宝塚記念のちょっとした感想と競馬オヤジの帝王賞2018についての独り言。

競馬オヤジの壺

GⅠ宝塚記念 ミッキーロケット号優勝!

おめでとうございます。

音無厩舎 和田騎手

野田みづき氏 ノーザンファーム生産

勝ちタイム 2.11.6 勝ち馬上がり 35.8

12.2 10.8 11.4 12.7 12.3 12.0 11.8 12.1 12.2 11.7 12.4

ペース判定 ミドル  レース上がり 37.8

レース回顧と寸評については今回もパスさせてください。ただ幾つか感想を。まず、一流騎手が揃っていたのですが人気馬の走りというか騎乗っぷりが微妙なレースでした。ある意味スリリングではあったんですけどね。それと1~3着馬全てに確かサンデーサイレンスの血が入っていません。既に言われていますが今回のタフな馬場との関連性には必ず因果関係があるので、それについては考察していきます。また輸送他、調整上の問題でマイナス27㎏のワーザーの強さが目立ちました。

以前、著名な競馬評論家(だったかな?)の方が日本馬の指数が高かったのはエルコンドルパサーやグラスワンダー、セイウンスカイにスペシャルウィークの頃がピークでその前後数年といっていたんです。ディープインパクトやナリタブライアンにトウカイテイオーにオルフェーブルやオグリキャップ他(テイエムオペラオーやサイレンススズカは前後数年に入ります)のような単体の怪物が出るケースもあるにはあるようなんですけどね(名前挙げられなかった馬の関係者の方スミマセン)。現状、関係者の方々は日々研鑽され、当事者たる競走馬や騎手の方々も頑張っているのは重々承知の上なのですが、その考え方が正しいのかなと思えてしまうかな?

勝ったミッキーロケットは枠にタフな馬場にキレが不要のラップ(勝負所でも11.7)と確かに全てが向いたのは事実も、本当によく頑張りました。また鞍上の和田騎手が馬の特性を生かした度胸ある騎乗っぷりは見事の一語。テイエムオペラオーの件で思うところがあったのでしょうが、見ていたこちらがグッと来てしまいました。関係者の皆さまおめでとうございました。和田騎手!今後もGⅠ奪取を頑張ってください。

個人的にはヴィブロスからの馬連とワイドだったので残念賞も、独り言でコメントした通り他のレース中心の投資だったのでまぁまぁの週末でした。キセキの馬体なんかは凄く良く見えたんですけどね。さて今週から舞台が福島と中京に変わり本格的な夏競馬が始まります。福島&中京の両重賞については後日改めます。そこで今回は久しぶりに本競馬オヤジのホーム、大井競馬場で行われる帝王賞について独り言でも呟いてみます。長めですが(笑)

ミッキーロケットを評価できなかったヘッポコ競馬オヤジなので、有効的なコメントできるか少々自信喪失気味も中央馬中心にコメントします。

ポイント!

その① 充実の中央勢。

やや新陳代謝が微妙ではあるが、質、量ともまずまずの中央勢。

その② 大井の新星リッカルド&ヒガシウィルィン

中央から移籍し、南関がハマった感のリッカルド。また昨年のJDDで地方代表として中央馬を蹴散らしたヒガシウィルウィンがどこまで戦えるか?指数的にはどうか?

その③ コース

今年初めに路盤を回収した大井競馬場。その影響は?

その④ 天候

雨の多い時期ではあるが今日はそれよりも意識すべきは!この影響は大きい。

続いてちょっとしたデータ!

人気馬、中央馬が強いレース。中央も地方もGⅠ実績、コース実績があると尚良し。馬齢的には4~8歳馬。脚質的には逃げ先行

総評~っす!

*ちなみにアンカツさんはゴールドドリームとテイエムジンソクを高評価だそうです!

路盤の改修により、ここ数年の個性的な馬場からどう変化したのか?砂質にまで影響があるのか?そういった面を考えると、以前よりは普通の競馬場に近付いたと判断しても良いのでは?以前は降雨で馬場が締まるとかえって時計がかかる状況。かなり変わっています。またコース取りによって砂厚にも差があった面から「ツボ」のあるコースだった面が強かった感は否めない。

改修によって個人的には中央では北海道のダート実績がハマる気がするのですがどうでしょう?というのも中央所属時の後半戦は地方交流にも参戦したリッカルドですが、その時は頭打ち。ただ完全移籍し大井中心の出走になってからは4戦4勝(船橋1勝 大井3勝)と抜群の実績。管理する船橋の佐藤裕厩舎の調整法や矢野騎手の騎乗法などが合っている面は強いとは思います。陣営の手腕が褒められるべき部分は大きいでしょう。またセン馬なだけに気性面からも環境の変化がプラスに出た可能性も大きかったのかな?先走ってリッカルドについて評していますが、2年前のエルムSの指数は相当なんです。あの走りができればここでも上位争い必至でしょう。ただタイム的にはあと1~2秒程度縮める必要はありそう。ヒガシウィルウィンについては中央の古豪とGⅠで戦うには少々指数的に微妙。頑張って欲しいですけどね。

他でこの馬場がハマりそうと競馬オヤジが考えているのがまずはアポロケンタッキー!砂を被りたくない馬なので好位の外を上手く追走できれば。それとテイエムジンソク!リッカルドと近い適性がありそう。2000mは初距離で、克服は必須も個人的には平坦の地方は合うと見ています。ただフェブラリーと前走の影響がどうか?また馬体的にはダート馬特有のタフさよりもややシャープでスピードの持続型。初距離に初ナイターという課題や何よりもピークの問題もありそうなので、直前の気配は要確認でしょう。

人気の2頭については、まずケイティブレイブから!目野厩舎の解散によって杉山厩舎への転厩。これがどう出るか?というのも、前走は目野厩舎の調整を踏襲。ただ今回からは調整法を独自に変更。目野厩舎って基本というかほとんどが坂路での調整。またやや一昔前の育成管理法のため、基本厩舎育成なんです、放牧にも出さず。ケイティブレイブも今回は放牧&コース調整。コレで更にUPと見るか?その逆と見るか?個人的にはそれについては何ともですから別の見解。昨年までは無類の大井適性馬(地方適性馬)だったとのジャッジ。ココも中心馬の1頭というジャッジも、路盤の改修で他馬との差は縮まったのでは?パワー中心の持続型で、スピード的にはやや足りない感。そういったキャラと見ているんです。もう1頭の人気馬、ゴールドドリームは右回りの中距離(1800m~2000m)では過去実績的には並の重賞馬。ただ今回の路盤の改修は合いそうな感。軽い砂質が合う印象も、馬体からは物凄いパワーを感じるんです。またゲートの心配があったのですが、それも陣営の賢明な調整でケア。修正力(厩舎力)のある平田厩舎ですから、馬の過去実績(個性的印象)に囚われ過ぎるとどうか?今年のNHKマイルCでのケイアイノーテックは典型例でしょう。鞍上も馬を折り合わせたらJRA一と言ってよいルメール騎手。交流の2000mならマイナスはあまり気にしなくても良さそう。ただ人気も背負うので悩むところ。

展開的には逃げたい(逃げられれば)オールブラッシュをテイエムジンソクとケイティブレイブがその直後に!それをアポロケンタッキー&アウォーディーがマークし同一位置、もしくはその一段後方にヒガシウィルウィンにゴールドドリーム、リッカルドという位置取りでペースはそこそこ流れるか!?3角からマクリに出るサウンドトゥルーらにより馬群がつまるも先行有利。

最後にこの風で、小柄で非力な馬や少々神経質なタイプには大きな影響があると見ます。今日は南南西の風が強い予報なので直線は右後方からの風。向こう正面は左前方からの風。コレによる影響は大きそう。現場に行ける方々は要チェックですよ!!!

固い中央交流レースとはいえ、競馬オヤジ的には、少しでも高配当を狙いたい。路盤の改修やこの風への影響で不確定要素が強いのも事実。ただ天候や環境面が厳しいと強い馬がその力を見せつけるケースが多々。さてさてどうするか???

一応、直前の気配と競馬場の風や状況(事前のレース)の確認はしてください。それを前提に現状、買いたいと思ってい馬はリッカルドとアポロケンタッキー。前者は改修後の実績から!後者は過去指数やキャラからハマりそう。ただ状態との確認は必須。またアポロに関しては砂を被るのが嫌なタイプなので風の影響受けそうなんだよなぁ…。迷う。鞍上は魅力ですけどね。

それと先はネガティブなコメントしましたが、テイエムジンソクには元々期待しています。個人的にはこの3頭にゴールドドリームを絡める馬券中心の予定。稀代のクセ馬・アウォーディーについてはどっちに出るか分からないのでオッズ次第で。ドバイ見る限り衰えはなさそう。馬がやる気にさえなれば!

ケイティブレイブは地方実績を見れば「強いなぁ」って思うも、昨年のチャンピオンズCの走りがなぁ…。高評価しただけにガッカリしたんですよね。交流の鬼の可能性はありますが、脆さもあるので。サウンドトゥルーに関しては展開次第。またこの悪天候(風)を味方にできるか?上手くハマれば!

とにかく直前の状況を見極める必要はあるでしょう。馬の気配同様重要な要素だと思います。オッズも割れているように、ファンのジャッジとしても上位人気馬は差はないと見ているのでしょう。賛成ですね!競馬オヤジ的にもギリギリで序列を変える可能性は少なくないかな。

組み合わせの妙で少しでも良い配当が取れると良いですね。頑張りましょう!

by競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji