安田記念2018!のちょっとしたデータやポイント他について。

競馬オヤジの壺

ちょっとしたデータ!

前走クラスはGⅢ以上!前走着順は3着以内理想も、1桁着順ならそれ程問わない。但し人気は重要。前走二桁人気では厳しい。ヴィクトリアマイルでの人気はシビアで1番人気が理想。また高松宮記念敗退馬も巻き返しは難しい。GⅠ初挑戦馬は近走(3戦めど)圧倒的な上昇度や強さ(3連勝に近い成績)が必須。東西互角。牡、牝も連対率は互角。

香港からの出走馬について!

今年に入って4戦以上消化している馬は出走過多。前走GⅠで未連対もアウト。

◎データからは、リスグラシュー、サトノアレスが減点なし。スワーヴリチャードも減点はないが、マイル経験の差で上位2頭からは一歩後退。

展開について!

重厚な先行馬は多数も、明確に逃げるであろう馬はウインガニオンになるのか?人気する有力馬が差し勢多く、古馬マイル頂上決戦にしては緩くなる可能性あるも、前走京王杯出走の位置を取りに行く石橋脩騎手・キャンベルジュニアやムーンクエイクもスピードの違いで好位の可能性。前掛かりになるか?!?位置取りはそれなりに重要も、反応の良い瞬発力と持続力のある脚が問われるレースに。馬の状態如何にもよるが思い切った騎乗をしそうな騎手には要注意。特にダービーで逃げ、結果を出した戸崎騎手には要注意。騎乗予定のアエロリットはワンラップ型で、スピードの持続で勝負するタイプ。瞬発力勝負では分が悪く、並び次第も思い切った展開に持ち込む可能性。前走揉まれてイマイチだったレーヌミノルも真ん中から外の枠を引いたら好位の外確保か?内めなら思い切った展開に持ち込むか?最大のキーマン・スワーヴリチャードは出たなりか。敢えてココを使うのは秋の目標が東京の3戦ということ?で、あれば、急がさずに差し位置からが有力!ココメイチで奪還したい有力馬多数で各陣営の駆け引きから、展開への決めつけは危険。脚質に対しての有利不利は現状薄いと思われる。

1頭強い差し馬がいる時(2016年)は引っ張り合いの抑え比べになるケースもあるが今回はスロー予想もそこそこは流れると見ています。後半のペースは持続力と瞬発力が問われる可能性から上がりの速さやコース、中距離での実績(スタミナ)が有利になるか?距離延長組では前走脚を余した馬に要注意。

指数とプレレーティングについて!

今回の出走予定馬は全体的に上位拮抗でレベルが高い。スワーヴリチャードやリアルスティールの中距離高指数馬はマイルでの実績がないためマイル指数上は予測値になり加減せざるを得ないも、中距離指数を加味すれば指数の順位は大幅に入れ替わる。純粋なマイル指数からはペルシアンナイト、リスグラシュー、サングレーザー、サトノアレスがGⅠの基準を満たしている。Cの指数馬は上がり目の見込める馬は可能性感じなくはないも、上位との差は歴然。レーティング的にも今期の掲示がなかったり、レーティングが下がっている馬に指数Cが多い。B指数馬には伸びしろ如何によって食い込みの可能性も、基本はA指数馬。

展開をどう読むか?にもよるが、後半の持続勝負と見るならば、速い上がりを使える中距離指数の高い、スワーヴリチャード、ペルシアンナイト、リスグラシュー、リアルスティールに期待。スローの抑え合いで瞬発力勝負と見るならば、マイル指数の高い馬ペルシアンナイト、リスグラシュー、サングレーザー、サトノアレス、モズアスコットを!京王杯SC好走馬はスピードの絶対値そこそこ飛ばし、中距離型の脚を封じ込める方法になるも、GⅠ勝利基準の指数にはやや足りず、厳しいか?

指数からはペルシアンナイトが最有力も東京コースの適性と、騎乗経験はあるものの川田騎手への乗り替わりは気になるところ。高指数のマイルCSと大阪杯の騎手ではないだけに…。リスグラシューは線が細いタイプなので初の56㎏は気になるも牡馬との比較からも指数・レーティング共上々。アエロリットはレーティング的には優秀も3歳時からの伸びは指数・レーティング共に微妙。成長曲線が緩い(個人的にはそう考えていますが)のかどうか?レーティングからはスワーヴリチャードが抜けています。次点にはペルシアンナイト。

続いて登録馬!

指数と馬体を見た感想他のコメント。プラス材料大は赤文字、プラス材料小にはオレンジ文字。マイナス材料大には紫文字、マイナス材料小には青文字

※指数については出走馬の過去指数の相対的なものになります。また過去最高指数に近走状態を加味しており、国内レース中心・当該距離にて評価しております。A~Eで想定。A本命級 B次点 C連下なら D恵まれて E厳しい 更に同じランクでも上下を付ける場合もあります。3歳戦の場合、サンプルが少ないので指数は拮抗しています。
また昨年及び今期成績の良い厩舎力の高い厩舎(東西リーディング10位以内と重賞成績をメドとする)にはを!

競馬ブックや競馬ラボに馬体写真があります。またそこに馬体のコメントもあります。参考にどうぞ!

アエロリット 指数B下 4歳牝馬 美浦菊沢厩舎 戸崎騎手予定 マイル1302 前走GⅠVM3人気4着 112M

胸前とトモの容量は抜群で牝馬ながら重厚なパワーの持ち主。四肢の位置が前後に広く骨格の可動域は微妙なので瞬間的な動きは疑問。またスピードの持続で勝負するタイプでしょう。胸の形から心肺機能も高そうなので、それなりのペースで行ってもそう簡単にはバテないでしょう。形相的には大よそクロフネも、母系の影響も強そうで筋肉の質や、やや鈍重でパワフルなところなどはその影響か。芝の質は軽くても深くてもokっぽいが重馬場については微妙。

ウインガニオン 指数D 6歳牡馬 栗東西園厩舎 津村騎手予定 マイル5107 前走GⅡ京王杯SC11人気7着 

重厚な馬体のマイラー!昨年春に本格化も今期はスランプか?展開のカギを握るもスローの逃げ馬。鞍上も何が何でものタイプではないだけに…。

ウエスタンエクスプレス 指数未定 6歳セン馬 香港サイズ厩舎 騎手未定 マイル0316 前走GⅠチャンピオンズマイル2着 今年5戦消化 

レベルの高い香港のスプリント・マイル界からの刺客。ただ今季すでに5戦消化でマイル戦では勝ち鞍が無いだけに…。

キャンベルジュニア 指数B 6歳牡馬 美浦堀厩舎 石橋脩騎手予定 マイル2211 前走GⅡ京王杯SC7人気2着 111M

骨量豊富で筋肉量も凄い巨漢馬!見た目通り、瞬発力他は微妙もスピードの持続力は相当。逞しい胴や腹袋から、我慢比べならばGⅠ級相手にも引けを取らないか?四肢は真っ直ぐで前後のバランスが取れている4輪駆動型で蹄底もそこそこあるので、馬場は問わなそうも重馬場では結果が出ていない。超大型馬では良くあることも下が緩いのは嫌なタイプかも。鞍上は昨年辺りから騎乗馬の質も上がっているが、技術や結果も伴っている。位置を取り行き残す騎乗っぷりは好感が持てる。ココも好枠を引いてスローを好位から粘り込むか!?

サトノアレス 指数A 4歳牡馬 美浦藤沢厩舎 蛯名騎手予定 マイル2201 前走GⅡ京王杯SC2人気3着 113M

筋肉の質や皮膚感はディープインパクト産駒らしくかなり垢抜けています。柔らか味も収縮力も良好でしょう。四肢は軽く真っ直ぐも、前腕や脛は思っていたよりも逞しく力感がある。骨格の可動域は良好で体幹も良さそうも、背を始め骨格の伸びがやや足りない面やバランス的に少し低く見える重心、肩の傾斜が立ち気味な面がマイル~1800mベターにしているのかも?前走の負け方からココで前進の可能性。500㎏超なのにあまり大型に見えないのは馬体のバランスが良好とのこと(故大川慶次郎氏弁)。馬群okなタイプっぽいので、ゴール前で接戦の追い比べに持ち込めるか?

サングレーザー 指数A 4歳牡馬 栗東浅見秀厩舎 福永騎手予定 マイル1131 前走GⅡマイラーズC4人気1着R 116M

3歳時は華奢でキレ優先のイメージも、上級重賞で結果を出していたのは素質のなせる業。ココにきて抜群の筋肉量に!その質はやや硬質も繊細。収縮力も良好そう。四肢は軽く繋ぎのクッションも良さそう。前走既に証明も、馬体的には時計勝負に強いタイプ。薄い皮膚と抜群の毛艶から状態は絶好でしょう。完成はまだ先もココにきての成長力は目を見張るものがあります。関東圏での出走は少なく東京は初も馬体重は安定するタイプでメンタルも良好そう。ダービージョッキーの福永騎手が厩舎力の高い浅見秀厩舎とタッグで育成してきた馬。いよいよ頂点を取りに行く!?

スターオブペルシャ 指数C下 5歳セン馬 美浦藤沢厩舎 内田博騎手予定 マイル1223 前走OP谷川岳S2人気1着 106M

去勢が功を奏したか、成績が安定しOP勝ち。脚質的にも安定感があるもさすがにココは相手が強いか!?

スワーヴリチャード 指数A下 4歳牡馬 栗東庄野厩舎 M・デムーロ騎手予定 マイル初 前走GⅠ大阪杯1人気1着 121I

GⅠ大阪杯を無類の強さで快勝も、未だ馬体的変化を感じます。まだまだ成長途上なんでしょう。今期は筋肉量が増え丸みを帯びてきた印象だったが、ココにきてシルエットに更に伸びも!また可動域も良好になった感。筋肉の量自体は増え続けていそうで質自体も繊細に。元々ハーツクライ産駒っぽさはあったも、更に品のある、ハーツ産駒感は増したかな?とはいえ母系(アメリカのパワー系)と上手く融合して非力感は皆無。現役最強馬との呼び声も高い同馬。初のマイルGⅠでもそのポテンシャルを見せつける!?

ダッシングブレイズ 指数C 6歳牡馬 栗東吉村圭厩舎 北村宏騎手予定 マイル6206 前走GⅡマイラーズC7人気8着 106M

GⅡGⅢの常連で掲示板はもちろん勝ち鞍あるも、今期はやや頭打ちの感。プレレーティング的には数値が下がっており、指数も頭打ち。GⅠでは厳しいか!?

タワーオブロンドン 指数B下 3歳牡馬 美浦藤沢厩舎 騎手未定 マイル1011 前走GⅠNHKマイルC1人気12着 110M

個性的な馬体の持ち主(詳細は写真のある時に)。前走は始めて馬券圏内から外れるも疲労がなかった故の登録か!?個人的意見になるがマイルは少々長い印象。相手関係が楽ならよいが、このメンバーでは…。前半捨てて直線勝負でどこまで!

ヒーズインラブ 指数C 5歳牡馬 栗東藤岡健厩舎 藤岡康騎手予定 マイル5233 前走GⅢダービー卿CT4人気1着 106M

昨年後半から急速に力を付けて前走ではGⅢ制覇。筋肉量は多めで胸前やトモの容量、張りは抜群!後肢の感じから長く良い脚を使うタイプでしょう。特に胸前の盛り上がりは凄い。シルエット的には前後に長く、首や胴は伸びやかも全体のバランス的には重心が低め。胸の深さも少々浅めに見えるので、そういった面がマイルベストなのかも?また前後に長手の馬体なので体幹がしっかりしてきたことが成績に繋がったのかも?馬体的には個性的でしょう。繋ぎはやや短く蹄底もありそうなので重めの芝や悪化した馬場は有利になりそう。使いながら強くなってきた上がり馬がいよいよGⅠ挑戦へ!

ブラックムーン 指数C 6歳牡馬 栗東西浦厩舎 秋山騎手予定 マイル623 10 前走GⅡマイラーズC6人気9着 110M

速い脚を毎回繰り出すも、goサインからの反応は微妙に見えます。TOPスピードに乗るまでに時間がかかるタイプか?ココも後方から何頭追い越せるか?2走前快勝も京都の下り坂を利用し、同馬の個性を生かした鞍上の好騎乗。レーティング下降で指数も頭打ちだけに…。

ペルシアンナイト 指数A上 4歳牡馬 栗東池江厩舎 川田騎手予定 マイル3011 前走GⅠ大阪杯6人気2着 119I

背が少々短めで、バランス的に長めで力感ある首が特徴的。3歳時からマイルでの指数は相当でした。ハービンジャー産駒にしては筋肉の質が硬質で収縮力は上々。また体幹面もしっかりしていそう。母の全兄がゴールドアリュールでそういった面からやや体の線が硬く筋肉の質もしっかりした可能性。配合の妙なのかも。胸前やトモの張りは抜群で皮膚も薄く毛艶も良好。東京コースに良績はないも、適性外のレースだったりと、たまたまの可能性大。鞍上は腕達者なリーディング上位も、心配点としては乗り替わりか!?

ムーンクエイク 指数B 5歳セン馬 美浦藤沢厩舎 騎手未定 マイル4203 前走GⅡ京王杯SC4人気1着 112M

毛色や皮膚感はよくいるアドマイヤムーン産駒ですが、体型的にかなりドッシリしているのは母系の影響が強いせいか!?首が太く、胸前トモの厚みは相当。筋肉の質的にはタルく、ボテッとしています。瞬間的な動きよりはスピードの持続で勝負するタイプでしょう。四肢はバランス的に短め。ココまでマイル中心に使われるも、馬体からは1400mベターの感。個人的には緩急のないスプリントも慣れれば面白そうに思うのですがどうでしょう?

モズアスコット 指数B上 4歳牡馬 栗東矢作厩舎 C・ルメール騎手予定 マイル2100 前走OP安土城S1人気2着 111M

馬格は中位も筋肉量多く、迫力のある馬体!キ甲の感じやバランス(背っ垂れに見える)からもまだまだ成長途上では?骨格の可動域は良好そうも、体幹面もこれからっぽいんですよね。それでいてこの成績なのは能力の証。胸前やトモの容量はかなり大きく張りも上々四肢はやや短く、やや寝気味の繋ぎも相まって重心は低め。陣営的にはココ目標にしていたが故の前走出走&連闘。血統的にはやや無骨さを感じるも、意外と柔らか味がありタフなのかも?順調な臨戦過程なら人気になった可能性も、今回は取捨に悩む。

リアルスティール 指数A下 6歳牡馬 栗東矢作厩舎 岩田騎手予定 マイル0001 前走GⅠドバイターフ1人気3着 116M

ドゥラメンテ、キタサンブラック世代のTOPの1頭。パッと見からかなりの見映えする良好な馬体の持ち主。やや胴が短いも欠点が少ない馬体。骨も太そうで筋肉量も多め!シルエットからは1800~2000ベターの中距離型もマイルも決して守備範囲外ではないでしょう。肩の傾斜は寝気味で四肢は真っ直ぐ。後肢の感じはディープインパクト産駒らしく、長く良い脚を使うタイプ。ただ体が柔らかそうで良好な反面、体幹面がどうなんだろう?筋肉の質も少々タルそう。勝ち切れない面や連勝できないところは、気性面含めそういった面が影響している可能性。もしくは疲労が抜けにくいタイプ???ドバイ帰りも皮膚感や毛艶から状態は良さそうなので、2年前のようなことはないか!?むしろメンタルさえ落ち着いていれば、仕上がり早で鉄砲は効く印象。今年は左回りの長い直線の中距離がターゲットと絞った可能性。

リスグラシュー 指数A 4歳牝馬 栗東矢作厩舎 武豊騎手予定 マイル2420 前走GⅠVM1人気2着 111M

VM時の仕上げはGⅠを取りに行ったもので良好さを感じました。が、今回掲載されている写真からはVM出走から時間が経っていないも、むしろ状態は上がっているのかなとも思わせられる印象。首、胸前、トモの張りは増し、皮膚も薄く毛艶もピカピカ。細身ながら立ち姿からはシャンとした力感が伝わり、成長によって体幹がしっかりしたのかな?って思わせられます。2走前は超絶スローの競馬もメンバーレベルはかなり高く、前走はGⅠ。厩舎力の高い矢作厩舎が前走後直ぐにこのレースへの出走を表明したのは体調に問題ないとのジャッジでしょう。とはいえ繊細な牝馬だけに、最終追いと直前の気配には注視。

レッドファルクス 指数B上 7歳牡馬 美浦尾関厩舎 田辺騎手予定 マイル0012 前走GⅠ高松宮記念1人気8着 113M

追い込み位置から素晴らしい末脚を発揮するタイプも、全体のシルエットからはやや前勝ち。先行して良い脚を使うタイプが多い感。首や胸前は力感があります。背と下腹のラインから、瞬発力よりは長い脚を使うタイプでしょう。葦毛なので見えにくいも筋肉の質は柔らかそうでややタルめ。ダート中心でOPまで勝ち上がったタイプにしては四肢は明らかに軽く芝向き。元々1400mベターの感も絶対能力と速力でスプリントGⅠを勝った馬。ただ前走や前々走の感じからは加齢のせいか、グリグリのスプリント戦よりも緩急のある1400以上の方が良い可能性。データアウトも底力あるだけに侮れぬか!?

レーヌミノル 指数C上 4歳牝馬 栗東本田厩舎 和田騎手予定 マイル1013 前走GⅠVM9人気10着

骨量豊富で筋肉量も多め!元々、完成度は高かったが成績的にも伸びしろが薄く感じます(結果論ですが)。牝馬ながら同馬本来のスピードとパワーを生かす競馬で上位人気馬をアッといわせる!??!

総評~っす!

まず有力馬の中に休み明けや前走上々の仕上げをした馬が結構いるので、結論はまた独り言として週末にUPさせてください。

ココではあくまでも、ココまでの臨戦過程での印象と馬体を見た感想から、現時点で買いたいと思う馬をピックします。

まずは何といってもスワーヴリチャード!前走の大阪杯は破格の強さ。周り云々が取りざたされている同馬ですが、競馬オヤジ的には少々違った見解。基本的にはラチを頼りたいと以前もコメントしましたが、その考えに変わりなしですね。今回は直線向いた時にそのポジションが取れるかどうか?ただ左回りの場合は幾らかマシにもなるのでラスト200で金鯱賞のような展開になれば。初のマイルに懸念の声もありますが、スプリント能力(スピードの絶対値)が問われる程の激流Hペースになることはなさそうなので、能力で何とかしそう。というか、馬体からくるキャラは違う印象が強いも、陣営は同じハーツクライ産駒のジャスタウェイをイメージしているのかも?取りこぼす可能性は否定できないも、指数(中距離)やレーティングからこのメンバー相手でも馬券圏内は固そう。いや頭で行ける!?!?

まずはつまらないコメントからでスミマセン。相手というか、候補筆頭にはドゥラメンテ・キタサンブラック世代のリアルスティールが気になります。この世代は何だかんだいっても重賞成績が良好で現役でもサトノクラウンやシュヴァルグランが今もGⅠ戦線で頑張っています。世代レベルはもちろんのこと、同馬個体のレベルも相当。ただ上にもコメントした通り、不安点も少なくはありません。ただ陣営もそれを把握しての出走でしょうからね。休み明けの方が一昨年の天皇賞秋の2着や昨年の毎日王冠のような走りができそう。懸念材料としては鞍上が東京マイルで変に委縮しないことかな?現役を続けるのならば振り切れるか?

この2頭を上位に取っているので、単穴なしの3番手にはサトノアレスを!前走の差し届かなかった脚からも1600mに延びるココは同馬向き。後は上記2頭に対しての力関係でしょう。またフェアプレーは大事なことですが、蛯名騎手が外々を回すようだとコース形態(先週からCコース)からも届かない可能性も。

後、買いたいと思うのはダービージョッキー・福永祐一が手綱を取るサングレーザー!競馬歴が浅い人が見ても分かるほどの成長力。完成は今秋以降でしょうけど、ココでも十分に戦えると見ています。ただ東京コースが未経験で関東圏も2回目。因みに左回りも新馬戦の中京(3着)以来と不確定要素が高いのも事実。そういった面から4番手かな?馬個体としては単穴評価相当でスワーヴの相手は同馬かも?

後はペルシアンナイトとリスグラシュー。ペルシアンナイトに関しては、馬体から状態は相当良さそう。ただ、適性外の2400m(ダービー)や、休み明けで不良馬場(富士S)などたまたまでしょうけど東京に良績がないことをどうジャッジするか?トラックマン的には問題なしという人が多そう。またこれは個人的意見ですが乗り替わりが結構気になっています。川田騎手は腕達者で気持ちも強い。池江厩舎との関係も抜群。競馬オヤジ的にもよく買う騎手で評価は高め。ただペルシアンナイトって、前半フワフワ乗る方が末に繋がる気がするんです。位置を取りに行くとか関係なく。前走の福永騎手とはピッタリだった感。今回は悪くも中段からの競馬を選択しそう。もし、昨年のサトノアラジンのような位置で馬群を縫う競馬をしたら頭まであるのでは?って考えちゃいますけどね。リスグラシューはマイルで抜群の成績。東京コースも合っており、3走前にはここに出走するサトノアレスに先着しています。後は調子落ちがなく、好枠を引ければ!少し乗り難しいタイプなのでそういった枠や展開面が味方にならないとかな?

レッドファルクスに関しては、底力上位で状態が良ければ3着候補としては考えていますが、やはり前走の負け方に気になります。アエロリットに関してはここでも好勝負するだけのポテンシャルを秘めているとは思いますがキャラ的には札幌記念とかの方が向きそうな気がするんです。どうしても昨年のクイーンSの強さが忘れられないというか…。また戸崎騎手なら不足はないですし積極策の可能性も、横山典騎手のようなアッと驚くことはなさそうですからね。

結局人気所の名を挙げただけになってしまいました。ただプレレーティングや指数から考えると、差があるのも事実。後は状態によって順位は変えるかもしれませんが、買いたいと思ったのはコメントした上位4頭。ペルシアンナイトとリスグラシューは最終追い次第も現時点では抑え予定。オッズ的にも人気しそうなのでスワーヴからだとガミリだらけになっちゃいますからね。

では安田記念!キッチリ勝って夏競馬に繋げたい。頑張りましょう。

by競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji