GⅢ京成杯AH他、競馬オヤジの独り言!

競馬オヤジの壺

今週からいよいよ中央場所に!週中にもコメントしましたが、中山・阪神共に芝コースは野芝でエアレーションを施し(中山はシャタリングも)良好な馬場。いずれも時計が出る速い馬場に!ただ阪神は降雨によりどこまで悪化するかは大きなポイント!ダートに関しては週中にコメントした通りですが、例年通りと考えてよさそう。ただ阪神は芝同様、降雨でどこまで悪化するでしょう。

阪神9R 降級馬⑤⑫

指数優秀な馬が多い一戦。且つ、馬場状況によって買う馬が変わりそう。⑤は降級馬も本来1000万下どころか実績的にはOPにいるような馬。ただ指数的にはOPだと心許ない。レースの格以前に、スンナリ行けるかどうかによってまるで別馬のよう。指数上位馬はその⑤を筆頭に⑪⑫⑬⑦⑮。指数の取り方(取る人)によって、分かれそう。次点で⑦④⑧⑭⑥①と出走馬の大半の名前が出てくるほどの混戦。どこからでも狙えるとも言える。⑤のスンナリあるも①が直前にブリンカー装着し徹底先行の構え。予想ペースはMながら馬場の状況如何によっては、前掛かりになりそう。とはいってもこの馬場では前に行った方が有利。個人的にはオッズに対して、リスクが高いと見ているも、一応軸に相応しそうなのは⑬と見るがどうか?3歳牝馬らしからぬ安定感に、こういった混戦の条件戦に強い印象の鞍上。人気サイドから買うので⑤は抑えもしくは3連系に!指数上々馬でオッズ的にオイシイ馬を買ってみたい。

阪神10R

関西の準OP芝中距離戦は指数拮抗が常。確証を期したい準OP関西馬は関東に遠征するケースが多い感。ただここには関東からの刺客⑪がデムーロ騎手を確保し、一番人気必至か!?元々、力あるもこの相手ならということで生産者サイドの指示の可能性(ノーザンファーム)。指数上々馬はその⑪筆頭に⑩⑤⑥。次点で②④①。ココも頭数の割に指数上位馬が多い感。冒頭にもコメントした通り、この条件では勝ち上がれない馬でも指数自体は良好な馬も。馬券的には馬場状況如何にもよるが、重でも問題ない馬を信用したいが⑪と⑧⑦以外は何とも。人気でも⑪は仕方なさそう。元々、狙いたかった⑩は重適性が微妙。またレジェンド相手にも若武者が乗る重okの⑧が絡む可能性も。⑤は相手候補として人気でも仕方ない。後は気配の良い馬を買うべきも、大穴なら④か!?

阪神11R GⅡセントウルS

元々、サマースプリント狙いの馬とスプリンターズS前の一叩きの馬が混在する難しいレース。日本の生産時期を考えると、夏に大きく成長する馬が多いので比較がつきにくい面も。また昨年、一昨年と比べメンバー構成は少々微妙。実績や適性からは⑭で間違いないも、馬場がどこまで悪化するか?は大きなポイント。また実は指数自体はそれ程抜けてはいない。ただこの夏で更なる成長の可能性も否定はできないが…。指数云々は重要も降雨で重くなった野芝のスプリント戦が向きそうな馬をピックしたい。あくまでも予測的面もあるが、⑥⑨⑪⑬がそれに該当すると見るがどうか!?一旦話を変えるが、良馬場なら⑧を厚く行く予定。この重い馬場では連下妥当か!?さて長くなったが、個人的には世代交代に期待して⑪か⑥を狙ってみたい。後は②!臨戦過程や調教からココメイチなのは明確。軸固定は難しいも3歳馬中心に馬場の悪化が顕著なら⑨⑬を厚めに!何とか保てるなら⑧⑭を!問題はレジェンド騎乗の⑦をどうするか!?個人的には現状スプリントよりもやや長めの距離にシフトしている気が…。根拠は前半のラップと結果。未知数の重馬場がハマる可能性もあるので抑えは必要も、正直前半飛ばし終いバタついた最終追いは微妙。

阪神12R 降級馬⑮

指数的にも実績的にも重馬場適性も⑮でしかたないか!?キックバックを嫌がるとの情報からも大外枠は良かった感。ただ問題は相手。正直、⑮がどういったレースするかによって相手が読みにくい面は否めないも、一応序列を付ければ相手には内から先行し行った行ったの③。陣営のコメントはもう少し乗り込みたいも、時計まずまずの⑨。ただ血統的にもスムーズな競馬が理想か!?後は叩いて良化なら⑪に善戦マンの⑥。後者は減量騎手起用で一押し効けば!オッズがオッズだけに、気配見て絞りたい。

中山9R 降級⑪

指数的には降級馬の⑪や⑩、素質馬の⑨が上々。次点では②④⑤⑦⑫とココも指数的に上位拮抗。⑪は過去指数は優秀も近走指数では正直微妙。⑨は陣営のコメントが力上もデキ一息と弱気。馬主向けのブラフの可能性も否定できぬが、気配確認したい。またメインレースと同距離なので、そこに向けて考えた騎乗(コース取りやペース配分)をする騎手もいそう(それがハマるケースも)。ならばこのコースで好枠と言われる2~4枠の②④⑤の気配良いのを狙ってみても!特に4枠の2頭は魅力。後は⑩と⑫の差し込みに要注意。⑦は②との絡み次第も無視はできぬ。⑨は前述の理由からも抑えに回しそこそこの配当を狙いたい。⑪は近走結果から軽視。気配良ければ抑える程度。

中山10R 降級⑩

中央開催序盤らしく、使い込んでいない指数上々馬が多数。一応順を付ければ、⑧⑩④⑬⑫。次点馬は多いので次点上位は②③⑨。いずれも中山は巧者。ただココは指数上位馬で決まりそうな気配。特別戦なので斤量優遇なく、このメンバーだと少々鞍上が心配だが⑩が有力と見る。相手にはHペース予想も前走の勢いかって⑫と④の逃げ残りに期待。⑬は1200mへの距離短縮がどう出るか?⑧は勿論有力も意外と勝ち味に遅い。軸妥当という考えあるも、展開次第では3着も。買い方検討。②や⑪は仕上がり次第も連下なら。

中山11R GⅢ京成杯AH サマーマイル優勝権利保有馬②⑤⑨⑫⑭

週中の見解と変更はほとんどない。人気でも②⑦⑩は有力と見る、穴党の方にはつまらない見解に!上位3頭の並びは少々迷うもそこそこ流れると見て、②を軸に。⑮は前走指数ならばココも通用。ただスンナリが必要かどうか?枠的にはい一般論としては不利も、個人的には周りを見ながら揉まれないとのジャッジ。⑭に関しては鞍上とは手が合いそうも馬主主導の起用。ただ同厩の⑦は先を見据えているが同馬はメイチの感も!⑮同様軽視禁物。後は夏場好走の⑤⑨⑫で気配良さそうな馬を抑えに。⑫に関しては中間陣営が賢明な立て直し。さてどう出るか?⑥は中山秋開催(野芝)で過去2着あるも500万下でのモノ。鞍上魅力も条件上がった重賞での時計勝負がどうか?

中山12R

指数的に珍しい中位下位拮抗というレース。こういったメンツの時、たまに飛び抜けた馬がいるケースあるもココはせいぜい中位拮抗という感じ。それもこれも3歳0で4歳も1頭という面が影響。5,6歳馬中心にも拘らず中山巧者どころか、経験馬も少ないというある意味難解というか、関係者には失礼もイマイチ興味が湧かないレース。こうなると騎手心理から展開も読みにくくなる。一応の指数的序列を付ければ③②⑩⑧⑮。馬券の買い方にもよるが軸1頭は危険。実績十分の⑧は厩舎がやや弱気。鞍上も元天才騎手(失礼だが)も息子たちデビュー後は正直、更に馬券を買いにくい騎手に。以前、出た話だと馬優先過ぎる面が強過ぎるとのこと(悪いことではないが)。馬乗りとしての腕は未だにレジェンドと言えるも、競馬を博打とした上での騎手として考えるとこのところの結果からは微妙。長くなったが一応の締めを!指数上位馬の気配良好な馬からが無難も、鞍上が良く分からない穴を開ける⑫から狙ってみるのも一興。指数的には前述の馬のすぐ下というか、ピックアップが多過ぎるから入れなかったもまずまず。減量の恩恵もあり、並びからもゲートまともなら。個人的には京成杯他、買いたいレースに多めの投資も、穴狙うのもありか!

中央場所になったことで、秋一連の重賞・GⅠ戦線に向けた陣営の思惑が大きくなるものの、今週まではサマーシリーズ狙いの馬も多く出走。その辺から仕上がりへの読みも重要。夏の延長有利と見るか?秋~冬への使い出し有利と見るか?ま、一概には言えないでしょうね。冬場に比べ、仕上げ易い時期でもありますので休み明けの馬に対してもそれ程、神経質にならなくても良いのかも?陣営のコメントが本音かブラフかは悩みますが。

開催が進むにつれ、メイン前後の格も上がってきます。また季節的にも安定してきますので買いやすくはなると考えます。陣営やトラックマンのコメント的には逆にブラフが増えてきます(高額条件やGⅠが増える)ので要注意も、まずは強い馬や適性抜群の馬から入って、状態良さそうな馬(夏からの維持もしくは好仕上がりの休養明け)へというのが狙い目かも。では高配当の馬券が取れますように!頑張りましょう。

by競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji