クイーンS&アイビスSD2018他のちょっとしたデータ等々!

競馬オヤジの壺

今週から新潟、小倉、札幌開催となります。基本3場とも、おおむね例年通りの傾向と思えるのですが、札幌に関してはカリスマオーナーブリーダー・岡田牧雄氏が芝が重いとコメントされていました。そうなると平坦小回り重めの芝というのが札幌競馬場の芝の特徴!一雨来たら・・・さてどうなるのでしょう?土曜日は全ての競馬場で傾向のチェックは必須。特に札幌は馬券そこそこに傾向をみながらの方が良いのかもしれません。

さて今週も先週の回顧は割愛させてください。コース取りや馬場状況によるところも大きいですから。個人的には馬券成績は良かった方でした。今週も少しでも有効的な情報が出せますよう頑張ります。いつも通りちょっとしたデータ他をネタにしたいと思います。

GⅢクイーンS

ちょっとしたデータ!

前走クラスは準OP以上も、上級重賞出走馬も多いため前走着順は様々。開幕週ということもあるのでしょう脚質は逃げ先行がやや有利。3歳から6歳が馬券圏内。その年の出走頭数他にもよるが、ヒモ荒れ注意。

続いて登録馬!

指数と馬体を見た感想他のコメント。プラス材料大は赤文字、プラス材料小にはオレンジ文字。マイナス材料大には紫文字、マイナス材料小には青文字

※指数については出走馬の過去指数の相対的なものになります。また過去最高指数に近走状態を加味しており、国内レース中心・当該距離にて評価しております。A~Eで想定。A本命級 B次点 C連下なら D恵まれて E厳しい 更に同じランクでも上下を付ける場合もあります。3歳戦の場合、サンプルが少ないので指数は拮抗しています。
また昨年及び今期成績の良い厩舎力の高い厩舎(東西リーディング10位以内と重賞成績をメドとする)にはを!

競馬ブックや競馬ラボに馬体写真があります。またそこに馬体のコメントもあります。参考にどうぞ!

アグレアーブル 指数C下 5歳牝馬 美浦斉藤誠厩舎 J・モレイラ騎手予定 前走1000万下3着 札幌初 函館3010

臨戦データではアウトも関係者の期待値の大きさはOP級。指数はやや足りないも洋芝巧者という面もあり軽視は禁物。ただ鞍上から過剰人気の懸念も。

アンドリエッテ 指数B下 6歳牝馬 栗東牧田和厩舎 国分恭騎手予定 前走GⅢマーメイドS1着 札幌0001 函館0001

スラっとした四肢、特に後肢の感じはディープ産駒特有の斜尻に直飛!鋭くも長い脚を使うのかな。ただやや肩の傾斜はキツそうでシルエット的にも縦型なので、脚の使い所が意外と難しいのかも?筋繊維は繊細で柔らか味は十分。収縮力は微妙なので平坦は合いそうも重めの芝だとどうか?四肢の出方もやや硬めなので、得手不得手が出るタイプなのかな。成績的にもムラがありますからね。前走は陣営の素晴らしい仕上げもハマった感は強い。馬が自信つけて勢いあれば!

エテルナミノル 指数B 5歳牝馬 栗東本田厩舎 四位騎手予定 前走GⅢ函館記念3着 札幌0001 函館0011

牝馬ながら筋肉量が豊富ですね!胸前も迫力ありますが特筆すべきはトモ。容量はもちろん張りも上々。四肢は軽いも体の線や筋肉の質は硬めなので、軽い瞬発力は微妙で得手不得手がハッキリするタイプ。前走の好走は好発し位置を取って競馬ができたこと。鞍上とは手が合っているのでしょう。ここもスンナリ先手を取って粘り込めば1つ下のGⅠ馬相手でも。遅生まれでもあり今が充実期!?

ソウルスターリング 指数A 4歳牝馬 美浦藤沢厩舎 北村宏騎手予定 前走GⅠVM7着 札幌1000 函館未出走

相変わらず皮膚が薄く毛艶も良好。皮膚感はさすがの一語。四肢も軽く筋肉の質もサンデー系が入っていないにもかかわらず繊細で良好。以前、アンカツさんや岡田牧雄氏はソウルスターリングの馬体他についてはあまり評価していない(好みではない)との弁だった記憶。個人的には中距離牝馬ではTOPの一頭とのジャッジ。元々、他馬に比べ完成度は高かった同馬(ただ早枯れではないと思います)。近走の不振は昨秋の強力牡馬との厳しい競馬と他馬の成長との差が縮まってきたことでは?それと個人的意見ですがフランケル産駒って、ポテンシャルは高い産駒が多いも、気性面が少々微妙。また体幹に緩さを感じます。そういった面が上級重賞でネガティブに出ているのでは?

ツヅミモン 指数C上 3歳牝馬 栗東藤岡健厩舎 藤岡佑騎手予定 前走GⅠ桜花賞9着 札幌初 函館未出走

先行すればしぶといタイプも自身のペースで追走することがポイント。かなりの大型牝馬も新馬勝っているように鉄砲は効くタイプかも?重めの芝の適性は高そう。

ディアドラ 指数A 4歳牝馬 栗東橋田厩舎 C・ルメール騎手予定 前走GⅠドバイターフ3着 札幌1000 函館未出走

3歳時は野暮ったい馬体の持ち主も骨格が成長し、伸びやかになったシルエットは上々。また皮下脂肪が薄くなり皮膚感も一流馬のそれに!四肢は元々スラッとし良好。胸の形からも心肺機能も高そうですね。デビューから50㎏近く馬体が増えたのは成長の証。ドバイ遠征帰りなので不安あるも、馬体の張り以外は合格点と見ました。秋に向けて好発進を!

ティーエスクライ 指数C 6歳牝馬 栗東武幸厩舎 竹之下騎手予定 前走1000万下1着 札幌0002 函館1102

前走は人気ないもアッと言わせるスローの逃げで人気馬を完封。札幌の実績や相手関係他、課題も多いがまずは自分の競馬ができるかどうかでは?

トーセンビクトリー 指数A下 6歳牝馬 栗東中竹厩舎(角居厩舎) 岩田騎手予定 前走GⅢマーメイドS15着 札幌0110 函館未出走

昨年と似たローテも前走はやや負け過ぎの感。四肢はスラッとし繋ぎも長く角度も良好なのでクッションは良さそう。輸送もあるので馬体重はチェックが必要でしょう。やや硬めもキレイな体の線をしてしていますね。脚の使い所が難しい印象が強いのですが開幕週の札幌洋芝は合いそう。良血馬で指数も上々ですが上級重賞でのひと踏ん張りが微妙なところがあるんですよね。脾腹が薄く見えるも体形の牝馬ってそういう傾向が多い気もしますし…。鞍上が上手くアシストできれば。

ハッピーユニバンス 指数B下 6歳牝馬 栗東平田厩舎 藤岡康騎手予定 前走GⅢ新潟大賞典13着 札幌1001 函館1001

OP昇格後、着順的にはイマイチも着差や指数的には相手なりで決して悪くはない。札幌1800mは勝ち鞍あるも、近走軽ハンデが多く、この相手に55㎏がどうか?

フロンテアクイーン 指数B上 5歳牝馬 美浦国枝厩舎 蛯名騎手予定 前走中山牝馬S2着 札幌初 函館未出走

前肢が被り気味で後肢は曲飛気味の特徴的な四肢。胸前やトモの身入りや張りはココにきて良くなってきたのでは?また牝馬ながら腹袋があり逞しく見えます。メイショウサムソン産駒らしく筋肉の繊維はやや粗そうも力感は十分。ほんの少し短く見える繋ぎからも重めの洋芝は合いそう。小回りコースokで器用さはあるも一瞬の脚的にやや勝ち味に遅い面は否めないか?

リバティハイツ 指数B上 3歳牝馬 栗東高野厩舎 北村友騎手予定 前走GⅠ桜花賞6着 札幌初 函館未出走

パッと見はまだ成長途上っぽいもやや前勝ちに見える、力感抜群の太い首に胸前、バランス的に大きい胸囲は魅力。またお尻の張りも良いですね。バンテージ巻いているので見えにくいも繋ぎのクッションも良さそう。背と下腹のバランス的には瞬発力もありそう。また馬群okのメンタルは3歳牝馬ながら頼もしい。成長度と古馬との力関係は微妙で、胴の感じから距離には少々不安も今年の3歳牝馬の上位勢はかなりのレベルと見ています。桜花賞6着も勝ったアーモンドアイが強過ぎ。2着馬とはそれ程差はない。

総評~っす!

頭数はそこそこも3~6歳の世代の現役上位クラスが顔を揃えたかなりの好メンバーで興味深い一戦!馬柱的には4歳GⅠ馬2頭に目が行くところも休養明けや遠征帰り。しかもローカルの一戦という事もあり、他馬にも十分チャンスがありそう。

最終追い見ないと何ともなところはありますが、本命候補にはリバティハイツを予定。FR時のパドックではあまりに素晴らしい馬体(仕上がり)で急遽対抗にした記憶。桜花賞時には相手が相手だけにまだ馬体的に幼く、他馬から見劣りしましたがそれでも差のない着差。約3か月ぶりも逆に成長の期待が持てますし、斤量も有利。最終追いの動き等が良いというのが条件も現状中心視。

相手には洋芝がハマりそうなフロンテアクイーンを!能力あるも脚の使い所が難しく、また瞬発力も不足気味。ただそういった面が逆に札幌の洋芝に合いそうというか、補ってくれそう。パワーや底力では引けを取らないと思います。

単穴には人気でもディアドラを!同馬も札幌適性抜群でアッサリもありそう。能力も高いですし、馬体写真からそこそこ仕上がっていそう。とはいえドバイ帰りで目標は先。認めつつ不安もある典型的な単穴評価です。

☆にはソウルスターリングを!決して終わっていないと考えています。ただ個別のところでコメントした通り。能力は折り紙付きも他馬が成長し、抜けた存在ではなくなっただけ。秋に向けてココで復活のきっかけを掴めば。

注にはエテルナミノル。四位騎手とは手が合っているのでしょう。同馬も瞬発力は微妙なタイプ。重めの洋芝は向きそうなので前走同様好発から位置が取れれば!本来、もっと重い印にする予定だったもやはりゲート(位置取り)の不安はあるかな?外枠の方が良さそう。

△1にはツヅミモン。キャリア浅く、まだ不確定要素が高いも同馬も洋芝が合いそう。番手からしぶとい脚を使うので仕上がり良ければ軽視禁物。

アンドリエッテはキレを感じる良好な馬体も札幌の芝が深かったらどうか?また前走も鮮やか過ぎ。馬が自信を付けたケースがあるので、状態良ければ多少は抑えるかも?トーセンビクトリーは小回り洋芝は合うも前走逃げて惨敗はメンタル的に気になるところ。当日の活気が十分なら!アグレアーブルは3着候補としては考えていますがモレイラ騎手騎乗で人気は必至。ただ素質は見劣らないですし洋芝もピッタリ。無視できないかも?

当初はソウルスターリングとディアドラのGⅠ馬2頭を軽視する予定だったのですが、馬体写真を見る限り評価を上げざるを得なかったという感じです。本命対抗は当初から考えていた通りなんですが、それ以外は結構入れ替えました。牝馬の場合は状態重視が鉄則なので、最終追いの動き次第では直前に入れ替えるかもしれません。日曜朝の独り言はまたつぶやく予定なので(できなかったらスミマセン)変更の場合はソコで。

GⅢアイビスSD

ちょっとしたデータ!

東西、連対率は互角。前走クラスは準OP以上も1000万下からも3着ならある。前走着順は掲示板が理想も巻き返しあり。逃げ先行が好成績。外枠、特に8枠が圧倒的。

続いて登録馬!

指数と馬体を見た感想他のコメント。プラス材料大は赤文字、プラス材料小にはオレンジ文字。マイナス材料大には紫文字、マイナス材料小には青文字

※指数については出走馬の過去指数の相対的なものになります。また過去最高指数に近走状態を加味しており、国内レース中心・当該距離にて評価しております。A~Eで想定。A本命級 B次点 C連下なら D恵まれて E厳しい 更に同じランクでも上下を付ける場合もあります。3歳戦の場合、サンプルが少ないので指数は拮抗しています。
また昨年及び今期成績の良い厩舎力の高い厩舎(東西リーディング10位以内と重賞成績をメドとする)にはを!

競馬ブックや競馬ラボに馬体写真があります。またそこに馬体のコメントもあります。参考にどうぞ!

アクティブミノル 指数B 6歳牡馬 栗東北出厩舎 酒井学騎手予定 逃げ先行 新潟千直0002

3歳時にはGⅡを勝ったパワーある快速馬。成績にムラがあるもまだ衰えは感じさせぬ。新潟千直も昨年4着の実績。侮れぬ。

アペルトゥーラ 指数B下 7歳牡馬 美浦国枝厩舎 丸田騎手予定 差し 新潟千直3011

昨年、夏から秋にかけて新潟千直3連勝の巧者。マツリダゴッホ産駒は新潟千直の巧者が多い。

カラクレナイ 指数B上 4歳牝馬 栗東松下武厩舎 福永騎手予定 差し追い込み 新潟千直初

陣営は元々1400ベタ―とのジャッジも気性的に1200mの方がGⅢでも好結果。初の新潟千直攻略はカギも実績的には上!

クラウンアイリス 指数D上 7歳牝馬 美浦天間厩舎 騎手未定 追い込み 新潟千直0100

近走は準Oで軽ハンデでも苦戦傾向。新潟千直は苦手ではないが…。

クラウンルシフェル 指数D 7歳牡馬 美浦天間厩舎 武藤雅騎手予定 先行 新潟千直1002

母系からもタメを利かせるコース形態よりも一気に走り切るコース向きの可能性。指数は足りないが一雨あれば!

ダイメイプリンセス 指数B上 5歳牝馬 栗東森田厩舎 秋山騎手予定 差し 新潟千直2000

一見するとスプリンター???って思うのですがよく見ると、体の線が少々硬めでやや前傾しているかな?また背のラインや下腹の感じや肩の傾斜などからは不器用そうな面も感じます。そういった特徴から短距離向き且つ直線競馬が合うのかも。後肢の感じも小脚は使えそうなのでダッシュは良いのかも?毛艶良好でココに照準合わせてきた感。

ダノンアイリス 指数D 5歳牝馬 美浦尾関厩舎 田中勝騎手予定 差し 新潟千直1012

近走はダート中心で準OPまで上がった同馬。新潟千直に勝ち鞍があり、緩急効かせず走り切る舞台は向くハズ。指数足りないもそこそこ人気するか!?

ナインテイルズ 指数C上 7歳牡馬 栗東中村均厩舎 戸崎騎手予定 逃げ先行 新潟千直0011

ココまで50戦消化のタフネスホース!前後のバランスの取れた馬体の持ち主だから成せる業なのかな。馬格はまあまあも筋肉量は多めかな?その質は筋繊維がやや粗く硬めに見えます。軽いキレよりも一気のスピード比べの方が良さそう。7歳の今期、遂に準OP勝ち。新潟千直も好走歴ある。

ノットフォーマル 指数B下 6歳牝馬 美浦中野栄厩舎 原田和騎手予定 差し 新潟千直0100

3,4歳時は牝馬の王道路線で、距離自体もマイル~中距離を使われてきました。6歳になり新味求めた3走前に新潟千直で好走!ハマれば。

ブロワ 指数D下 5歳牝馬 美浦大江原哲厩舎 騎手未定 逃げ先行 新潟千直0002

現状、1000万下でも頭打ち。新潟千直も2戦して8,10着。陣営的にはココ使う刺激を求めているのか?今度こそは違うとのジャッジか?

ペイシャフェリシタ 指数A下 5歳牝馬 美浦高木厩舎 三浦皇騎手予定 先行差し 新潟千直初

大型の牝馬。前後に長い馬体で、バランス的にはやや低めの重心。骨格の可動域は身が詰まり過ぎていて微妙。イメージになりますが、馬体からは不器用さを感じます。筋肉の質的に、収縮力や柔軟性は微妙なので、緩急効かせるレースよりもスプリント的な方が良いのかな?新潟千直は初もスタート決めてテンについていければ。前半付いて行けるかはカギでしょう。前走は残念な結果も馬自身はいよいよ充実期に入った印象も。毛艶良好で状態も良さそう。

ベストマッチョ 芝初のため指数未定も想定B上 5歳セン馬 美浦手塚厩舎↑ 大野騎手予定 逃げ先行 新潟千直初

ダートの快速マイラーが新味求めて新潟芝千直に!新潟千直はダート馬の好走がしばしば。格は上だけにハマれば!

モルフェオルフェ 指数C下 3歳牝馬 美浦大江原哲厩舎 江田騎手予定 逃げ先行 新潟千直初

前走は距離を縮めたことが功を奏した感。更に1ハロン短くなるがテンのダッシュは付いて行けそう。

ラインスピリット 指数A 7歳牡馬 栗東松永昌厩舎 森一騎手予定 先行 新潟千直1002

牡馬にしては小柄ですね。首や背はそこそこスラッとしているも胴が短いのでコンパクト!胸前やトモの張りは上々で前腕は逞しい。昨年の6着馬で今季7歳になるも、更に充実を感じさせる活気ある馬体。着順はやや地味に見えるも着差的には上位勢と差がない。今回も毛艶良好で状態は良さそう。昨年から猛暑も苦にしていなさそうな感。

ラブカンプ― 指数B 3歳牝馬 栗東森田厩舎 M・デムーロ騎手予定 逃げ先行 新潟千直初

小柄な牝馬も皮下脂肪が抜群に薄く、筋肉の繊維がハッキリし、首や胸前からは逞しさも。脾腹やトモはまずまずもこれからもっと良くなりそう。繋ぎは繊細でパンパンの馬場のスピード比べが向きそう。血統的にもTHEスプリンターという馬で、実績的にもスプリント戦ならばまだまだ伸びしろありそう。鞍上は51㎏でも同馬を選択。期待大か!?

レジーナフォルテ 指数B下 4歳牝馬 美浦佐藤吉厩舎 杉原騎手予定 先行 新潟千直1011

一見、前後に長手の馬体に感じるも、四肢の生えているところが前後に広いのと、やや斜尻に飛節の感じからそう見えるだけで、胴は普通。繋ぎが立ち気味なのですが、重心はバランス的にやや低くも見えます。またかなり筋肉質で、その質も硬く粗め。米国ダート血統の個性が出ています。ただ実績は芝の短距離。スピード能力が相当なのでしょう。今回、馬体の張り毛艶も良好!この状態なら。

レッドラウダ 指数C上 5歳牡馬 栗東音無厩舎 石川騎手予定 逃げ先行 新潟千直1324

新潟千直の常連というか、専門。自身、格付け上では未だ格下も、この条件ならOP、重賞でも好勝負できる。好枠引ければ。

総評~っす!

開幕週とはいえ、このレースは枠順が確定しないことには何とも予想しにくいんですよね。とにもかくにも8枠の先行型が圧倒的に強い。またココで行っている馬体からのキャラのジャッジも実はしにくいんです。大半は芝のスプリンターの要素でジャッジokなんですが、たまにダートの逃げ先行の短距離馬が好走するケースがしばしば。緩急や器用さ、キレ不要で、パワー&スピードで一気に走り切るため、そうなのでしょう。人間でも100m走の選手って筋肉質でパワーありそうですから。

枠確定後の補正については、また独り言でつぶやきます。

基本的には格よりも、適性と調子を重視すべきレース。ただ今回は新潟千直初馬も多いので推理も難しい。血統に詳しい方の予想も参考になさるのも手かもしれません。

馬体やこれまでの実績他から今回気になったのは人気でもダイメイプリンセスとラブカンプーの森田厩舎の2騎。どちらを上に取るかに関しては正直枠次第も、現状は実績重視でダイメイプリンセスの予定。血統や馬体的に距離はもっとあっても良さそうなんですけどね。個別のトコでもコメントしましたが、不器用そうな気がするんです。直線競馬の申し子の可能性すら感じます。

ラブカンプーは日頃52㎏以下に乗る場合は騎乗馬をかなり選ぶ(減量面から)といわれるM・デムーロ騎手がこの酷暑でも51㎏の同馬に騎乗というのは、かなり狙っているのでしょう。まぁこの時期は2歳戦やローカルのハンデ戦が多いので、軽斤量馬が多いというのはありますけどね。同馬のテンのスピードは相当なので好枠引いたら早々に先行し、他馬を寄せ付けない可能性も!この2頭が今のところ本命対抗の予定。

不気味なのはベストマッチョ!何度もコメントしていますが、この新潟千直ってダート馬の好走が結構あります。実質、同馬はダートならGⅠ級。この条件がハマればアッサリがあっても。正直、不確定要素が高い▲かな?

☆にはレジーナフォルテ。印上、☆ですが基本的には3,4番手という高評価。2走前の敗戦は気になるも前走は好時計勝ち。毛艶良く、状態も良さそうですからね。

注には不確定要素が多いも、この距離で折り合いの不安を考えなくて済む、カラクレナイを!折り合い達者なダービージョッキーを確保していることも、このレースへの意気込みでは?最終追いは要チェックも評価低いのは危険かも?

連下は今回多めなんですよね。枠が出れば絞る予定ではあるんですが。

△1はラインスピリットを!近走を見る限りはこの条件が合うのかは疑問も、実質格上。前走後、鞍上のコメントも洋芝に疑問を呈していました。軽い走りをする印象なので、ココと次走狙い?個人的には北九州記念の方が合いそうな気も。ただノーマークは危険。

△2には血統と鞍上を評価してアペルトゥーラ!新潟千直は合う同馬。後は力関係と時計でしょう。

△3にはノットフォーマルを!同馬も経験浅く時計詰められるかどうか?

△4にはレッドラウダ。このコースの常連ですから食い込み注意。

ダノンアイリスやナインテイルズは鞍上からも評価は必須ですが、枠次第とのジャッジです。ダノンは少々不気味も、2頭共、少し指数が足りない感じです。

くどいようですが、枠が出ないと印付けづらいレースなのでご了承ください。それと先週お知らせさせていただきましたサイト移動の場合はキチンと案内の方出させていただきます。タイミング的には8月に入ってから直ぐになりそうです。懲りずに見に来ていただけたら幸いです。ではクイーンS&アイビスSD!高配当が取れますように。

by競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji