関屋記念&エルムS2018のちょっとしたデータと馬体を見た感想他!

競馬オヤジの壺

先週は小倉記念こそ上手くいきましたが、他のレースではイマイチ。回収率も大事ですが、オッズに関わらず的中率を上げていかないといけませんね。指数や馬体やデータだけでなく、この猛暑で馬自体が気難しくなっているケースも多々。特に競馬オヤジが主戦場と考えているダートでは、砂が熱くなり過ぎて、舞い上がった砂を被ることで嫌気を出している馬がボチボチいる感。また追い切りまでは状態が維持出来ていても、レース当日に調子落ちなんてこともあります。その辺は事前では読みにくいところではありますので、パドックでの気配には注視した方が良いと思います。また降級馬の扱い方も変えないとでしょう。先を見据えて勝ちに来るのか?賞金を稼いでいるのか?たまたま勝ち上がっただけなのか?また3歳馬の成長も顕著ですから、降級馬だからと言って飛び付くのは微妙になってきています。

新潟メインのレパードSでの福永騎手の位置を取りに行く騎乗は見事でした。1番人気のグレートタイムは正直、あそこで勝負あった印象。勝ったグリム・内田博騎手もさすがでした。最後までもたせた剛腕は彼の持ち味。馬自体も気持ち良く行ければ並ばれても抜群の勝負根性を発揮しますから今後の形ができた印象です。

小倉記念を勝ったトリオンフは以前からコメントしている通り、個人的にはGⅠ級と見ています。脚質的にレジェンド・武豊騎手が今後主戦となるのならかなり有力でしょう。ただコース形態には得手不得手が出る可能性が高いと見ているので、陣営の狙いを上手く読み取れるかもポイントになるでしょう。

今回も各レースの詳細な回顧はパスします、スミマセン。ただ小倉記念のレースレベルはご存知の通りローカルGⅢのそれではないと思います。

今週は新潟で真夏の名物マイル・GⅢ関屋記念!札幌ではダートの出世レース・GⅢエルムSが行われます。いつも通り、ちょっとしたデータと馬体を見た感想他をネタにしたいと思います。

GⅢ関屋記念

ちょっとしたデータ!

4,5歳馬が強いレース!3歳馬は3着まで。やや牝馬は苦戦傾向で中心視できる人気馬は買える。前走クラスは準OP以上。前走着順は掲示板外でもokで巻き返しあり。近年中京記念好走組が好成績。

続いて登録馬!

指数と馬体を見た感想他のコメント。プラス材料大は赤文字、プラス材料小にはオレンジ文字。マイナス材料大には紫文字、マイナス材料小には青文字

※指数については出走馬の過去指数の相対的なものになります。また過去最高指数に近走状態を加味しており、国内レース中心・当該距離にて評価しております。A~Eで想定。A本命級 B次点 C連下なら D恵まれて E厳しい 更に同じランクでも上下を付ける場合もあります。3歳戦の場合、サンプルが少ないので指数は拮抗しています。
また昨年及び今期成績の良い厩舎力の高い厩舎(東西リーディング10位以内と重賞成績をメドとする)にはを!

競馬ブックや競馬ラボに馬体写真があります。またそこに馬体のコメントもあります。参考にどうぞ!

ウインガニオン 指数A下 6歳牡馬 栗東西園厩舎 津村騎手予定 前走GⅢ中京記念8着 新潟芝2101

昨年の2着馬で暑さに強い夏馬!前走は自らHペースを作り出し、直線失速。敗因が明確で陣営から調子維持との弁。写真がないので何ともも、一応改めて!

エイシンティンクル 指数B上 5歳牝馬 栗東坂口則厩舎 和田騎手予定 前走準OP1着 新潟芝1000

ディープインパクト産駒の牝馬ながら500㎏超の逞しい馬体の持ち主。胸前や胴は逞しい。四肢はスラッとして繋ぎは立ち気味。走っている姿は兄と近いのかな?と思わせられますが、こうして見ると少々違いも。お兄さんの方がしなやかな流線形っぽかった気がします。首が少々短く前肢の出方というか胸の形からマイル位が良いのかな?今回の写真ではトモの張りは良好もやっとしっかりしてきたとの報も。前走は準OPながら高指数を掲示。また逃げずに勝ち切ったのは収穫大でしょう。

ショウナンアンセム 指数C上 5歳牡馬 美浦田中剛厩舎 騎手未定 前走OP1着 新潟芝0201

相手なりに走るレース巧者で今期はその充実っぷりが馬体にもハッキリと表れています。首、胸前、胴、トモの張りは抜群で毛艶も良好。胴は短く箱形なので、距離的には1400~1600mベターというのは分かります。父とはあまり似ていないかなぁ?サンデーの血が入っていないからか馬体から柔らか味やキレは感じませんが速力はまずまず。新潟の高速野芝への対応はカギで、同馬的には一雨欲しいか!?

ジョーストリクトリ 指数D 4歳牡馬 栗東清水久厩舎 田中勝騎手予定 前走OP10着 新潟芝初

NZT勝ちも以降のOP以上では頭打ちの感。また高速野芝への対応もどうか?休み明け2戦目でどこまで状態をUPできたか?

スターオブペルシャ 指数B下 5歳セン馬 美浦藤沢厩舎 内田博騎手予定 前走OP9着 新潟芝1000

昨夏からコンスタントに使われ結果もほとんどが馬券圏内。前走の敗戦はやや不可解も暑さと疲労との報も。最終追いと直前の気配重視!

チェッキーノ 指数B下 5歳牝馬 美浦藤沢厩舎 杉原騎手予定 前走OP7着 新潟芝初

前走は2年ぶりで+38㎏。成長分を加味しても今回の写真でもまだ少々重たそうに見えます。血統的にも筋肉量が多く、牝馬ながらしっかりとした馬体。3歳時は背のラインが直線的でしたがキ甲が抜けてきて少ししなやかに。全体的には伸びのあるシルエット。繋ぎは細めで角度、長さは標準。毛艶は良好なので、大分体調は戻ったのかな?能力的には通用するも、もう少し使ってからの気もします。

チャンピオンルパン 指数D 7歳牡馬 美浦勢司厩舎 騎手未定 前走準OP2着 新潟芝3003

7歳の準OP馬ながら今期は状態が良好なのでしょう。ただ格下だけに別定のGⅢでは少々荷が重いか!?

プリモシーン 指数B 3歳牝馬 美浦木村哲厩舎 北村宏騎手予定 前走GⅠNHKマイルC5着 新潟芝初

伸びやかなシルエットで肩の傾斜も寝気味で骨格の可動域も広そう。四肢はスラッとし、繋ぎのクッションも良好。飛節がしっかりと伸びている後肢の感じからも長く良い脚を使うタイプ。筋肉の質はこの血統の牝馬にしては収縮力や粘りが強そう。こういったタイプは成長力がある馬が多い感。個人的にもクラシック戦線で高い評価をした馬。データ不利な3歳牝馬も太刀打ちできる可能性はあるのでは?

フロンティア 指数B下 3歳牡馬 栗東中内田厩舎 福永騎手予定 前走GⅢ中京記念4着 新潟芝1000

牡馬にしてはコンパクトに纏まった馬体。この血統にしては骨量も豊富ではないですね。ただ繊細な筋肉を多く纏っているのは好感。胸前やトモの張りは抜群で皮膚が薄く毛艶も良好です。肩の傾斜が立ち気味で胴が箱型なので距離適性は1400~マイルでしょう。手先は軽く繋ぎは寝気味でこの条件は実績的にも合うでしょう。仕上げ易いタイプなのか、フレッシュな時の方が良さそう。

ベルキャニオン 指数C 7歳牡馬 美浦堀厩舎 石橋脩騎手予定 前走GⅢエプソムC6着 新潟芝初

7歳になるも休養期間が長かったためまだ19戦。近走でも指数を伸ばしています。重賞でも差のないレースをしており高速野芝がハマれば!

ヤングマンパワー 指数B上 6歳牡馬 美浦手塚厩舎 大野騎手予定 前走GⅡマイラーズC12着 新潟芝1111

前走大敗も暑い時期に調子を上げる夏馬!首の高い独特の走法で位置は取れるが揉まれた時の器用さが微妙。他馬を気にする面もありそうなので、バラける展開を好位から。時計勝負には強い!

リライアブルエース 指数A 5歳牡馬 栗東矢作厩舎 戸崎騎手予定 前走GⅢ中京記念3着 新潟芝0002

前走は目を見張る末脚も勝負付けが済んでからで大事に乗り過ぎたか!?上体はかなり逞しく太い首、張り抜群の胸前にトモと筋肉量は多め。四肢の生えている箇所が前後に広いので一見分かり難いも胴は箱形。胸囲は大きいも胸の深さも微妙で、バランス的に重心がやや低く見えるところから1400~マイルベターなのかな?全兄は中距離でしたけどね。皮膚が薄く毛艶もピカピカ。今期コンスタントに使われているも状態はかなり良さそう。

ロッカフラベイビー 指数C 6歳牝馬 美浦鹿戸厩舎 柴田善騎手予定 前走GⅢ新潟大賞典14着 新潟芝1103

キレのある末脚を持つも、重賞ではワンパンチに欠けるのか、結果がイマイチ。マイルに距離を縮めて新味を期待というところか!?

ロードクエスト 指数C 5歳牡馬 美浦小島茂厩舎 三浦皇騎手予定 前走OP2着 新潟芝1001

今期はスプリント中心の戦績も再びマイルへ。折り合いに難あるもスプリント戦の経験が生きれば。やや早熟の匂い強いもポテンシャルと適性的にはやれる可能性。

ワントゥワン 指数B 5歳牝馬 栗東藤岡健厩舎 M・デムーロ騎手予定 前走GⅢ中京記念5着 新潟芝0100

デビューからココまで全て上がり3位以内使うキレもの。前走時の馬体はかなり垢抜けていた印象。脚の使い所が難しい印象も展開一つか!?牡馬混合は苦にしない!

総評~っす!

牝馬や3歳馬がそこそこ人気しそうなメンバー構成で意外と難解の可能性。データ的には微妙も無視は危険でしょう。また週中の台風等で馬場状況がどうなるのか懸念も、一応の序列を付けてみます。

個人的には牝馬だからや、3歳馬だからというよりは中京記念出走馬を中心に考えています。その中で最先着したリライアブルエースを本命予定。長期休養明け後、コンスタントに使われるも馬体からは充実を感じます。鞍上は新潟得意ですし、前走で大事に乗ったことが功を奏すると見て人気でも!

対抗にはこちらも中京記念からウインガニオンを!前走はHペースを自ら演出し、敗退。元々、逃げ馬の直後でも競馬ができるタイプ。状態も維持との報ですし、同じ轍は踏まないと見ての対抗。

単穴には鞍上込みでワントゥワンを!前走時の馬体写真はかなり魅力で評価したのですが、キレ重視の同馬には相手関係から馬場や展開が向かなかった感。新潟に舞台が変わることがプラスになりそう。

☆には夏男ヤングマンパワーを!馬券圏内となると1年以上ご無沙汰も戦ってきた相手を考えると状態良好ならそう評価は落とせないでしょう。ただ状態如何によると付け加えます。

注は近走、指数良好で本格化気配のエイシンティンクル。時計勝負にも対応できそうですし、何より番手から勝ち切ったのは大収穫でしょう。今回のメンバーならいきなり通用しても驚けない気もしますが、さすがに重賞初挑戦ということでこの評価です。

△1にはフロンティアを!中京記念好走馬なので本来もっと評価をすべきですが、同馬の場合鉄砲の方が良さそうと勘ぐりを入れたくなるんですよね。正直、前走も仕上がりは良好でしたし、走り過ぎの感。正直、迷います。

△2には人気なさそうも、前々走だけ走れば面白いベルキャニオンを!善戦タイプなので3連系では積極的に。△3にはショウナンアンセムを!鞍上未定が気になるところも充実一途の今なら先行して粘り込む可能性。△4にはロードクエストを。スプリント戦を使ってきたことがプラスになる可能性。ただ早熟の匂いもするので、ベル、ショウナン同様3連系で狙いたいところ。

チェッキーノは能力上位も最終追い及び気配見ないと。まだ少々、太いというか重たくも見えるので。スターオブペルシャは前走落鉄との報。また荒れ馬場も苦にしたと。ただ疲れから中京記念をパスしたのは気になります。抜群の気配なら。いずれも買うなら抑え。

さてプリモシーンの名前を出しませんでした。データ的に嫌ったわけではなく、高速野芝がどうなんだろうって?東京コースでの好走歴があり、斤量有利で馬体優秀もちょっと引っ掛かるんです。また個人的意見ですが、距離的にも、もう少々あった方が…って。馬体好みですし、能力自体は評価してはいるんですが。

ちょっと狙い過ぎと思われそうですが、一応、狙いたい方も切りたい方も根拠を並べてみました。最終決断は追い切り後になりそうですが、本命から手広くなりそうです。補正する場合はまた当日朝につぶやきます。

GⅢエルムS

ちょっとしたデータ!

人気馬が強いレース!先行脚質が圧倒的。4,5歳が強いも6歳以上でも食い込む。前走着順は3着以内がベターも巻き返し注。前走クラスは準OP以上もOP地方交流が好成績内枠が好成績。

続いて登録馬!

指数と馬体を見た感想他のコメント。プラス材料大は赤文字、プラス材料小にはオレンジ文字。マイナス材料大には紫文字、マイナス材料小には青文字

※指数については出走馬の過去指数の相対的なものになります。また過去最高指数に近走状態を加味しており、国内レース中心・当該距離にて評価しております。A~Eで想定。A本命級 B次点 C連下なら D恵まれて E厳しい 更に同じランクでも上下を付ける場合もあります。3歳戦の場合、サンプルが少ないので指数は拮抗しています。
また昨年及び今期成績の良い厩舎力の高い厩舎(東西リーディング10位以内と重賞成績をメドとする)にはを!

競馬ブックや競馬ラボに馬体写真があります。またそこに馬体のコメントもあります。参考にどうぞ!

アルタイル 指数C上 6歳牡馬 美浦手塚厩舎 小崎騎手予定 差し 前走GⅢアンタレスS7着 札幌ダート初 約4か月

ダート馬らしい硬めの体の線をしています。また短い繋ぎでクッションよりも砂の掻き込みが鋭そう。カネヒキリ産駒が芝がダメなのってこういった特徴が出やすいのかな?筋肉は収縮力が強そうなのは良好も、今回思ったよりその量が多くない気もします。シルエットにそこそこ伸びはあるもバランス的に重心が低いので距離適性が掴みにくい気もします。

アンジュデジール 指数B下 4歳牝馬 栗東昆厩舎 横山典騎手予定 先行差し 前走船橋交流GⅢ1着 札幌ダート初 約4か月

四肢はスラッとし、垢抜けてしなやかなシルエットに良好な筋肉の質の持ち主でディープインパクト産駒らしさが出ている感。ただ肩の傾斜がキツめで四肢の出方が縦型。更に立ち気味の繋ぎに小さそうな蹄からダートで結果をだしているのが分かります。牝馬ながら馬格そこそこも、ココのメンツに入るとやや力感は乏しいかな?運動神経は良さそうなので小回り平坦は向きそう。揉まれずに競馬できれば。

ディアデルレイ 指数B 7歳牡馬 栗東牧厩舎 勝浦騎手予定 先行 前走OP6着 札幌ダート初 中4週

昨年後半のOPでは強い競馬で指数も上々。ただ重賞になると苦戦傾向。7歳牡馬だが、馬体重が安定しない面からもメンタル的に何かあるタイプなのかも?

ドリームキラリ 指数B上 6歳牡馬 栗東矢作厩舎 藤岡佑騎手予定 逃げ先行 前走GⅢプロキオンS6着 札幌ダート1020 中4週

首と胸前の逞しさはダート重賞の猛者の中でも抜群!胴やお尻の張りも上々ですが、やはり首や胸前に目がいってしまいます。また前腕や脛も立派。胴がやや詰まった体型で繋ぎは寝気味なのでパワーあるスピードタイプ。浅い砂の速めの時計勝負には強そう。数を使いながら馬を育成することに長けた矢作厩舎所属らしく、6歳の今期OPでは常に勝ち負けのレベルに。前走6着も、ダートのスプリント戦並のレコード決着で0.9なら負けても仕方なかった。昨年のような走りができればバージョンアップした今の同馬なら!

ノーブルサターン 指数C 4歳牡馬 栗東牧浦厩舎 池添騎手予定 逃げ先行 前走準OP1着 札幌ダート初 中3週

前走は準OPとはいえなかなかの指数で勝ち切ったのは立派。古馬ダート重賞に対する慣れは必要も好枠引いてスンナリ先行できれば!

ハイランドピーク 指数B上 4歳牡馬 美浦土田厩舎 横山和騎手予定 逃げ先行 前走OP2着 札幌ダート初 中4週

前肢の感じや背のラインから少々、線の硬さを感じるも、馬格他、古馬のダート猛者感は薄いタイプ。垢抜けた皮膚感からは一流馬の相。四肢も軽く、骨格の可動域もダート馬にしては良好そうでパワーよりも速力を感じるかなぁ?首や胸前の力感は良いですね。心肺機能は相当高いのかな?キリッとした良い顔付をしています。充実一途といったところか!?

ブラゾンドゥリス 指数C 6歳牡馬 美浦尾形和厩舎 丹内騎手予定 先行 前走GⅢプロキオンS5着 札幌ダート初 中4週

ダート1400mのスペシャリストでスピード能力は相当!コーナー4つのこの距離も崩れてはいないが、今回は相手が強いだけに。

ミツバ 指数A下 6歳牡馬 栗東加用厩舎 松山騎手予定 先行マクリ 前走盛岡交流GⅢマーキュリーC1着 札幌ダート1110 中3週

デビューから約20㎏増え470㎏になるもコンパクトな馬体で筋肉量も他馬と比べると微妙。四肢や背のラインからは、やはりカネヒキリ産駒特有の線の硬さが見受けられます。また肩の傾斜もやや縦型かな?繋ぎは長めでクッションが良さそう。皮膚が薄くて皮下脂肪が少ないですね。ココまでの走りや結果から、全身運動で勝負するタイプなのかも。

メイショウスミトモ 指数B下 7歳牡馬 栗東南井厩舎 古川騎手予定 先行差し 前走盛岡交流GⅢマーキュリーC9着 札幌ダート1102 中3週

ダートOP~重賞の常連も今期は結果が伴っておらず少々スランプの感。ココできっかけを掴みたいのが陣営の本音では?

モルトベーネ 指数A下 6歳牡馬 栗東松永昌厩舎 秋山騎手予定 先行 前走GⅡ東海S3着 札幌ダート0101 約6か月

馬格そこそこもアグネスタキオン系のダート馬特有の骨量の豊富さが素晴らしいですね。胸前やお尻の張りは上々です。シルエットに窮屈さがなく伸びがあり、骨格の可動域も良好そう。手先に軽さはありますが前腕は逞しい。背と下腹の感じからは瞬発力微妙も、後肢の感じは小脚を上手く使いそう。また馬群okで最内を割ってこれるだけに、内枠が欲しいところでは?長期休養明けになりますが、写真からは好仕上がりに見えます。

モンドクラッセ 指数C下 7歳牡馬 美浦清水英厩舎 柴山騎手予定 差し 前走OP9着 札幌ダート3011 約4か月

5歳夏までは快進撃もそれ以降はややスランプ気味に。近走は距離短縮にチャレンジも結果はイマイチ。路線戻してどこまで!?

リッカルド 指数想定A 7歳セン馬 船橋佐藤裕厩舎 C・ルメール騎手予定 先行差し 前走大井交流GⅠ帝王賞4着 札幌ダート1001 中6週

一昨年のこのレースの覇者。その時の指数は上々。船橋所属になってから馬が復活し前走のGⅠ帝王賞では中央のTOPホースと差のない競馬。指数や実績では最右翼も生産者の岡田牧雄氏が輸送に懸念。

リーゼントロック 指数B 7歳牡馬 栗東矢作厩舎 松岡騎手予定 先行 前走OP3着 札幌ダート0001 中4週

520㎏の大型馬。シルエットに窮屈さがなく四肢はスラッと長め。繋ぎもダート馬にしてはクッションが良さそうですし、蹄も良好。お尻やトモの容量、張りが抜群ですね。動き自体は大型馬特有のやや重めで早い動きは苦手っぽい。ワンラップで粘り込むのが特徴でしょう。皮膚に余裕があるのが好感。今期で7歳になりますが、OP実績では一番充実しています。36戦消化も上手に使いながら育成する矢作厩舎の典型的所属馬ですね。

ロンドンタウン 指数A 5歳牡馬 栗東牧田和厩舎 蛯名騎手予定 差し 前走GⅢアンタレスS6着 札幌ダート1000 約4か月

カネヒキリってダートならかなり良好な産駒を出すんですね。また産駒の成長力もかなり良好では?同馬の場合、今期5歳になるも骨格に伸びが出た気がするのですがどうでしょう?昨年のこのレースの覇者で韓国のGⅠ(コリアC)を勝っていますが、全体的なシルエットや皮膚感は更に一段上になったような。ただ韓国遠征後の結果はイマイチ。遠征の影響なのか相手関係なのかは不明も少々長めのスランプに。また馬体、特に背に伸びが出た分、適性距離も長くなった可能性。これなら大井や川崎の2000超の交流GⅠが合いそうな気がします。4か月の休み明けだけに今回の写真では少々太めの印象。最終追いでどこまで仕上げられるか?

総評~っす!

ハイランドピークにミツバ、リッカルドが人気になりそうなメンバー構成。有力馬に休み明けの馬も多く、仕上がり注視の必要性。指数自体は上位拮抗なので状態の見極めがポイントになりそう。

当初はミツバを本命予定も気性的にムラな面があり、内枠有利なレースではあるも揉まれて嫌気を出すケースも。ハイランドピークも堅実なようでダート重賞の常連達との圧の掛かるレースは経験不足。馬体優秀で素質十分から評価はするも、本命にするのには少々躊躇う。船橋所属になり南関東で復活したリッカルドは輸送に不安との弁。重箱の隅をつついているようでもあるのですが、本命は別の馬を予定。

前述の3頭は評価しつつ、本命には昨年の3着馬ドリームキラリを予定。1400mなら守備範囲も前走はスプリント戦のラップ。位置も取れなかったため仕方ない敗戦。今回は枠次第もそこそこ位置は取れるでしょう。馬券的には3連系中心で!

相手にはミツバを!小回り平坦コースでも外目からマクリに出るであろう同馬。取りこぼしの可能性もあるが、能力的には本命にしたい馬。突き抜ける可能性も十分。

単穴にはリッカルド。地方所属馬は現状、直前輸送しか認められていないため、生産者の岡田牧雄氏が不安を述べていました。能力的には上なので輸送を上手くクリアしたら圧勝も。

☆にはハイランドピークを!素質ある伸び盛りの4歳馬。重賞は2度目で、一度目はあの出遅れて競馬にならなかったマーチS。重賞の常連の猛者と真っ向から対戦するココをアッサリ突破するようなら今後が楽しみ。ココまでの上位4頭は甲乙付け難い感じです。以降は抑えに近いかな?

注には好仕上がりに見えるモルトベーネ!内枠引いて好位から直線勝負したら怖い1頭。

△1には昨年の覇者ロンドンタウンを。今期はややスランプも休養が良い方に出れば。写真では少々太めにも見えるので、最終追い含め仕上がり注意。

△2にはハイランドピークと差のない競馬をしたリーゼントロックを!

このレースは枠が出ないと結論は出しにくいのですが、一応の序列を付けてみました。最終追いや枠次第で補正するかもしれません。その場合はまた独り言でつぶやきたいと思います。では真夏の名物レース関屋記念にエルムS!キッチリ勝てますように。

 

 

 

 

by競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji