺りの1ハロンの加速が尋常じゃなく、そこで馬群から抜け出し絶対的な差をつけゴールに飛び込むレースが勝ちパターン。ラップを見れば分かるのですが、長く良い脚というよりは、一瞬の抜け出す速さで勝負というタイプ。折り合いの良い馬なので杞憂の可能性も、人気上位の中では競馬オヤジ的に不安点が最も多いんです。桜花賞では1枠だったので前に行かざるを得ないという論調も、個人的には120点のデキに素晴らしい騎乗。無駄な距離も走っていませんし、直線はヴィクトリーロードが開けた感。力負けは明らかで、アレで負けたことが陣営に与えた影響(衝撃)は大きいと見ます。

さて、今日はGCでパドックを見られそうなので、最終結論はそのタイミングになるも、現時点での総評的にはやはりアーモンドアイで仕方ないとの見方。むしろ過去最高の歴史的名牝の誕生を期待してしまうかも。

相手には直前の気配の確認は必須も、鞍上含めサトノワルキューレの予定。デビューから馬体減が続いており馬柱上、上がり目が薄そうも、個人的には別の見方。ココ目標にしてきた陣営がメイチ感。例年ならオークス馬になって不思議ないも最大の敵現るといったところでは?

単穴なしの3番手にはトーセンブレスを予定していましたが、繰り上げでマウレアに期待。鞍上も魅力ですから。根拠はやや稀薄も今の馬場はディープインパクト産駒に向くでしょう。また2400mへの距離延長が向きそうな気がするんです。新味に期待。

元々、オークスで大きな期待をしていたリリーノーブル。パドックで極端な馬体減や入れ込みがなければ、投資的には初志貫徹で前述の馬達と同等以上にする可能性は大。ただあの超絶最終追いがどう影響するか?厩舎力抜群の藤岡厩舎の勝負仕上げとは見ていますが牝馬だけに果たして!?

ラッキーライラックに関しては、馬券の種類を工夫して買う予定も、アーモンドアイ本命という固い予想なので抑えになってしまうかな?例年なら2冠馬になれる可能性十分のレベルなんですけどね。

後はパドックで気配が気になった馬は3連系の馬券でピックするかもしれませんが、今回は買う頭数は絞らないと厳しいでしょう。

オークスでキッチリ勝って、ダービーで大勝負できますように。では第79回優駿牝馬・オークス。頑張りましょう!

by競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji