荒れる中京記念と函館2歳S2018のちょっとしたデータ他。ロングです!

競馬オヤジの壺

先週の函館記念では有効的なコメントができずスミマセン。それと回顧に関しては今週も割愛させてください。

馬のキャラや調子、陣営の厩舎力や狙いはもちろん重要も、展開や流れも同じくらい重要でコレに関してはなかなか読みづらい。また上級重賞やGⅠと違いレースレベルによって、馬券圏内にくるのは厳しいと想定された馬(伸びしろではなく)が来てしまうケースもあります。そういった場合は次走以降の買い方には注意が必要ですね。今回は経験豊富な実績馬が好位置を取れたこと。それと一部人気馬が馬群で不発になったことが大きかった。と、まぁ言い訳三昧ですが上位入線した関係者の皆さまおめでとうございます!それと当サイトをご覧になられている方にお知らせです。ユーチューブからブログに変わってから間もないのですが、競馬オヤジ一人での運営が厳しくなってきたため、他のサイトに間借りさせていただき、運営をお願いすることになりました。内容等は変わりなく進める予定ですが、サイト自体が移行してしまうため、お手数をお掛けしてしまいます。どこまで参考コメントを出せるかは相変わらず微妙も、今後も気合入れて分析していく所存です。移行後もご愛顧いただけると幸いです。時期的にはこの夏の間のどこかになると思います。今後ともよろしくお願いします。

今週は荒れる重賞、中京記念と2歳戦初の重賞、函館2歳Sが行われます。いつも通りの流れでデータ等からいろいろと検証してみたいと思います。まずは中京記念から!

ちょっとしたデータ!(中京改修後の2012年以降の6年分)

荒れるレース!前走クラスはOP以上も重賞よりOPがベターで着順はマチマチ。5,6歳馬が好成績で牝馬、小柄な馬は苦戦。脚質的には先行~追い込み。コース形状的にか、展開面かはたまた馬場の荒れ具合か逃げ馬は苦戦。ハンデは52㎏~58㎏も重ハンデ馬の方が好結果。リピーターが良く来る。

続いて登録馬!

指数と馬体を見た感想他のコメント。プラス材料大は赤文字、プラス材料小にはオレンジ文字。マイナス材料大には紫文字、マイナス材料小には青文字

※指数については出走馬の過去指数の相対的なものになります。また過去最高指数に近走状態を加味しており、国内レース中心・当該距離にて評価しております。A~Eで想定。A本命級 B次点 C連下なら D恵まれて E厳しい 更に同じランクでも上下を付ける場合もあります。3歳戦の場合、サンプルが少ないので指数は拮抗しています。
また昨年及び今期成績の良い厩舎力の高い厩舎(東西リーディング10位以内と重賞成績をメドとする)にはを!

競馬ブックや競馬ラボに馬体写真があります。またそこに馬体のコメントもあります。参考にどうぞ!

アメリカズカップ 指数C上 4歳牡馬 57㎏ 栗東音無厩舎 松若騎手予定 先行 前走OP9着446㎏ 中京1000

京都の稍重~重馬場向きの馬。中京は苦にしないもマイルは少々忙しいかも?

ウインガニオン 指数B上 6歳牡馬 57.5㎏ 栗東西園厩舎 津村騎手予定 逃げ先行 前走GⅠ7着492㎏ 中京3000

夏馬らしく、冬場にくらべ皮膚の薄さや筋肉の柔軟さが圧倒的に違います。馬体全体から力感も伝わるのでこの酷暑でも状態は良好なのでしょう。また中京も大得意の昨年の優勝馬。リピーターレースでもあり、評価が必要でしょう。

ガリバルディ 指数B 7歳牡馬 57㎏ 栗東藤原厩舎 和田騎手予定 差し追い込み 前走GⅡ4着512㎏ 中京1000

一昨年の優勝馬!大型馬ながら皮膚が薄く窮屈さもないので鈍重な感じはないですね。加齢で大分馬体が枯れてきてはいますが、活気も十分ですし、付くべき個所に張りのある筋肉。7歳ですが前走の走りからも速力負けは全くなし。リピーターレースなので人気関係なく同馬も評価が必須。

グレーターロンドン 指数A 6歳牡馬 56.5㎏ 美浦大竹厩舎 田辺騎手予定 差し追い込み 前走GⅡ4着468㎏ 中京初

細かい部分では父に似た箇所が結構ある感。まずバランス的に逞しそう(太い)な骨に同じくバランス的に良好な胸囲。斜尻に直飛で長く爆発的な脚を使いそうな下半身に柔軟も逞しそうな背や腰etc。ただやや肩の傾斜がキツく、四肢の出方が縦型で筋肉の質が粘りの方が強そうな感じは同馬の個性でしょう。末脚の破壊力は相当も飛ぶようなストライド走法でありながら、エネルギー効率抜群の走りだった父とは結構違うと見ています。個人的には中京初もパワーもあるので向く感。昨年の天皇賞秋の影響が尾を引いていなければ!

コウエイタケル 指数C下 7歳牡馬 54㎏ 栗東山内厩舎 鮫島駿騎手予定 先行 前走GⅢ10着500㎏ 中京1126

マイルよりスプリントで結果を出している同馬。血統的には距離okっぽいもどうか?

ジョーストリクトリ 指数D 4歳牡馬 56㎏ 栗東清水久厩舎 高倉稜騎手予定 先行差し 前走OP10着500㎏ 中京1001 *抽選

NZT勝利後は二桁続き。スランプや成長云々よりもキャラと見ています。重めの芝で上がりのかかる競馬が理想では?

スマートオーディン 指数B 5歳牡馬 57.5㎏ 栗東池江厩舎 松山騎手予定 差し 前走GⅢ12着494㎏ 中京初

前走は約2年ぶりの出走。休養前の指数他から考えれば、高評価必至もさすがにもう数戦は必要の可能性。

タイセイサミット 指数B上 5歳牡馬 56㎏ 栗東矢作厩舎 秋山騎手予定 先行 前走OP2着488㎏ 中京1001 *抽選

中京得意で相手なりのタイプ。現状、抽選対象も出走できればデータ的にも有力馬の1頭。

ダイメイフジ 指数B 4歳牡馬 56㎏ 栗東森田厩舎 酒井学騎手予定 差し追い込み 前走GⅢ11着508㎏ 中京1012

前々走は展開他、同馬に向いたとはいえ負かした相手は後のGⅠ安田記念優勝馬。気性的に不安定も能力は上々。要注意!

ブラックムーン 指数A下 6歳牡馬 57.5㎏ 栗東西浦厩舎 幸騎手予定 追い込み 前走GⅠ16着496㎏ 中京0020

昨年の3着馬。体調は重要も追い込み馬らしくメンタル的に悪影響を受けにくいタイプ。展開次第で好走と凡走を繰り返すので前走の結果があてになりにくい。追い切り良好なら人気無くても。

フロンティア 指数C 3歳牡馬 53㎏ 栗東中内田厩舎 福永騎手予定 先行差し 前走GⅠ13着462㎏ 中京1010

馬格はまあまあも、ダイワメジャー産駒らしく筋肉量が多いタイプ。その質は繊細もやや硬めで柔軟性は微妙っぽいもお尻の張りは素晴らしい。肩の傾斜はやや立ち気味ということもあって、距離の適性範囲は狭そう。古豪の中に入るとまだこれからの感。血統的には成長力があり、厩舎も若き名門。今後が楽しみな1頭。

マイネルアウラート 指数D上 7歳牡馬 55㎏ 美浦高橋裕厩舎 国分優騎手予定 逃げ先行 前走OP10着474㎏ 中京0002

以前は位置を取って穴を演出することがあったも現状は頭打ち。復活を期待したいが…。

ミエノサクシード 指数B 5歳牝馬 53㎏ 栗東高橋亮厩舎 川島騎手予定 先行差し 前走GⅢ3着464㎏ 中京0002

馬の成長を促しながら順調に使われいよいよ重賞の常連に。調子の良さで古豪を一蹴するか!?

ムーンクレスト 指数B上 6歳牡馬 55㎏ 栗東本田厩舎 松田騎手予定 先行差し 前走OP10着476㎏ 中京2012

近走結果を見ると買い辛いも、中京適性やデータ、指数からは不気味な1頭。最終追い次第で!

リライアブルエース 指数B 5歳牡馬 54㎏ 栗東矢作厩舎 戸崎騎手予定 差し 前走GⅡ6着486㎏ 中京1201

上体が逞しいせいもあってやや華奢に見える前肢。胸前の筋肉量が良好で胸囲も大きいので余計にそう見えるのかも。またバランス的に重心もやや低めに見えるのでマイル前後が適性なのかな?繋ぎのバネは良好そうで皮膚も一流馬のそれ。ただ5歳になるも、11戦のみ。体質の問題があったもまだ古馬牡馬らしい枯れた感じには程遠いというか、これからの馬という感じ。このレースを飛躍のきっかけにできるかどうか?

ロジクライ 指数B下 5歳牡馬 56㎏ 栗東須貝厩舎 浜中騎手予定 先行 前走GⅡ7着506㎏ 中京初

血統的に成長力あるパワフルな大型馬。前走は多少掛かったとはいえ、休養期間の長かった同馬には時計が速過ぎたのかも?主戦に戻り改めて!

ロワアブソリュー 指数C 5歳牡馬 54㎏ 栗東須貝厩舎 北村友騎手予定 先行 前走準OP1着514㎏ 中京1101

マイルも中京も得意としている適性馬。準OP勝ち直後の挑戦も侮れないか!?

ワントゥワン 指数B 5歳牝馬 52㎏ 栗東藤岡健厩舎 M・デムーロ騎手予定 追い込み 前走GⅠ9着454㎏ 中京2100

首から背のラインと皮膚感は一流の品を感じますね。胸囲の感じから心肺機能は高そう。また繋ぎのクッションも良好でしょう。背が短めなので1400~マイルがベターなのかな?斜尻に曲飛気味の後肢は特徴的です。こういったタイプは意外に小脚が使えたりして器用な反面、脚の使い所が難しいタイプが多い感。ただ同馬的にはこのコースは高適性。中京適性抜群にデムーロ騎手が52㎏でも騎乗!要注意。

総評~っす!

今回例年通り荒れると見るか?昨年から傾向が変わったと見るか?まずポイントとしてはハンデと指数。

夏のローカルGⅢではあるも、ハンデキャッパーも実力馬多い上位拮抗と見ている印象。指数的もそれとリンクする感。そうなると状態の良さや枠、馬はもちろんヤネのコース適性や展開など考えることが更に増えそう。

個人的には夏の荒れる名物レースとして確立して欲しい。とはいえ今回は根拠薄い馬が来るとも思えないですけどね。現状、本命対抗云々は言い難いも、買いたい馬という流れでピックアップしたいと思います。

まず主戦に戻って先週好調教のロジクライ!前走時も高評価しましたが結果はご存知の通り。夏場のレース経験がないのは気になるも積極的に買いたい1頭ということで、現状本命候補筆頭。鞍上もボチボチ元リーディングの輝きを取り戻して欲しい(2012)。逃げずに好位追走から!!!

対抗には展開面からは少々矛盾するもロジクライ同様上がりのかかるレース向きのブラックムーンを!ハンデ頭も前走比マイナス0.5㎏と軽減。鞍上の幸騎手も前半死んだふりし鮮やかに追い込むというよりは、馬群後方を追走し直線でガンガン追うタイプ。意外とハマる可能性。

単穴にはグレーターロンドンを!アッサリの可能性もありますが、勝ち味に遅い同馬。若い頃のアクシデントから復活させ、上手く成長を促しココまで持ってきた陣営の手腕はアッパレも、本音としては更に上をというモノでしょう。ただコース取りが命取りになる可能性もあるかな?

☆にはリピーターを評価しウインガニオン。前走見ても充実ぶりが分かります。またこの猛暑を味方にできる数少ない馬。もっと評価したいも前走の逃げが気になったので4番手。

注には近走成績からは買いにくいムーンクレストを!指数や適性からは激走あっても不思議ない1頭!人気無ければ積極的に!?!?

後はかなり幅広く拾うことになりそうも、このレースのリピーターのもう1頭ガリバルディ!それと経験浅いも重賞の壁を感じさせない可能性も十分なのでリライアブルエースを!馬はこれから充実期に入るでしょう。ただ実績以上に人気先行の匂いもしますし、クセの強いアウェイコースで鞍上がどう乗るか???は気になります。それと言い尽くされていますが夏は牝馬ということでワントゥワンミエノサクシード。3着候補にまともに走ればダイメイフジかなぁ?

データと合致するタイセイサミットは現状出走が厳しそうですし、スマートオーディンも前走の感じからもう少しかかりそう。ただ追い切り絶好なら底力的にも抑えても…。う~ん、でもどうかな???フロンティアはとっても良い馬ですし、鞍上は中京得意の福永騎手。でもゴツい古豪に混じるとどうか?

函館2歳S

ちょっとしたデータ!

地方所属馬は苦戦。前走着順は原則1着。前走ダート戦出走馬の出番はなし。函館以外の競馬場からの転戦は3着まで。父系がミスプロ系は好成績。先行して上がり最速馬は要注意。レース間隔は多少開いている方が良い。

続いて登録馬!

指数と馬体を見た感想他のコメント。プラス材料大は赤文字、プラス材料小にはオレンジ文字。マイナス材料大には紫文字、マイナス材料小には青文字

※指数については2歳戦のためカットします。
また昨年及び今期成績の良い厩舎力の高い厩舎(東西リーディング10位以内と重賞成績をメドとする)にはを!

競馬ブックや競馬ラボに馬体写真があります。またそこに馬体のコメントもあります。参考にどうぞ!

アスターペガサス 栗東中竹厩舎 小崎騎手予定 前走函館新馬戦1200m1着 ストームバード系 中3週

皮膚が薄く筋肉の張りは抜群。特にトモの容量と張りは2歳馬離れしています。筋肉の質はやや硬め。四肢は軽く繋ぎは良好。骨格の可動域は微妙で体幹面が少々詰まった印象。現状緩急のあるレースよりも向きそう。頑強なスピードタイプの可能性。好枠引いて番手から!

イチゴミルフィーユ 牝馬 美浦林徹厩舎 伊藤工騎手予定 前走福島新馬戦1200m1着 上がり2位 ストームバード系 中1週

稍重馬場を好位追走から3馬身千切る内容は上々。心配は輸送でしょう。

エムティアン 牝馬 北海道山口竜厩舎 三浦皇騎手予定 前走門別OP1200m1着 フォーティーナイナー系 中5週

データアウトも陣営からは期待の声。新種牡馬の父は洋芝の短距離が得意の可能性大。

ガイセン 美浦岩戸厩舎 藤岡康騎手予定 前走福島新馬戦1200m1着 サンデー系 中2週

血統的には底力ありそうも、如何せん馬格が…。まずは輸送をクリアして。

カルリーノ 美浦高橋裕厩舎 藤岡佑騎手予定 前走函館未勝利1200m1着 上がり1位 サンデー系 中2週

生まれは遅めも血統的にはそこそこの完成度がありそうなのであまり神経質に気にしなくても良さそう。四肢はスラッと真っ直ぐで後肢の直飛からも長く良い脚を使いそう!バランス的に背(胴)は少々短いも骨格自体窮屈さを感じさせません。胸前や首の力感は上々。繋ぎのクッションが良さそうですし、蹄も良好です。2戦消化も気にする必要はなくむしろプラスの可能性も!

スズカカナロア 栗東橋田厩舎 池添謙騎手予定 前走函館新馬戦1200m1着 上がり1位 ミスプロ系 中1週

ロードカナロア産駒によくいる、窮屈さのないシルエット!同馬の場合は母父の影響も大きそう。どの馬にも言えるのですが成長途上で筋肉も付き切っていないから余計にスラッと見えますね。肩の傾斜が寝気味で飛節は真っ直ぐ。ストライドが伸びそうな体型。繋ぎは標準も蹄底も併せ見ると良馬場の方が良いのかな?

トーセンオパール 牝馬 美浦小笠厩舎 勝浦騎手予定 前走函館牝新馬戦1200m1着 上がり1位 フォーティーナイナー系 中3週

400㎏超の小柄な牝馬で、写真からもそれは伝わってきます。全体的には好バランスで窮屈さがなく、良い意味で目立つ面が少ないかな?斜尻で曲飛気味なので加速が良く、器用な面がありそう。今後成長して、もう少し骨量や馬格が大きくなれば血統的にも来春に楽しみを持てそう。

ナンヨーイザヨイ 栗東松永幹厩舎 岩田騎手予定 前走函館新馬戦1200m1着 上がり2位 ミスプロ系 中4週

馬格中位も、骨が逞しそうで骨量は良好。前碗や首、胸前はそこそこも胴や腰、トモの肉付きはこれからでしょう。そこが良好に逞しくなったら期待が膨らみますね。皮膚に余裕があるのはいいですね。また骨格の可動域も広そう。バランス的にはとっても良い馬に見えます。エイシンフラッシュ産駒ってパッと見は良いのですが、重厚さに物足りなさを感じる産駒が多い気がします。同馬からは骨量他からも成長次第で面白い存在になる可能性を感じます。顔付や毛艶から状態は良さそう。

ニヴィアン 牝馬 美浦高柳厩舎 古川騎手予定 前走函館牝未勝利1200m1着 上がり1位 ミスプロ系 中1週

前走は牝馬限定戦ながら味のある競馬。相手強化も2戦のアドバンテージで!

ヒストリコ 牝馬 美浦土田厩舎 横山武騎手予定 前走函館新馬戦1000m1着 フォーティーナイナー系 中1週

データ的には厳しいも、その快速は脅威!芝でも主導権を取れるかがポイント化!?

ホールユアハンド 美浦田中博厩舎 C・ルメール騎手予定 前走福島ダ新馬戦1150m1着 上がり1位 サンデー系 中2週

2歳馬らしく脾腹はまだ薄そうも、その他の箇所は他馬に比べ完成度が高そう。馬格は中位も筋肉量はなかなかで体幹面もしっかりとしていそう。ただ蹄底があり、繋ぎも立ち気味。筋肉の質も硬そうなので主戦場はダートになりそう。函館の洋芝なら対応できる可能性も一雨あった方が良いのでは?鞍上から陣営の期待の大きさが伝わります。

ラブミーファイン 牝馬 栗東田所厩舎 丸山騎手予定 前走函館新馬戦1800m1着 上がり1位 サンデー系 中1週

胸前の張りや丸みを帯びたトモなどは良好ですね。また胸囲もある方なので心肺機能も良さそう。四肢は軽くスラッとしています。繋ぎは良好な長さも少々立ち気味に見えます。背も短いということはなく、全体のバランスからはマイル位からの方が良さそうな気がしますがどうでしょう?今後の成長が楽しみな1頭ですね。1200mへの対応がポイントになるとみます。

ラブミーリッキー 牝馬 美浦手塚厩舎 松岡騎手予定 前走函館新馬戦1000m1着 フォーティーナイナー系 中3週

血統的にはやはりダート向きの感。前走は主導権を取ってソツなく纏める競馬。同型との兼ね合い等、課題も多いが…。

ラブリロンリロンス 栗東松永昌厩舎 菱田騎手予定 前走函館新馬戦1000m1着 上がり2位 サンデー系

母系にはかのウォッカの名が!父や母父からは小回り洋芝での意外性を感じます。人気なさそうも無視は禁物?

レコードチェイサー 牝馬 北海道角川厩舎 阿部龍騎手予定 前走門別OP1000m1着 サンデー系

地方所属も日高の名門牧場の生産所有馬。血統的には芝向きっぽく、いずれは中央移籍?

ロードワンダー 栗東庄野厩舎 騎手未定 前走函館未勝利1200m1着 サンデー系

勝ち上がりに3戦消化し、ココ出走の場合は連闘に!タフネスも疲労や現状上でのがり目がどうか?

総評~っす!

レースやラップ等は確認済も馬体(パドック含む)を全馬確認していないので、微妙なところはありますがココは上位人気勢で良い気がします。

1番人気には初戦から好タイムのナンヨーイザヨイでしょう。馬体的にも魅力があり、今後の成長如何でかなり面白い存在になると見ています。松永幹厩舎は馬を長く活躍させることに長けた印象。それもあって馬主さんとの関係も良好との話し。まぁ松永幹調教師は騎手時代から人格もかなり良い方とのことですからね!そういった面からも応援したい厩舎(調教師)ではあるのですが、本命には新馬戦で同馬に敗退したカルリーノにしようかな?と。馬体的には両馬共に魅力あり良好なので、人気面からの指名なのは否めないのですが、2戦とも好位中段から最速の上がりなのは魅力。

相手には素質一番のナンヨーイザヨイを!陣営もキッチリ対策は練ってくるでしょうけど激流に巻き込まれたりしたらどうか。馬体からも短距離馬という感じではなく、もっと距離延びてからの馬な気がします。筋肉量やシルエット、皮膚感や重心からは中距離馬っぽさを感じるんですよね。それでも能力は高そうなので予想をする上でこれ以下の印にするのはどうでしょう?

単穴には前走の後半のラップからセンスや能力を感じるアスターペガサスを!2歳馬離れした筋肉量や力感は魅力十分。カリスマオーナーブリーダーの岡田牧雄氏が血統的にはダート向きで体の硬さが気になるとの弁。確かにその可能性は否めないですね。ただこのメンバー相手で前走のラップからは評価は必要との見解。

スズカカナロアは馬体良好も、同馬も短距離型とは思えなかった。またそういった面や前走からも速力的に疑問があるのも事実。一雨降ったら評価は変えますがココは抑えの予定。

ちょっと理論的に矛盾の可能性もパドックで気配良ければ、ラブミーファインは買いたいかも。1800mからの転戦でスピード対応がカギになるも異常なペースになれば!

ラブリロンリロンスも穴として検討しています。個別のトコでもコメントしましたが血統的な魅力が大きいかな。

ルメール騎手起用で陣営のヤル気が伝わるホールドユアハンドは馬場が悪化したらかな?やはりダート向きの感。イチゴミルフィーユは輸送に課題。気配が抜群に見えたら抑えます。それならば地方馬のエムティアン期待しても良いのでは?

全馬馬体を見た訳ではないですが、現状の情報からジャッジすれば上位3頭は少々抜けていそう。3連系なら何が来てもとは思えるも、穴党の方は中京メインで勝負の方が良さそうですね。個人的には日曜朝にUPしている独り言の中に勝負レースがあるんです。基本的には1000万下~準OPのダート戦が一番多いかな?500万下だとこの時期では人気サイドにぶち込むケースが多いです。というのも500万下だと遅れてきた素質馬や体質的な面を抱えた馬が確実に勝つケースが多いんです。1000万下では素質馬がブチ抜けたり成長伴った馬が確実に勝ち上がったりというのを指数的に読み取れれば。また指数が安定した馬がチョコチョコ穴を出します。準OPでは1000万下とは少々傾向が変わります。芝もダートも先を見据えた陣営の狙いがより一層重要なファクターになっていると見ています。割と直前に買う馬を決めるタイプでもあるので、イマイチ煮え切らないコメントが多くなってしまうコト、ご了承ください。ただ馬のキャラや厩舎の特性、騎手ポイントなどはできる限りコメントしたいと思います。

冒頭でもお知らせさせていただきましたが、近いうちに知人のサイトに移る予定です。お手数お掛けいたしますが、今後もご愛顧いただけるとありがたいです。より一層、良好な情報を提供できますよう精進します。では途轍もない猛暑ですが、体調に気を付けてください。馬券、頑張りましょう!

by競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji