宝塚記念2018他、競馬オヤジの独り言。

競馬オヤジの壺

今日は宝塚記念が行われます。土曜日の降雨によって大分馬場が悪化。馬券作戦的には考慮必須ですね。また今年のメンバーは名前こそさすがのメンツも近走実績や状態に関しては疑問先行。キッチリ取るのはかなり難しそう。あまり考え過ぎずに買った方が当たったりして。

まずは降級馬についての独り言から。

東京10R

⑦⑬が降級馬も、生きのよい3歳馬2頭③と⑤が人気しそう。また芝での実績もあるのでこの軽いダートは向きそう。⑬は準OPでも通用する下地あり。ペース的にもそれ程激流にはならなさそうなメンバー。順当の可能性大。穴なら調教良く、鞍上も穴男の⑨か!?

阪神10R

降級馬はドバイ好走の③が人気しそう。遠征帰りも好調教で更に鞍上には好相性のレジェンド武豊騎手。Hペース耐性あり力の違いを見せつけそうも、さすがに展開に一抹の不安。逃げ先行馬が多く、激流の可能性。指数的には⑭と⑥もそれ程差はなく展開次第。連下候補に①⑤⑮。

東京11RパラダイスS

指数的には③⑤⑧。⑥は好調教で鞍上、厩舎からも人気しそうも馬場がどうか?馬場を考慮するならば⑦⑩が浮上も、人気の⑤⑧は苦にしない。頭数も落ち着き順当の可能性。無秩序な結果は予想上想定しにくく(だから万馬券になるんですけどね)、馬券的うま味は薄そう。

東京12R

③④⑪⑭が降級馬。この時期(6月で降級馬&3歳馬が参戦)の500万下は降級馬が強い傾向。特に⑪は先行でき重馬場も得意。ただ1000万下の実績的には⑭が上。狙うなら並びを工夫した人気馬(降級馬)中心の3連馬券!?

阪神12R

GⅠ後のヤリ、ヤラズ(ヤル気)がありそう。降級は⑨と⑩。⑨は鞍上からもパーフェクト連対の②と人気を分けるか!?②の鞍上は最終Rでの馬券内率はかなり優秀で馬の状態良ければ信用大か!?ただパドックでの気配や仕草は要確認。他指数的には⑤⑥⑦⑩は圏内どころか、チャンス大。馬場とヤル気と状態如何で選定。

阪神11R 宝塚記念

もしかしたら今日の後半で最も難しいレースかも!?まず実績一番は香港のワーザー。香港の馬産がアレなので基本的には現役主義。去勢にも積極的ですし、出走数も多め。狙ったレースを取るためにトライアルには割り切って出走というリアリストが多め。ワーザーも前哨戦は60㎏で1600m出走と明らかに叩き。渋った馬場も得意で過去のレースを見ると長く良い脚を使うタイプ。後は遠征と阪神の坂に課題あるも評価は必要でしょう。印的には▲妥当!?

日本の大将格・サトノダイヤモンドはいろいろいわれていますが大分状態が戻った感。ただ馬体的には成長力抜群!というタイプではないですし、キャラがハッキリした印象。個人的にはこのレースが京都の2400m以上だったらって。連下の一番手抑え妥当か!?

個人的には良ならヴィブロスで行けると見ていました。馬個体のキャラについては馬体を見た感想他をご参照ください。緩いドバイの芝をこなしているのと、蹄底や繋ぎの角度から多少の悪化(降雨による緩め)はokも、力がかなり必要な馬場やドロドロになるとどうか?ただ全身を使う走法で運動神経が良さそうなので、思っているよりも悪化した馬場をこなす可能性も!人気落として欲しい(笑)

馬場悪化となるとサトノクラウンとキセキの出番。サトノクラウンはとにかく馬場とパドックでの気配。馬場的には向きそうなので直前の気配次第でしょう。パドック見て躍動感があって入れ込み一歩手前の元気な感じなら買い!10日前の写真では皮膚1枚厚いも関東の名門がキッチリ調整し輸送もあるので帳尻か?鞍上も昨年から好調でGⅠにも慣れ。人気も程々なので気配最重視。

キセキに関しては、馬体写真から出走馬中、資質的には一番の可能性を感じる程で強い4歳馬のTOPの一角。3歳夏から気性に危うさがあったもデムーロ騎手&西の名門角居厩舎が上手く調整。血統、生産牧場(育成含め)からもまだ強くなりそう。ただ個人的には香港の1戦が余計だった感。コレが同馬の成長や将来性に対してどこまで尾を引くか!?前走後直ぐに目標を切り替えたことと、鞍上がこの馬を選んだことを評価し、稍重で力いる馬場ならば本命予定。重巧者というジャッジよりも、馬体から一瞬の脚がなくスタミナとパワーある長い脚タイプ。下が悪いと折り合いが付きそうという面の方が大きいかも?ヴィブロスとどちらを上に取るかは直前の芝のレースでジャッジします。

馬場が悪いならダンビュライトとサトノクラウン。それとパフォーマプロミスとワーザーが相手中心???ミッキーロケットはローテ的に明らかな天皇賞春勝負。調教良好も比較的坂路ではいつも良好なタイプ。またコース形態的にも内回りは微妙。天皇賞春出走馬ならスマートレイアーの方がおもしろいかも?とはいえ勝ち切るといわれれば微妙。8歳の熟女ですからねぇ。3連系に入れるかというところ。

ストロングタイタンは前走は鞍上のファインプレーと陣営の好仕上げの結果も馬自身も良好な成長。データ的に鳴尾記念好走馬は好成績なので要注意。陣営は重よりもパンパンの良希望との弁も重も決して苦手ではないでしょう。個人的には中2週の臨戦は嫌う傾向も同馬に関しては気配次第で抑え。馬体写真が良好なステファノスは勝負仕上げの感。腕利き揃いのリーディング厩舎、藤原厩舎が渾身の仕上げは無視できない。ただ2200mとこの時期の重い芝って同馬向きとは思えないので抑え妥当か!?距離やコースが向きそうなのはゼーヴィント。ボチボチ走り頃の気もしますが、脚元が弱く故障がち。七夕記念後の故障は気になるところ。不確定要素が強いので買うなら抑え。馬体自体は魅力的も、形相的にディープインパクトが強い感。もう少しロベルト系が出ていれば迷わずだったんですけどね。

最後に一発あればという期待ならノーブルマーズ!血統的には向きそう。ローテ的に使い過ぎの感も、陣営も鞍上も同馬にGⅠを勝たせると強く思えばココなのでは(しかない)?実は格負けしないタイプの可能性あると見ていますので先を考えない究極の仕上げで一か八かの勝負に賭ければ!!!馬券の種類は考えるべきも、個人的には積極的に買いたいかも。

オッズ的には宝塚記念が一番面白そうも、投資額比率としては、降級馬のいるレースで確実に行くべき時期ではあるんですよね。個人的には宝塚は遊びの予定。キセキ、ヴィブロスを評価で後は馬場と気配次第でピックする馬が変わるのでココでは寸評にさせてもらいました。とはいえ馬場状況をかなり重視したコメントなのはバレバレでしょう。何だかんだいっても昨年、一昨年共に力のいる馬場での開催でしたから。

好レースを期待したいですね。では勝てますように。頑張りましょう!

by競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji