宝塚記念2018のちょっとしたデータと馬体を見た感想他!

競馬オヤジの壺

先週の馬券は東京、阪神ではまあまあも、函館SSでは期待した馬達がセイウンコウセイを除き凡走とイマイチな結果。個人的にはセイウンコウセイとキングハートで行けると踏んだんですけどね。2着にはノーマークだったヒルノデイバロー。穴党のトラックマンでピックしていた方はいましたが、う~ん、やはり競馬は難しいですね。ユニコーンSに関しても3着に入ったエングローサーは直前で馬券に足しましたが、ブログではUPしませんでした。今回は軽い重馬場!ダート血統ながら新潟2歳Sでの好走があったので引っ掛かっていたのですが、前走の500万下のレベルがこのメンバーの重賞だと少し足りないと考えていたので…。こういったケースというか、激走しそうな馬をキチンとピックアップ出来るよう、今後はより一層、精進いたします。

*先週の回顧は今回、当方の都合によりパスします。

さて今週は阪神競馬場で宝塚記念が行われます!海外遠征が増えた昨今、出走馬の状態等についてはメンタル含め、いろいろ確認等が最重要なのはもちろんですが、成長というか伸びしろのような部分やキャラもポイント。古馬のスペシャリスト戦ですから、得手不得手がハッキリとします。そういった面をどこまで読み切れるかは難しいも、またまたちょっとしたデータと馬体を見た感想他をネタにしたいと思います。

ちょっとしたデータ!

牝馬、関東馬とも互角以上!馬齢は4~6歳3歳、7歳以上は馬券圏内なし。前走クラスは重賞以上。GⅠの場合は着順不問。ただ格下(GⅡ以下)のレースでは好走は必須。GⅡの目黒記念ですら連対馬以外は圏外。春のグランプリという格式から初GⅠ挑戦馬や重賞未勝利馬では厳しい

続いて登録馬!

指数と馬体を見た感想他のコメント。プラス材料大は赤文字、プラス材料小にはオレンジ文字。マイナス材料大には紫文字、マイナス材料小には青文字

※指数については出走馬の過去指数の相対的なものになります。また過去最高指数に近走状態を加味しており、国内レース中心・当該距離にて評価しております。A~Eで想定。A本命級 B次点 C連下なら D恵まれて E厳しい 更に同じランクでも上下を付ける場合もあります。3歳戦の場合、サンプルが少ないので指数は拮抗しています。
また昨年及び今期成績の良い厩舎力の高い厩舎(東西リーディング10位以内と重賞成績をメドとする)にはを!

競馬ブックや競馬ラボに馬体写真があります。またそこに馬体のコメントもあります。参考にどうぞ!

アルバート 指数C上 7歳牡馬 美浦堀厩舎 藤岡康騎手予定 前走GⅠ天皇賞春8着

関東の名門・堀厩舎の所属という面もあり行き届いたケアのせいか非常に垢抜けた馬体!薄い皮膚感も一流馬のそれですし毛艶も良好。四肢はスラッとし軽めも、胸前や胴、特にお尻の張りはさすがの一語。筋肉量はやや多めも少々硬い体の線からもやはりステイヤー色があるかな?懸念材料としては、中山巧者なのでパワーあるも蹄底から馬場の悪化がどうか。また関西圏では好走こそあれという輸送が微妙なタイプ。2200mへの距離短縮に関しても不安先行か!?

ヴィブロス 指数A下 5歳牝馬 栗東友道厩舎 福永騎手予定 前走海外GⅠドバイターフ2着

厩舎の仕上げ方なのか、同馬のキャラなのか不明も好不調が馬体に現れやすいタイプ。今年初戦だった中山記念は遠征前ということもあり、冬毛が残り皮膚も厚く毛艶も微妙で筋肉の張りも…。写真見比べれば分かりますよ。今回は皮膚も薄く、毛艶も抜群。またディープインパクト産駒らしく繊細な筋繊維で筋肉の張りも良好。四肢はスラッと真っ直ぐで、後肢はやや斜尻に直飛というコレもディープインパクト産駒の良好な特徴を兼ね備えています。キレもそれなりにありながら長く良い脚を使うタイプでしょう。道悪に関しては何ともも、やや立ち気味の繋ぎや蹄底からドロドロにならなければこなせそう。仕上がりも良好ながら今回のポイントは鞍上。個人的にはプラスになるとの見解。というのも同馬の場合、以前オーナーの佐々木氏は出演した番組内でラチを嫌うとのコメ。個人的にはラチではなく、他馬のキックバックを気にすると見ています(以前もコメントしました)。昨年のエリザベス女王杯で掛かったのは好位の外で前に馬を置かなかったからでは?馬群でジッとして勝負所で外に出せば目の覚める脚を繰り出しそう。福永騎手は同馬のクセを把握しシュミレーションしていそう。

キセキ 指数B 4歳牡馬 栗東角居厩舎 M・デムーロ騎手予定 前走GⅡ日経賞9着

皮膚が薄く、毛艶も良好!体調は良さそう。筋肉の質としては配合の妙で繊細ながら収縮力も備えたタイプ。前碗や脛も逞しいので、パワーは相当でしょう。繋ぎは長めでクッションが良さそうも重馬場を苦にしないのはパワーと走法なのかな?シルエットとしては前後のバランスが取れているタイプで4輪駆動とまではいかないまでも近いかも。背や下腹のラインからも一瞬の脚よりは長く良い脚を使う馬体と見ています。ただ4歳6月といえども、他馬と比べ、キ甲の感じや他の箇所からも成長途上の感。3歳時も能力でGⅠを奪取した印象なんですよね。良馬場でもポテンシャル的にはやれそうも、気性面から馬場が悪化した方が好走確率は上がりそう。

サイモンラムセス 指数D上 8歳牡馬 栗東梅田厩舎 小牧騎手予定 前走準OP1着 初GⅠ 重賞未勝利

8歳の今春、連勝でOP入り!相対的指数ではやや不利も、単体面では持ち時計含めそこそこ。ここでも外連味のない逃げでどこまで!?

サトノクラウン 指数A 6歳牡馬 美浦堀厩舎 石橋脩騎手予定 前走GⅠドバイシーマC7着

ヨーロッパのやや重厚な血統(母系)で、馬体的にもそれが出ています。軽いキレやスピード比べでは厳しいも、力のいる馬場での底力比べには滅法強い。収縮力は少々微妙も粘りのある筋肉はパワーがあり、真っ直ぐな四肢の感じから長く脚を使うタイプ。皮膚はやや厚く、筋肉の繊細さは微妙。サンデーの血を含まない面がやはり出ている感。元々、腹袋があり、太く見えるケースがあるも、今回は一皮厚く見えます。立ち姿からも力感や活力が微妙。中間の調整でも陣営が出走を悩んでいたとの報も。最終追いと輸送でどこまで帳尻合わせてくるか?週末は天候も微妙なので、陣営が出走に踏み切るなら!?

サトノダイヤモンド 指数A 5歳牡馬 栗東池江厩舎 C・ルメール騎手予定 前走GⅠ大阪杯7着

馬体写真では相変わらずの好馬体!さすがのノーザンF&池江ブランドといったところ。ただ復帰初戦の金鯱賞や2戦目の大阪杯でも見た目にはそこそこだった感。内面やメンタルがどう変わったかのかはポイントの1つ。2週前はイマイチも1週前の調整では大分復調したとの報。確かに筋繊維は繊細ながら筋肉の張りは増して立ち姿は上々。胸前や背、トモにも力感があります。コレは個人的意見ですが、今年の天皇賞春に出走して欲しかった。同馬自身、窮屈さのない長手の馬体で、筋肉の質的にも収縮力が足りない気がするので、京都の長丁場がベターな印象なんですよね。距離が少しでも延びるのはプラスも、勝ち味の遅い同馬にとって内回りの阪神2200mが合うかどうかは、大阪杯見る限り微妙。ただ登録馬が一長一短な面が多いので8~9分程度戻っていれば。

ステファノス 指数B上 7歳牡馬 栗東藤原厩舎 岩田騎手予定 前走GⅢ新潟大賞典7着

前走はココに向けての叩きは明確も少々負け過ぎの感。狙ったレースでキッチリ仕上げる厩舎ではありますけどね。母系はやや重厚で筋肉量の多い同馬にとっては新潟の平坦で軽い野芝が合わなかったのかも?ただ今回の写真では明らかな良化の跡。胸前やトモの筋肉の張りや薄い皮膚にピカピカの毛艶は素晴らしい。四肢もスラッとし立ち姿も上々。また目付きからもヤル気を感じさせます。あまり馬場が悪化するとどうかも、多少力のいる程度なら勝ち味の遅さをカバーできる可能性も。データアウトもこの出来なら!

ストロングタイタン 指数B下 5歳牡馬 栗東池江厩舎 川田騎手予定 前走GⅢ鳴尾記念1着

首、胸前、トモの力感がいいですね。また皮膚が薄く毛艶も良好。代謝が相当良いのでは?前後のバランスが取れたタイプで四肢はスラッと真っ直ぐ。運動神経良好で長く脚を使うタイプでは?腹袋がドシッとしており、底力がありそう。血統的にサンデー血が入っていない面からも、上がりのキレ勝負よりもある程度、高速もワンラップで底力が問われる展開の方が向きそう。繋ぎの感じは良好で蹄底もそれ程でもないが、前後のバランスから4輪駆動的走法で良好な運動神経から悪化した馬場も苦にしない可能性。本格化なった今なら引退した同厩舎の先輩・ラブリーデイのように!!!

スマートレイアー 指数B上 8歳牝馬 栗東大久保龍厩舎 松山騎手予定 前走GⅠ天皇賞春7着

完成された8歳の牝馬なので、馬体自体の成長的な要素は特にないでしょう。ただ衰えも感じません。牝馬ながら骨が太く、骨格がしっかりしていることが長く活躍できる源泉の1つなのかな?葦毛なので見えにくいも筋肉の質としても、ややタルく、固さを感じないことで勤続疲労が少ないのかも?また体幹も少々緩そう。ただココまでの戦績を見る限り、実は脚の使い所にクセがあるタイプ。初騎乗の松山騎手がどう御すのか?陣営の狙としては位置を取りに行く騎手起用から、枠次第も番手の可能性。多少の馬場の悪化は対応しそう。

ゼーヴィント 指数C 5歳牡馬 美浦木村哲厩舎 池添謙騎手予定 前走GⅡ目黒記念6着

形相的に血統が良く出ている印象があります。スラッとした長めの四肢で、斜尻に直飛な後肢はディープインパクト産駒っぽく、長めの繋ぎも同様。しなやかな体の線もそうかな?ただ力感ある首や収縮力のある筋肉の質は母父の影響っぽい。ロベルト系が強く出ている場合、馬体的に距離不安っぽい面があっても気にしなくて良いケースは多いのですが、同馬背が短めもそれに近い感覚で良いのかな?ただロベルト系特有の無骨さよりもしなやかというか、キレイ(変な言い方でスミマセン)な体のラインが逆に迫力を感じない面がある気もします。絶好の状態、臨戦であれば買いたいも、GⅠの底力勝負だと少々線の細さを感じるのですがどうでしょう?陣営の育成方針からも体質強化と古馬牡馬としてのドッシリ感待ちだったのかも?ただとっても良い馬であることは間違いないと思います。

タツゴウゲキ 指数C上 6歳牡馬 栗東鮫島厩舎 秋山騎手予定 前走GⅢ鳴尾記念10着

昨夏の素晴らしい走りの源なのでしょう、胸前とトモの身入りや張りは抜群。また新陳代謝が良いのでしょう、皮膚が薄く毛艶がピカピカ。写真なので決めつけは危険も、体幹面はやや固そうもそういった強靭さが速力に繋がっている感。キレよりも、スピードの持続勝負が向きそう。マーベラスサンデー産駒って上級馬はなかなか出ないものの、使い減りせず、タフな馬が多い感。同馬も初勝利まで6戦消化したように典型的な叩き良化。前走の敗戦も陣営としては織り込み済みの可能性。底力的に足りるかどうかよりも、同馬にとっては先週のような高速馬場が理想では?道悪もこなすタイプも上級馬との対戦では持ち味を発揮できる良馬場希望では?

ダンビュライト 指数B下 4歳牡馬 栗東音無厩舎 武豊騎手予定 前走GⅠ香港Qエリザベス2世C7着

ルーラーシップ産駒にしては、スラッとしたシルエットで体の線も固め!四肢も長く重心も高めですが、背の長さはバランス的に微妙。また後肢の感じや背と腹のラインからキレよりも持続型の脚で勝負するタイプ。筋肉の質は繊細も収縮力やパワーは微妙な気がします。上級重賞でも水準以上のポテンシャルあるも、底力に関してはやや微妙。ただ、悪化した馬場は味方にできる方だと思います。週末の天候含め、遠征疲れがなければ面白い存在になるのでは?鞍上は同馬のキャラを分かっているでしょうから。

ノーブルマーズ 指数C下 5歳牡馬 栗東宮本厩舎 高倉騎手予定 前走GⅡ目黒記念2着 初GⅠ 重賞未勝利

胸前、トモの抜群の張りに底力ありそうな腹袋は好感。ジャングルポケット産駒&シルヴァーホーク産駒両方の良好な特徴を同馬も持っていますね。毛艶も良好で状態はココにきて絶好っぽい。ココに出走している馬数頭同様、同馬にもサンデーの血が入っていないので、上がりのキレ勝負よりも持続型。重馬場ではイマイチ結果が出ていないも、上がりのかかる展開に持ち込みたいというのが陣営の本音?相手関係よりもまずは自身の競馬でどこまで!?

パフォーマプロミス 指数C上 6歳牡馬 栗東藤原厩舎 戸崎騎手予定 前走GⅡ目黒記念3着 初GⅠ

ステイゴールド産駒らしく、馬格はそれ程でもないも骨が太そうで骨格が逞しいのは好感。胸前の筋肉は繊細も量も多く良好。また前腕や脛の筋力も強そう。やや背っ垂れというか、腰高に見えるのですがこコレは前肢の管が短めで腰角が深いから?また繋ぎは良好な角度ながら短めです。6歳ながらココまで休み休み使われ未だ13戦。馬体的にもフレッシュに見えます。少々低めの重心の全体のバランスや四肢の感じから重馬場は味方になると思うのですがどうでしょう?実績や格は足りないも、同馬向きの馬場や展開になれば。データアウトも厩舎と鞍上の相性からも要警戒。

ミッキーロケット 指数B 5歳牡馬 栗東音無厩舎 和田騎手予定 前走GⅠ天皇賞春4着

パッと見は良好も特徴的な馬体。キングカメハメハ産駒らしく、筋肉量は多め。その質はやや硬めかな。サンデーの血が入っていない面が出ているのかな?四肢はスラッとし真っ直ぐで長めで、重心は高いですね。骨格の可動域は微妙で、体幹面も少々固い可能性。また背腰は決して弱くなさそうなんですが、直線の急坂をグイグイ登るよりは惰性で走れる方が良さそう。調教で走る坂路では好タイム出しますけどね。器用さがないのか緩急が得意ではないのか。こういった特徴から、やや長めの距離のワンラップ(持続型)タイプで、ズブいタイプに見えます。阪神の小回りに課題も底力があるので同馬向きの展開になれば!ただ道悪に関しては疑問で時計のかかる良馬場が理想か!?

ワーザー 指数未定もA下想定 7歳セン馬 ムーア厩舎 H・ボウマン騎手予定 前走香港GⅢライオンロックトロフ(1600m)6着

前走の敗因は距離と斤量か!?2000m以上のレースの安定感はさすが!データアウトも格的にいえばこのメンバーに入っても上位なのは間違いない。鞍上も魅力なので人気の一角に。日本馬応援したいも、それなりの投資が必要かも!?

総評~っす!

まず意識しなければいけないのは天候でしょう。馬場状況によって買いたい馬が変わってきますから。またデータ的にアウトの馬や近走状況や臨戦疑問の馬も多い感。春の頂上決戦というよりは、どの馬が最もマイナスが少ないか?でピックすべきなのかも?

仕上がり&馬体的魅力からアプローチすればまずはヴィブロス。ドバイ帰りも状態は絶好っぽい。個別のところでもコメントしましたが、他馬のキックバックを気にする感。勝負所で上手く馬群の外に出せれば!福永騎手は同馬のキャラを分かっているでしょう。道悪に関しても下が緩い程度なら問題なさそう。ただ意外と人気になりそうなんですよね。

他で馬体的に良かったのはステファノス。狙ったレースでキッチリ仕上げて結果を出す藤原厩舎ですから、データアウトも無視は危険。最終追いの動き如何によってはそこそこの評価が必須かも?

じゃあ、ヴィブロスを本命にするか?といわれれば悩むところ。馬場があまり荒れていない状況で稍重までならその可能性も、迷っています。今回は最終追い他を確認して、ある程度馬場状況が分かってからの印になるもヴィブロス以外の本命候補としてはキセキかな?

キセキに関しては、まだ成長途上の印象も、馬個体のポテンシャルとしてはこのメンバーでもTOPの1頭。馬体からはやや長めの底力勝負が良さそう(ステイヤーではないと思いますが)も気性面から現状はこの程度の方が良さそう。また鞍上も魅力ですからね。馬場も不問なのは心強い。むしろ馬場が悪ければ折り合いの不安が払しょくされるかも?とにかく折り合い次第!

パフォーマプロミスに関しては、降雨で馬場がかなり悪化したら買ってみたい。悪い馬場ならサトノクラウンという手もあるのですが、写真を見る限り仕上がり途上の感は否めません。ただ関東の名門・堀厩舎が出走を決断し、馬場が悪くなったらそれなりの投資はする可能性大。後、ストロングタイタンダンビュライトもプラスにこそなれマイナスにはならないのでは?ただストロングタイタンは1ハロンの距離延長は課題になりそう。ダンビュライトは展開がポイント。香港のワーザーに関しても、多少の重馬場は苦にしなさそう。同馬の場合は重だけでなく良でも警戒は必須。仕上がりが良ければ、格的に不足はありませんから。

逆に良馬場ならば格下もタツゴウゲキや実力馬ステファノスに食指が!タツゴウゲキは重もこなせますが中距離のスピード比べに向くキャラ。ステファノスに関しては前走負け過ぎの感も、7歳の現状、ピークの維持は難しいとの判断なのかも?今回、ココ一番の仕上げの可能性。

さて問題のサトノダイヤモンド。個体としての能力は疑っていませんし、フランス遠征の影響も大分払拭された気もします。個人的には少々違う見解なんですよね。正しいかは分かりませんが、一応見解を述べてみます。

まず、海外遠征の影響云々というのはあると思いますが、早枯れというよりは、パワー必須のフランスでの戦いでキャラが明確になったのかと。日本のTOP厩舎と世界的ブリーダーのノーザンファームがローテを決めているのでしょうけど、個人的にはステイヤータイプ(完全なステイヤーではないですが)になった(だった)感。昨年の阪神大賞典の強さってそれだと思うのですがどうでしょう。長手の馬体で収縮力の強い筋肉が少なく体幹もそこそこ。骨もゴツいというほどではありません。瞬間的な速い動きよりも持続性の高い速力の持ち主で跳びも大きいので広く直線の長いコース、具体的には東京や京都向き(距離あれば阪神の外回りも得意の部類)。特に3~4コーナーの下りを利用できる京都は絶好。また背の感じから、斤量にも敏感な可能性。金鯱賞時から何度もコメントしましたが、大阪杯ではなく天皇賞春に行って欲しかった。ただ馬は記憶力の良い動物で、昨年の天皇賞春のしんどさを覚えているから行かなかったという意見もありました。確かにそういった面もあるかもしれませんが、今年の指数なら十分チャンスがあったのでは?もちろん状態が8分以上という条件はありますが。調教の動きにもそういったキャラが出始めているのでは?と疑っております。よって状態の見極めも重要ですが、阪神2200m内回りなので、同馬向きの展開になるかどうかが最重要ポイントでしょう。サトノクラウン同様、キャラがハッキリしたと思うのですがどうでしょう?京都の2400mなんかは相当向きそう。

友道厩舎&佐々木オーナーはそういった面を考慮してシュヴァルグランではなくヴィブロスにしたのでは?もちろんヴィブロスの方が勝負になると踏んでのことでもあるでしょう。

最終決断はまた直前の独り言でコメントする予定も、現状はヴィブロスとキセキを評価しています。データ的にも臨戦的にも微妙な馬が多いも、ある意味興味深く馬券的には面白そうでもある、宝塚記念。高配当をゲットできたらいいですね。

by競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji