ラジオNIKKEI賞2018他、競馬オヤジの独り言。都合によりショートバージョンです…

競馬オヤジの壺

今日は福島競馬場でラジオNIKKEI賞、中京競馬場ではCBC賞の2重賞が行われます。それと他のレースで好指数の馬についてコメントしたいと思います。

まずラジオNIKKEI賞なんですが、ココは人気でもフィエールマンで良いと考えています。また追い切り等、見ましたが週中のコメントとあまり変更なしという感じです。逃げ先行馬が多いので、番手でしっかりとした脚を使える馬が良いでしょう。

CBC賞については少々懸念も。馬体写真で高評価したセカンドテーブルなんですが、調教過程に疑問符が。ただこういった時に評価を下げて馬券圏内にこられると後悔するので一応買うは買うというところ。基本的には1400mでも勝負できる下地のある持続力の脚をもつ馬が強いレースなので、ダイメイフジやペイシャフェリシタ辺りが人気でも評価しないとですね。ただ3着以内という事では、手広くした方が良いかも?

この時期の馬券ポイントとして重要な降級馬の取捨。降級馬の頭数も1レースに4,5頭いたりするも、意外と3歳馬に蹴散らされるケースも。特に500万下の場合は降級馬よりも生きのよい3歳馬を狙っ他方がというケースは多々。また福島にしても中京にしても函館にしても、得手不得手がハッキリする競馬場なので、競馬新聞でのコース実績は重要でしょう。

指数的に上位なのは函館12Rの⑮。指数的には頭2つ抜けており、鞍上もルメール騎手。確勝か!?相手にも降級馬で仕方なさそうも、⑫は狙っても…。

福島の9Rは降級2頭の争いという構図。頭数も手頃なので③の積極策で仕方ないか?ただ相手には一捻りあっても。仕上がり次第も長期休養明けの素質馬を狙っても。いずれにせよこういったレースは直前の気配次第。

福島の10Rは2戦2勝も初芝の⑥が人気か!?指数的にも優秀なので中心視で良いかも!?降級馬がいないので実力拮抗も、逆に言えば新鮮味が薄く、推したい馬が微妙な一戦。

中京10Rは降級馬4頭で指数も拮抗。一応、序列付ければ⑩と⑧。差なく⑯。①も有力ではあるが、指数的には上位3頭とは少し差がある。つめられれば。また展開次第も⑫が一変あれば!

本当はもっとじっくり考察し、情報をUPしたいところですが予定があって。ではあまり参考にならなかったかもですが、高配当取れますように、頑張りましょう!

by競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji