京成杯AH他、ちょっとしたデータと馬体を見た感想他!

競馬オヤジの壺

今週から舞台は中山&阪神へ!世間は猛暑や台風などの異常気象で心配なことも多々ございますが、競馬のカレンダーとしてはいよいよ秋のGⅠ戦線に向けて!というところ。春の実力馬たちが夏の間に成長・復活したのか?はたまたその逆か?競馬に限れば楽しみは尽きませんね。先週は日曜が終日仕事だった競馬オヤジ。結局、馬券は少しだけ。上がりもそれなりのショボい感じで何とも消化不良な週末でした。話は逸れますが、某巨大掲示板で話題の血統評論家、水上氏の本命指名馬の結果はアレですね。ジンクスやらサインやらをあまり気にしない競馬オヤジですが、このところ重なっていないか?が気になってきました(笑)先週も1レース、重なってしまったので、今週は避けようかな(笑)それとも見ないようにしようかな?

そういえば、中山はエアレーションとシャタリング作業を施し、阪神はエアレーション作業を実施したとの情報。馬場のクッション性を高め、安全性を確保するための作業で、その目的は同じではありますが、東西で馬場の傾向は変わります。例年の傾向で行けば中山は開催初日から差しが決まる馬場に!阪神は時計の速い先行有利馬場。また秋の開催は両競馬場とも野芝のみになります。ダートコースは中山が路盤全面を更新し、クッション砂の洗浄を実施。砂厚は9.0cm。阪神は路盤の一部補修とクッション砂の洗浄。砂厚は中山同様9.0cmとのこと。ダートは雨でも降らない限り例年通りで良いでしょう。芝もその方向で良さそうも、一応、土曜のレースで確認した方が馬券には繋がると思います。正確性は不明も、競馬オヤジ的見解を日曜朝にはつぶやく予定です。

ま、そんなこんなで今週こそはと意気込みながら、またまたちょっとしたデータと馬体を見た感想他をネタにしたいと思います。

GⅢ紫苑S

ちょっとしたデータ!

重賞競走のなってからのサンプルが少ないので傾向が少々掴みにくい。前走クラスは500万下以上で着順は一桁理想も、意外と問わない。ただ1000万下とGⅢからの臨戦が良いので夏出走した馬が好結果か!?東西互角で脚質は逃げ~差し。父系、母系どちらでも良いがサンデー系だと心強い。

総評~っす!

馬体写真がないので個別のジャッジは割愛します。

ココはマウレアが中心で良いでしょう。というか、中心として勝ち負けしないと!というレベルの馬。春はその血統(一族含む)イメージとは少々違い、やや成長が遅いというか、他の有力馬と比べ幼いというか非力な印象。この夏の成長で非力感が薄れ、力感が増していることを期待(未確認)。鞍上もレジェンドですし、陣営的には次走に向けても負けちぁダメというところでは?

相手は少々迷います。というのも例年は夏の上がり馬の活躍の方が顕著の感で、桜花賞やオークスで大敗した馬の巻き返しはボチボチ。ただ今年は2冠とも、アーモンドアイという怪物牝馬がいました。本番ではまた対戦になるので別の話も、ココではGⅠ出走自体胸を張れる。馬体写真がないので一応の指数順を挙げれば、パイオニアバイオやノームコアにロサグラウカ、ランドネ、フィニフティ辺りは一夏の成長カギもそれなりの評価は必須!ただ人気では上がり馬も負けてなさそう。カレンシリエージョに関しては上記5頭中上位3頭と同等以上の指数。またオール連対のクイーングラスも人気するでしょう。他では仕上がり次第も中山巧者のレッドベルローズとハーレムラインはコース適性を活かして。と、まぁ多いピックアップに普通の見解になってしまいました。

結論的にはマウレア軸も、相手は今年は人気サイドになるのでは?と。現時点ではパイオニアバイオにレッドベルローズにノームコアが有力とのジャッジ。穴っぽいところでは、まずサラス!追い切り良ければ積極的に買いたい。あと中山巧者のハーレムライン辺りかな?ただ馬体写真もなく馬体重も微妙になりそうなので、当日の気配チェックした上で、結論とした馬中心にして後は指数上位馬へ!人気するフィニフティは好素材に厩舎も超優秀。仕上がり次第ではいきなりもある。直前の気配注視。馬券の種類は3連系で手広くいくかな?

GⅡセントウルS

ちょっとしたデータ!

1番人気が6年連続連対と人気上位馬はそうそう崩れない。東西、牡牝互角。3~5歳が好成績。脚質的にはやや逃げ先行有利。前走クラスはGⅢ以上。前走着順は3着以内理想も巻き返しもある。今年は出走ないが、外国馬の成績が良い。

総評~っす!

本来、全ての馬をピックし、写真がある馬の馬体を見た感想をコメントすべきですが、今回このレースは競馬オヤジの時間的都合により割愛させてください。スミマセン。

春のスプリント王・ファインニードルがココから始動。開幕週の良好な馬場で野芝は昨年勝利の舞台設定。58㎏の斤量に海外帰りの休み明けですが、GⅠ馬として格好はつけないといけません。馬格自体は480㎏程度も、筋肉量は相当!質的には粗めで硬いもスプリンターならば問題なくその強靭な筋肉量が速力の源。四肢は軽く、後肢の形から瞬発力もそこそこ。箱形の胴で完全にスプリント向き!本番は先なので、馬体自体は少々余裕残しの感も今年の相手なら!正直、現状のスプリント路線は新陳代謝がイマイチの感。夏競馬出走した状態良好な馬(3歳含め)がその勢いで好走の可能性。ラブカンプーは馬体写真からも使われながらメキメキと成長を感じます。全体のフォルムからは伸びを感じますし、それに伴い骨格の可動域も良くなったのでは?また皮膚感が一流馬のそれ。代謝の良さも際立っていそう。後は急坂をどうクリアするか?鞍上からも人気するでしょうから買い方は迷います。アサクサゲンキはとにかく出っぱかな?ゲートと二の脚さえつけば指数的には通用します!鞍上に松山騎手起用はそういうことでしょう。レジェンド騎乗のダイアナヘイローは四肢はそこそこスラッとしており筋肉は牝馬ながら収縮力は良好そう。ただ体の線から得手不得手がハッキリする傾向。またメンタルも同様で武豊騎手だからこそこの成績の感。多少競り掛けられてもそこそこスンナリの時は無類の強さも、底力的には脆さも同居しています。今回の写真からは銭形も浮いて状態は良さそう。転厩後の陣営の判断が分からないも、本番よりもココのイメージが強いのも事実。ただ今回、昨年の北九州記念のように逃げないで圧の掛からない位置を選択すると見ています。ダートスプリントで活躍中のネロは先手取れれば粘りが違う。追い切りと枠の並び確認後のジャッジも、スタート上手い鞍上からも不気味さ漂う。

競馬オヤジ的にはファインニードルに対して、春の時点では成長途上とキャラから評価を落とした経緯があります(その時のジャッジはスミマセンです)。というのも、軽い芝のスピード比べ向きで、重めの芝がキャラ的に微妙且つ、GⅠ特有の底力もまだ疑問先行だったんです。ところが高松宮記念であの強さ。素直に評価を変えないといけません。昨年圧勝の舞台でもありますからね!馬券的には中心の1頭も、軸で固定するかと言われれば、う~ん…。意地を張っている訳ではないんですよ。最有力であることに変わりはないのですが。

枠の並びや最終追い後に独り言をつぶやきますが、現状気になっているのは割と人気薄。前走、明らかに進路取りに失敗したアンヴァルの巻き返しに充実期に入った感の強い古豪グレイトチャーターは馬体写真からハマればおもしろいのでは?と。ただ後者は3着向きかな?またコレは人気しそうですが、7歳でも充実一途のラインスピリット!人気サイドとの組み合わせ馬券はこれから検討も、積極的に狙いたい馬達。特にアンヴァルとラインスピリット(1000mは短く更に内枠)は前走の敗因がハッキリなので買いやすい。アサクサゲンキは野芝の開幕週はハマる感。また並び次第でダイアナヘイローかネロかラブカンプーのどれかを中心馬の1頭に!内外の有利不利ではなく逃げ先行馬の配置如何によるという感じですね。とにかく出っぱが速いのはネロとラブカンプーですから。他にもアクティブミノルやレジーナフォルテ他、先行型多く、前掛かりの可能性は高いと見ています。好位追走のファインニードルが逃げ先行をとらえて「やっぱそうか」の圧勝もありますが、ゴール手前で中段からの差し強襲!なんてことに期待しています。

GⅢ京成杯AH

ちょっとしたデータ!

牝馬や高齢馬が健闘。脚質的には逃げが苦戦。前走クラスは準OP以上。前走着順はマチマチ。ハンデは52㎏~58㎏も中間ハンデが好成績。マイル実績が重要。

ウインガニオン 指数B上 6歳牡馬 57㎏ 栗東西園厩舎 津村騎手予定 逃げ先行 前走GⅢ関屋記念12着 マイル16戦5勝2着1回*GⅢ1勝 中山初

昨夏に充実し、今春の上級重賞で好走と期待されるも、近2走はファンや陣営も納得いかない結果では?脚質的にはデータ微妙もブリンカー他、陣営の賢明な立て直しに応えられるか?

ゴールドサーベラス 指数C 6歳牡馬 54㎏ 美浦清水英厩舎 柴山騎手予定 差し追い込み 前走GⅢ函館記念7着 マイル10戦3勝2着1回 中山3102

使われながら充実するこの血統らしく、6歳の今春にOP昇格!重賞ではやや苦戦も、まだ底を見せていない可能性も。

ショウナンアンセム 指数B 5歳牡馬 56㎏ 美浦田中剛厩舎 池添謙騎手予定 逃げ先行 前走GⅢ関屋記念10着 マイル16戦2勝2着6回3着5回 マイルOP勝ち 中山2331

前走の敗戦は新潟の馬場と展開でしょう。血統的にサンデーの血が入っていなく、馬体的にもキレより頑強な速力を感じるので、新潟の軽い芝でのGⅢであの展開が合わなかったのかな。充実期の今ならそこそこの好勝負すると見ていたんですけどね。シルエット的には胴以外は伸びがありやや立ち気味の繋ぎながらバネは良好そう。荒れ馬場は向きそう。筋肉の張りも上々で葦毛ながら毛艶も良く見えます。以前からコメントしている通り、筋肉の質はやや硬めで収縮力は良好。総合的に良い馬という感じですね。後は前走大敗の影響と展開が向くかどうか?

ストーミーシー 指数B 5歳牡馬 54㎏ 美浦斉藤誠厩舎 大野騎手予定 差し追い込み 前走GⅢダービー卿CT3着 マイル17戦1勝2着3回3着2回 中山マイルGⅡ2着 中山1214

骨折による約半年の休養明けは気になる材料も、中山マイルは最も得意の条件の1つ。仕上がり次第ではいきなりも!

ダイワリベラル 指数C下 7歳牡馬 55㎏ 美浦菊沢厩舎 菊沢騎手予定 差し 前走福島TVOP13着 マイル15戦2勝2着1回3着1回 中山4348

中山得意も過去の良績はもう少し長めの距離。大柄もコーナー4つの小回りの方が向くのかも?近走大敗続きで…。

トウショウドラフタ 指数C 5歳牡馬 55㎏ 美浦萱野厩舎 騎手未定 差し追い込み 前走OP時S7着 マイル7戦0勝3着1回 中山0003

典型的なサウスポー且つ1400mベター。指数的にはそれ程引け取らないもこの条件では。鞍上未定もどうか!?

トーセンデューク 指数C下 7歳牡馬 54㎏ 美浦杉浦厩舎 勝浦騎手予定 差し 前走OP朱鷺S6着 マイル7戦0勝2着3回 中山0001

OP昇格直後、果敢に重賞挑戦も、OPでも結果がイマイチ。マイルで結果が出ていないも昨年のこのレースでは55㎏背負って5着好走。1つ歳を取ったも1kg軽減相殺なるか!?

ヒーズインラブ 指数A下 5歳牡馬 56.5㎏ 栗東藤岡健厩舎 藤岡康騎手予定 差し 前走GⅠ安田記念13着 マイル14戦5勝2着2回3着3回 中山3111

520㎏超あり、パッと見も重厚感を感じます。全体的にボテッとしており個性的な感じ。首や胸、胴などは伸びがあるも、肩の傾斜がキツめで、全体のバランス的に重心が低いというか、四肢が短いところがマイラーなのかな?後肢は真っ直ぐで直飛気味。繋ぎも短く蹄底があるので力のいるコース向きでしょう。筋肉の質はそこそこ柔らか味あるも、結構タルめでその量は多い方。パワーがある方で惰性で長く良い脚を使うタイプなので、小回り急坂、力のいる馬場は合うのでしょう。ココも仕上がり次第!

ベステンダンク 指数A下 6歳牡馬 56㎏ 栗東安達厩舎 鮫島駿騎手予定 逃げ先行 前走OP米子S1着 マイル17戦4勝2着4回3着3回 中山初(障害レース除く)

OP昇格後の結果がイマイチだったからか障害に挑戦。それが功を奏したのは明らかな前走の走り。時計はもちろんのこと指数も上々。といっても元々競馬オヤジが取っている指数ではそれなりに高かったんですよね。だから陣営的にはソコソコ自信あった、してやったり!だったでしょう。前回馬体写真が無かったので、その比較分からないも、今回の写真からは充実を感じます、特に胸前や背にトモの容量や張りは上々。四肢はスラッとしており繋ぎはやや立ち気味もクッションは良さそう。前腕が逞しく、脛もそこそこ。後肢の感じから瞬発力もあるでしょう。太く短い首はマイル向きっぽいですし、逞しい腹袋はこの父系の典型で底力がありそう。やや余裕を感じる造りも毛艶も良好ですので状態は良いでしょうし、最終追いと輸送で帳尻合うでしょう。欲をいえばあと少し、しなやかさが出れば、展開的に恵まれなくても重賞で勝ち負けできそう。ココはある意味試金石も指数的には通用しておかしくない。

ミッキーグローリー 指数B下 5歳牡馬 55㎏ 美浦国枝厩舎 C・ルメール騎手予定 先行 前走準OP1800m1着 マイル6戦2勝2着1回3着2回 中山2111

成長度や体質の問題で、なかなか使えないもいよいよその素質が開花してきた感。時計勝負にもある程度対応可能で血統的にも中山コース向き。初重賞も侮れぬ!

ミュゼエイリアン 指数C 6歳セン馬 56㎏ 美浦黒岩厩舎 石川騎手予定 逃げ先行 前走福島TVOP6着 マイル7戦1勝 中山1104

唯一のマイル勝利はこの中山コース!また3歳時にはGⅡセントライト2着も。データ不利もそのしぶとさを活かして!

ヤングマンパワー 指数A 6歳牡馬 57㎏ 美浦手塚厩舎 石橋脩騎手予定 先行 前走GⅢ関屋記念4着 マイル22戦5勝2着1回3着4回 *マイルGⅢ2勝GⅡ3着 中山1022

夏男ですね!今回の写真でも皮膚が抜群に薄く毛艶もピカピカ。今年の猛暑も何するものぞ!という状態に見えます。もちろん厩舎力抜群の手塚厩舎のケアあってこそではありますが。馬体は全体的に伸びがあるもやや体の線が硬い面や、体形的にも走法的にも少々微妙な可動域や抜群の筋肉量からマイルベストなのかな?状態はもちろん、能力的にもGⅢなら十分通用するも、時折他馬を気にするかのように首を上げて走るところがあるので、本来はバラける広いコースの方が良さそう。展開的にノンストレスの位置が取れれば!中山適性については現状微妙かな。

ロジクライ 指数A 5歳牡馬 56.5kg 栗東須貝厩舎 浜中騎手予定 先行 前走GⅢ中京記念2着 マイル10戦4勝2着2回3着1回 *マイルGⅢ1勝2着1回 中山初

前走の中京記念で競馬オヤジの本命。前走時はその前の敗戦を糧に陣営が週中に懸命の修正調教他を施し、それをキチンとマスコミに報じていました。ブラフの多い競馬村ながら陣営の姿勢は立派なモノ。また主戦の浜中騎手との相性は抜群なのでしょう。馬体的にはやや個性的。前後に伸びがあり薄い皮膚感や、やや緩い体幹もスッとした体の線などはハーツクライ産駒らしい。筋肉量は多めで首や胸前、お尻の筋肉は繊細で張りも十分。ただ脚が短めなんですね。前腕は逞しく、脛も上々。後肢は曲飛気味。バランス的な面や筋肉量からも、緩急効かせるよりもマイル位の速力比べに適しているのでしょう。また重厚感はいいですね。詳しくは分かりませんが母系の影響なのかな?中山は初もHペースを追走しながら脚を溜め差し切るレースっぷりや今回の顔ぶれからも展開は向きそう。

ロードクエスト 指数B上 5歳牡馬 56.5㎏ 美浦小島茂厩舎 三浦皇騎手予定 先行差し 前走GⅢ関屋記念5着 マイル10戦3勝2着1回 *マイルGⅢ2勝NHKマイルC2着 中山1122

良い意味でまとまっている馬体。四肢は長く軽め!四肢以外の馬体自体からはやや伸びを感じないもバランスはなかなか。馬格そこそこも首や胸前、トモの張りは上々。筋繊維はやや粗く、柔らか味もそこそこでも収縮力はありそう。繊細そうな繋ぎ等からはバネを感じます。血統表からは距離延びてこそっぽいも、首や胴の感じからは陣営の使い方で合っている感。パーツパーツは垢抜けています。ただ高いレベルでの話ながら気になる面も。四肢の感じからやや上擦ったバランスで速力を前に伝えづらい面や、もう少し、胴の伸びがあれば!中距離で相当な所まで行けた気がするんです。とはいっても同馬の実績も上々。やや早熟な面は否めないも、短距離を使いそれに合わせた調整をしたことで馬体が一変わりし、重厚感が少し出たのはプラス。展開向けば!

ワントゥワン 指数B上 5歳牝馬 53㎏ 栗東藤岡健厩舎 戸崎騎手予定 追い込み 前走GⅢ関屋記念2着 マイル15戦2勝2着4回3着2回 中山初

5走前にOP入りも垢抜けた好馬体の持ち主。またデビューから23戦全てで上がり3位以内というキレモノ。斜尻に曲飛なのが瞬発力の源の1つ!?筋肉量はそれ程ではないも、筋繊維が繊細で粘りもありそう。前腕や脛がにしっかりと筋肉があり、450㎏前後の馬体ながらバランス的に骨がしっかりとしていそうなのは好感。父のディープインパクトも小柄ながらも骨がしっかりとしていた印象(バランス的に骨太)が強いんですよね。骨格の可動域が良好で体幹も柔軟そうで、全身を使った走法。また肩の傾斜が立ち気味で胴が短めなところからマイルベターの感。今回、ややシャープな体つきも皮膚が薄く毛艶は良好。サマーマイル2戦消化も状態は維持できていそう。小顔で美人さんっぽい。中山初でイメージ的には微妙も前掛かりの展開でペースが上がれば!

総評~っす!

なかなかおもしろいメンバーが揃った感。ただ年によってはGⅠ級の出走がそこそこあるも、今年はココまでの戦績からは微妙ともいえるかな?それでありながら、ハンデが微妙な面もあり、思ったより難解な一戦。展開をどう読むか?も大きなポイントになるでしょう。人気も結構割れそう。

本命はミッキーグローリー最有力に考えていたのですが、一週前調教から前走時も高評価して本命にしたロジクライに。適性というか、展開的に向き不向きがあるもそもそもの素質は相当。3~4歳を故障で棒に振ったのは痛恨も、じっくりと治療し、成長を促したことで馬が抜群の成長力を見せた感。また陣営が同馬をかなり把握しているのでしょう。鞍上とも手がピッタリなのは心強い。前走時もコメントしましたが浜中騎手は2013年にリーディングを取った若手ホープ(今は中堅に)。いろいろありましたが、そのポテンシャルはかなり高いと思います。JRAの生え抜きとして更なる前進を!

相手というか同等の評価ながら一応の2番手にはミッキーグローリーを!数は使っていませんが、戦績から優に重賞級。前走、準OPながら稍重馬場の1800mをHペースで追走し捉え切る強い競馬。間隔は開いていますが使っている強みはあるでしょう。また国枝厩舎は関東屈指の厩舎の1つ。毎年のように上級重賞馬を輩出していますが今年は更に勢いがあります(アーモンドアイ他)。当初はこちらが本命だったのですが、ロジクライの一週前が抜群(前走同様の調整)だったのとココを勝ち切るには指数をある程度伸ばさないといけない不確定要素があったので、現状2番手に。

単穴にはこの舞台が抜群に向くヒーズインラブを!同馬を本命にするトラックマンは多いでしょう。競馬オヤジ的にも評価は高いです。写真から仕上がりも上々でしょうし、適性からも狙いすました一戦の可能性。夏場使わなかったことで、馬はフレッシュでしょう。ただ仕上がり状況によっては上位2頭に後れを取る可能性もあるので、頭突き抜けもある単穴評価に!

☆にはベステンダンクを!前走時、指数や障害帰りという面、陣営のコメント(自信ありそうだった)から馬券を買い、馬連ですが少々勝たせてもらいました。今回の写真見る限り、前走の走りが納得。個別のところでもコメントしましたが、速力やパワーが上々でGⅢハンデのマイル戦であれば通用しそう。前走は展開的に恵まれた感はありますが、逃げて最速の上がり。揉まれた時の不安はありますが前走指数はかなり優秀。今度は中段からもう1丁を期待!

注にはワントゥワンを。注にした理由は中山適性がどうかという面。展開向けば大外から全馬差し切るなんてことも。心配な点としては、戸崎騎手が夏のローカルでやや乗れていなかったこと。同馬とは手が合いそうなんですけどね。開催替わりで流れ変えれば!

△1には中山適性抜群のストーミーシーを!中山適性抜群で鞍上とも手が合っています。骨折休養明けで仕上がりカギも、思ったよりも回復が速かったとの報。厩舎力的にも大丈夫とのジャッジも一応仕上がりチェックは必須でしょう。

△2には夏男ヤングマンパワーを!実績や実力は認めつつ、中山適性と前掛かりの展開が予想されるので評価を下げました。6歳の大型牡馬ですが、揉まれてどうか?は不安先行。

△3にはロードクエスト。前走勝ちに行ったであろう陣営に失礼になってしまうかもしれませんが、個人的には頑張った方だと思います。ただココにきて馬体に良い変化(重厚感)も見受けられますので、見限るのは早いでしょう。

*競馬オヤジ的に牡馬は重厚感が増すことが重要と考えております。

指数上位のウインガニオンやショウナンアンセムは実力は認めつつ、展開面と前走の影響から消極的。中山適性高いゴールドサーベラスは血統面から成長力不気味もう1回様子を見たい。展開キツそうもミュゼエイリアンは抜群の調教!一瞬大穴候補として考えたも、S~Mの逃げ馬でハンデもそう軽くないですからねぇ。どうでしょう?

いよいよ秋競馬が始まります。競馬オヤジ的にはなぜか9月開催は偏った成績。正直、中山はまずまずも阪神の芝は高額条件以外はここ2,3年微妙な馬券成績。今回セントウルSを割愛したのは時間的問題で、それは関係ないんですけどね。今開催の最後にはいよいよGⅠスプリンターズSも行われます。GⅠが始まると毎週楽しみで年末までアッという間なんですよね。

では開催替わりで、更にツキが上向きますように!頑張りましょう。

by競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji