京都大賞典2018他、ちょっとしたデータと馬体を見た感想他!

競馬オヤジの壺

GⅡ京都大賞典!

ちょっとしたデータ!

馬齢的に馬券圏内は4~8歳も4,5歳馬が強い。出走頭数が少ない年があるからか、前走クラスは準OP以上。前走着順は意外と様々。3歳馬逃げ馬関東馬苦戦。前走宝塚記念で掲示板に載った馬は好走。特にここで1番人気になった馬は前走掲示板の場合、連対率8割。

続いて登録馬!

指数と馬体を見た感想他のコメント。プラス材料大は赤文字、プラス材料小にはオレンジ文字。マイナス材料大には紫文字、マイナス材料小には青文字

※指数については出走馬の過去指数の相対的なものになります。また過去最高指数に近走状態を加味しており、国内レース中心・当該距離にて評価しております。A~Eで想定。A本命級 B次点 C連下なら D恵まれて E厳しい 更に同じランクでも上下を付ける場合もあります。3歳戦の場合、サンプルが少ないので指数は拮抗しています。
また昨年及び今期成績の良い厩舎力の高い厩舎(東西リーディング10位以内と重賞成績をメドとする)にはを!

競馬ブックweb(有料)や競馬ラボ(こちらは無料)に馬体写真があります。またそこに馬体のコメントもあります。参考にどうぞ!

アルバート 指数B 7歳牡馬 美浦堀厩舎 J・モレイラ騎手予定 差し追い込み 前走宝塚記念13着 

見た目的には、立ち姿の線が少々硬く、筋肉の柔らか味も微妙なところがステイヤーっぽい。またシルエットに窮屈さがなく、バネがある軽い四肢など良好な長距離馬の箇所多数。母系もそれを後押ししています。また父の産駒は少ないながら、アドマイヤデウスのようにクラシックディスタンス~長距離で活躍した馬もおりベガの血(トニービン他)の優秀性(底力)も感じます。ただファンの方や関係者の方には申し訳ないのですが、父(アドマイヤドン)の産駒がややコンプレックスホース的な印象。同馬もアドマイヤデウスも指数的にはGⅠ勝てそうな位置にいると言っても過言ではないんです。両馬共、厩舎も優秀ですし。今回の写真を見る限り、先を見据えた造りに感じます(狙い中の狙いはステイヤーズS4連覇か?)。また関西圏での出走数が少ない同馬。輸送に何かあるのかも。堀厩舎ですからレースまでに帳尻合わせるでしょうけど、少々太めで鈍重な感。ただモレイラ騎手騎乗じゃん!という意見もありそう。確かにそれもあるでしょうが身元引受調教師ですし、GⅠに向けて京都競馬場の経験値を増やす目的もありそう。2400mでも能力的には好勝負可能なので追い切り他、直前の気配次第でしょう。

ウインテンダネス 指数B上 5歳牡馬 栗東杉山晴厩舎 菱田騎手予定 逃げ先行 前走GⅡ目黒記念1着

父と母父は一見地味も、優秀な母系が父母両方に入っています。人気薄で好走した前走(GⅡ)ですが、掘り下げれば納得。馬体的には500㎏超も細身に見えるくらい伸びがあって四肢もスラッとしています。また5歳秋ですが、馬体的にはフレッシュさを感じるのですがどうでしょう?肩の傾斜や胸の深さ、繋ぎの長さなど芝の長距離を走るうえで良好なパーツが多々。胴も良好な伸びがある感じで、斜尻に直飛気味で長く良い脚を使いそう。前走、騎乗した内田博騎手が腕が痺れる程掛かったとの弁も、好位から凌ぎ切ったのは、保有するスタミナの優秀性はもちろん、本格化の兆しの可能性。今回、どういった競馬を見せるか?注視。

ケントオー 指数C 6歳牡馬 栗東西橋豊厩舎 小牧騎手予定 差し 前走GⅢ新潟記念7着

結果が出ていない2000m超も年齢的にズブくなっているとの判断か!?京都コースは得意なので新味を!

サトノダイヤモンド 指数A 5歳牡馬 栗東池江厩舎 川田騎手予定 差し 前走GⅠ宝塚記念6着

やや独特も良好な馬体の持ち主でスケールも感じます。ディープインパクト産駒らしく、筋繊維は繊細で、収縮力はボチボチかな?シルエットは雄大で伸びがあり、骨格の可動域も良好そう。また繋ぎはスラッとし、蹄がしっかりケアされ丈夫そうなのはいいですね!皮膚の薄さも抜群で、一流馬多数所属の池江厩舎の中でも目立つタイプでしょう。陣営は2000~2400mベターとの弁。実際に日々、身近にいて世話している関係者の考え方なので真実味相当も、見た目はステイヤーっぽいんですよね。筋肉の質や体幹の感じからも雄大な馬体を速く動かすタイプではなく、大きな跳びと長く脚を使う持続性で勝負するタイプと見ます。昨年の天皇賞春ではスーパーホースとして生涯最高の走りを見せつけたキタサンブラックに完敗も、外枠から負かしに行った同馬のレベル(指数)は相当。3角からの下りでスピードUPし、惰性で直線へ!という京都の長丁場は合うでしょう。以前からこのブログ等でコメントしておりますが、大阪杯や宝塚ではなく天皇賞春に出走して欲しかった。今年のメンツなら、競馬場違うも昨年の阪神大賞典のような競馬が出来たのでは???海外遠征のダメージは間違いなくあったも、適性高い今回はそのポテンシャルを見せつける可能性大では?

[地]サンエイゴールド 指数未定も想定D 5歳牡馬 岩手瀬戸幸調教師 水沢 山本聡哉騎手予定 先行差し 前走盛岡芝1700mOP2着

前走は中央の芝で好走しているハッピーグリン(500万下1000万下勝ちでOPでも3着)と0.7差2着。それを物差しにしても、ココは相手が強い。自身の競馬でどこまで!

シュヴァルグラン 指数A 6歳牡馬 栗東友道厩舎 福永騎手予定 先行差し 前走GⅠ天皇賞春2着

若い頃から、その成長曲線や適性を理解し、レースを選びながら使ってきた厩舎の手腕は相当。またそこで我慢し、力が付くのを待ったオーナーもアッパレといって良く、その英断がココまで強くしたといっても良いのでは。力感ある首に伸びやかで流線形の馬体は良好。昨秋から完成期に入った馬体は衰えどころか、充実一途を感じます。後肢は曲飛で四肢はスラッとしています。脚の回転でエネルギー効率の良い走りと相まって長い距離は同馬に持ってこい。今回、調整は順調との弁も始動戦なので皮膚にはやや厚み。目標自体は先っぽいので、ココピークという事はないも、GⅠ馬として良好な仕上がりに見えます。京都コースも距離も得意。1つ懸念をあげれば、鉄砲はそれ程でもないという面。また福永騎手は手が合うも、最高のパートナーは位置取ってインベタ周回をする剛腕のボウマン騎手。1つ下のライバル対決をどう乗り切るか見物でしょう。

スマートレイアー 指数A下 8歳牝馬 栗東大久保龍厩舎 浜中騎手予定 自在 前走GⅠ宝塚記念10着

バランス的にやや重心は低く見えるのもも、短距離馬のそれではないでしょう。1400~1600mでの好走はそういった面と絶対能力の感。葦毛なので見えにくいも柔らか味のある筋肉の質に収縮力も良好そう。首や胸前、の力感は抜群で、トモの張りも良好。斜尻に四肢の感じはディープインパクト産駒らしい。骨格の可動域も良好そうですし、運動神経も上々っぽい。8歳になりますが、自身もタフですし陣営の素晴らしいケアの賜物。立派ですね!強力牡馬に混じっても好走する反面、GⅠ勝ちがないのはやや不思議に感じますね。可能性的には脚の使い所が少々難しそうなのと、前肢に見える接着装蹄?蹄底もあまりないので、開幕週の良好な馬場向きなのかも?GⅠは大概、開催後半に多いですからね。2度目の騎乗になる浜中騎手がどう乗るか?本質的には手が合いそうも、ここ数年の件から多少の遠慮が見える面もありますから。京都外回りなので昨年のような、鮮やかなイン突きを!

パフォーマプロミス 指数B下 6歳牡馬 栗東藤原厩舎 岩田騎手予定 先行 前走GⅠ宝塚記念9着

小柄もかなり筋肉質。頭部が小さく見えパッと見の小柄さはあまり感じません。胸前やトモの筋肉量は抜群で前腕や脛も逞しい。繋ぎはやや短め。そういった面からバランス的に重心が低く見え、また荒れた馬場は得意そう。胸は深く、胴は逞しく母系の影響か腹袋があり底力もそこそこ。また前後に長めで窮屈さはありません。そういった面と心肺機能から距離は中距離~やや長めなのかな?1つ懸念をあげれば、まとっている筋力に比べ骨の逞しさが微妙。そういった面がGⅠ等の上級重賞でどう影響するか?速い時計に対して少々疑問あるも、6歳にながらココまで14戦とまだまだ成長の余地はあるでしょう。鞍上のこのところの騎乗っぷりがらしくないと見ていますが、この頭数で京都なら得意のコース取りに期待しても。

プラチナムバレット 指数C上 4歳牡馬 栗東河内厩舎 幸騎手予定 先行 前走GⅢ七夕賞落馬競走中止

馬体の良さは姉同様もスラッとした四肢他、父系の影響力が強かったような(写真ないので記憶から)。成長自体もユックリな印象で早くから素質の片鱗見せるも徐々に力を付けていくタイプでは?前走は不運なアクシデントも大事に至らなかったのは同馬が持ち得ている強運!?数々の活躍馬を出しましたが種牡馬として晩年に突入しているマンハッタンカフェ。産駒の傾向にも変化があるような気がしますがどうでしょう?

ブレスジャーニー 指数B下 4歳牡馬 栗東佐々木晶厩舎 和田騎手予定 差し追い込み 前走OP丹頂S4着 

近走は長めを使っているので陣営のジャッジ的には長距離向きなのかな?2歳時に重賞勝ちした東京1800m(毎日王冠)には行かず、こちらを選択した意図としては、適性面ではなく出走馬の顔触れからの入着狙い?それとも小柄な面から輸送を避けた?元々体質も弱かったですからね。繊細そうな骨量の感じからもキレ勝負ならこの距離でもいけそうではあるし、鞍上が新味出す可能性。

モンドインテロ 指数C上 6歳牡馬 美浦手塚厩舎 松山騎手予定 差し 前走札幌日経OP5着

印象的にはロベルト系の良い面は多々あるも、やや無骨でしなやかさに欠ける胴の感じから上級重賞での限界も。スタミナはありそうも、スピードも上々。OP超級のユーティリティプレイヤーのイメージが強いかな?馬齢的に上がり目薄いも、初騎乗の鞍上が思い切った展開に持ち込んで新味を!

レッドジェノヴァ 指数C下 4歳牝馬 美浦小島茂厩舎 池添謙騎手予定 先行 前走準OP1着

シンボリクリスエス産駒らしく、雄大な馬体の持ち主。骨量豊富で筋肉量も多い。骨格の可動域は良好そう。ただ同産駒には雄大な骨格を速く動かす体幹や、勤続疲労を起こしにくい柔らかい筋肉を持つ馬が少なく(配合次第も比率的に)重たい印象が強いためダートに出やすい感。同馬の場合、立ち姿のシルエットというか、骨格は芝向きの面が多々。繋ぎも長くクッションが良さそう。伸びやかさは十分で、見た目から適性距離は長めに感じます。同馬の筋肉の質は結構、柔らか味があり収縮力は抜群っぽい。また皮膚が薄め。状態も相当良いのでしょう、銭形が浮いて見えます。蹄底もあるタイプ。あくまでもパッと見の印象ですが、軽い芝で、広いコースの京都よりも北海道の洋芝や力のいる小回り向きの感。ココは今後のため(エリザベス女王杯への適性を探る)の出走?

総評~っす!

まずは馬場について。JRA発表では芝の張替えはもちろん、エアレーション・シャタリングとも実施したとの報。ちなみにこれは東京も同様。開幕週ながら踏み固められていない状況なら、差し追い込みも数年前に比べ不利ではなくなりました。天候による馬場の悪化は未定も、やや前有利程度のジャッジで良さそう。そういえば昨日UPした毎日王冠。結構、データや血統は無視気味でした。ポジティブなデータとしては上がりの速い馬。血統的にはディープインパクト産駒がこのレース強いこと。それとキングカメハメハ系(特にルーラシップ)が東京の1800mは好成績なので、要注意ですよ。ただ現状の予想としてはUPした通りで考えています。

では京都大賞典の総評~っすに戻します。印上は様々も、オッズ的には2強の様相。両馬共、このコース・距離は得意としているので一騎打ちと見る向きも多そう。指数的には昨年のこのレースの勝ち馬で、数々のGⅠ好走歴のある女傑・スマートレイアーが2強に続く形。他馬とはやや差もあり、本命党の出番の可能性。

じゃあ競馬オヤジも指数通りで買うのか?と言われれば微妙。というかそもそもこのレースは見るレースと考えており、今週の大きい投資は別のレースの予定。この時点で、この2頭の評価がご理解いただけるのではないでしょうか?じゃあ、どちらを上に取るか?

ココはあまり次を考えずに仕上げるであろう、サトノダイヤモンドが斤量的にも有利なので上位に取りました。海外遠征のダメージはメンタル的に大きかったでしょうし、疲労も相当でしょう。ただ同世代のマカヒキのように、成長云々の問題はそこまでではないのでは。むしろ、適性面がどうだったか?馬体から推理する週頭のブログなのでその辺を中心に考えれば、軽い芝の長距離馬という見立て!パワー相当という弁がありそこは納得も、小脚ない不器用なタイプで、緩急や急加速は苦手っぽく、キツいコーナーも微妙なので内を突く選択肢もほとんどなし。またフランスのような緩く深い路盤に草丈のある馬場も適性からは苦手と見ます。ココは向くハズなので勝ってJCへ!

対抗にはシュヴァルグランで仕方ないでしょう。適性面や評価では本命馬とかなり近い。不利な面は斤量。それから不利というか、馬自体が叩き良化型という面。JCの連覇が本線っぽいので、ヘタな仕上げはないもピークは次走。完成期に入ったがゆえ、体調の変動は少なくなった感も逆にズブくなったというか、良化度合いが更にスローになった可能性も。写真見る限り馬体良好も皮膚1枚厚そうなのも事実。その辺の差で、阪神大賞典の再現に近いと見ますがどうでしょう?

馬券的にはむしろココから。、次点人気にはパフォーマプロミス。それからアルバート、ブレスジャーニー、スマートレイアー、ウインテンダネス、プラチナムバレット、レッドジェノヴァという感じかな?

基本的には前述の馬の、前から3頭が人気しそう。パフォーマプロミスは馬体も良く、厩舎はリーディングの藤原厩舎。上位2頭に食い込む可能性も。鞍上もこの頭数で京都外回りなら、イン突きで力差を埋める騎乗をするかもしれません。そうなると怖い1頭。アルバートは仕上がり次第も鞍上がモレイラ騎手。今年の天皇賞は8着も差は僅かですからね。まさかの先行でアッと言わせたりして。ブレスジャーニーはこういった言い方は陣営にアレですが、レース選びが不可解も、そもそもこの父系であの芝の走り自体が不可解(笑)陣営の狙いは入着と見るも、長めの距離の軽い芝に適性とジャッジしているのかも?

競馬オヤジが狙っているのはウインテンダネス!京都5戦0勝でどちらかといえば左回りの方が良績。またデータ不利な逃げの可能性もありますし、前走から3㎏の斤量増とネガティブ三昧。このレースの結果次第も、陣営的に次走は東京の2500mor2400mでは?前走、人気無く、鞍上のコメント通りロスあった可能性も指数上々で成長力を感じさせました。指数はもちろん2着に負かしたノーブルマーズを物差しにしても、次点馬の中で決して劣っていないどころか、むしろ勢い含め上位。厩舎は今、勢いありますし、鞍上も今年初重賞制覇した菱田騎手。思い切った勝負に出てみては?

スマートレイアーは正直鞍上がどうか?浜中騎手はいろいろあったも、競馬オヤジ的評価はかなり高い騎手。ただレジェンド・武豊騎手もしくは稀代の勝負師M・デムーロ騎手が抜群に手が合う感。特に前者だとやや長めで後者だとやや短めの距離がベターかな?枠次第も頭数手頃なので、昨年レジェンドが選んだようなコース取りすればキレは上位!鞍上はイン突きするもフェアな騎乗でトラウマ払拭を!

ブレスジャーニーは新味期待も、意外とファンというか、その意外性から馬券売れそう。うま味あるかどうか。レッドジェノヴァは個人的には小回りの洋芝向きとのジャッジも、浅いキャリアから未知の期待でそこそこ売れそう。プラチナムバレットは京都適性高く鞍上が積極的に乗る騎手なので魅力十分も、前走の落馬競走中止は気になる。またマンハッタンカフェ産駒の上級重賞での底力が落ちてきた印象も。前走のアクシデントから逆に着拾いの競馬で、何頭交わせるか?という競馬をしてもおもしろいかも?

長々と説明しましたが、2強に対してポテンシャルでというか真っ向勝負で食い込むのはかなり厳しい。展開利生かしつつ、意外性と成長力でウインテンダネスに期待したい。馬券的には3連系を工夫してウインテンダネスと、追い切り良好な馬を1頭程度ピックすることになりそう。現時点では迷っているので、また週末に独り言でつぶやく予定かな?万が一、2強危うしと見れば、話は別も馬体写真や陣営コメントからもそう崩れることはないと見ましたがどうでしょう。

GⅠ南部杯

*中央馬のみになります。ご了承ください。

オールブラッシュ 指数C下 6歳牡馬 栗東村山厩舎 田辺騎手予定

ゴールドドリーム 指数A 5歳牡馬 栗東平田厩舎 C・ルメール騎手予定

ノボバカラ 指数C下 6歳牝馬 美浦天間厩舎 吉原寛騎手予定

ノンコノユメ 指数A 6歳セン馬 美浦加藤征厩舎 内田博騎手予定

ベストウォーリア 指数C 8歳牡馬 栗東石坂正厩舎 騎手未定

メイショウウタゲ 指数C 7歳牡馬 栗東安達厩舎 酒井学騎手予定

ルヴァンスレーヴ 指数A下 3歳牡馬 美浦萩原厩舎 M・デムーロ騎手

総評~っす!

台風による天候は心配ですが、一応現時点での結論を!昨日、仕事でUPできなかったのですが、船橋競馬場で実施された、日本テレビ盃同様の考え方と力関係だということは明らかですね。日本テレビ盃に関して、冷静な方が多かったもテイエムジンソクに期待した方も結構いらしたのでは?コレは個人的意見ですが、馬体自体の柔らか味や良好なシルエットは維持されていたと思うんですよね、パドック見る限り。ただ周回中の仕草他、妙にメンタルが

「アレレっっっ?」

っていう。同馬は父に似たような流線形のシルエットも、キャラ的には意外と器用というか、小回り平坦のスピード比べが本質と見ています。また、前半そこそこのラップで行って、途中で息を入れ、早めに仕掛け長い脚で後続を完封するという走りがベター。意外と型にハマっているタイプ。砂の深い浅いに関しては慣れれば、地方の深ねの砂はいけるのでは?年齢や出走数的にもあまり余裕がないので、まずは馬の自信を取り戻すレースに出走した方が良さそう。また個人的に古川騎手は応援していますが、騎手の変更も重要と見ます。馬主との関係性もあると思いますが、一番手が合いそうなのは、実はレジェンド・武豊騎手だと思うのですがどうでしょう?ただテイエムオペラオーの現役時の件(某元騎手を中心としたオペラオー潰し)が現状、どうなったか?と勝手な詮索がありますけどね。ならば先行して達者な幸騎手や和田騎手といった、レジェンドとは少々タイプが変わりますが、当たりの強い、馬をもたせる騎手という手も。いずれにせよ、同馬の中距離指数はGⅠ級。衰えてしまったり、馬のメンタルがどうにかなる前に手を打って欲しいかな?

と、長くなりました。では今回の総評~っす!に戻ります。日本テレビ盃を持ち出したのはテイエムジンソクのことが言いたかったというのもありますが、それ以上に同様のレースになるということ。指数的に上位3頭が抜けています。調整ミスやアクシデントが無ければ、ほぼほぼこの3頭の並びで決まってしまうと思います。指数BやB上辺りがいれば3連系で狙うのもあったんですけどね。ココは本命党の方の出番でしょう。これ以外の馬が来るようならば、それはカオス的決着。確証ある根拠を持って人気薄を推せる理由があれば、お教えください。勉強になりますので!

サウジアラビアRCは時間的にUPは難しそうです。スミマセン。では中央地方盛りだくさんの3日間!キッチリ勝てますように。頑張りましょう!

by競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji