毎日王冠2018他、競馬オヤジの独り言!

競馬オヤジの壺

今週は3日間開催ですね!競馬オヤジ的には季節や力関係がハッキリしてくるタイミングが最も投資する時期なので、この時期は中穴狙いしながらも分析が中心。分析が正しい訳でもなく、目分量の方が迷わなくて良かったり、その逆のケースもありますね。他の指数算出されている方とは違い、全レース分析している訳ではないのですが、たまに早い時間のレースにぶち込むこともあるんです。なので今回は京都の8Rなんぞを入れてみました。

京都8R

ココは人気でも⑥に期待。母系の血統的重さの関係かは不明も、芝ではチョイ足りず。ダートに路線変更してからは安定味十分の走り。元々、芝でも上々の走りをしており、500万下までは突破の可能性を感じていた馬。ダートなら上手くいけば準OPやOPまで行けそうな気がする。ココは一般戦で軽斤量馬(見習い騎手騎乗)ボチボチで展開面が読みにくい。また京都適性も微妙な古馬がそこそこ人気もしているので、3歳中心というのも面白い。人気の古馬は脚質関係なく抑えに回し、⑧⑪④辺りは積極的に狙いたい。地方3戦3勝の⑩は未知の魅力!厩舎、馬主、地方実績から狙いたつと見ることも。パドックの気配重視で!

京都9R

この手のレースは昨日のグランアレグリアのような超素質馬以外は、意外と人気があてにならない。基本的には「見」で、各馬の将来性を分析すべき。もし買うのであれば気性が安定していて鞍上に位置取れる騎手騎乗馬というのがベター。能力自体が完全に足りないか、勝ったレースがピークだった馬以外は割と食い込む。⑥中心も手広くが良さそう。またこの時期の2歳牝馬は馬体重要注意で、⑦はおもしろい存在も厩舎が馬体維持に不安の弁。④は2走前の指数が優秀。血統的にも距離延長はプラスなのでヘソが曲がってなければ。③は小柄で気配他注視。⑤は人気でも軽い芝合う可能性。

京都10R

今日の京都の騎手は若手中心。人気だとしても、厩舎・オーナー(生産牧場含む)の当たり前の騎手起用を狙うのが常道。その視点からいけば⑤。ただ今年の3歳世代は古馬混合レースの成績が上々。若手騎手騎乗でツツかれる可能性大も前走先着を許した2頭は、出走すれば菊花賞でも印が付く。実はワンターンの外回りが向かない可能性は高いと見るがこの少頭数で、古馬も1000万下の中位下位馬が多々。強いて言えば⑤と⑧は相手次第という実力。ならば前述の理由からも⑤は評価せざるを得ないか!?③は骨折明けで仕上がり次第も、いずれこのクラスは突破しそう。つまらない見解も②、⑧を絡めて並びで勝負か!?

京都11R

フルゲートのハンデ戦で、荒れる要素十分。ハンデ見ても分かるように、このクラスは実力拮抗。指数的には①⑦⑧⑬⑭⑯⑱も他の何が来てもおかしくない。10Rのところでも述べたが、今日の京都は若手中心。陣営の指示や馬の気性(脚質)中心で騎乗する可能性が高く、展開面も極端になりそう。穴党の出番もどう展開を読むか?がポイントで、それでハマれば高配当ゲットの可能性。開幕週の京都小回りなので、前半のラップが速くなることに期待。軸には差し脚期待の⑬!逃げ先行ではHペース耐性高い馬を狙いたい。①⑧辺りが該当。⑦は京都得意で巻き返しありそうも、父の産駒は揉まれ弱さがあり、人気薄、揉まれない外枠が理想。買っても抑え。むしろ、⑩⑫⑰辺りの人気ない実力馬や⑭⑯の方に期待してみたい。後は追い切り良かった②は要注意か!?

京都12R

なかなか粒揃いも、指数からは割と絞れる。指数的には順に⑥⑭⑦⑬⑨。次点で勝ち味に遅いも相手なりの⑧。以外の馬とは指数的に差があり、展開利や究極の仕上げによる爆走、レース中のアクシデントでもなければという力関係。ハンデの面でメイン騎乗できなかった(当初トゥラベスーラに騎乗予定)⑥の鞍上が本気乗りすると見る。相手には指数上位の並びで。

東京9R 降級馬①③⑥

少頭数も、指数優秀な馬がハッキリ。⑤が抜けて、次点に③④⑥②。⑨も決して低くはないがさすがに近走成績からどうか?穴党なら狙っても!?③⑤の外国人騎手騎乗馬が圧倒的に支持を集めそうなので、3連系の並びがベターの感。③はコケる可能性あるも、さすがにこの頭数。人気2頭が差しということもあり、展開利のある②④!それと仕上がり次第でそれ程期待できないも⑧の食い込み。⑥を絡めるなら1点勝負か、ガミり覚悟の抑え!?

東京10R 降級⑧

この時期のダート1000万下・準OPの3~5歳(遅咲きの馬)は本当に層が厚い。指数的にも優秀な馬が多い感。ダートはこの時期はまだ古馬の方が力上位が普通も、ココは3歳の⑭が中心か!?鞍上の川田騎手は元々、同馬騎乗の為の東京遠征。メインの①はデムーロ騎手騎乗停止で回ってきた(同エージェント)。相手には外国人騎手鞍上の②⑦が人気するも、⑭軸からだとオッズ的には期待できない。指数優秀な馬が多いも、休養明けも多い。仕上がり面も重要。一応指数上位馬は順に⑭⑦⑧⑯⑫②。次点に④⑪。⑦は抜群の安定感で対抗は揺るがないか!?この距離のダートで中心馬が先行脚質なので、展開利がどこまであるかも⑧⑯には期待してみたい。指数上位(人気サイド)で仕方ないも気配重視で!

東京11R GⅡ毎日王冠

基本的に週頭の見解と相違はない。ただ⑨は追い切りの動きからも評価を上げざるを得ない。⑦に関しては2番が利かないのでココ勝負と見るかがポイント!次走睨みつつもココは力試しと見て、それなりの仕上げでは?ただ気性的には鉄砲効く。②⑫は適性図る出走の可能性も素質上位。ただ⑫は血統・馬体・走法からも中山や小回りの方が現状向きそう。②は馬体からマイルベターの感。前半ユックリで直線勝負でどこまで!?③は相変わらず良好な調整。陣営は衰えはないとの弁もさすがにGⅠ級の指数になったら厳しそう。現状そこにボーダーがあるのでは?①は追い切りの動きも前進気勢イマイチで週頭のコメント通り様子を見たい。底力あるも抑え妥当。⑤は展開的に向くかどうかも、故・大橋巨泉氏が

「府中の1800展開いらず」

という格言を残されたように、JRA全競馬場、コースで最もそういった傾向が強い。あまり神経質になる必要ないかも。④はこのコース向くタイプ。ただ池江調教師が背腰がやっと良くなってきたとの弁。走りを見る限り、その言葉通りの印象は強い。首をグッと下げた走法で好調教に見えるも、なめらかな体使いでハズむような走りまで行ければ相当なタイプになるのでは?成長度の問題の可能性も、キャラという見方も。能力高く堅実なタイプもこのレースでいろいろ見えそう。穴なら好調教の⑪と見るがどうか?例年は上がりの速い馬中心でディープインパクト産駒が強いも、今年は少々違う感。⑨がレースを支配するので好位中段からパワーあるソコソコ速い上がりを使える馬。

*週頭の見解をご参照ください。変わったのはアエロリットの追い切り評価が↑という面。

東京12R

京都のところでも述べたようにこの時期のダート1000万下はなかなか層が厚い。指数的には既に準OPクラスの⑪が抜けているも、海外等、過去実績的にはOPにいるべき馬。ゲート難を理由にするも他にも何かある。砂の問題か?芝スタートか?ラップの問題か?メンタルの問題か?個人的にはこれ等の複合で買い時が難しいタイプとのジャッジ。モレイラ騎手騎乗で人気被っても対抗に留めたい。指数上位は前述の⑪筆頭に⑤⑦⑭⑮。次点で②⑬。展開的に先行したい馬多数で前掛かりになるも、どこにキツいラップが来るか?それ次第で後方が届くかどうか???も、それに賭けてみたい。パドックの気配次第も、⑤⑦辺りは狙いたい。また穴なら⑬。⑪はもちろん⑭⑮は仕上がり次第で。

今日は割と人気重視になってしまいました。馬柱見ても分かるように、この開催狙いの馬が多い感。特にダート戦は出走頭数も多いですからね。こういう日は、人気サイド中心になりそうなので、あまり極端に投資額を変えずにという感じですかね?京都のメインはかなり読みにくいですが。

明日も、競馬があるので資金配分は考えないとですね。明日も独り言はつぶやけそうかな?良かったら覗いてみてください。あ、凱旋門賞楽しみですね。海外競馬にはあまり詳しくない競馬オヤジですので、買うかは微妙ですがクリンチャーのことはキッチリ応援したいと思います。では高配当ゲットできますように!頑張りましょう。

by競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji