ユニコーンS2018&函館SSのちょっとしたデータと馬体を見た感想他!

競馬オヤジの壺

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。今週は当方の都合によりUPが遅くなってスミマセン。また先週の回顧他、情報が簡素になってしまうコト、ご了承ください。

ユニコーンS

ちょっとしたデータ!

人気馬が強いレース。前走クラスは500万以上も格下からの臨戦では勝利が必須。OP特別で4着以内だった馬が良績。キャリアは4~8戦が理想。脚質は先行と差しら有利。

*スタート後、しばらく芝の部分を走る為、血統的にサンデー系が父系だと心強い。また軽めの砂質でもあるので、ある程度はスピードのある背景(血統や馬体や実績)は必須。

馬体を見た感想他については出走馬が未確定のため、写真のあった馬のみコメントします。また指数については最後に上位順をコメントします。

グリム 牡 栗東野中厩舎 川田騎手予定 前走OP青龍S1着 父ゼンノロブロイ キャリア3011

パッと血統表見る限り、血統的には芝でもいけそうな感。四肢はスラッとして随所にそういった面は感じられ体の線はしなやかでそれ程固くなさそう。ただ全体的にはやや重めというか鈍重に感じる面があるかな?筋肉の質もやや硬質。首や胸前の筋肉量や力感は抜群。またトモの容量も上々。スピードの持続性の高いダート馬というイメージ。母系にサクラバクシンオーが入った馬で上級クラスまで活躍するタイプって骨量や馬格に秀でている馬が多い感。まだまだ成長途上も期待大でしょう。距離に関しても融通性は高そう。

グレートタイム 牡 栗東藤原厩舎 C・ルメール騎手 前走OP鳳雛S2着 父キングカメハメハ キャリア2301

皮膚が薄く毛艶が抜群!パッと見の感じだと、キレや速力を感じますね。首が太く胸前の筋肉量も上々。またお尻の身入りが凄いのか尾離れが良く見えます。四肢の感じも速い時計でも対応できそうな生え方をしています。筋繊維は繊細も少々硬めなのかな?また骨格の可動域も良好そう。ダート馬にしては骨量や重厚さは微妙もこの舞台向きな印象の馬体の持ち主。輸送で極端に馬体が減らなければ。

ハーベストムーン 牡 栗東浅見厩舎↑ 戸崎騎手予定 前走OP鳳雛S1着 父マンハッタンカフェ キャリア3110

ドッシリとした雰囲気で筋肉量も豊富。その質はややタルそうなので、瞬間的な反応は微妙。四肢はスラッと真っ直ぐで繋ぎはダート馬にしてはやや細く長めでクッションが良さそう。母系の影響か、腹袋がしっかりしており底力がありそう。また背というか腰が強そうなので深い砂でも問題なさそう。シルエットやキ甲の感じ他からもまだ幼い面を感じるも、この成績。成長如何によっては先が楽しみ。脚質的には展開の助けが欲しい感も、鞍上にはダートでキレを発揮させることに長けた戸崎騎手。新味を!

バイラ 牡 栗東川村厩舎 和田騎手予定 前走OP端午S1着 父ヘニーヒューズ キャリア3224

500㎏弱の大型馬も、伸びのあるシルエットでスッキリと見せます。四肢もスラッとし軽く、骨格の可動域も良好そう。ヘニーヒューズ産駒にはこういった特徴の馬が多い感。古馬になって筋肉が硬くなりパワー優先になるも、割と軽い砂や重馬場のレースでキレを見せるケースが多いような気もするのですが…。肩の傾斜は寝気味も胸がそれ程深くはなさそう。距離的には1200~1400といったシルエットではない感じですね。繋ぎは立ち気味で蹄底もあるタイプ。穿った見方かもですが、洋芝の不良馬場とか良さそう。ただ牡馬ながら脾腹やトモの容量が微妙。中京でやや苦戦していたのは周りなのか?砂質なのか?東京の砂は合いそう。顔付から落ち着いた雰囲気。データ的にはアウトも豊富なキャリアのお陰か。

ルヴァンスレーヴ 牡 美浦萩原厩舎 M・デムーロ騎手予定 前走OP伏竜S2着 父シンボリクリスエス キャリア3100

この血統らしく骨量豊富で筋肉量も上々。四肢は真っ直ぐで長く良い脚を使うタイプ。繋ぎは良好な長さも寝気味。ダート馬らしく、胸前やお尻、トモの容量や張りは抜群も、首の太さや前腕、脛の逞しさは特筆もの。キ甲の感じからはまだまだ成長途上なんでしょうけど、その辺りの筋肉の張りは3歳馬離れしている印象も。一見、パワーに秀でた雰囲気も、四肢の感じや、首から背のラインからは軽い砂の時計勝負の方が向く印象も。

ルッジェーロ 牡 美浦鹿戸厩舎 柴田善騎手予定 前走ドバイGⅡUAEダービー8着 父キンシャサノキセキ キャリア2022

骨量豊富で骨太。また筋肉量も上々。その質自体はややタルめも柔らか味があり手先も軽いですね。芝での勝ち鞍や好走歴があるように現状、皮膚感含めダート馬のそれとは少々違う感。上体に比べ、やや四肢は華奢に感じるのですがどうでしょう?こういった場合、非力なケースも。将来的には軽いダート&重い芝を主戦場にするのかも?キャラとしては背と下腹の感じやお尻のシルエットから、キレや速力よりもワンラップの我慢比べの方が良さそうな気がします。成長如何にもよるでしょうけど、現状胴も箱形なので距離はこれ位がベターでは?

指数上位馬!

グリム、ルヴァンスレーヴ、グレートタイム、イダペガサス、ハーベストムーン、コマビショウ、ハヤブサマカオー、リョーノテソーロ。

シヴァージは伸びしろあるかも?

総評~っす!

登録頭数が27頭と多く、出走馬が未確定なのでココでは総評というよりは、現時点で気になる馬をコメントします。

ルヴァンスレーヴが1番人気になるのかな?この舞台は合いそうですし、鞍上も魅力。ですが馬体と適性(キャラ)からグレートタイムに逆転の目も!またキャリア的には厳しく、ココまでの戦績的にも1枚下の感も指数的にはイダペガサスもおもしろい。グリムも前走以上の走りで指数を伸ばせれば!

追い切りや直前の気配確認必須も馬体からはグレートタイムが現状本命候補かな?出走馬確定後に補正する可能性は高いかも???

GⅢ函館SS

ちょっとしたデータ!

以前は実績馬が活躍するレースだったも近年は荒れるレースに!3,4歳が強いも高齢馬もそれ程差はない。牡馬牝馬は互角も東西は関西馬が好結果。前走クラスは準OP以上。前走着順は3着以内が理想。開幕週だからか1~3枠が好結果。昨年い続いての高速洋芝の可能性から、データよりも枠の並びと直前の気配を優先!

続いて登録馬!

指数と馬体を見た感想他のコメント。プラス材料大は赤文字、プラス材料小にはオレンジ文字。マイナス材料大には紫文字、マイナス材料小には青文字

※指数については出走馬の過去指数の相対的なものになります。また過去最高指数に近走状態を加味しており、国内レース中心・当該距離にて評価しております。A~Eで想定。A本命級 B次点 C連下なら D恵まれて E厳しい 更に同じランクでも上下を付ける場合もあります。3歳戦の場合、サンプルが少ないので指数は拮抗しています。
また昨年及び今期成績の良い厩舎力の高い厩舎(東西リーディング10位以内と重賞成績をメドとする)にはを!

競馬ブックや競馬ラボに馬体写真があります。またそこに馬体のコメントもあります。参考にどうぞ!

アドマイヤゴッド 指数C 6歳牡馬 栗東須貝厩舎 岩田騎手予定 前走GⅡ京王杯SC9着 函館1102

函館好走歴あるも条件戦でのこと。OP昇格後は僅差の掲示板こそあれというところ。買い材料少ない…。

エポワス 指数B 10歳セン馬 美浦藤沢厩舎 蛯名騎手予定 前走GⅢオーシャンS15着 函館1311

昨年のこのレースで3着と典型的な北海道洋芝巧者!10歳になるセン馬も、厩舎コメントでは衰えなし。

キングハート 指数B上 5歳牡馬 美浦星野厩舎 北村宏騎手予定 前走GⅠ高松宮記念10着 函館0100

昨年の2着馬。夏場に状態を上げるタイプなのか、筋肉の張り抜群で、皮膚も薄く毛艶もピカピカ。バランス的に胴が短く、重心もやや低めの典型的な短距離体型。筋繊維はそこそこ繊細そうも、質自体は硬そう。元々、タフなタイプで昨年は使い詰めでの好走。今シーズンは陣営がサマーシリーズを狙っているかのローテ&仕上げに見えるのですがどうでしょう?時計勝負にも混戦に強いタイプ。仕上げの匙加減がポイント。

ジューヌエコール 指数B下 4歳牝馬 栗東安田隆厩舎 北村友騎手予定 前走GⅠ高松宮記念17着 函館1000

昨年の勝ち馬。胸前やお尻の張りは抜群で毛艶も良好。胸囲が大きいので心肺機能は高そう。ボリューミーなところとしなやかな首他やや華奢っぽいところとある、よく言えばメリハリの強い馬体。脾腹が薄く、やや三角形っぽい胴の牝馬って早熟っぽく、伸び悩む馬が多い印象。同馬も3歳時はその傾向も、ココにきて胴に厚みが出てきた可能性。陣営的には得意の舞台で復活を狙うというシナリオでしょう。個人的には今回のレースでジャッジする予定。また斤量に敏感っぽそうなんですがどうでしょう?

セイウンコウセイ 指数A 5歳牡馬 美浦上原厩舎 池添騎手予定 前走京王杯SC12着 函館0001

骨太で筋肉量も豊富。骨格の可動域も広そう。胴はやや箱型もスプリントよりも距離もちそうなシルエットの持ち主。筋肉の質はやや強靭で粘りが強そう。繋ぎは繊細でクッションが良さそうも前後のバランスの取れた4輪駆動タイプなので、その走法やパワーで下が緩いのや重いのは苦にしません。またHペース耐性も高いタイプ。得手不得手があるので、自身が有利な馬場や展開になれば、そのポテンシャルから圧勝も。

ダイアナヘイロー 指数B 5歳牝馬 栗東大根田厩舎 武豊騎手予定 前走GⅠ高松宮記念18着 函館初

四肢はスラッとしていますが、首や背が短め!コロンとしたシルエットからはやはり短めの距離が向くのが分かります。胸前やトモの容量は抜群で、今回はややフックラも輸送他を考えればちょうど良さそう。個人的意見になりますが、芝の適性はある程度万能も、平坦の短い直線はかなりの巧者の部類。また逃げなくても競馬ができるので仕上がり良ければ!

タマモブリリアン 指数C 5歳牝馬 栗東南井厩舎 古川騎手予定 前走GⅢ京都牝馬S9着 函館2112

北海道シリーズに照準を合わせてきた感。OP昇格後、結果は一息も得意の函館で!

ティーハーフ 指数B下 8歳牡馬 栗東西浦厩舎 国分優騎手予定 前走OP鞍馬S1着 函館1011

このレースの3年前の覇者。皮膚が抜群に薄く、筋肉の繊維がクッキリする程!首や胸前、お尻の容量、張りは抜群で骨も太そう。元々、晩成型の血統(一族)らしくココにきて再浮上の感。直線が短く平坦であっても、3角から捲って差し切る豪脚の持ち主というか、キャラ。前肢に接着装蹄の跡も、影響は無さそう。

ナックビーナス 指数A下 5歳牝馬 美浦杉浦厩舎 三浦皇騎手予定 前走GⅠ高松宮記念3着 函館初

牝馬ながら520㎏超の大型馬。各パーツとも迫力があり、筋肉の質はこの血統らしく、やや硬めでタルそう。斜尻に曲飛気味の飛節と最近ボチボチ見るタイプ。キレよりは速力の持続も、あまり長い脚を使うタイプではなさそうなのですがどうでしょう?取りこぼしが多い印象があるのは脚の使い所が難しいのかも?トモの容量は素晴らしいでしょう。厩舎のやり方なのでしょう、管や蹄をしっかりケアしている印象。それによって大きな怪我なくココまで25戦消化は立派。今回、人気になりそうもココを始動戦にして秋のGⅠまで突っ走るか!?

ノットフォーマル 指数D 6歳牝馬 美浦中野厩舎 黛騎手予定 前走OP韋駄天S2着 函館0001 *除外対象

様々な距離コースで活躍するタイプ。適性以上に展開や状態次第なのかな?現状、除外対象で…。

ノボバカラ 指数D 6歳牡馬 美浦天間厩舎 武藤雅騎手予定 前走GⅡ京王杯SC16着 函館0001

昨年に続いての出走。昨年は後方から最速の上がりで7着と洋芝であればと思わせる走りもやはりダートとは指数的に差がある。

ヒルノデイバロー 指数B下 7歳牡馬 栗東昆厩舎 四位騎手予定 前走GⅢ阪急杯17着 函館0000

大型馬でシルエット的にはあまり窮屈さがないタイプ。首が長く胴も短くはありません。また四肢の出ている位置が前後に広い面も長手に見せている一因でしょう。馬体的にスプリント適性高そうな面はバランス的にやや重心が低めに見えるところかな?四肢は軽く、後肢は長い脚を使うタイプで、スピードの持続勝負型でキレは微妙。7歳になるもまだ28戦(中央のみで地方では2戦)で馬体から衰えは感じないも、張り他は一息で休み明け感。どこまで仕上げ切るか?本線は昨年好走の札幌か?!

ユキノアイオロス 指数D 10歳セン馬 美浦石毛厩舎 丸山騎手予定 前走OP安土城S12着 函館1001

78戦消化の超タフネスホース。昨年11月には準OPで勝利した孝行馬。さすがにOPでは厳しい結果も…。

ライトフェアリー 指数C 6歳牝馬 美浦石毛厩舎 柴山騎手予定 前走OP鞍馬S2着 函館0011

6歳になるも休養を挟みながら大事に使われて、2走前にOP昇格。前走もあわやの2着。充実期に入った可能性。課題は時計!?

ラインスピリット 指数B 7歳牡馬 栗東松永昌厩舎 森一騎手予定 前走GⅡ京王杯SC5着 函館初

牡馬にしては小柄も、ココまで43戦消化とタフ!今シーズンも勝利や好走があり老いてなお盛ん。展開向けば好走あっても驚けない。

ラインミーティア 指数C 8歳牡馬 美浦水野厩舎 西田騎手予定 前走OP韋駄天S8着 函館0001

新潟千直のスペシャリストで、昨夏はGⅢアイビスSD勝利後のGⅡで2着と好走!ただ年明けからはイマイチな結果。狙いは昨夏同様?

ワンスインナムーン 指数A下 5歳牝馬 美浦斉藤誠厩舎 石橋脩騎手予定 前走京都牝馬S5着 函館初

昨年のGⅠスプリンターズS3着馬でその後、香港スプリントに参戦。重賞でも戦えるだけの力があり、目標は先でココは始動戦も仕上がりと展開次第で頭までありそう。写真が無かったのは残念。

総評~っす!

各陣営の思惑が様々ありそう。そういった面をどう読んで活かすかは大きなポイントでしょう。また今年の函館の芝の状態も要確認。昨年のような高速馬場であれば1~3枠に入った馬が有利に。それとこれが最も大きなポイントになりますが、近年穴を開けてきた【前走GⅠで大敗した軽量の3歳馬】の出走が今年はありません。前走GⅠで大敗して人気落とした3歳馬が成長力と軽量を生かして好走というのが1つのパターンだったんですけどね。そう考えると、今回は洋芝の高速適性のある実績馬に有利になるのかな?今年の場合は馬場を確認した上で適性重視が良さそうな気がします。

本命には本来使われながら調子を上げるというか、状態にブレが少ないタイプで休み明けは少々気になるもキングハートを!人気になりそうも、馬体写真からは充実ぶりが伝わります。展開的にもそこそこ流れそうですし、昨年の2着馬でもあるので。馬場が同様なら尚更!とにかく仕上がり次第。

1番人気になりそうですし、充実度なら引けを取らないナックビーナスは馬体的には速力抜群のパワー&底力タイプ。もちろん洋芝の適性も高いでしょう。ただ人気になりますからねぇ。力的に無視できないもオッズ的に印は注という感じの予定。勝ち味に遅いところもあるし多少、時計が掛かった方が良さそうな気もしますので。

対抗には狙い過ぎの可能性あるも完全復活を期待してティーハーフを!血統的にも晩成ですし、馬体も良い意味で枯れて充実している感。程よいHペースだと脚を使わされて流れ込むだけになる可能性あるも、前総崩れの激流もしくはM以下ならばマクリ競馬がハマるかも。そういった要素の対抗です。

単穴には好位抜け出しを期待して、実績ナンバー1のセイウンコウセイを!昨年は超の付くHペースを追い掛け過ぎたもの。本来、時計勝負よりは底力勝負向きも、軽量の3歳馬がいなければ。もちろん陣営もその辺を計算した上での出走&鞍上でしょう。前走の1400m出走はプラスの可能性も。また大敗で人気落とせば!

夏は牝馬という格言があるのに、ココまで名前を出した牝馬はナックビーナス1頭ってのは逆行???ですかね?

☆には仕上がり次第もワンスインナムーンを!昨年、メキメキと力を付けGⅠでも3着好走。本来ならもっと重い印を付けたいも、基本的には軽い芝での好走が顕著。平坦小回りの高速洋芝も多分合うとは思いますが、同型も多いですし、鞍上も強気な騎乗が売り!巻き込まれる可能性も否定できません。また写真がなかったので現状は☆に。

△1にはダイアナヘイローを!馬体の感じからは洋芝は合いそう。また元々時計勝負はドンとこいというタイプ。前走の大敗は福島調教師の勇退で厩舎解散のため2走前メイチの仕上げで勝ちに行った結果。立て直しなったなら鞍上とも手が合うので期待。ただ目標が先の可能性と他の有力牝馬よりも1kg重いのがどうか?

後、ライトフェアリーは充実一途も個人的には買うなら抑えの評価。というのも時計勝負がどうか?昨年と違う馬場だったり、天候で時計がかかるようなら。意外性のラインスピリットも同様。同馬の場合は展開が向けばというところ。Hペースに巻き込まれるとどうか?状態次第で3連系馬券の抑えかな?エポワスに関しては10歳とはいえ、前述の2頭よりは積極的に買いたいかも?状態如何で抑え以上かもしれません。夏の北海道専用馬ですからね。

今年は比較的人気サイドで決まりそうな気配を感じるのですがどうでしょう?先にも述べた前走GⅠ大敗の軽量の3歳馬が出走なしですから。状態はもちろんのこと馬場と枠確認した上で補正するかもしれませんので、あしからず。また土曜日か日曜日に、先週同様独り言はつぶやくつもりではいますが、流動的。UPできなかったらスミマセン。

いよいよ夏競馬が始まりました!夏は格より調子と言われるので、その見極めがポイントになりそうです。では高配当取れますように頑張りましょう。

by競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji