小倉記念2018他、競馬オヤジの独り言!

競馬オヤジの壺

夏競馬も後半戦に!以前から言っているのですが、降級馬選びがより重要になっています。また競馬場やコース形態についての得手不得手が明確なのでローテが微妙な馬も多数。そういった面をどう読むか?なかなか難しそうですね。上手くいくと良いのですが競馬オヤジなりの見解をブツブツと呟いてみます。

札幌10R

降級は⑩。指数上位馬は⑩⑪①の順。指数上々で人気しそうな3歳馬②はダートの良血で将来性高そうも気性面、ローテ不安も。鞍上は心強いが軸はどうか?印付けるなら▲が妥当の感。軸には人気でも⑩がベストで安定の5歳古馬①③⑪を中心に3歳馬を絡めるのが怪我しなさそう。頭固定の3連系で狙ってみたい。

札幌11R

既に札幌夏の風物詩と化しているモレイラ騎手。馬質云々もあるがさすがの騎乗っぷり。生い立ちやら何やら、相当苦労を重ね、そのハングリーさからメンタルの強さも相当でしょう。競馬オヤジ的に凄腕の外国人騎手は多数見てきたも、その中でもTOPクラスの一人なのは間違いないでしょう(他ではM・キネーン騎手やF・デットーリ騎手他)。そのモレイラ騎手騎乗のデアレガーロが人気でも他に同馬を脅かしそうな馬が微妙なのも事実。指数的には②⑩も差はないが洋芝適性他、安定味から堅軸の感。相手には頭数落ち着くもHペースになりそうなメンバー構成。Hペース耐性ある好位、差し馬を狙いたいも格上挑戦が多いメンバー。素直に②⑩の評価は必要でしょう。①⑧はは安定勢力も穴なら⑦か?

札幌12R

降級馬がいないココは、前走前々走が圧巻の①と実績十分の⑥が人気を分けるでしょう。両馬共、横山典騎手、モレイラ騎手と鞍上も超魅力で心強い。2戦2勝の⑧も魅力で人気するも、個人的には⑤を狙いたい。いずれにせよ3歳馬中心で!

新潟10R

降級馬がいないココでは好枠を引いた3歳牝馬アーヒラが人気でも中心視せざるを得ないか!?指数拮抗で展開読みづらいメンバー構成。人気が予想される新潟千直巧者のレッドラウダは連闘策。気性面にかなりの問題がある馬のようで鞍上にはルメール騎手を確保。コレでどこまでやれるのか?こういった時は新潟千直得意な馬を狙うが定石も、勝ち鞍あるのが③⑨⑯。ならば鞍上で選ぶ。西田、戸崎、田辺、石橋脩、三浦皇騎手辺りは乗り慣れている。また関西でも酒井学騎手も合っている感。個人的には騎手から入りたい。

新潟11R GⅢレパードS

中心視したグレートタイムがか近年勝ち鞍のない8枠に!元々、勝ち味に遅い面があるも嫌な枠を引いた感。軸としては変更しないも頭鉄板か!?と言われれば微妙。なかなかの好メンバーで指数自体も上位拮抗。位置取れて長い脚を使える馬がこのレースで好結果を上げていることから、②③は積極的に狙いたい。清水久厩舎のスパルタ調教で強くなっている⑪は3連系で狙いたい。同厩の末の破壊力相当の⑨も同様。⑤はキャリア浅いも能力上位の可能性から人気でも買わざるを得ないか!?⑧はムラっ気は気になるも勝った時の指数は相当。気配良ければ積極的に!④については実力を認めるも人気馬から買うことと、本来の適性が1800mより短いのでは?という疑い(現状はまだ疑いです)から抑えの予定。

新潟12R

降級馬がいないフルゲート!新聞紙上の印は割と偏っており指数的には拮抗している一戦も⑫⑭は頭1つ抜けている感。こういったレースでは人気サイドで決まる可能性が高い傾向。⑮⑰は鞍上からもそこそこ人気しそうも抑えに回して勢いある3歳馬中心がベターでは?⑫⑭で気配良好な馬中心に⑨⑩絡め古馬では⑮を!

小倉10R

降級馬は①のみ。頭数落ち着き展開面でも恩恵ありそう。気性難も鞍上が騎乗するごとに手の内に入れた感。ただ頭堅いか?と言われれば、取りこぼしの可能性は低くないと見る。ただ馬券的には比較的堅い結果になるとみて相手は絞りたい。勢いある3歳馬テイエムディランやニホンピロタイドは好走率高そうも、⑦の一発に期待。また小倉巧者の⑨も注意。馬券は3連系の並びで!

小倉11R GⅢ小倉記念

平坦小回りの中距離は鬼と見ているサトノクロニクル。鞍上も魅力ですし、最終追いも良好。週頭の評価から今のところ変更なし。相手にはキャラ濃い目(得手不得手がハッキリ)もGⅠ級の評価をしているトリオンフ。逃げ先行馬に乗せたら屈指のレジェンドを得たのは大きい。人気でもこの2頭の評価は落とせない。週頭にはあまり評価しなかった④は最終追いが良好。またアヴドゥラ騎手は評判通りの騎手の印象。追えるタイプで同馬と手が合いそう。後は好調教の⑦が気になる。③は鞍上が全場重賞制覇がかかるも、右回りでこのメンバーだとどうか!?⑫は外枠、調教は良く、血統的にも小倉2000m向き。昨年同様のローテで力も付けているが同じような好結果を果たして出せるか???昨年よりもメンバー強化は明らか。指数自体上位も抑えの予定。

小倉12R

降級馬は⑥⑦⑭。ただ指数的には割と混戦。小倉巧者は③⑥⑪。重賞後の1戦だけに、ヤネの本気度も重要。メイン取りこぼした時のデムーロ騎手などは顕著(先週の新潟最終の勝利)。⑥は降級で小倉巧者に鞍上も池添騎手と嫌う手はない。3歳で強力なのがいないため、降級馬中心で並びで勝負が良さそう。ただ騎手心理には注視。棟広コンシェルジュの本命で好調教の③の単騎逃げには要注意。

こんな感じです。馬の適性や上体、騎手のポテンシャルや陣営の狙いなど、馬そのものの能力以上に意識することが多い夏競馬。上手く読み取れるかは難しいですね。

今週からサイトが移動しましたので、お手間お掛け致します。今後はこのサイトでしばらくお世話になると思います。良かったらブックマークをお願いします。では高配当取れますように。

by競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji