秋華賞day2018!競馬オヤジの独り言。

競馬オヤジの壺

GⅢ府中牝馬S ディアドラ号優勝!

おめでとうございます。

橋田厩舎 C・ルメール騎手

森田藤治氏 ノーザンファーム生産

勝ちタイム 1.44.7 勝ち馬上がり 32.3

12.5 11.0 11.4 11.5 11.8 11.7 11.4 11.6 11.8

ペース判定 ミドル レース上がり 34.8

ディアドラ!強い!ココまでの走りから小回り洋芝の中距離馬とのジャッジも、東京1800m・軽い芝のワンターンでこの強さ。血統も優秀ではあるが、その成長力には圧巻。オークス時は、まだ野生馬然としたシルエットに皮膚感だった記憶。3歳夏から2段階くらいの急成長を見せ、ココにきて一層の充実。う~ん、この成長力を引き出した関係者の方々の育成法は素晴らしい。正直、ココまでの成長力を見せる馬(成長をさせた)は近年稀になりつつある感。正直、距離とコース形態からエリザベス女王杯はやや軽視気味で対抗以下の印予定も見直し必至!関係者の皆さま、おめでとうございました。

競馬オヤジの本命リスグラシューも強い競馬。ただパドックでの仕上がり具合では他馬に若干ですが、劣っているというか、休み明けっぽさ。同馬の特徴でもあるのでしょう。また瞬間的な力感があまりないタイプなので、一定の速い上がりを使うんですけどね。目標にされたアヤはあるも、勝ち馬とは2kg差。ココで負けたことで、人気下げそうも厩舎的にどう逆転を狙ってくるかは見物。まだ見限れない!馬券的には同馬頭中心。何とか抑えで元取りという感じでした。

さて9着敗退のミスパンテール。頑強な血統、馬体から急に萎むことはなさそう。ただ気性面からも好不調はハッキリ。また距離にも課題がありそう。将来的な適性拡大のためのチャレンジだったのでしょう。1400~1600のやや時計が掛かる坂のあるコース(細かく言えばいろいろあります)に戻れば。

3着のフロンティアクイーンは能力値高いも、いかんせん勝ち味に遅いタイプ。今後も好走はするでしょうけど、ブチ抜けるのはさてさて。4着のジュールポレール。GⅠ馬の底力は披露。次走は変わるでしょう。前年の覇者・クロコスミアは5着。正直、今年の指数の方が昨年よりも上。競争能力的には衰え感じないも、上位勢が強かった。7着のアドマイヤリードも同様。また同馬はやや渋った馬場じゃないと上級重賞では厳しい。それとピークは折り返した感。というか、あのVMは一世一代の走りだったのでは?

10着のソウルスターリングに関しては、なぁ。大きくは2つあると勘ぐっています。まず1つ。早熟とまでは言わないも元々、完成度が高かった同馬。他馬に追いつかれてきたんですよね、成長が。ただそれ以上に考えているのは3歳秋のローテ。あそこで無理したことで、馬の気性面に問題が。競馬が好きじゃなくなったのでは?また元々神経質な馬なので、厩舎で腕利きといわれる厩務員を付けていたんですよね。メンタルが微妙になり、調整でも四苦八苦の感。サンデーサイレンスの血が入っていないので、繁殖としては期待出来そうなのですけどね。今後のローテはどうするのでしょう?

さて昨日は動画時代から見てくださっている方に分析前の補正前指数だけでもいいからUPを!と言われたので、そのお言葉に甘えてUPさせていただきました。結果は微妙。一応の注釈を入れさせていただいたのですが、あまりあてにならずスミマセン。ただでさえ馬券当てるのは難しいというのに…。今日は一応分析はしたので、昨日よりは精度上がるとは思いますが果たして。

京都8R

指数良好馬多数。その中でも④は伸びしろも多く鞍上もレジェンド。人気でも中心視せざるを得ないでしょう。鞍上が違ければ、逃げないと結果が出ない馬になった可能性も前走から先行脚質に。ココもややラップが予測しにくいが、上手く導く可能性。指数順を一応あげれば、④③⑫⑤⑧⑩⑪。次点で⑬。頭数多いも上位拮抗。気配良い馬を狙うべき。個人的には前走も狙った⑧はもう1回狙いたい。鞍上も厩舎との関係良好も連続騎乗。ペースが上がれば!

京都9R

2歳戦なので、基本堅いか?過大評価か?という面。ココは少頭数のスロー濃厚もやや前掛かりの可能性。③④⑦の三つ巴も、将来性加味して③に期待。このところジャスタウェイ産駒の成績が落ち気味の印象もむしろこの種牡馬が予想以上に優秀だった感。オッズとリスクからあまり買いたいレースではないところ。

京都10R

ココも指数的には三つ巴!⑤④⑧で次点が②⑦。ココも頭数の割になかなか拮抗。展開や仕上がりで何が来てもおかしくはないが、レジェンド騎乗の⑧は安定感抜群。頭で買えるかはやや微妙も、このコースは合う。次点馬も含め、3連系の並びが妥当か?⑧は勝ち味に遅いも、頭でくれば配当うま味も。

京都11R GⅠ秋華賞

今年の3歳牝馬は高レベル。春の実績馬は怪我がなければ相当おもしろいことになっていた感も、離脱馬多数。やはりアーモンドアイとの闘いで疲弊した可能性。追い切りの動き良好馬多数で、意外と目移りがする。⑪は重厚(力感抜群)ながら跳びが大きい走法。芝でこういった走法は過去の名馬と被る。個人的意見で薄い記憶もナリタブライアンがそうだったような。歴史的名牝の可能性大と見る。相手には上がり馬か春の実績馬か、はたまた経験豊富で一見上がり目が薄いタフネスホースか?コース形態からも前掛かり必至でMペース以上の耐性が問われる。

*指数他については週頭の見解と相違ないのでそちらを参考に!

⑪軸ならそれなりの工夫が必要。3連系の3着に薄いところがくるのを期待した馬券に興味。②はスナップの効いた回転の速い走法。小回り合うも実は展開利が必須なタイプ。ココまでの走りからスロー専門の一瞬の脚タイプで、鞍上のアシストあってもどうか?⑦は周知の通り能力高く、確認必須も成長力もありそう。ただ速い追い切り2本と調整過程に不安も。人気から考えても抑えと人気薄との組み合わせ馬券が妥当か。⑬は馬体良好で追い切り抜群。いずれはこの世代TOPクラスの1頭に。過去2走の指数は例年のこのレースなら通用する。後は軽い芝への対応か!?

買いたい馬はまず⑤。血統的には東京や阪神合いそうも、実は使える脚が短い可能性。跳びはそこそこもストライド的に意外と器用。小回り向きの感。元々、モレイラ騎手予定は出っぱの問題。⑱は逃げて勝ってきたも外枠が功を奏す可能性。ココは好位もしくは一か八か中段の外から立ち回る。前走の指数は上々で上がり目あれば!⑥は経験豊富で基礎能力十分。上がり掛かるレース向きで我慢比べも上々。鞍上からも無欲の突っ込みに期待。⑭は鞍上が気になる。過去、逃げ先行差し追い込みと、脚質は自在。鞍上との相性抜群でペース如何によって位置取る。⑯は悩む。本来なら切るが、春の上位勢離脱で差し競馬向きになりそうなので3着なら。

原則、買いたい馬達に⑬を入れて勝負。⑦は組み合わせ工夫してそれなりに買いたい。②は切る方向も一応の抑え。

京都12R 降級馬⑭

ココはコパノキッキングで仕方ない。前走は芝スタートで行き脚がつかなかった。距離短縮も間違いなく現状はプラス。今回の鞍上起用はスタートを強く意識したのでは?オーナー的にも将来、地方交流GⅠ狙いでしょう。指数的には⑭⑬⑮が続き、人気でも続く。ならば次点馬だが相手に④⑦はどうか?④は⑫が作るペースは合いそう。⑦は距離短縮はプラスで展開次第もこの鞍上なら!調教の動きも抜群。外枠の人気馬は抑えもしくは並びで。

新潟11R

GⅠの裏開催のローカルで、非根幹距離OPのハンデ戦と、荒れるというか不確定要素バリバリ。どの馬を軸に据えるか迷い先行。指数的には⑦⑨⑩は良好。ただすんなり決まるかどうか?騎手も若手やローカル中心が多々。ペース的にも速くなりそう。ならば仕上がり要確認も、⑤⑥⑪⑫の3歳馬はどうか?このレース自体、古豪が頑張るも今年の3歳馬のレベル上々。軸決めずに⑩や⑯辺りを絡めて。正直、カオス的決着もありそうで、狙い撃ちは難しい。手広く。

東京10R 降級馬⑩

東京2100mダート待ちの馬は意外に多い。ハンデ戦ながら適性と指数重視で買いたい。指数は順に⑩②⑦④③⑤⑥。次点馬は多く、①⑬⑨⑧⑪。能力的には⑦が魅力も軸にするには距離適性に一抹の不安。ただテキは期待の若手で、経験豊富な理論派。距離延長は向くとの弁で狙った出走の可能性。展開的には④がそれなりのペースで行くのは間違いない。この2頭は近走の勢いからも魅力。拮抗しているためゴール前のひと踏ん張りがポイント。人気以上に中ハンデ馬に食指。馬券の種類にもよるが、ココも手広く。軽い馬場になるので、その適性も!

東京11R

指数的には①と⑦のマイネル勢が上位も近走結果や斤量が微妙。⑥は人気必至で指数的に続くも東京初。左回りも微妙。経験が少ないのであまり気にする必要ない可能性も。ならば前走不可解も、ダービーの末脚が優秀な③はどうか?秋華賞にお手馬がいないとはいえダービージョッキーが遠征した理由の1つが同馬。まだ他力本願なレースしかできないもこのメンツなら勝ち負け必至。相手には指数上々の④⑥⑧のステイゴールド産駒中心に。指数的には拮抗なので、気配良好な馬は買うべき。

東京12R 降級②

指数順は②⑦①⑤⑨。次点で⑥③。指数的には上位拮抗。この時期の芝戦ではこういったケースは多い。ダービージョッキー遠征の理由の1つが⑦(他では新馬とメインか?)。1000万下勝ち上がりに時間要すも成長度の問題だった可能性。相手にも指数上位馬で良さそうも、②は仕上がり注。休み明けはイマイチ。展開微妙も人気サイド中心で決まりそう。

一応、慎重に分析はした積りです。ただ今日のレースは人気サイドで決まるのと、イマイチ良く分からないレースと極端な気がします。狙って買うなら京都の9、10、12Rや東京の最終。手広くても良ければ東京の10R辺りかな?新潟は指数が抜けている馬がいるケースはあり、そこは堅そうですが、混戦の場合は意外と難しそう。

この時期は指数延ばす馬や能力が減退し始める馬も多いんです。ただ指数は後付けになるため、下降する馬の数値の減るタイミングが難しい。数字的には拮抗になるケースは多いんです。後は馬柱や調教欄を見て自分なりに推理するとよいと思います。大よそは3歳馬の伸びに期待して間違いはないですが。それと近年顕著になった騎手の偏重は更に進みそう。それを嫌う人は新潟がお薦め。辛うじて東京でしょうか?京都は偏りそうですから。

では秋華賞筆頭に素晴らしいレースでキッチリ馬券をゲットできますよう。頑張りましょう。

by競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji