札幌記念のちょっとした感想と新潟2歳S他のちょっとしたデータと馬体を見た感想他!

競馬オヤジの壺

先週から痛風になり、仕事ではもちろんプライベートにも大きく差し支えている競馬オヤジ。情けない限り…。競馬の見解でも有効的なコメントが少なく、申し訳ございませんでした。

競馬オヤジ的にはローカルって得意な方なんです。というのも、今年までとなってしまった降級制度や3歳馬有利な状況(成長で古馬に追いつく)が分かりやすいから。また特徴的なコースが多いので馬の得手不得手も出易い。ただ気を付けなくてはいけないのがあるんです。夏のローカル後半戦は、不確定要素の強い、カオス的決着が増えてきます。暑さでの疲労や平時とは違う調整。また3歳馬の台頭やスーパー未勝利への突入等々。他でも秋競馬に向けての話になりますが、大手生産牧場の外厩と言われる牧場での調整も挙げておいた方が良さそう。というのも、これ自体が新聞他、メディアに情報が出にくいですから。馬の状態の把握が微妙です。また大手牧場が主催するクラブの所属馬などはこういった外厩をフル活用し、レースに出走します。そこで出資者中心に発表されるレア情報なんかが果たしてフェアなものなのかどうか???オッズの状況に関しては注視が必要。

というのも以前から言われている面もあるので、そういった面をいくつか取り上げます。

〇前日発売があるレースの土曜朝一のオッズに要注意。不可解な人気になっている馬や、目分量的には3,4、5番人気馬が1番人気になっているケースには注意が必要。裏情報の可能性(公平なモノ含め)。ただコレは通年あるとも言われます。が、注目度の低いローカルだと顕著になることが!

〇入着賞金を稼ぐための出走。またそれによる出走過多疲労からくる、敗戦。連続して掲示板に載る場合、次もまたその次も人気になります。ただ上のクラスに上がると苦戦と陣営が判断する場合、現級(降級後も含む)で入着を繰り返し賞金を稼ぐというもの。馬主も厩舎も結構おいしいとのこと。3着までしか馬券にならないファンにとっては複雑ですが…。ただコレで出走過多になると暑さも相まってスランプに陥ることもしばしば。

〇スーパー未勝利と呼ばれる3歳未勝利戦。いよいよその時期に!コレに向けて確勝を期すための調整。特に血統馬や高額取引馬が体質や怪我の問題で出遅れた場合、ローカル中に一度調整出走に出るケース。血統馬だったりするので、出てくれば人気になります。が、勝ちにきているのかどうか?その辺の見極めは重要でしょう。また出走数が多く、ほぼフルゲートになる為抽選になることも!その場合、除外等で狙ったレースに出走できないケースも。

〇有力騎手不在の場合、展開やペースが極端だったり読みにくかったりします。また馬主や調教師の指示が露骨だったり、騎手始め、関係者の関係性が垣間見えるケースも!

上記のそういった面含め、馬券を検討しているんですけどね。たまにトンチンカンな予想をしてしまうケースもあります。このサイトをご活用くださっている方々は動画時代からも、印よりも参考になる情報をとのコメントを多く頂戴しているので、印よりも情報を重視している積りではおります。言い訳になりますが、大よそカオス的になる時期って札幌記念の前後の週が多い印象。先週のレースや出走ラインナップから、買いたいレースが少ないとコメントしたのもそういう理由ではあったんですが、先週は比較的落ち着くと考えてはおりました。甘いですね、スミマセン。

正直、今週も前述のような思惑が多そう。また微妙なハンデ戦もボチボチなのでなかなか確証をもって馬券が買えるかどうか?天候的にも台風が発生し上陸の可能性大なのでカオス的になったらアレですが、新潟2歳Sがある意味一番安定した買い方ができる可能性大と見ています。札幌のキーンランドCなんかは馬場的にも(洋芝)かなりの影響が出そう。こちらは状況が見えてからネタにします。上手くヒントになるようなコメントできるか分かりませんが、またまた新潟2歳Sのちょっとしたデータと馬体を見た感想他をネタにしたいと思います。あ、その前に先週の札幌記念の感想等を!

GⅡ札幌記念 サングレーザー号優勝!

おめでとうございます。

浅見厩舎 福永騎手

GⅠレーシング 追分ファーム

勝ちタイム2.01.1 勝ち馬上がり36.8

12.5 10.4 11.5 12.1 12.6 12.4 12.0 12.6 12.5 12.5

前半1000m 59.1 レース上がり37.6 ペース判定ハイ

逃げ先行が揃ったとはいえ、前半から締まったペース。前日も時計がかかる状況ではあったが稍重になり水を含んだ洋芝はかなり力のいる状況。通常、馬場が重くなると前が残るケースが多い感も、今週の札幌競馬場はマクリや外差しが決まり易い印象。勝ったサングレーザーは距離不安を言われながらも、そこそこの位置を取り、見事な折り合い!手先は軽いも繋ぎの感じからこういった馬場は得意とのジャッジは正解でした。また同馬のようなシルエットで、気性的問題が少ない場合は距離もつケースが多いですよ。とはいえ陣営の調整及び鞍上の騎乗は見事の一語!関係者の皆さま、おめでとうございました。

2着のマカヒキは完全復活と言われています。が、個人的には違った見解。昨年のJCでも3着馬とは離されるも4着と好走。直線入口でぶつかる件が無ければもっと際どかったハズ。元々、それ位実力のある馬。さすがの友道厩舎で持ち直したのでしょう。ただ3歳時の仏遠征で成長を促し切れなかったのも事実。元々、早熟の気があり、馬主の金子氏ご自身もクラシックを強く意識されておられる感があり容認されているのでは?次走は天皇賞秋との報。中心視はできませんがそこそこ面白い存在にはなったでしょう。3着のモズカッチャンは唯一の牝馬なので追い込み騎乗はメンタル的に正解。良好な再発進になったのでは?またパドックでの皮膚感や筋肉の質が更に良好になっていたような。鮫島厩舎陣営(牧場含む)のケアが非常に良好だったのでしょう。それと何よりも2,3着馬は勝負強い外国人騎手のルメール・デムーロ両騎手が展開を完全に読み切っていたこと(展開が向いた)が大きな勝因でしょう。

さて競馬オヤジ期待のミッキースワローは13着!パドックでも馬体の良さは目立っていました。レース後の菊沢調教師のコメントは直線で渋滞と。う~ん、そうなのかなぁ?すぐ横にいたモズカッチャンはあそこから3着ですからね。横山典騎手も展開を読んで差しからマクリの競馬。もう一拍仕掛け遅くてもって思いはしましたが、騎乗的問題はそれ程なかったと思います。馬自体が当日、ブログでコメントしたようなコンプレックスホースじゃなければ良いのですが…。そもそも昨年末~年明けにはカリスマオーナーブリーダーの岡田牧雄氏がキタサンブラックの代わりになって欲しいとまで言わしめた馬なんです。メンタル的にもちょっと心配。ちなみにコンプレックスホースという言い方は以前、雑誌に出ていた言い方を踏襲しています。多いケースとしては、血統的に主流ではあるがマイナーな馬の産駒が、馬体良好で強いレースを見せるも、GⅠやそれに近い厳しいレースやGⅠ級相手になると人気してもコロッと負けてしまうこと。具体的な馬の名前を出すのは関係者に失礼になるので、ココでは控えますが昔から結構ありますし、最近でもあります。最近は血が飽和状態なのでコンプレックスホース以前の馬が多いような気もしますが…。ちなみにですが牝馬は牡馬に比べ少ない印象です。種の保存的なことが関係しているのでしょうか???もう1頭評価した6着敗退のサクラアンプルールはマクリが早かったでしょうね。吉田隼騎手は個人的には評価高い騎手の一人ですが、今回に関してはヤネが代わったことが影響したと見ています。

レースレベルとしては、まぁGⅡでしょうという感じで考えています。Hペースに上位勢がGⅠ馬や常連ということで高指数だという見解の方も結構いるのかな?競馬オヤジ的にはそこまでの評価ではないですよ。ただ勝馬(ちなみに3着馬も)に関してはかなり評価しています。あの位置からあの競馬。まだ余裕もありそうでした。何よりも今後の選択肢がグッと増えたでしょうね!

新潟2歳S

東西互角で牡牝もほぼ同じ!脚質は差し追い込みが好成績。前走クラスは新馬未勝利でokもOPや重賞から馬券圏内にきたことも。キャリアは2戦までが良く、3戦以上は3着まで。よって前走着順は1着は中心でせいぜい2着まで。

続いて登録馬!

指数と馬体を見た感想他のコメント。プラス材料大は赤文字、プラス材料小にはオレンジ文字。マイナス材料大には紫文字、マイナス材料小には青文字

※指数については出走馬の過去指数の相対的なものになります。また過去最高指数に近走状態を加味しており、国内レース中心・当該距離にて評価しております。A~Eで想定。A本命級 B次点 C連下なら D恵まれて E厳しい 更に同じランクでも上下を付ける場合もあります。3歳戦の場合、サンプルが少ないので指数は拮抗しています。また2歳戦の場合は高指数馬とコメントするケースも有りますが、指数を付けない場合もあります。
昨年及び今期成績の良い厩舎力の高い厩舎(東西リーディング10位以内と重賞成績をメドとする)にはを!

競馬ブックweb(有料)や競馬ラボ(こちらは無料)に馬体写真があります。またそこに馬体のコメントもあります。参考にどうぞ!

アンブロークン 牡馬 ヴィクトワールピサ産駒 美浦手塚厩舎 石川騎手予定 前走東京新馬1800m1人気1着 先行 上がり2位 新馬戦好メンバーで指数上々

顔付やキ甲他、幼さはまだ残っているも馬体自体は垢抜けて見所十分。この産駒らしく、やや骨格の可動域は微妙ですが体幹は強そうで良好。四肢の感じは軽いも逞しくもありまた丈夫そうですし、全体的にも頑強なイメージ。首、胸前、トモの張りは素晴らしい。皮膚感も既に上級馬のそれでしょう。ココはもちろん今後の活躍が非常に楽しみなのでは?シルエットからは良質な中距離馬に見えますがどうでしょう?

エイカイキャロル 牝馬 ロードカナロア産駒 栗東藤原厩舎 北村宏騎手予定 前走新潟新馬1600m1人気1着 先行 上がり2位

前後のバランスが取れたタイプ。手先というか、繋ぎのバネや四肢の力強さはこれからっポイも骨量と筋肉のバランス自体も現状では上々。今後、筋肉量が増えてくれば更に良好なシルエットになりそう。柔らか味はありそうも筋繊維は微妙。ただ皮膚や骨格の可動域に余裕があり、胸前やお尻の盛り上がりはいいですね。写真のみの個人的感想ですが、賢そうな顔付。新馬戦の時計云々言われそうも、馬体からはスピードも感じます。伸びしろが結構ありそう。

エイシンゾーン 牝馬 ジャスタウェイ産駒 栗東松元茂厩舎 幸騎手予定 前走OP中京2歳S1600m2人気2着 先行 前走指数良好

サンプルが少ないので確証は持てませんが、顔付、首の感じ、前肢の出方がジャスタウェイ産駒っぽい。写真からでもやや小柄感は伝わりますが、胸前やトモの張りは上々。また四肢は軽いも前腕や脛にもしっかりと筋肉。父がそうであったように、シルエットに窮屈さがないですね。コレでキ甲が抜け体高が高くなり、筋肉量が増えたら見映えが凄く良さそう。背と下腹の感じから、一瞬のキレというよりは牝馬ながら長く脚を使いそう。猛暑の中、2走したことで目に見えない疲れが無ければ!前走微増でもプラス体重だったのは〇。前走、位置取り行って掛かり気味になったとの報かた今回は後方から直線勝負か!?

エルモンストロ 牡馬 ルーラーシップ産駒 栗東中竹厩舎 蛯名騎手予定 前走中京新馬1600m2人気1着 逃げ 上がり2位 新馬戦時計優秀

あくまでもパッと見になりますが、現状の写真からはスケールを感じます。元々中竹厩舎に所属していたのか、角居厩舎だったのかは不明(スミマセン競馬オヤジが知らないだけです)も皮膚の感じはキセキに似ている気がします。骨格は伸びやかで可動域も良好そう。まだ筋肉が付き切っていない時期なのでシャープなシルエットでスッキリとしているのでパワーはこれからかな?四肢は軽くスラッとし、繋ぎは寝気味でバネがありそう。お尻の張りが良いのでしょう、尾離れがいいですね。新馬戦で見せた勝負根性も上々。ただ1つ2つ気になることも。肩の傾斜が立ち気味で胸の深さというか、胸囲がなぁ。まだこれからなのかな?それと血統にはそれ程詳しくない競馬オヤジの戯言になるのですが、母系から筋肉の質がどうなんだろう?結構繊細そうも、やや硬いというか、柔軟性に欠ける可能性も。まだ2歳の夏で2戦目ですから分からないことが多いのですが、こういったタイプって使う毎に筋肉の質が変化していく気も。柔らかくなるケースは稀で、硬質に変化するケースの方が多い感。ま、今ジャッジするのは早いか!?

エンパイアシュアー 牡馬 トビーズコーナー産駒 美浦和田雄厩舎 丸田騎手予定 前走福島未勝利1200m6人気1着 差し 上がり1位

前走は厳しいペースを後方から見事な差し切り!2ハロンの距離延長は気になるも、鞍上はクレバーな穴ジョッキー!気配良ければ。

オーパキャマラード 牝馬 ダンカーク産駒 栗東本田厩舎 大野騎手予定 前走小倉未勝利1200m1人気1着 逃げ先行 上がり1位

前走の控える競馬での勝利は見事。ただ入れ込む気性で2ハロン延長に乗り替わりに初の競馬場は気になる。落ち着いて競馬できれば!

ケイデンスコール 牡馬 ロードカナロア産駒 栗東安田隆厩舎 石橋脩騎手予定 前走新潟未勝利1600m1人気1着 先行 上がり1位 新馬未勝利とも水準上々

胸前(肩)とトモの身入りに張りが抜群で、まずそこに目が行きます!また前腕や脛も筋肉質。胴からも力感を感じます。ただやや身がギュっと詰まり過ぎの感じがありますね。また背と下腹の感じや少々繊細さに欠けそうな筋肉の質からも瞬間的な動きが要求されるレースよりも、底力が問われる、長い脚を使う速力勝負向きの感。繋ぎは良好な角度に長さです。母系は中長距離向きの上級産駒多いも、同馬はどうだろう?あくまでも現状という注釈にはなりますが、首、胸の形、筋肉量に質、バランス的な重心からは距離延びてというタイプには見えません。また走法の確認は必要ですが4輪駆動タイプに見えるのでエネルギー効率的に短距離~マイルがベターという可能性もあるのかも?厩舎的にもマイル前後中心の育成になるのかな?

ジョディー 牝馬 ダイワメジャー産駒 美浦戸田厩舎 池添騎手予定 前走東京牝新馬1600m2人気1着 逃げ先行 上がり2位 新馬戦は楽逃げも後掲ラップ

460㎏台の牝馬ながら、逞しいというか、パワーを感じる馬体。ただその反面体の線からはこの父の産駒特有の硬さも!胸前に前腕、トモの筋肉は上々。四肢は軽く、繋ぎは良好な長さに角度でクッションが良さそう。毛艶もピカピカで皮膚も抜群に薄い。代謝が相当良いのかな?この猛暑でもむしろ元気になる夏女の可能性!!!ただ背のラインが硬いですね。四肢が軽いから芝で好走もこの父の産駒でこのような上体のタイプはダート馬に多い印象も。前走の後掲ラップは優秀も、瞬発力勝負よりは、ある程度位置を取って長く脚を使うレースが理想か!?

スティルネス 牝馬 ゴールドヘイロー産駒 美浦小島茂厩舎 三浦皇騎手予定 前走福島牝新馬1200m3人気1着 差し 上がり2位

半兄は3年前のこのレースを制したロードクエスト。前走は1200mながら敢えての差し競馬は先々にプラスに。レースレベルやメンバーは少々疑問も、楽に勝ったので伸びしろあれば!

ピュアヒカリ 牡馬 ドリームジャーニー産駒 美浦竹内正厩舎 柴田善騎手予定 前走新潟新馬1600m5人気2着 先行

新馬戦はココ出走で人気しそうなエイカイキャロルの2着。未勝利ながら格上挑戦は陣営の期待の現れ且つ自信の現れ!?写真なく未確認も、芝の瞬発力勝負が向くかどうか?

ヤサカリベルテ 牡馬 サウンドボルケーノ産駒 美浦水野貴厩舎 藤田菜騎手予定 前走新潟未勝利5人気8着 差し 3戦未勝利

ココまで3戦未勝利。更に連闘と条件は厳しい!2走前は素晴らしい末脚も血統的には軽い芝より、脚抜けの良さそうなダートの感。

ロードアクア 牡馬 ロードカナロア産駒 栗東浅見秀厩舎 鮫島駿騎手予定 前走東京新馬1400m1人気1着 先行 上がり1位

顔や首の感じは母父のダイワメジャーが強く出ている感。それもあるのか、馬格は中位もゴツく見えます。胸前やトモの張りは上々で、背の感じも力感があっていいですね。四肢はスラッとしていますが、首の位置が高く、肩の傾斜がやや立ち気味で胴が箱形っぽいので距離的には短めが向きそう。前走後に騎乗したデムーロ騎手も折り合い面を心配するコメントをしていました。ただ距離に融通を利かせることにはかなり長けている浅見厩舎ですから杞憂に終わるのかも?新馬戦勝利後の休養が良い方に出ていそうな印象も仕上がり注視。

総評~っす!

2歳戦って後のGⅠ馬と条件馬が一緒に走るケースも多いですよね。ただ各馬の成長度もあって、スンナリいかないケースも多々。今年出走を予定している馬達をザっと見渡したところ、例年通りかな?って思いました。正直、上位勢との差は大きいのではないか?と。

それと今週は札幌競馬場でWASJが行われるので、一流騎手は皆そちらに行ってしまいます。また関西リーディングの上位、川田騎手も海外遠征で不在。若手にはチャンスも馬券的には当てになる騎手が少ないのは正直不満もありますが、そういった面は取り敢えず置いておいて、まずは馬体から序列を考えたいと思います。

新馬戦を見た時、新潟2歳Sに出たら狙おうかな?って考えていたアンブロークン。新馬戦は重馬場で1800mではありましたが、メンバーもラップも上々。新潟の軽い時計の出る芝に懸念はあるものの、時計勝負になっても対応可能と見ています。馬体自体は垢抜けており、他馬と比べその完成度も上々。最終追い及び直前の気配注視も写真から仕上がりも良好そう。好走必至と見ています。

ヒモ荒れの多い、新潟2歳Sではあるのですが、今年はその候補が微妙な感。相手も人気になってしまいます。この2頭の序列は迷っていますが、対抗にはエイカイキャロルを!正直、前走は指数的にもメンバー的にも楽だったのでは?ただこの猛暑を考えれば余力あるという見方も。馬体を見て直ぐに気に入ってしまいました。

単穴にはエイシンゾーンを!牝馬ながら長く良い脚を使いそう。前走が高レベルだったので、疲労が無ければ突き抜けても。もちろん馬体も良好ですしこの条件が合いそう。頭まで考えられる単穴です。

☆にはケイデンスコール。正直、同馬本命のトラックマンは多いのでは?馬体良好ですし、新馬、未勝利とも上がり最速で好走。競馬オヤジ的にも評価はしています。2,3番手評価の牝馬2頭共差はあまりないです。ただ現状アンブロークンと人気を分け合うと見ているので、アンブロークン本命にした以上、抑えの予定。主戦の福永騎手がWASJで札幌に参戦するので乗り替わるも、先週(土日)で5勝と好調の石橋脩騎手ですからね。追い切りの動き良ければオッズ諦めて評価上げる可能性も。

注にはエルモンストロ。走っている姿や皮膚感からは一流になれそうな雰囲気を感じます。後は筋肉の質他、個別のところで述べた不安がどう出るか?博打的になるかな?と。あまり人気しなくても個人的には抑えの予定。オッズ見て「オッ!!!」って思っちゃうケースもありますけどね。

連下にはジョディー。新馬戦は楽な競馬も後掲ラップに2着馬が次走圧勝しました。レベル的には悪くないのですが、牝馬限定。メンバー強化で不安もあるので。

連下というか、3連系の馬券買う場合に狙うかな?っていうのがとスティルネスとロードアクア。正直、上位勢とは差があると見ていますが、この時期の2歳戦ですから展開と仕上がりで食い込む余地はあるでしょう。スティルネスは仕上がり次第というところ。ロードアクアに関しては東京開催勝ち上がり組ですし厩舎的には魅力なんですけどね。仕上がり次第では評価変えるかもですが現状は連下の抑えかな?

新潟や小倉は良馬場なら時計が出るので、ディープインパクト産駒等、時計勝負に強い産駒の活躍が顕著です。が、ココには出走予定馬がいませんし母父にも名前が見当たらない。まぁ高額取引馬が多いですから秋の開催に回るケースが多いのでしょう。また早熟説も強いので、ジックリ育成したいのかも?個人的には成長力ある方が好きですが、早熟が悪いとは思わないんですけどね。ディープインパクト自身、新馬戦が最高馬体重(馬体重が全てではないですが)で馬体的変化自体もそれ程ではなかった印象。逆にそういった面をプラスととらえて2歳戦の荒稼ぎ!なんて。

あ、ジャスタウェイの産駒はまだ未確定ではありますが、2歳戦で猛威を振るっていますね!これで自身同様の成長力があったら空恐ろしい種馬になります。1年先輩のロードカナロアに関しても同じことが言えます。これから種牡馬の勢力図が変わっていくのかな?もっと様々な系統の馬の産駒が活躍するようになればいいなって個人的には思っています。

今週も独り言はつぶやく予定ではおりますが、少々方向性を変えてみるかもしれません。あてになるか分かりませんが良かったら覗いてみてください。今週は台風が心配ですが、キッチリ勝てますように。では頑張りましょう。

Posted by KeibaOyaji