新潟記念2018他、ちょっとしたデータと馬体を見た感想他!

競馬オヤジの壺

先週は夏のローカル開催後半にも関わらず、比較的堅い決着。今週もレース回顧は割愛しますが、ちょっとした馬券結果と感想等を少々。

競馬オヤジとしては的中率はボチボチも、勝負レースの選定や投資比率等で少々ヘグった面があり、実質の上がりは思った程伸びませんでした。前後のレースはまあまあも(新潟12Rの笹川騎手が3着に着ていれば・・・)メインに関しては少々見当違いというか…。具体的な話としては血統評論家の水上氏の本命であったことで評価を下げたナックビーナスがキーンランドCで見事な勝利(笑)ダノンスマッシュからも買っていたのでまぁマイナスにはならなかったも、レッツゴードンキが来てくれれば。内めの枠ながらイン突きせず外回す岩田騎手のキレイな騎乗は期待していませんでした(笑)

また新潟2歳Sでも3連系馬券でアンブロークン&ケイデンスコールからエイシンゾーンとエイカイキャロルに期待したも、イマイチな結果。サンプルが少ない2歳戦なので厩舎力やデータを重視し過ぎたのかも。抑えの誰でも買える1番人気馬連のみゲットでマイナス。他を買わない一本釣りならですけどね。アンブロークンは出っぱ悪く、出したことで前半掛かったからなぁ。ケイデンスコールはやや不器用そうも、末脚を発揮できるよう石橋脩騎手が上手にエスコートしていました。それから新潟の芝は完全に外伸び馬場になった感。

小倉は上手くいきましたが、スーパーマックスはもう少しやりようがあったような…。まぁ終わった事ですし、タラレバは禁物ですけどね。馬は直線でも踏ん張ろうとしていたので。

さて今週でいよいよ夏のローカル開催もフィナーレ!まだまだ猛暑が続きますが、競馬のカレンダーはいよいよ秋の中央モードに。一連のGⅠに向けて有力馬も続々と始動と楽しみは尽きませんが、ローカルの最終戦、キッチリといきたいですね。またまた新潟記念のちょっとしたデータと馬体を見た感想他をネタにしたいと思います。その前に2歳戦も少々。

GⅢ札幌2歳S

ちょっとしたデータ

キャリアは1戦~5戦。前走着順は連対が必須!前走クラスは新馬・未勝利・OP。GⅢはなぜか苦戦。距離か?脚質は先行有利。牝馬も健闘。1枠が鬼門。荒れる場合と硬い決着が両極端。

各馬については割愛します。

出走馬見た感想~っす!

まずはマイネルの総帥・岡田繁幸氏がコスモバルク以上と期待するナイママが中央馬相手にGⅢでどこまでやれるか!?前走のコスモスは2歳戦にしてはキツいペースを先行し勝ち切る強い内容。ガサがないが、田部調教師の話だと飼食いは良いとのこと。大幅な馬体減が無ければ有力という評価。その岡田繁幸氏の実弟でカリスマオーナーブリーダーの岡田牧雄氏は常々、キングカメハメハ産駒は徐々に力を付けるタイプがほとんどとのこと。早い段階から完成度の高い馬は極稀と。ただ今回出走する有力馬(一番人気必至か)クラージュゲリエに関しては上々でこの時期からも走れるとの評価。確かに馬体は前後のバランスが取れ、筋肉量も豊富。その質自体も繊細且つ、そこそこ粘りもありそう。繋ぎもクッションが良さそうですし、皮膚感も垢抜けた良好な馬体。四肢の出方から究極の軽い芝のキレ比べになると微妙の可能性も、洋芝や多少力がいるコースは向きそう。新馬圧勝のウィクトーリアは皮膚感が一流馬のそれ!筋肉も柔らか味抜群にして収縮力もある。繋ぎがやや立ち気味なので、深い芝や重は向きそう。ただシャープに見える造りから、一旦かなり仕上げた印象も。ココでどんな競馬をするか?はもちろん、今後の育成も気になります。鞍上は逃げが抜群に上手く現役でも屈指の田辺騎手。新馬の指数から、上がり目あればアッサリも!同じく新馬戦が強かったアフランシール。母系は短距離ながら同馬のシルエットは伸びのあるもので一見すると距離の心配はなさそう。まだ薄く見えるも牝馬ながら470㎏超。母父にサクラバクシンオーが入るとシルエットに関わらず比較的パワーというか、体幹面がしっかりとし、洋芝は向く感。ただ脾腹が薄く見えるのがどう出るか?それ程、心配なさそうも個人的には将来性に期待という方があるかな。函館2歳S組ではラブミーファインか!?伸びのあるシルエットで距離的には中距離馬の感。皮膚、筋肉の質も上々ですね。特に、四肢の出方に一切の窮屈さがないのと、胸の形、深さから意外なポテンシャルがありそう。鼻孔の感じも良好。前走時も評価しましたが、上手く育成できれば!個人的には好きな馬体です!他でもエメラルファイトやクリスタルバローズ、トーセンギムレットなども虎視眈々。

じゃあ競馬オヤジ的総評としてはどうなのか???ココでのポイントは適性と余力になる気がするのですがどうでしょう?馬体写真では良好な馬が多いのですが、ココまでの仕上げの加減がどうだったのか?展開のカギも握りますが、ウィクトーリアには注目せざるを得ないでしょう。前走から上がり目があって、アレを上回る逃げを打たれたらそうそう追いつけるものではないラップ。ポテンシャルと余力、そして鞍上でクラージュゲリエが何とかする可能性も踏まえないとですが馬場状況がイマイチ読めないですからね。ナイママはコンパクトも非常に好バランスな馬。ココまでの育成法はもちろん、顔のサイズ、キ甲の感じ他から、馬体が更に大きくなるかは少々微妙も欠点が少ない良好な馬。筋肉量もこの時期の2歳馬としてはいいですね。総帥が期待するのが分かります。4輪駆動タイプで、明らかに芝向きの馬体に見えます。一発あればデータアウトも状態&メンタルが良好ならナンヨーイザヨイが気になります。馬体的には明らかに1200mの馬じゃないんですよ。前走も先週のドンキ同様、岩田騎手がイン突きを決行せずの9着。まぁ2歳戦ですから、周りもフラフラしそうですし、馬群に突っ込むのも躊躇いがあるかも。ただ函館2歳S時の馬体はかなり魅力だったのを覚えてます。

今のところ前走仕上げ過ぎの可能性も、状態落ちが無ければウィクトーリア中心に考えたい。先のことはあるも今回も思い切って行ってみて欲しい。今年はやや人気サイドに分があると見て、印的にはクラージュゲリエやラブミーファイン、ナイママを評価かな。特にクラージュゲリエは人気でも馬体的には上位。後、馬場が悪くなるようだと適性も重要でしょう。他馬の適性に関しては写真が全馬ある訳ではないので何ともですね。名前を出した1戦1勝の馬達はパドック見てのジャッジも現状は抑え。余力と言っておきながら?と言われそうですが、出走数ではなく、上がり目という面です、ハイ。

GⅢ小倉2歳S

ちょっとしたデータ!

輸送の問題でしょう、関西馬が圧倒的!牡牝互角。逃げ先行有利。前走クラスは新馬・未勝利・OPでGⅢは苦戦。キャリアは3戦まで。北海道デビューの転戦馬は苦戦。

出走馬見た感想~っす!

出走サンプルが少ないので判断し過ぎるのは危険も指数的にはシングルアップとルチアーノミノルが上々。例年のこのレースの勝ちパターンというか勝ち馬の足跡を追っている感。脚質的にも好成績の逃げ先行とスピードで圧倒の可能性。シングルアップは2歳馬離れした馬格に筋肉量。筋肉の質自体はやや硬めで重厚も一気に走り切るスプリント戦ならば問題なし。むしろこの筋肉量がモノをいいそう。箱形の胴に立ち気味の肩は明らかに短距離向きでしょう。一方、ルチアーノミノルは心肺機能が高そうな胸に容量&張り抜群のトモがスピードの根源か!?ただ完成度は少々微妙な気もします。その分、伸びしろはありそうですけどね。ルーラーシップ産駒は成長力がある反面、完成が遅い産駒が多い印象。ただ全体的に変な負荷が掛からないというか、丈夫な産駒が多そう。そういった面から上手く育成できた産駒は早めのデビューができるのかな?またサンデーの血が入っていないも、牝馬の場合、筋肉が硬くなりにくいこと他からも速力やキレで引けを取らないでしょう。繋ぎが少々立ち気味も繊細でバネがありそう。

後は阪神や中京デビューの有力馬。ジャカランダシティはいかにも2歳戦に強そうな血統構成。間隔が開いているので仕上がり注意も評価されていますね。またジャカランダシティに新馬戦で敗退も折り返しの未勝利で楽勝だったセプタリアン。血統的にも使ってこそっぽい。またこの配合でスプリント戦向き育成したら後々どうなるんだろうと期待したくもなります。父系は成長力ありますし、母系は超の付くマッチョになる産駒が多いファルブラヴ(が故にセン馬が多いという面も)。同馬は現状、ちょうど良いサイズ!写真がなかったので当日のパドックでチェックですね。後はタイムボチボチも新馬戦で競り勝ったロードカナロア産駒2騎。ミヤジシルフィードは鞍上の和田騎手が時計もつめられると上がり目十分との弁。写真がないので何ともも追い切り注視。レジェンド・武豊騎手騎乗のファンタジストは小柄も、垢抜けており短距離馬としての馬体は優秀。バランスが良いのでしょう、単体で見ると小さく見えません。また骨量と筋肉量とのバランスも良好。筋肉の質はやや硬そうも繊細。胸前、トモの張りは抜群でしょう。胴は箱形で全体がコンパクト!早くから馬を活躍させながら、成長を促すことに長けた梅田厩舎。時計をどこまで詰められるかは大きな課題も将来含め、ココも期待大では?このレースは日曜日なので結論的な面は独り言でつぶやきます。

GⅢ新潟記念

ちょっとしたデータ!

荒れるレース!東西、牡牝およそ互角。ハンデは52~58㎏。前走クラスは準OP以上もGⅠGⅡからの臨戦は苦戦。サマー2000出走馬が好成績を上げているように、ローテ重要。前走着順は様々。脚質的にはややイメージと違うが先行が好成績。馬齢的には4歳以上で3歳馬は苦戦

エンジニア 指数C 5歳牡馬 美浦牧光厩舎 北村宏騎手予定 54㎏ 先行 前走中京準OP1着 中6週

馬格程々も、欧州血統らしく、骨量豊富で筋肉量も多め!四肢は軽いも全体のバランス的に、血統が前面に出ている重厚感あるタイプ。筋肉の質はやや粗くタルめっぽい。速い上がりは使うも瞬間的な速い動き、いわゆるキレは微妙。繋ぎは寝気味も、前後のバランスの取れたパワー4輪駆動タイプなので、馬場の悪化は苦にしないでしょう。軽い芝は疑問も天候も怪しく、開催最終日ということもあるので展開次第ではこの相手でも戦える可能性。馬体や血統からもユックリ成長し、いよいよ完成に近づいているのでは?

グリュイエール 指数B上 6歳牡馬 栗東藤原厩舎 戸崎騎手予定 55㎏ 先行 前走GⅢエプソムC3着 2ヵ月半

パッと見、非常に好バランス!出世が遅れたのは故障による長期休養が最大の理由も、若駒時は気性面にも問題があったでしょう。短めで少々立ち気味な繋ぎにやや線の硬い上半身(前半身)から、レース後のダメージは心配なタイプでは?胸前やトモの張りは上々で葦毛なので見えにくいも、毛艶も良好。上手く言えないのですが首や背のしなやかさや力感は上級馬のそれ。厩舎力のある藤原厩舎がレース間隔を開け、馬体の造りからもココは狙いすました出走の印象。

コパノマリーン 指数C下 5歳牝馬 美浦斉藤誠厩舎 木幡巧騎手予定 49㎏ 先行 前走新潟準OP5着 中4週

準OP昇格後はやや苦戦も指数自体は相手次第タイプでそれ程悪くない。ただ頭あって2,3着無いタイプ。こういったタイプはOPクラスの底力が不足していたり、コース・展開の得手不得手がハッキリ。どうか?

ショウナンバッハ 指数C 7歳牡馬 美浦上原厩舎 三浦皇騎手予定 53㎏ 差し 前走福島OP7着 中5週

勝利からは約2年9か月遠ざかっている。昨年までは重賞で好走も今期はOPでも苦戦。良血馬も指数的にも下がり気味でさすがに衰えは否めないか!?復活を期したいが…。

スズカディープ 指数C上 6歳セン馬 栗東橋田厩舎 内田博騎手予定 53㎏ 先行 前走小倉準OP1着 中2週

小倉は時計が速いとはいえ前走は優秀。馬格がないセン馬なのでこの斤量はプラスになるか!?指数伸ばせれば。

ストーンウェア 指数B上 6歳牡馬 栗東吉田直厩舎 蛯名騎手予定 54㎏ 差し 前走GⅢ小倉記念5着 中3週

サンデーの血が入っていないも、筋肉の柔らか味があり、筋繊維も繊細。ミスプロやノーザンダンサーのクロスが功を奏したのかな?四肢は軽く繋ぎは良好。蹄も丈夫そうでケアが行き届いている感じはいいですね!体幹面の強さは不明も、骨格の可動域はそこそこ広そう。皮膚に余裕があり上級馬によくある肌感。やや肩の傾斜が立ち気味でトモの容量が抜群。こういった面から末の速力は相当もハマるハマらないが結構ありそう。

セダブリランテス 指数A下 4歳牡馬 美浦手塚厩舎 石川騎手予定 57.5㎏ 先行 前走GⅢ中山金杯1着 7か月半

後肢は曲飛気味も四肢はスラッとして長く繋ぎのバネも良好。首や背のラインがしなやかでいかにも速力を伝え易そう。胸前やトモの容量は抜群で、張りも上々。骨格の可動域も良さそう。顔付も精悍で一流馬に多い感。体質の弱さはネックもパッと見の馬体は適性合えばGⅠでも好勝負と思わせるもの。ディープブリランテ産駒って、骨量というか骨の逞しさが微妙な産駒が多い感。よって筋肉量や筋力とのバランスがイマイチな産駒や、父とは似つかない非力な面を感じる産駒がボチボチ。そういった面からも成長力が微妙で早熟なタイプも多い気がしますが、同馬の場合はそういった面はあまり感じないかな。母系との配合がマッチしたのかな?また幼駒時代の育成で無理をさせなかったのかも?データアウトのローテも、能力は上位。ココまでの過程や最終追いは注視もメンタル面がしっかりしているかが最大のポイントでは?

ブラストワンピース 指数A上 3歳牡馬 美浦大竹厩舎 池添騎手予定 54㎏ 先行 前走GⅠ日本ダービー5着 4か月

バランス的にやや無骨で、逞し過ぎる上体!骨格の可動域自体は微妙な印象も2走前の感じから、思いの外、器用で闘争心も豊富。四肢は軽くスラッとし速力は高い。馬体自体更に張りを増し成長の跡。個人的にはダービーで本命にし大きな期待も、ハッキリ言って勝ったワグネリアンの福永騎手のファインプレーで外に出せなかった鞍上のミスもあったのでは?と!まぁダービーですから仕方ない面もあると思うんですけどね。ただ馬個体としては勝ち馬に劣っていないと、今でも思っています(あの時点で)。3歳馬、ローテとデータアウトも、GⅠ級の3歳馬の出走が少なかったのも事実。陣営的には菊に向けて負けられない気持ちでしょう。

ベアマインド 指数C 5歳牝馬 美浦加藤征厩舎 騎手未定 50㎏ 差し 前走新潟準OP2着 中4週

騎手未定はいただけないも、前走の指数は上々。また血統的にも時計勝負は持ってこいの血統構成。

マイネルハニー 指数A下 5歳牡馬 美浦栗田博厩舎 柴田大騎手予定 57㎏ 先行 前走GⅢ函館記念14着 中6週

写真ないので現状のキャラと状態面は不明も、データ的には最右翼。指数的にもGⅢならクリア。とにもかくにも状態次第でしょう。

マイネルミラノ 指数C上 8歳牡馬 美浦相沢厩舎 津村騎手予定 56㎏ 逃げ先行 前走GⅢ七夕賞9着 2か月

さすがに衰えは感じるも、ココまで48戦消化し賞金もタップリの馬主(関係者含め)孝行馬!斤量も大分有利になったココは展開的に有利なので少しでも上の着順を。

メドウラーク 指数B 7歳牡馬 栗東橋田厩舎 丸田騎手予定 56㎏ 差し 前走GⅢ小倉記念11着 中3週

能力は高いもキャラがハッキリしたタイプ。ロベルト系の極端なまでの典型で、やや力のいる芝の小回りで上がりの掛かるレースが超得意!新潟他の軽い速い馬場は鬼門も馬場が悪化すれば!

メートルダール 指数A 5歳牡馬 美浦戸田厩舎 福永騎手予定 57㎏ 差し 前走GⅠ大阪杯10着 4か月半

ゼンノロブロイ産駒らしく?!?!くせ者感ある顔つきで、ややタルめの筋肉をたっぷりまとい、ドッシリ!四肢は軽く繋ぎの角度、長さは良好。元々、皮膚は薄め。今回毛艶良くピカピカです。休み明けということもあり、やや皮膚がパツパツですね。最終追いと輸送でどこまで通常の状態になるか?気性面や体質もあるでしょうし、展開にも左右される面から2番が効きにくいタイプ。筋肉の質からも惰性でTOPスピードに乗った時は素晴らしい速力を見せる同馬。新潟の長い直線は向くでしょう。蹄底は微妙もパワー相当ありそうなので、新潟のような野芝の重なら対応しそう。仕上がり注意。

レアリスタ 指数B下 6歳牡馬 美浦堀厩舎 石橋脩騎手予定 54㎏ 先行差し 前走東京OP8着 3か月半

6歳馬も未だ12戦のみ!早くに準OPをクリアしたように能力は折り紙付き。母系は米国血統で底力あるもクセも強い。そういった面が得手不得手をハッキリとさせているのか?馬自体、伸びしろがあり広いコースの左回り2000mもプラス。

総評~っす!

このレースのポイントとしてはデータ重視か、ポテンシャル(実績)重視か?ということでしょう。どちらに重きを置くかによって買う馬が変わります。サマー2000を狙うVS素質馬の秋への始動戦という面でどちらを上に取るか?なかなか難しそう。新潟の馬場も外伸び馬場になってきましたし、このところの天候不順もありその状況も読みにくい。更にハンデ差もそれに拍車をかけています。

競馬オヤジ的にはどう考えるのか?というと、まず基本的にデータ自体は参考程度というのが競馬オヤジ的スタンス。大よそハマるデータもありますが、あまり当てにすると痛い目に!ならば血統からくる統計データの方が当てになります。*競馬オヤジがあてにしている血統評論家もいます。

ただ血統自体にはそれ程詳しくないというか、追及し切っていない競馬オヤジなのでいつも通りの馬体やキャラに過去指数中心に陣営の思惑やデータを少々プラスして推理していきたいと思います。

ココまで3歳馬の好走はないものの、ダービーで1,2番人気になる程の馬の出走もなかなかありません。また使ってきた古馬のアドバンテージやサマー2000獲得への本気度がモノをいう面は強いでしょう。それを承知でココに出走するブラストワンピース!

詳細は不明も、体質(脚元?)に対しての馬格(馬体重)からなのか数は使いません。ですがそれ故に毎回それなりの仕上げを施し、鉄砲実績は十分。それに馬体や過去指数は明らかに上級重賞馬のそれ!前走のダービーにしても4角で進路を閉じられ仕掛けが遅れることに。池添騎手は脚を溜めるのが巧みではあるのですが、時折、それで進路を無くし強引な騎乗をするケースがあるんですよね。タラレバ厳禁もアレが無ければ!!!陣営的には2000m超で菊花賞に向けて適度に間隔を取れて、相手が強過ぎないレースということでココをチョイスした感。レース間隔や馬齢等、データアウトもそのポテンシャルから勝ち負け必至でしょう。パワー相当なので馬場の悪化もそれなりであれば対応しそう。ダノンプレミアムが早々に天皇賞秋参戦を表明したので、菊花賞の主役には同馬を考えている人は多そう。秋競馬が盛り上がる期待を込めて本命に!

相手にはこの後休養予定でココ全力のグリュイエールを!個別のトコでもコメントしましたが気性や故障で出世が遅れましたがココにきての充実度は目を見張ります。6歳も指数もまだ伸ばせそうですし、手先の感じから馬場の悪化もある程度なら対応可。

今回、ブラストワンピース本命なので単穴は無しにする予定です。

よって3番手の☆には良馬場条件でストーンウェアを!前走時(小倉記念時)にも評しましたが明らかに左回りの方が良いタイプ。馬も充実期に入り重賞でも!前走は指数的に足りなかったというか、上位3頭の指数はかなり高かった。左回りで前進あれば!

注にはセダブリランテスを!ココまでの実績馬に注は失礼な気もしますが一応の根拠も。同馬はデビュー時から見所ある馬体の持ち主で、結果にもそれは反映しています(ただ個人的にディープブリランテ産駒って骨量微妙だったり、形相的変化に乏しかったりとネガティブな傾向も。同馬は品のある馬体でスケールもありそうで、そういった面が希薄なので一連の傾向にはハマらないと見ていますが)。既にGⅡで好走(負けた相手はスワーヴィリチャードにソールインパクト)しており、この秋は更に大きいところを狙っているハズ。体質的問題から間隔を開けるためにココ出走という理由であれば同馬主のブラストワンピース同様の可能性も敢えてそうするのかなぁ。骨折明けも陣営の手腕はもちろんクレバーな馬なのでしょう馬体写真から仕上がり良好で走れる状態なのでジャッジ迷うも、元々形相的変化(調子の良し悪し)が出にくいタイプ。本来ならココはブラストに任せて、オールカマー始動というイメージなんですよね。逆に骨折明けでも仕上がったが故にローテを早めての出走???う~ん、どうなんでしょう?母系の血統からは長く良い脚を使う底力ある小回りタイプの可能性。くどいようですが馬体写真からは仕上がりに不安少ないと見て良さそう。個人的には本命が1番人気という事もあって、疑念先行でこの評価にしましたがどうでしょう???

△1には最終追い良ければ序列変える可能性あるメートルダール。クセ馬なのでしょう、好走時は高指数で負ける時は不発でアッサリ。人気先行なので日頃は買いにくいも、今回は低評価が多そう。脚質的に展開に左右される面をダービージョッキーがどう補うか?仕上がり次第では序列を変えるかも?

△2には指数上々でデータ最上位のマイネルハニー!状態さえ戻れば力は上。ただ昨夏、陣営のコメントで夏場はどうか?とあった記憶。夏負けというか、暑さで調子を落としている可能性。更に涼しい北海道からの転戦ですから不安先行。写真ないのをどうジャッジするか?も抑え打倒か!?

マイネルミラノはぁ。ラチをそれ程頼らない逃げ馬なので外伸び馬場でも大丈夫も、さすがに衰えは隠せない。斤量は大分有利になるも相手は強化。大負けは無さそうも馬券圏内はなぁ。追い切り良ければ抑えかな?

このところの不安定な天候で馬場が相当悪くなればメドウラークやエンジニアの評価は激変の予定。穴党待望の新潟記念ですが、今年は出走馬の顔触れから雨で馬場が荒れないことには、比較的堅くなりそうと見ているのですがどうでしょう?3連系の並びで勝負ってのが良さそう。

いよいよ夏のローカルも今週で終了。中央場所に向けて最後キッチリ勝って資金を増やしておきたいですね。補正に関しては日曜朝につぶやく予定ですので、良かったらご覧いただけると幸いです。では有終の美!頑張りましょう。

by競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji