天皇賞秋2018dayの競馬オヤジの独り言。

競馬オヤジの壺

新潟11R

この時期の新潟開催なので、騎手は若手かローカル専門。指数も拮抗で荒れる要素十分。ココは穴党の出番。一応の指数上々馬を羅列すれば、⑤⑦⑪⑫⑭⑯と千直向きじゃない馬の指数が優秀。次点に⑨③⑩⑬⑱⑮など、フルゲートもピック馬多数。個人的には他のレースで勝負したいも、WIN5もあるので一応の検討。千直狙いと指数上位の混在という結果で、偏った方向では納得いかない感じになりそう。6,7枠狙いで後はパドックで勢いがある馬を。

京都10R 降級⑩

指数拮抗のハンデ戦の準OP。展開をどう読むか?が大きなポイント。ココは人気でも①が強いと見る。馬格中位で馬体写真を見たことはないが、血統からもパワーに偏った可能性。時計の速い砂はドンピシャでは?指数的には全馬次点までには入る一戦で拮抗。ダートは本来、古豪が幅を利かせるも、現3歳世代はなかなかのレベル。相手にも若い馬中心に!7枠は魅力。また使い込んでいない②。⑨は去勢明けなのでパドックで要確認もセオリー的には見が妥当。抑えまで。⑩は上がり目ある4歳馬。格上なのは間違いなく、好走率は高そうも、人気とのバランスを!癖馬の⑤はスンナリが条件。

京都11R

GⅠのある日のOP戦としてはなかなかのメンバー。指数的には⑨⑧⑦。次点に②①⑩。休養明けで人気するもココは⑨中心。相手にも⑦や①、②辺りの人気サイド。⑥や⑫がいてやや前掛かりも、ペース的には微妙。今の時計の少し掛かる京都なら展開次第も①が穴!京都の1800mがベストなのは間違いない。⑧は仕上がり注視。相手弱化で中穴人気も、伸びしろ的に疑問先行。意外と力差があると見る。

京都12R 降級⑤⑪

非根幹距離で、最終の一般戦でココ狙った出走が多そう。ただ前走馬券内は①⑨⑪のみという低調さをどう見るか?指数的には⑦⑨⑪⑬⑤①。人気的には4歳のダイワメジャー産駒が集める。時計の掛かる馬場も向く。ただ近走結果からも、人気程の信頼性は微妙。⑨は鞍上と手が合い、京都も得意で粘りが増す。逃げなくても競馬できるが展開的にはスローが理想で安定味あるが1勝馬。軸期待も馬券内に少々不安も。あくまでもハマればという条件も、3歳馬⑬の一発にも期待してみても。

東京10R 降級②

ノーザンファームの期待値で騎手が振り分けられているメンツ。指数的にも異論はない。②⑥⑨が抜け、次点に④⑤。⑦⑧はその次か!?ココは余程の事がない限り本命党が勝負するレース。

東京12R 降級⑮

GⅠ後の1000万下特別戦。指数的には⑤⑥⑦②。次点に①③⑩⑮。GⅠ後では外国人騎手のモチベーションが微妙。基本的にはあまり食指が動かない。ペース的にもやや不確定要素が強い。レジェンド騎乗の⑩の逃げで、後続の仕掛けが難しそう。人気程、信頼がおけるかは微妙と見るが。軸にはパドックで確認したいも候補が2頭。②もしくは⑦が気になる。後は状態良好時のスピード指数が優秀な⑤⑩⑮に、仕上がり注視も内が捌ければ③!また安定感から①にも馬券内のチャンス。

東京11R GⅠ天皇賞秋

週頭の見解とそれ程変わらない。ただ展開面に関してが、様々な意見や憶測が飛び交い、イマイチ読みにくい。単なる瞬発力勝負というよりは、前半スローの後半の1000mの持続力勝負と見るがどうか?そうなるとコース形態や回りは違うも大阪杯のようなラップになる可能性。やはり中心には⑤。相手にも位置が取れ、持続ラップに強い馬をピックしたい。菊花賞、香港とやや過酷だった3歳後半も、その後成長を促したことで持ち直した感の⑩。ド不良馬場の菊花賞勝ちも、基本的には中距離の持続型と見るがどうか?走法他、本命馬との共通点も多々感じる。④は現役古馬でその能力は⑤と双璧。東京2000も守備範囲で鞍上も魅力。やはり評価すべき!ただ1週前のの調整は気になる。ローテ的には陣営の本音ではなかろうも馬のキャラ的には中山コースの方が合うと考える。有馬記念に無事出走なら!!!⑨は前走からも距離もつとのジャッジ。それは賛成。マイルであろうと中距離だろうとこの厩舎の場合は折り合い次第(折り合い達者)で基本的にはペース次第と見る。⑥はファンが多い馬。復活を期待する声多数で、今回はレジェンド騎乗。⑨同様前走をどう見るか?個人的には不確定要素が強いのにこの人気では逆張りしたい。また前走の指数も展開的に底力必須もGⅠ級というにはやや足りぬ。2頭共、抑えまで。①は陣営の本気度から3着ならあるかも?(う~ん難しいかな?)鞍上はネームバリュー的には足りないも、腕はかなり達者。ノーザン陣営が今年後半モレイラ騎手の変わりにする可能性も。ただ個人的に馬券内の穴として狙いたいのは⑪。ローテ狂ったのはやや心配も、前走で覚醒の可能性。荒れ馬場良いも、時計も遅くはないし、左回りは向く。持続型の典型で、能力は足りる。③はワンシーズン1走のみ好走と、2番が利かない。次走勝負の気配濃厚で買いにくい。本来ただ1頭の牝馬は相当な名牝じゃないと来ないという定説も。大阪杯好走の⑦⑧は、展開を造る役割の可能性からも抑え。ただ⑦は人気よりも強い。

長くなったも本質は4歳最強馬決定戦と見ている。天皇書秋はディープインパクト産駒の取捨による面がポイントになる。個人的には後半の持続型勝負と見ているので、同産駒で向きそうなのは①と⑥。後は能力的に4歳勢とどこまでやれるか?という面では。

今週はやや本命党向きと見ていますが、散らして買った方が良いと考えますがどうでしょう?天皇賞秋は頭数こそ少ないも古馬オールスターの感。馬券はもちろんですが、見るだけでも興味深い。個人的には4歳上位勢は強いと見ています。後は展開と鞍上次第。あ、⑧の鞍上のコメントが嫌に強気なのは気になる。あまりそういうこと言わない騎手ですからね。個人的には陣営から何らかの指示が出たと見ています。

*仕上がり良が普通も、ラビットの可能性も!

前述もしましたが④は走法や肩や胸の感じからも、中山のような急坂を圧倒的に有利にできるタイプと見ています。逆に東京だとキレのあるタイプ他、向く馬に足元すくわれる可能性あると。ダービーの好走は鞍上のファインプレーと陣営の仕上げの秀逸さでしょう(皐月賞叩いてピークに)。

個人的には来週大勝負の予定も、土日とも仕事等で落ち着いて馬券を買えるかは微妙なところ。ま、先のことよりまずは今日ですね。では高配当ゲットできますよう。頑張りましょう!

by競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji