先週の回顧とGⅠ日本ダービー2018のちょっとしたデータと馬体を見た感想他!

競馬オヤジの壺

GⅠ優駿牝馬(オークス) アーモンドアイ号優勝!

おめでとうございます。

国枝厩舎 C・ルメール騎手

シルクレーシング ノーザンファーム生産

勝ちタイム 2.23.8 勝ち馬上がり 33.2

12.6 11.1 12.0 11.9 12.0 12.2 12.4 12.3 12.4 12.2 11.1 11.6

ペース判定 ミドル レース上がり 34.9

単騎逃げで馬場やコースの違いあれど、ある意味皐月賞と近い隊列。逃げたサヤカチャンは緊張感のあるミドルラップもリリーノーブル等、有力馬の位置取りはややスローの先行と好位置だった感。

勝ったアーモンドアイは桜花賞の位置取りとは一転し、好スタートから抑えることなく好位追走。1角まではやや掛かりそうも、ルメール騎手の「待て」の手綱に反応し、コーナー入口では折り合っていました。手前を替えることでスイッチが入る(変わる)タイプなのかな?ルメール騎手が馬を折り合わせることに関しては第一人者としても抜群のコンビネーションだったですからね。コーナーでは折り合い十分でした。距離の適性はスペシャリストが揃うクラシックディスタンスになれば不安あるも、一世代の牝馬戦なら問題なし。それとルメール騎手はレース後、今回は本気出したって言ってましたが、直線ではまだ余裕があったのでは?耳を絞って頑張っているライバル達に並びかけ、手前替えてもう一伸び!心肺機能も尋常じゃないレベルでは?既に抜群の能力も秋になったらどんなレベルになるのか非常に楽しみですね。関係者の皆さま、おめでとうございました。

2着のリリーノーブルはパドックで抜群の気配。抜群過ぎる最終追いも藤岡健厩舎の勝負仕上げだったのでしょう。馬も成長していましたし、持続勝負に向くタイプ。直線ではアーモンドアイに並ばれた時に抵抗を示すなど、メンタルの強さも見せました。上位勢の中で完成度は高い方ではないと思うのでこれからの成長力に期待。

3着のラッキーライラックについては様々な意見が出ていますね。個人的には3着ならば陣営も鞍上も馬も良く頑張ったと思います。アンカツさんはリリーノーブルの位置で競馬すべきも川田騎手に取られたとの弁(川田騎手を褒めてました)。競馬オヤジも先週のブログに書いた通り、アンカツさんのコメントに賛成です。理由は先週のブログを参照いただけると幸いです。陣営も桜花賞後、少々過敏なコメント(特に調教助手の方)をしており、かなり気になったんですよね。周囲を意識し過ぎるとあまり良くないと。またマイルでの強さから、ベターは1600~2000mなのでは?と。個人的にはレース前も今もリアルスティールのクラシック時が少々被っていて…。それから庇う訳ではないですが、石橋脩騎手の位置取りは結果論でもあるかな?と。流れなりに上手に乗ったと思いますが、GⅠを勝つとなると運を引き寄せることも重要ですね。

4着のレッドサクヤは抜群のデキ(ギリギリに研ぎ澄まされた)に鞍上の好騎乗。マイルが適性と思っていましたが中距離okは秋に向けて収穫だったのでは?

5着のマウレアはアーモンドアイをマークする位置に。騎乗した武豊騎手は距離が長かったとの弁。レジェンドがそういうならその可能性も、成長度他の面が大きかったのでは?骨量豊富ではないも、今後成長したら!

6着のサトノワルキューレについては良好に見えるも、目に見えぬ疲労があったのかも?不利で3着に敗退した2走目が余計だった可能性。明け3歳牝馬に2400m走るというのはやはり過酷。個人的には2、3着馬とは個体として差がないと見ています。

桜花賞組が上位独占したことから、ココまでの牝馬クラシック戦線のレースレベルが見えてきましたね。では牡馬の方はどうなんでしょう。

今週はいよいよ日本ダービーです。またまたちょっとしたデータと馬体を見た感想他をネタにしたいと思います。

ちょっとしたデータ!

前走ダート戦出走馬1勝馬はアウト。前走クラスはGⅡ以上。要はトライアルか皐月賞出走馬じゃないと厳しい。中6週以上のローテは微妙。前走着順は掲示板が理想も巻き返しあるも前走時の人気は重要。キャリアは4~10戦も9戦、10戦馬はイレギュラー的。継続騎乗が理想で乗り替わりの成績はイマイチ。速い上がりを使える馬が強いレース。

続いて登録馬!
指数と馬体を見た感想他のコメント。プラス材料大は赤文字、プラス材料小にはオレンジ文字。マイナス材料大には紫文字、マイナス材料小には青文字

※指数については出走馬の過去指数の相対的なものになります。また過去最高指数に近走状態を加味しており、国内レース中心・当該距離にて評価しております。A~Eで想定。A本命級 B次点 C連下なら D恵まれて E厳しい 更に同じランクでも上下を付ける場合もあります。3歳戦の場合、サンプルが少ないので指数は拮抗しています。

昨年及び今期成績の良い厩舎力の高い厩舎(東西リーディング10位以内と重賞成績をメドとする)にはを!

競馬ブックや競馬ラボに馬体写真があります。またそこに馬体のコメントもあります。参考に!

アイトーン 指数C 栗東五十嵐厩舎 国分恭騎手予定 キャリア3004 前走GⅠ皐月賞12人気8着 中5週 除外対象 106I

逃げればペース、展開に関わらずしぶといタイプで、前走もそれ程負けていない。展開のカギを握るも現状除外対象。

アドマイヤアルバ 指数C 栗東須貝厩舎 丸山騎手予定(替) キャリア2610 前走GⅡ京都新聞杯11人気2着 中2週 108L

馬格そこそこも母系の影響か筋肉量は多め。その質は繊細も柔らか味は微妙。四肢は軽く、シルエット的には伸びやか。トモも良好ですが胸前の迫力は凄い。胴は長めで筒形で骨格の可動域は微妙。過去1600~1800m中心に使われるもパッと見のフォルムからは長距離馬っぽいものがあるかな?既に9戦消化も毛艶良好で調子は良さそう。

エタリオウ 指数C上 栗東友道厩舎 H・ボウマン騎手予定(替) キャリア1401 前走GⅡ青葉賞7人気2着 中3週 109L

四肢がスラッとしシルエットは伸びやか!距離的には長いのは良さそう。胸前の盛り上がりが上々で、前腕や脛も筋肉質。筋肉の質は柔らか味は何ともも、収縮力は上々っぽい。立ち方のせいかやや体の線が硬そうも、骨格の可動域自体は良好そう。成長期というのもあるのでしょうが、そういった面が勝ち切れない所に現れているのかも?

エポカドーロ 指数A 栗東藤原厩舎 戸崎騎手予定 キャリア3110 前走GⅠ皐月賞7人気1着 中5週 118I

骨量豊富で骨も太そう。纏っている筋肉量は多めで好バランス。やや粗く硬そうも収縮力は上々。首から胸前辺りは品も備えてきましたが、まだ良い意味ではありますが、野生馬っぽい粗さも。首の力感は相当。胸の形から心肺機能は相当高そうも、胴の長さは母系が強く出ているのでしょう。距離に関しては少々不安。また蹄底の感じから馬場の悪化はかなり有利も、軽い馬場になると他馬の方が向く可能性。背や胴には銭形が浮いていますね!状態は相当良いのでは?藤原調教師は皐月賞勝負を元から公言し、今回は慎重な姿勢にコメント。ただ腕利き揃いで厩舎力抜群の藤原厩舎ですから何らかの対応はするでしょう。適性外と見過ぎるのは危険では?

オウケンムーン 指数C上 美浦国枝厩舎 北村宏騎手予定 キャリア3002 前走GⅠ皐月賞5人気12着 中5週 110M

個人的見解ですが血統的イメージよりも品があるというか、牡馬の重厚感や力感はあまり感じません。ただ首や胸前、トモの容量はバランス的に上々。骨量が豊富ではなさそうで体幹面もまだこれからっぽい。。管や繋ぎは細く感じます。繋ぎはやや長めでバネはありそうですけどね。中山での勝ち鞍はありますが、指数等はイマイチでした。そう考えると馬体的にも非力感があるので、力のいる皐月賞のコンディションは向かなかったのでしょう。東京替わりはプラスで、馬群を縫う器用さもあるタイプ。変わり身注意。

キタノコマンドール 指数B 栗東池江厩舎 M・デムーロ騎手予定 キャリア2001 前走GⅠ皐月賞3人気5着 中5週 111I

傍目から見ても皐月賞で一番強い競馬をした印象が強かったのでは?ディープインパクト産駒らしい繊細で柔らか味十分の筋肉を多く纏っています。シルエットは伸びやかで首、四肢、胴と窮屈さは全くなし。斜尻に真っ直ぐな後肢は父や姉に似ている感。馬体からも大味な雰囲気なので小回りよりは長い直線の方が向きそう。皮膚が薄く毛艶が良好。胴には銭形が浮いて見えます。新陳代謝も良好なのでしょう。ただ1つ懸念が!能力自体、疑う余地はないも繋ぎがかなり立っているタイプ。芝の中距離以上のスピード(キレ)のあるタイプなので、故障や疲労(残りやすい可能性)が心配。キャリアが浅いのもそういう理由?クラシック経験豊富で厩舎力高い池江厩舎じゃないとココまでこられなかったかも?

グレイル 指数B 栗東野中賢厩舎 岩田騎手予定 キャリア2002 前走GⅠ皐月賞10人気6着 中5週 111I

シルエットが伸びやかで、窮屈さは全くないシルエット。距離の不安はないというか、さらに延びてもという感じ。皮膚が抜群に薄く、皮下脂肪が付かないタイプ。毛艶も抜群です。やや被り気味の前肢に後肢は飛節が少々伸び切らない感じでスラッとした四肢はハーツクライ産駒らしいかな?どの馬にも言えることですが、キ甲の感じから成長期真っ只中ですからね。本格化はまだまだ先っぽいも、この短期間での成長度の見極めが重要。個人的には割と好きな馬体でスケールも感じます。人気で敗退した共同通信杯は枠や展開他、敗因があげられていますが、蹄になにかあったのかも?接着装蹄でしたから。後は時計勝負にどこまで対応できるか?

ケイティクレバー 指数C下 栗東安田翔厩舎 騎手未定 キャリア2224 前走GⅡ京都新聞杯5人気9着 中2週 除外対象 106I/L

皐月賞・京都新聞杯と逃げずに競馬をし、11、9着に敗退。テンが速い逃げ馬ではないので出走数や展開次第のタイプでは?

コズミックフォース 指数C 美浦国枝厩舎 石橋脩騎手予定(替) キャリア2111 前走OPプリンシパルS1人気1着 中2週 108I

馬格は中位も筋肉量は豊富。ただ四肢はスラッとし軽め。筋肉の質はやや張りが強く硬そうで繊細さは微妙。骨格自体は伸びやかで窮屈さがないので、距離に関しては比較的順応性高そう。胸前やトモの張りは上々ですね。骨格の可動域は微妙で体幹面は硬そうも小脚が使えり器用なタイプでもあります。輸送等にかなり敏感っぽいですね。顔付からも少々神経質なのかも?当日、あの異様なダービーの雰囲気がどうか?

ゴーフォザサミット 指数B下 美浦藤沢厩舎 蛯名騎手予定 キャリア3003 前走GⅡ青葉賞6人気1着 中3週 112L

元々、前後に伸びやかな見栄えのする馬体の持ち主も、また胴や骨格に良い意味での伸びやかさが出た可能性。胸前や後肢も逞しさを増したことでバランス的には重心は低く見えますが、これは強調されただけ。そういった面が距離延びて良さが出てきたのかな?母系から1800mの重賞に使ってきたも、成長に伴って父系の影響が強くなって出てきたのかも?また少々不器用そうな面も感じますので、東京2400mはハマった可能性。筋肉の質は使われたことで、良い意味でのタルさが出たのかな?2走前や3走前も着差は僅かで、速い上がり!勝負付けは済んでいない!?

サンリヴァル 指数B上 栗東藤岡健厩舎↑ 浜中騎手予定(替) キャリア2101 前走GⅠ皐月賞9人気2着 中5週 114I

骨量豊富で骨太!シルエットは伸びやかで筋肉量もかなり多いですね。ただ四肢はスラッとして軽め。以前からコメントしていますが藤岡健厩舎の上級馬に多いタイプ。前後のバランスの取れた4輪駆動タイプかな?メリハリの効いた馬体で骨格の可動域も良好そう。血統面からは距離延長も対応可能も、その筋肉量やダイナミックな走法からエネルギー効率的に微妙の可能性。ただこの厩舎はそれでも距離もつ馬が多いから問題ないかも。底力があり完成度も上々。浜中騎手は技術ある達者な騎手ですが乗り替わりは不安。

ジェネラーレウーノ 指数B 美浦矢野英厩舎 田辺騎手予定 キャリア3020 前走GⅠ皐月賞8人気3着 中5週 111I

皐月賞時と比べても、馬体のメリハリが出た印象。皮膚も薄く毛艶も黒光りして抜群です。背と下腹のラインから、瞬発力勝負に不向きな持続型。伸びやかなシルエットから距離の延長は問題ないでしょう。気性面難しさがあるとの報も底力は相当なものがありそう。皮膚感やキ甲の感じからも大分良好な成長をしている可能性も、スクリーンヒーロー産駒ですから本当の意味での本格化はまだ先なのかも?東京の2400mは直線でのキレ勝負になる可能性が高く、展開的にも逃げ予定の馬が除外対象なのでどの位置で同競馬をするのか?今週からCコースで鞍上は意外性のある田辺騎手。思い切って行くか!?

ジャンダルム 指数B下 栗東池江厩舎 武豊騎手予定 キャリア2111 前走GⅠ皐月賞4人気9着 中5週 112I

良血馬らしく好バランスで小顔の品のある馬体で完成度もまずまず。皮膚感も一流馬のそれ。ただ血統面はもちろんのこと、肩の傾斜がやや立ち気味で、背の長さやバランスからはマイラーの可能性大。ただ厩舎力抜群の池江厩舎が懸命に距離もつように調整しているせいか、シルエット的にも大分ケアはされている印象もあるかな?首の角度はいう事なしで胸前やトモの容量、張りは上々。以前もコメントしましたがNHKマイルCならなぁ。とはいえクラシックはホースマンの夢ですからね。2000mまでなら誤魔化せるもレジェンド武豊騎手がどう乗るのか?能力は足りているので、適性面か!?

ステイフーリッシュ 指数B下 栗東矢作厩舎 横山典騎手予定(替) キャリア2011 前走GⅡ京都新聞杯7人気1着 中2週 111L

四肢がスラッとして長く、胴も長め。背と下腹の感じからも瞬発力よりも長く脚を使うタイプでしょう。繋ぎはクッションが良さそう。変な言い方ですが筋肉自体必要最低限というタイプでバランス的にかなり細身に見えます。骨格の可動域や良好そうですね。運動神経というか身体能力が高そうな感じがします。形相的には父系が出ているのでしょう。体型的にはステイヤーの資質がありそうで、距離は長い方が良さそうも時計勝負にも強い。中2週で関東圏への輸送なので馬体減が心配も、それさえクリアできれば。

ステルヴィオ 指数B上 美浦木村哲厩舎 C・ルメール騎手予定 キャリア3201 前走GⅠ皐月賞2人気4着 中5週 112M

ロードカナロア×ファルブラヴという血統ながらシルエットは伸びやかで、胴にも伸びがあり窮屈さがありません。脚質的にも過剰に距離の不安を考えなくて良いのでは?四肢は軽くクッションが良さそう。ただココにきてこの血統らしく、筋肉量が増えてきた感。胸前やトモが充実して見えます。完成度もまずまずかな?後は気性面にうるささが出てきた印象があるので、当日の落ち着きが重要でしょう。前走は負けて強しの印象も、ルメール騎手は出来落ちを示唆。正直、ルメール騎手は他馬への騎乗を考えていた節もあり、スケール感は微妙も常に上位争いをするある意味優等生。

タイムフライヤー 指数C上 栗東松田国厩舎 内田博騎手予定 キャリア3202 前走GⅠ皐月賞6人気10着 中5週 113

馬格は中位も、骨量がありそうで馬体の幅も上々っぽい。また大柄ではないも、首や胴、四肢も伸びやかなのは好感。距離延びて良さそうも、母系の逞しさも保有していますね。個人的には成長曲線が緩いタイプで、現状、上がりのかかる良馬場で底力が問われるのが理想とのジャッジ。3走前のホープフルが正にそれだったのでは?ただ2歳時に5走し、明け3歳での成績はイマイチ。馬体写真見る限りは充実しているようにも見えるんですけどね。形相通り、距離延びて良さを見せるのか?それとも実は早熟なタイプで成長力に難があるのか?名トレーナーがどこまで立て直せたか?

ダノンプレミアム 指数A 栗東中内田厩舎 川田騎手予定 キャリア4000 前走GⅡ弥生賞1人気1着 中11週 117I

ザ石で皐月賞取り消しましたが、この写真を見る限り、外見的には良好な成長を遂げたのかな?と。皮膚が薄く、毛艶はピカピカ。小顔で首は高めですが、胸前とトモの容量も張りも抜群。ディープインパクト産駒ながら、母系の影響が強いのでしょう、筋肉の収縮力が相当。ゴムのようなバネがありそう。四肢は軽そうも力感も上々。前腕の筋肉は凄そうですね。基礎能力が高く、成長力も抜群。今までも間隔を開けて使ってきた同馬。中内田厩舎は厩舎力相当で休み明けでも狙った仕上げが抜群に上手い印象。ただココはダービー!出走全馬後先考えず現状の最高の状態で出てくるレース。8分の出来だと後れを取る可能性も。ただ一度弥生賞使っているので、重めなく息さえできていれば性能の違いを見せるか?後はイレッポなところがあるので、ダービー独特の雰囲気にのまれなければ。

テーオーエナジー 指数E(芝初) 栗東宮徹厩舎 藤岡康騎手予定(替) キャリア3110 前走地方交流GⅡ兵庫CS1人気1着 中2週 107M(D)

パッと見からザ・ダート馬という感じ。骨量があり、筋肉量も抜群でその質は強靭(硬め)そう。首、胸前、背、お尻の力感が凄いですね。体の線が硬く、骨格の可動域も微妙。繋ぎも少々短めなのかな?ネガティブなコメントのようですが、東京芝2400mのしかもダービーという想定ですから。コレが大井2000mのJDDということであれば、ある意味真逆のコメントに。ダート馬としての将来性を感じますので、今の速い馬場で故障しなければ良いのですが。

ブラストワンピース 指数B下 美浦大竹厩舎 池添謙騎手予定 キャリア3000 前走GⅢ毎日杯1人気1着 中8週 111M

骨量、筋肉量豊富な大型馬。ハービンジャー産駒独特のユルさやタルさは感じません(同様にそういったものを感じさせないのはペルシアンナイトやモズカッチャン)。ただ骨格の可動域は広そう。首が太く、胸前やトモの容量は抜群で、かなりの好バランスのシルエット。この異例のローテになったのは、体質の問題との報。獣医師の側面も持つ大竹調教師の元に入るノーザンファーム系の馬にはこういった体質面に難のある素質馬の印象が強いかな。大竹厩舎はケアが行き届いているのでしょう。1週前の写真ではありますが、馬体は少々余裕がありそうもこういったタイプでもあるのかな?1週前追い切りでは抜群の動きを見せたとの報。最終追いと当日輸送でキッチリ帳尻を合わせそう。ただ毎日杯のデキが素晴らしかったんですよね。レース後一旦緩めたとの報もあっただけに最終追いの動きは見たいところ。馬体自体はかなり魅力的も2番人気予想。迷う。

リョーノテソーロ 指数D 美浦武井亮厩舎 吉田隼騎手予定 キャリア3102 前走GⅠNHKマイルC15人気11着 中2週 除外対象 104M

成績はもちろんのこと、血統的にもスプリンター!溜めのないレースを走り切るタイプでややダート向きか?

ワグネリアン 指数B上 栗東友道厩舎 福永騎手予定 キャリア3101 前走GⅠ皐月賞1人気7着 中5週 113I

見るからに華奢で骨量も微妙。ただ付くべきところにディープインパクト産駒らしい繊細で良質の筋肉を纏っています。身体能力は良好そうも、やや非力なタイプなので皐月賞時の馬場等は合わなかったか!?またダービー目標だからなのか、真偽不明も前走時は調整法を変えた模様。それが吉と出るか?凶と出るか?は日曜日次第。また2つ懸念も。あまり流れてこない情報ながら、同馬はかなり他馬に対して神経質とのこと。フルゲート必至のダービーなので枠や位置取りが大きなポイントに。皐月賞で初の他頭数競馬。福永騎手がかなり苦労していましたから。人馬がごった返して異様な雰囲気になるダービーでも冷静でいられるかどうか?2つ目は今回から接着装蹄になっていること。接着装蹄がダメということではないです(ディープインパクトやアーモンドアイも使用)。蹄の弱い(薄い)馬にも施せる優秀な装蹄法ですから。ただ今回からというのがミソ!元々、蹄底がなさそうなタイプも蹄に何らかあった可能性も。最終追いや直前の気配(パドック)や馬体重には注視が必須。JRA的には福永騎手にダービーをっていうシナリオもありそうですが…。

総評~っす!

今年の牡馬クラシック戦線は難解!能力一番と思われるダノンプレミアムがザ石で弥生賞以来。また人気の一角を占めるこちらも無敗馬・ブラストワンピースも異例のローテ―ション。皐月賞一番人気のワグネリアンも不安要素がいくつかあり、皐月賞馬・エポカドーロには血統的距離不安やパンパンの良馬場になった時の時計やキレ不足が囁かれています。

ポイントは何よりも枠になりそう。皐月賞で逃げたアイトーンと、逃げたらしぶといケイティクレバーが現状除外対象。そうなるとジェネラーレウーノが逃げる?今週からCコースということもあって並び如何によっては、積極的な勝負に出る馬が出てくる可能性だってありますからね。また人気のダノンプレミアムや皐月賞馬エポカドーロも先行脚質。トライアルを勝った2頭も先行ですから、意外と前掛かりでスタミナが問われる我慢比べ的なレースになるのかも?

ダノンプレミアムは少々不器用で跳びが大きいタイプ。加速は良いので位置は取れそう。真ん中やや外が良いのかな?ワグネリアンも皐月賞の1枠がアダになった可能性。出たなりで差し位置の外に陣取りたいでしょうからある程度、外がいいのかな?それとも後方に下げて一か八かの直線勝負?

このブログを書いている月曜日の時点では枠について考えてもアレですから、まずは個体での判断をしたいと思います。今回は序列付けるも前後のコメントで察してください。

レースの中心はダノンプレミアムで仕方ないでしょう。今までは抜けた能力で結果も圧勝続き。今回勝つ可能性は高いも、ザ石による一頓挫で差は縮まっていると考えるのが普通ですね。

馬体的な魅力でいえば、これも異例のローテ―ションですがブラストワンピース!走るハービンジャー産駒の典型的な骨格や筋肉の質の持ち主。突き抜ける本命に指名するか?と言われれば、データ以上に指数に一抹の不安。馬としてのキャラはダービーを勝つに相応しいと考えます。

さてまた固いところを言ってスミマセン。ココまでのパフォーマンスや指数、馬体からはこの2頭が世代上位であるのは間違いないところ。平成最後のダービーは異例尽くしになる可能性もあるのかも?

エポカドーロに関しては、馬個体としてはかなり優秀。プレレーティングにしても118Iですから、あの皐月賞出走馬の中では頭1つ抜けています(2位がサンリヴァルの114で3位がワグネリアンの113)。ただキャラというか個性が強いタイプなので得手不得手はハッキリ。また狙ったレースで素晴らしい仕上げを施す藤原厩舎。皐月賞前にもココ(皐月賞)が勝負と公言していました。想像を豊かにすればダービーにはNHKマイルC2着のギベオンで勝負の予定だったのでは(疲労で回避)。馬体写真から成長を感じさせ、上がり目もありそうも、はやりキャラがなぁ。上位争いの可能性は高いと見ていますけどね。

本命にする予定なのは、希望的観測は強いですが、現時点ではブラストワンピースかな?とにかく馬体写真から大物感を感じますし鞍上の池添騎手の勝負強さも魅力でしょう。、位置取りは枠次第も自在性もあるのでダノンプレミアムを見る位置で競馬をするのでは?ゴール前で変わる!?!?

対抗にはコレも賭けになりますが、グレイルを指名。皐月賞の最後の脚は秀逸。鞍上・厩舎・血統・話題性からキタノコマンドールの差脚ばかり言われていますけどね。ただ賭けといったのは速い時計への対応と、実は小回り巧者の可能性を感じなくもないから。共同通信杯前にはダノンの相手は同馬と考えたほどの素材。ま、競馬は賭けなので可能性に賭けるべき!

ブチ抜けて圧勝の可能性のある単穴ということでダノンプレミアム。既に種牡馬入り確定の同馬にいくらダービーとはいえ中途半端な状態での出走はないでしょう。とはいってもダノンの悲願!?!?中内田調教師に対してのネガティブな情報でマスコミとの関係が悪化し、同馬の情報が少なくなったのは問題視して欲しいですけどね。形相的にも母系の影響が強く、ロベルト系の良さを感じます。

4番手の☆にはキタノコマンドール。デムーロ騎手の継続騎乗は魅力ですし、ポテンシャルは相当。ただあの繋ぎの感じからメイチに仕上げられないのでは?ダービーだから一か八かの勝負仕上げの可能性から4番手かな。ただ売れそうなので正直、消極的というか、買いたいといわれれば微妙。

次いで注はジェネラーレウーノ。皐月賞は頑張りましたが、時間経ってみるともう少しやれてもと。まだ奥がありそうな気もするので、叩き2走目で上がり目があればおもしろいのでは?展開厳しい可能性も東京の長い直線も今週からCコース。粘りが増す可能性。

連下には失礼な言い方も一長一短の馬達。まずはステルヴィオ!皐月賞はデキ落ちし(鞍上の弁)展開向かないも差し込んで4着は立派。

次に上手くハマったらワグネリアン。相当怖がりとの報からも個人的には他頭数の上級GⅠは不安先行。また今回から接着装蹄というのは気になる材料。

後はトライアルが強かったステイフーリッシュ。鞍上魅力で能力は抜群も、中2週と輸送で馬体の維持がどうか?エポカドーロ共々、3連系の馬券には入れたいかな?サンリヴァルは乗り替わりに懸念。相当状態良ければ抑えるかな?ゴーフォザサミットは東京2400mは好適性。鞍上も魅力ですが、前走メイチだった可能性。直前の気配良ければ買うかな?

馬券は上位3頭からオッズみながら工夫して買う予定です。後は先週同様、追い切りや枠発表後に独り言をUPすると思います。そこで大幅に順番変更する可能性あるも、もし良かった独り言聞いてみてください。

では競馬の祭典・日本ダービー!しっかり勝ってスッキリしたいですね。では勝てますように。

by競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji