GⅠスプリンターズS2018!ちょっとしたデータと馬体を見た感想他!

競馬オヤジの壺

今週からいよいよ秋のGⅠ戦線が開幕!まずは快速王決定戦・スプリンターズステークスが行われます。ロードカナロア引退後、レッドファルクスが連覇し奮起しているも、絶対的王者不在の近年のスプリント路線。ただ今年は高松宮記念馬・ファインニードルが前哨戦を危なげないレースで勝利と印象的には頭1つ抜けた感!また香港馬の出走やモレイラ騎手の短期免許による参戦他、話題も豊富。馬券的にもキッチリ行きたいところ。またまたちょっとしたデータと馬体を見た感想他をネタにしたいのですが、その前に先週の回顧を少々。

GⅡオールカマー レイデオロ号優勝!

おめでとうございます。

藤沢厩舎 C・ルメール騎手

キャロットファーム ノーザンファーム生産

勝ちタイム 2.11.2 勝ち馬上がり 34.3

12.6 10.6 12.7 12.3 12.3 11.7 11.8 11.9 11.8 11.5 12.0

レース上がり 35.3 ペース判定スロー

パドックで見た時、仕上がりは良好も馬体の大きな変化を感じなかった勝ち馬と2着馬。勝ち馬に関しては血統や骨格他からも筋肉量等、まだ一変わりする可能性を感じたも、正直言えば牡馬古馬の迫力みたいなものをもっと増していて欲しかった。とはいえ落ち着いた今回の走りから、やはり持ち合わせた能力は相当。コレは個人的意見になりますが、同馬は坂、特に急坂を大いに味方にできる前肢の角度や走法だとのジャッジ。もちろん広いコースもok(京都や新潟は微妙なのでコレは改めて)。ただ1つ心配なことは、先週もコメントした通り、折り合いからの脚の使い所でしょう。ルメール騎手騎乗なら今後もその心配は不要。ただ同馬の場合、相当鞍上は選ぶのは間違いない。折り合い技術の高い騎手じゃないと…。2着のアルアインはこの中間、気性面の不安が取りざたされていました。管理する池江調教師も「泣き」ではなく、懸念点をメディアにコメントするなど情報的にもきちんと開示。ただ逆にレースではそういった気難しさ(気の強さ)が良い方に出たのかもしれません。ゴールまで、勝ち馬と競り3着以下を引き離しました。テン乗りの北村友騎手も上手に乗りましたね。さすが社台Gの信用高い中堅。池江調教師もコメントされていたように馬体自体は既に完成し、円熟期に入っている感。個人的には今後の路線どこに定めるのか?距離適性は広いタイプも、マイル~中距離で行ってみて欲しい。上がり目は微妙なので適性重視と気性の悪化に注意でしょう。先週からCコースになったことで少し大回りになり後半のスピードの持続がしやすくなったとはいえ、上位2頭の後半のラップはさすがGⅠ馬と思わせるもの。秋一連のGⅠでも期待出来そう。競馬オヤジ期待のガンコは叩き良化故の敗戦という面もありつつ、やや短い2200mで軽い野芝、少々速い持続ラップに付いて行けなかった可能性(ココが数戦目なら違っていたかも)。ちょっと早い話も、もう一変わりあれば、年末の大一番の穴候補として考えていただけに、少々残念。ただこの一戦だけで見限ってはいけないタイプでしょう。ゴールドアクターは馬体自体、大分持ち直していました。期待したトラックマンも多かった。ただ力のある同馬がこの結果。う~ん、さすがに厳しいかな?といったところでは?因みにポテンシャルは置いておいて仕上がり自体がパドックで良く見えたのはショウナンバッハとブラックバゴ。両馬共、自身の競馬はできた感。後者は内回りの方が向くのは間違いないので、ノドの影響がなさそうで状態まずまずの小回り競馬なら人気無くても面白い存在でしょう。オールカマーの結論としては、上位2頭のレベル上々も、2頭共、前述のような課題ありというところでは?

GⅡ神戸新聞杯 ワグネリアン号優勝!

おめでとございます。

友道厩舎 藤岡康騎手

金子真人ホールディングス ノーザンファーム生産

勝ちタイム 2.25.6 勝ち馬上がり 34.2

13.0 11.2 12.5 12.5 12.7 12.5 12.5 12.3 11.8 11.2 11.3 12.1

レース上がり 34.6 ペース判定 スロー

雑誌他の馬体写真やパドックでも成長を感じさせたエポカドーロがマイナス体重。調整過程や厩舎コメントでも良好な仕上がりを強調されていたので何とも言えないも、改めてダービー時は苦心した調整だったのかな?とも。オルフェーブル自体、そもそものポテンシャルが高く、使う毎に強くなっていった馬。その父のステイゴールドも晩成傾向から血統評論家筆頭に、晩成とのジャッジが多い。現3歳世代が初年度なので、傾向自体未確定も成長力あるタイプであって欲しい。ただ好事魔多し、スタートで出遅れ、後方から!粘りが身上で速い上がりのない同馬にとって、この位置取りは厳しかった。また展開も不向き。底力で4着に押し上げたという感じでしょう。勝ったワグネリアンは直前の鞍上スイッチ他、不安点も、鞍上が上手に乗りました。まぁ、レース前から藤原調教師が藤岡康騎手は調教パートナーで、主戦の福永騎手以上に馬が折り合うとの弁。レースでも中段の外でキッチリ折り合い気持ち良さそうに走っていました。友道厩舎に所属した馬って、折り合いが良くなるケースが多々。だから血統以上に距離が持つ。以前の松田博厩舎のよう。また同馬は他馬を怖がるというか神経質な面があるとの情報も、ダービーでもそうだったのですが並ぶと素晴らしい勝負根性を発揮!一瞬のキレというより長い脚のタイプなんですね。因みに直線の坂上でグイッと出るところから、坂よりはという面はあるでしょう。非力感は多少感じましたが、馬体自体成長しており、歴代のダービー馬として一定の水準には達している感。というのも個人的にはあまり評価していなかったんです。関係者の皆さまスミマセン。評価を改めないとですね。現3歳世代では同馬以上に評価している馬が数頭いました。個人的な序列についてはトライアル他の結果からキッチリ分析したいと思います。ココからは一旦個人的反省を!週明けの評価では2着本命で3着を対抗にしていたも、本命が人気し過ぎてヘソが曲がり更に人気薄をピック。今年のクラシック戦線はダノンプレミアムの離脱他(他にも理由がありますが)からも混戦と見ているので、展開次第でチャンスあると考えていました。確かにペースは前がやや楽な馬場や頭数の問題はあったにせよ、すんなりとしたレースに。とはいえ無事にレースに出走することがどんなに重要かを思い知らされるクラシックになった感。ワグネリアンの関係者の皆さま、おめでとうございました!

2着のエタリオウは抜群の折り合いに末脚。次走人気するでしょうけど、中心馬の1頭という評価になりそう。3着のメイショウテッコンは皮下脂肪が抜群に薄い状況ながら+14㎏。この成長力なら!4着のエポカドーロは出遅れが全て。あの馬体なら今後の展望は明るそうもオルフェーブルの初年度産駒。血統的特徴については、もう少し結論が先送りになるでしょう。ただ次走に関しては今回のアクシデントによる位置取りがプラスになりそう。5着にはステイフーリッシュ。個人的意見ですがあの仕上げで5着なら御の字だったのでは?陣営的にはもう少し上の着順を狙っていた感も、次走ピークに仕上げてきそう。京都が例年通りの高速馬場で昨年のようなグチャグチャな不良馬場にならなければ、軽い芝向きでスタミナ豊富なワンラップホースのキャラが活きそう!矢作厩舎ですから使いながら状態をUPさせてくるでしょうから中間の調整次第も、期待して良いのでは?

中山と違い、エアレーションのみ施した野芝で良好な馬場故、先行馬が有利。またタイムからも、高速過ぎなかった感。ペース的にも顕著でそれを後方から競馬した2着馬は強い。コースペースに関係なく末を伸ばしてくるキャラ。菊花賞他、直前に様々な情報やトラックマンの印に迷いが出そうも、レース直後の回顧や印象は次につながるケースが結構あると思いますので、覚えておいた方が良いですね。

ではネタをGⅠスプリンターズSに!

ちょっとしたデータ!

やや人気が強い。馬齢的には4,5歳好成績も6歳以上も健闘。逆に3歳は苦戦。東西、牡牝互角。脚質は逃げから差し。前走クラスは重賞以上で着順は4着以上が理想。大敗馬は休養明け初戦、前走適性外など、理由が必要。サマースプリント出走馬は余力が重要。*個別レースのデータは色で表示します。近10年のうち、中山開催だった9回が対象。

続いて登録馬!

指数と馬体を見た感想他のコメント。プラス材料大は赤文字、プラス材料小にはオレンジ文字。マイナス材料大には紫文字、マイナス材料小には青文字

※指数については出走馬の過去指数の相対的なものになります。また過去最高指数に近走状態を加味しており、国内レース中心・当該距離にて評価しております。A~Eで想定。A本命級 B次点 C連下なら D恵まれて E厳しい 更に同じランクでも上下を付ける場合もあります。3歳戦の場合、サンプルが少ないので指数は拮抗しています。
また昨年及び今期成績の良い厩舎力の高い厩舎(東西リーディング10位以内と重賞成績をメドとする)にはを!

競馬ブックweb(有料)や競馬ラボ(こちらは無料)に馬体写真があります。またそこに馬体のコメントもあります。参考にどうぞ!

アレスバローズ 指数B 6歳牡馬 栗東角田厩舎 藤岡佑騎手予定 前走GⅢ北九州記念1着

この父系にしてはやや、張りが強過ぎる(少々硬そう)な筋肉の質で、その量は豊富。骨格にあまり伸びがなく、胴は箱型。肩の傾斜も立ち気味でやや前傾とスプリント向きの体型。出世に時間掛かったも、近年はこういった晩成傾向のスプリンターも多い。そういった面を踏まえていた可能性ある生産・育成牧場に厩舎。よって27戦消化も無理することなく、使われながら体幹や筋肉の強靭さが増したのかも?血統的には晩成っぽくなく、6歳になるも今が完成期の可能性大。底力もありそうな胴の感じ。また前半の速いラップで強い競馬をするタイプで、これはスプリンターズS向き。懸念を挙げれば初GⅠ(気性面が成長したとはいえ)と寝気味の繋ぎと薄めの蹄底から馬場の悪化がどうか?毛艶、馬体の張りから状態は絶好っぽい。

キャンベルジュニア 指数B上 6歳牡馬 美浦堀厩舎 福永騎手予定 前走GⅢキーンランドC4着

6歳もまだ18戦と上がり目十分で昨秋から短距離路線に舵を切ってきた。元々、かなりの大型馬もそれにより更に筋肉量が増し、この距離体型に造っている感。四肢はスラッとし、繋ぎは繊細でバネが良好そう。上体的には力感溢れていて、胸前や胴、トモの容量や張りは抜群。斜尻の直飛気味の飛節から長い脚を使うタイプ。シルエット的には緩急効かせる1400~1800mベターの印相も、東の名門がスプリンターとして本腰を入れている面から適性相当で、いよいよ対応してくるのでは?後はこのペースへの慣れでしょう。ただ馬場の悪化に関しては懸念も。

キングハート 指数C 5歳牡馬 美浦星野忍厩舎 北村宏騎手予定 前走GⅢキーンランドC15着

基礎能力高そうで、指数も決して低くはない。ただ馬体重の増減が激しいのは輸送に難。中山は得意の部類も近走ややスランプ気味で勢い↓。判断迷う。

グレイトチャーター 指数C 6歳牡馬 栗東鮫島一厩舎 幸騎手予定 前走GⅡセントウルS3着

OP昇格後やや苦戦も、徐々にペース他慣れた感。前走は悪化した馬場、開幕週も速過ぎない時計が向いたもゴール前の脚は秀逸。

スノードラゴン 指数C上 10歳牡馬 美浦高木厩舎 大野騎手予定 前走GⅡCBC賞12着

ダートに芝に、地方競馬に海外まで遠征し出走。ココまで59戦消化で次走で60戦消化のGⅠ馬。オーナー(岡田牧雄氏)が、コジーンの系統は筋肉が硬くなりにくいとの弁。正にそれを体現するタフで馬主孝行な馬。馬場が悪化したら有利になるかも!?

セイウンコウセイ 指数A 5歳牡馬 美浦上原厩舎 池添騎手予定 前走GⅢ函館スプリントS1着

背(胴)の長さ以外は骨格に伸びがあり、骨量も豊富。筋肉の質的にはやや粗めで収縮力が強そう。前腕や脛の筋肉が凄いですね。ただ特筆すべきはトモの容量と身入り。この路線の馬にしては骨格の可動域も良好そうで、相変わらず良好な馬体の張りも、今回はここ数戦とは少々違う造りの感。皮下脂肪がかなり薄く、見た瞬間細い位に感じました。究極の仕上げなのかな?毛艶が抜群で顔付きも戦闘モード。やや適性向かないと思われるレースの質(ラップや路盤に芝他)も、今週は天候が微妙。馬場が悪化すれば!

ダイメイプリンセス 指数B下 5歳牝馬 栗東森田直厩舎 秋山騎手予定 前走GⅢ北九州記念2着

肩の傾斜が立ち気味なのとやや背が短い面が短距離向き。また筋肉の質も繊細さよりも粘りがありそうで、少々重心も低いかな?繋ぎは長めでクッションが良さそう。最も高い適性は1000mの直線なのは周知の事実。アイビスSDでの強さは格別でした。ただ今回単なる千直専用馬と言い切れないのは前走の走り。セントウルSをパスしたこともプラスになりそう。陣営はココで勝負になるように調整している感。坂のあるコース、前傾ラップのGⅠ!直線でどこまで粘れるか?勝ち鞍あるも馬場の悪化は微妙。

タマモブリリアン 指数C下 5歳牝馬 栗東南井厩舎 津村騎手予定 前走GⅢキーンランドC13着

重賞ではやや足りず、OPのハンデ戦で勝ち鞍。GⅠでは少々家賃が高いも、北海道の洋芝など重めの芝は合う。重馬場の出走歴はないも馬場は悪化した方が良いかも?

ナックビーナス 指数A下 5歳牝馬 美浦杉浦厩舎 J・モレイラ騎手予定 前走GⅢキーンランドC1着

ダイワメジャー産駒らしく、胸囲が大きく筋肉量が豊富で、胸前やトモの迫力は上々。後半身(下半身)は斜尻に曲飛と特徴的も最近こういった馬は多い感。使える脚は短めも加速がかなり良いタイプ。また500㎏超の大型牝馬も小回り得意で内をすくう器用さも兼ね備える。筋肉の質は粘りが強そうで強靭っぽい。スタートも上手く前走はモレイラ騎手を得て本格化の匂い。重賞でも常に好走しており、格負けは無さそう。重箱の隅のようだが1つ懸念も。前半のラップが速くなるこのレースで同型多数。前走逃げたことがどう出るか?抑えが利くかどうか?

ヒルノデイバロー 指数B下 7歳牡馬 栗東昆厩舎 四位騎手予定 前走GⅢキーンランドC14着

本質的な適性距離や馬場も良く分からないタイプで、意外性も十分。馬体の印象を思い出す限り、スプリンターっぽさもボチボチ。大穴としてその意外性に賭ける???

ファインニードル 指数A 5歳牡馬 栗東高橋忠厩舎 川田騎手予定 前走GⅡセントウルS1着

前走時は6分程度のデキとの陣営の弁も、馬体写真やパドックでは9分の仕上がりに感じました。陣営のブラフとも思えないのですが、最終追いは要確認。シルエット的にはスプリンターにしては好バランスで、良い意味でコンパクト。胴が箱形で筋肉の質が結構硬めなのがスプリント向きの感。また胸前や前腕、トモの筋肉量や張りは素晴らしい。手先は軽く、繋ぎは長く繊細でバネが凄そう。良質のスプリンターという感じですね。繰り返しますが、前走時の仕上がりも良く見えたので、今回の上積みどこまであるか?人気するだけに。

ムーンクエイク 指数A下 5歳セン馬 美浦藤沢厩舎 C・ルメール騎手予定 前走キーンランドC9着

バランス的にやや重心が低い面はあるものの、全体のバランスとしては1400~1600向きかなぁ?意外と前後に伸びがあり、四肢も軽め。筋肉量は多くその質は柔らかくタルめ。そういった質から見た目の張りはソコソコも持続性ありそうな感じ。繋ぎは短めなので、力のいる馬場は有利になりそう。馬体的にはスピード優位で優秀な面多々も、印象からは先に述べたように多少緩急効かせる距離の方が合いそうな気がするのですがどうでしょう?

ラインスピリット 指数B上 7歳牡馬 栗東松永昌厩舎 武豊騎手予定 前走GⅡセントウルS5着

40戦超消化の7歳馬も老いてなお盛ん。前走、苦手と言われる重馬場でも僅差の5着に踏ん張りました。骨量は微妙で見るからに小柄で、胴の長さは短く箱形。胸前やトモの身入りは上々もパワーという面では正直微妙な面も。手先は軽く繋ぎは繊細。ココまでの戦績からも、良馬場が希望でしょう。出走のほとんどを主戦の森一馬騎手が手綱を取るもGⅠのココはレジェンドにスイッチ。新味出るか!?

ラッキーバブルス 指数未定も想定A下 7歳セン馬 香港K・ルイ厩舎 B・プレブル騎手予定 前走香港沙田GⅢプレミアC3着

世界的にも高レベルの香港スプリント路線のGⅠ馬!今年は同馬が刺客として参戦。GⅠタイトルはまだ1つも常に上位争いをする実力馬。絶対的中心馬が不在の日本勢なら!

ラブカンプー 指数B 3歳牝馬 栗東森田直厩舎 和田騎手予定 前走GⅡセントウルS2着

シャープな体つきの3歳牝馬ながら、サマースプリント3戦出走し、2,3,2着は立派!前走時も今年の酷暑での疲労が心配で更にネロに中途半端に絡まれる競馬も負けて強しの2着。陣営のケアが秀逸も同馬自身もタフなのでしょう。皮下脂肪が薄く、筋肉量自体は少な目もその質は繊細。骨格の可動域自体は良好そうも、やや体の線は固そう。四肢はスラッとし、軽いのでパワー由来というより、軽快なスピードが持ち味でしょう。前走、開幕週とはいえ坂のあるコースの重馬場をクリアしたのは収穫。毛艶良好で全体の雰囲気からは調子の維持はできていそう。

レッツゴードンキ 指数A 6歳牝馬 栗東梅田厩舎 岩田騎手予定 前走GⅢキーンランドC5着

以前からコメントしている通り、馬体的に個人的には未だに1400~1600向きの馬と見ているんですよね。ただ、ココまでの結果からも1200mが適性外かと言われれば否。陣営の調整法的にもこの距離向きにしているのでしょう、6歳の今でも筋肉量が充実している印象。四肢はスラッとし、骨格自体の窮屈さはありません。胸前やトモの張りに身入りは上々で筋肉の質は硬め。そういった面と血統(母系)からの適性なのかな?胴回りも逞しく、牝馬ながら底力を感じます。GⅠ奪取にはいよいよ時間が無くなってきた感。前走、仕上がり良好そうに見えたも、ココへの布石だったか!?

レッドファルクス 指数A上 7歳牡馬 美浦尾関厩舎 戸崎騎手予定 前走GⅠ安田記念9着

首と胸前の力感が素晴らしく、トモの張りも良好。背と下腹のラインからは瞬発力よりもしぶとさを感じさせるも、飛節の感じからは加速自体は良さそう。重心はやや低めも四肢は軽め。本質的には1400mベストで1200mと1600mは能力の高さ他でこなしている印象なんですよね。筋肉の質は良好でしょう。体質に問題あるも気の良いタイプで休み明けは苦にしません。スプリンターズS連覇も高松宮記念で苦戦傾向なのは、本質的な適性と両レースのラップの違いでは?今年はペースも速くなりそうですし、重馬場も苦にしないタイプ。出走馬想定の段階から競馬オヤジ的には本命を考えていた同馬。ただ乗り替わりがどうでるか!?

ワンスインナムーン 指数B 5歳牝馬 美浦斉藤誠厩舎 石橋脩騎手予定 前走OP朱鷺S1着

馬格中位で、一見シャープな牝馬も胸前、前腕、トモの張りは抜群!骨格に窮屈さがなく重心も決して低くはありません。四肢は軽く、本質的適性距離は少々違うもラブカンプーと遠くない気がします。具体的にはパワー由来ではない軽快なスピードが持ち味という感じ。前走OP戦出走馬は厳しいというデータを覆し、3着に食い込んだのは昨年の同馬。海外遠征や上級重賞への出走で昨年程、ココまでの過程に結果(着順)が出ていないも、馬体的には成長含めココにきて上昇を感じさせます。前走の朱鷺S連覇にしても、昨年とは違った走り(ラップ)での勝利がその証。今年は展開厳しそうも、枠の並びと充実さで好走の可能性。

総評~っす!

個別のところでもコメントしましたが、仕上がり次第もレッドファルクス本命予定だったのですが、主戦のM・デムーロ騎手が騎乗停止で戸崎騎手に乗り替わり。一般戦ならばそれ程問題視しなかったも、ココはGⅠのスプリンターズS。デムーロ騎手の中山1200m成績も抜群ですし、このレース自体、レベルが高く前半のラップが厳しくなる傾向。ゲート後、しばらく下り坂で、コーナーをスピードを維持したまま回り、ラスト200mきったところから急坂というコース形態から見た目以上の持続力とラスト1ハロンの底力が問われるんですよね。今年は前傾ラップで後半粘り切るタイプも多く、激流の可能性も。また週頭からのぐずついた空模様で馬場自体がどうなるかは微妙。考えなければいけないことが多過ぎて迷ってしまいます。またレッドファルクスの能力の衰えを指摘する声もあるでしょう。個人的にはそれは大丈夫だとのジャッジ。安田記念の結果はそもそもの出走馬レベルに馬場(コース取り)とラップ。高松宮記念も馬場や位置取り。多少ズブくなってもいますから。今回もそのズブさは心配なんですよね。デムーロ騎手なら強引にでも持って来そうも、戸崎騎手だと出たなりのながら騎乗の可能性もありますので(馬への負担は少なくて良いという考えも)。

じゃあ現状でどの馬を本命と考えているのか?レッドファルクスが捨てがたいも戸崎騎手のキャラと同馬のキャラが合うかは微妙。4角手前からTOPスピードで回り、大外一気の豪胆な競馬をするかどうか?むしろ戸崎騎手の場合は脚を溜めて瞬発力を活かしつつ、粘り切らせる走りをするタイプの方が向きそうな感。

じゃあ、1番人気必至のファインニードルに切り替える???同馬の場合は正直、前走時の陣営コメントを疑っている訳ではないのですが、仕上がりが良好に見えたんですよね。確かに開幕週の野芝は同馬にとって向く条件。でも58㎏であの走りを、本当に6割程度のデキでしたのかなぁ?確かに馬は強くなっていますけどね。フランスで調教師をされている小林智調教師が以前、競馬番組で一旦緩めた上での休養明け2走目が中2週、中3週だと2走ボケになりやすいと。それは海外でも良くあることだとも。古い話ですが前年の高松宮記念を勝ったショウナンカンプが連覇をかけて出走したレースで1倍台の人気を裏切って敗れ、引退したのを鮮明に覚えているんですよね。前哨戦を59㎏背負って楽勝。追い切りで素晴らしい走りを披露も、そこがピークだった可能性(レース後に陣営もレース時にはピークを過ぎていたとのコメントがあった記憶)。まぁ本格化なったっぽいファインニードルの重箱の隅をつつくという感じかもしれませんが、最終追いの確認はしたいかな?順序違いますが元々は☆の予定。

今回、それ程迷ってしまったレッドファルクスの乗り替わり。印の序列はさて置きというか、先週の時点で競馬オヤジが考えていた印とコメントをします。

対抗にはアレスバローズを予定していました!血統面(ディープインパクト産駒)や夏の激走が心配も、ラップ的にはこのレース向きの可能性。ココにきて急に力を付けた面もあるでしょうけど、メンタルが充実している方が大きそう。ただ重馬場になったら序列を変える可能性大。

モレイラ騎手騎乗で人気しそうな、ナックビーナス!当初は単穴の予定。同馬のキャラからも手が抜群に合っている感。元々は先行タイプでコレも重箱っぽいも前走逃げたことがどう出るか?ココは前半のラップが速い馬が揃ったGⅠ。モレイラ騎手騎乗なら杞憂に終わる可能性も枠次第な面も。

上位4頭は序列付けたも差はないと見ています。

注にはダイメイプリンセスを!アイビスSDの強さから新潟千直ベターのイメージも、前走の走りは一皮むけた印象も受けました。馬場の悪化が微妙もセントウルSをパスしたことが良い方に出れば。ただ不確定要素の高い印です。オッズ的には付くでしょうから少ない投資で!

△1にはラブカンプーを予定していました。サマースプリント3走で全て好走。疲労は心配ですし、良績のない3歳馬。とはいえサンプルが少ないのも事実。前走、明らかにサマースプリント狙いも重馬場に坂をクリアしたのは収穫。状態落ちとタカをくくっていると痛い目にあうかも。コレもダイメイプリンセス同様の少ない投資で!

△2にはラッキーバブルスを!相手関係が分からないも、前走1400mを使ったことがどうか?ただ宝塚記念のこともあります。現状、日本馬と香港馬のレベルがどうなのか?馬場が緩くなれば更に有利になる可能性。正直、良く分からない面が多いので抑えかな?

ココからは馬場次第!良好で軽い芝ならばキャンベルジュニア厚めにワンスインナムーン!

馬場の悪化が顕著ならばセイウンコウセイを厚めに、ムーンクエイクとグレイトチャーター!

レッツゴードンキはちょっとどうしようかな?ってトコなんです。同馬は陣営が、完全にスプリンター使用に仕上げた感。衰えも感じませんので好勝負の可能性も。馬単体ならば上位の印にしたかも。意外かもしれませんが同馬の懸念は鞍上。岩田騎手のポテンシャルや技術を疑っている訳ではないんです。穿った見方かもですが少々別の理由。というのも、もう直ぐ息子がJRAで騎手デビュー。それも栗東リーディングをひた走る藤原英厩舎所属との報。素質も相当とのウワサ。こういった面からも、騎乗自体に気合十分も敵を作らないような優等生騎乗をする(既にしている)のでは?と。岩田騎手は騎乗技術自体、上々でさすがと思わせてくれることは多いも、馬券を買う側からすると魅力はイン突き(馬群突破)!このところそのイン突きがやや封印されている気もするんです(違ったらスミマセン)。また騎乗数自体少ないとはいえ中山1200mで良績のイメージも薄い。スプリント戦でチョイ負けが多い同馬。鞍上のアシストがあればというところでは?馬は好きなんですが、人気もそこそこするので、馬券的には買うなら消極的な抑えかな?

ピックした頭数も多く、中途半端なジャッジですみません。現時点では対抗・単穴・☆のどれかに本命をスイッチしそうな気も…。オッズ的には☆にしたいところも馬場が良好で、お釣りがあればというところ。しっかり見極めないとですね。先週、週頭と当日の評価を変えたことが裏目に出ましたが、今回も変えそう。枠と追い切り見たらそこから更に変えるかもしれませんが、また独り言でつぶやく予定ですのでご了承ください。

最後に先週の馬券的にはボチボチでした。このサイトをご覧いただいている方ならお分かりかもしれませんが、一応、中山は✖(ダメ)◎(良かったッス)△(抑え)✖(ダメ)で阪神は✖(ダメ)〇(チョイ浮き)△(ガミリ)◎(まあまあッス)という結果でした。投資額的にはかなり差をつけて買ったんですけどね。最終的には思った程は勝てませんでした。今週こそっていつも言ってますが、頑張ります。応援いただけると幸いです。

いよいよGⅠシーズン到来!年末まで負け知らずで行きたいものです。自分はもちろんのこと、皆さんも高配当ゲットできますように!では頑張りましょう。

by競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji