JBC2018京都開催dayの競馬オヤジのショボい独り言。

競馬オヤジの壺

さて、今日は京都で地方競馬の祭典JBCが行われます!一日にGⅠが3つと、どこで勝負するかが大きなポイントになりますね。競馬オヤジは今日、仕事他の都合でパドックが見れません。よって馬券自体も直前ではなく、朝一で買う予定。

そういえばこのところの傾向として、3,4歳馬の指数の伸びが上々も不安定な面があり、やはりそういった部分を上手くケアできる厩舎、騎手がポイントになります。それとGⅠシーズンでヨーロッパの超一流騎手他が短期免許で来日。社台Gの馬の期待値や振り分け他、ある種の序列も見えてきます。上級レースともなると社台Gの馬が多く出走するので、誰を配しているのかによって馬券作戦を組み立てる必要性はあるでしょう。

最後に裏開催に関しては、やはり不確定要素の強い結果もボチボチ。穴狙いの方はそちらで勝負という手も。ただ競馬オヤジとしては、可能な限り狙ってそこそこ~中穴というのがツボなので、裏開催の若手中心ローカルはやや避ける傾向も。たまにガッツリ狙う時もありますけどね。ただこのところの日本人騎手の状況がなぁ。本当に一部の騎手しか通用しなくなってきているのがなぁ。競馬オヤジが大井競馬に入り浸っていた頃、南関は騎手の宝庫だったんですよね。今も現役の的場文男騎手や石崎隆之騎手はもちろん、名前を挙げたら凄いことに。因みに佐々木竹見元騎手の現役も見ていました。外国人騎手に門戸が開かれたとはいえちょっとという面はあると。社台Gの意向についても、一ファンとしても察することができる部分はあるので、またネタにしたいと思います。

あ、土曜日は珍しく堅いメインレースで勝負し、ボチボチの結果。今日の勝負ができるタネ銭ができたのはありがたかった(笑)今週もあてになるかは分かりませんが、またつぶやいてみます。

GⅠ JBCスプリント

ヘソを曲げようかとも考えたが、指数的にもココはスタンダードに⑤で仕方ないか。前走は落鉄と出っぱが悪かったことが問題との弁。地方の深い砂にも慣れが必要なタイプでもある。ただ指数はこのメンバーでも頭1つ抜けているのが事実。週頭の見解とあまり変わらないも、期待値が上がったのは⑫も、鞍上がどう乗るのか?この騎手に大外ブン回しというのは似合わない。枠の並びからも差し位置の外に陣取る可能性。馬の実力は足りており馬券内にくるかは騎手次第と見るが。⑤の相手には週頭通りある程度位置取って進められる馬をと考えていたが、レジェンドがどう逃げるのかによってガラリと変わる。①⑨への期待値は変わらないも、③⑭は鞍上からも狙ってみたい。④は抑えで穴なら⑦。

GⅠ JBCクラシック

意外なコメントになるが、最大のポイントは⑩の取捨。スピード能力相当で指数もかなりのモノ。それにものを言わせることができる状態に騎乗をすれば圧勝の可能性すらある。因みに指数順は⑩⑨⑧⑭⑫④⑦。次点で①他。1番人気の④に関してはやや疑問先行。3歳時にはJDDで軸に据え大きく投資する程その能力を認めてはいる。京都の1800mGⅢなら大勝負したい馬。ルメール騎手騎乗とはいえ1900mでGⅠとなると1番人気が適正かどうか?血統から馬券を買う人なら本命というのは分かるが…。個人的には連対ということならGⅠ超級同士で買いたい。週頭からの見解から大きな変化はなく、⑨⑧⑭の3頭中心に組み立てる予定。穴は①!で⑫は積極的に買いたい。④はオッズからも抑えというか馬券を工夫するか!?⑦は追い切り良く状態も良好。ただ京都が果たして合うかどうか?人気無いので一応抑える程度。⑩に関しては鞍上が思い切れるかどうか?行くか、控えてみるか?⑧の鞍上のクレバーなシュミレーションには既に組み込まれており、3角で競り落とす算段の感。そうなるとメンタルが強いタイプにも思えず、前走の影響は出る。鞍上のアシスト次第と見るが、意外と正統派。やや暴論になるが関東所属の某騎手辺りが乗ればGⅠ奪還の可能性は感じるのだが。馬券的には人気次第も現状抑えの予定。

GⅠ JBCレディースC

週頭の見解から最も変わらなかったレース。④本命で②と⑩が高評価。また⑯も買いたい1頭。評価が上がったのは⑮。血統馬券の人は積極的に買う馬でしょう。GⅠの厳しいペースが合う可能性がある(ただその逆で惨敗も)。⑨は逃げてどこまで粘れるか次第。逆に距離疑問の⑪は直線勝負で何頭交わすか?③は指数、鞍上、実績から買う要素満載。ただ週頭もコメントした通り、前走の敗戦は気になる。厩舎力は高いので、巻き返す可能性から3連系の馬券を工夫するが、体質他に弱点があるのでは?と邪推も。また父の産駒はこのところ衰えを隠せないというかGⅠだと底力的に気にはなる。鞍上のアシストは大きいが…。

GⅡアルゼンチン共和国杯

実績馬よりも上がり馬が人気!指数順には④⑨②⑥⑩。次点に⑦⑧①⑫⑪。指数からだと意外とどの馬からでも入れる。馬券的軸には週頭通り⑧を据えたい。相手には実績馬を中心にするが、人気でも⑦は無視できぬか!?買い目増えそうもオッズと相談しながら。大よその見解は週頭のをご参照願いたい。

東京10R 降級⑦

準OPダート戦は比較的狙いが立つ。ただココは頭数こそ11頭立ても、指数優秀な馬が多数で、どこからでも狙える。一応の指数順は②⑦③④①。差がない次点に⑩⑧⑪。②に関しては少々抜けてもいる。朝の時点で②⑦⑩が人気。指数的にも異論はない。馬券的にも上位人気の並びで工夫してで良さそう。ただオッズを意識し過ぎるのも良くないが、指数自体が上位拮抗している状況から上位人気馬に不安が無いとも言えない。叩き一変の可能性ある①と、初コースにやや地味な騎手が嫌われている可能性のある④は展開利がありそう。②の仕上がり次第で!

東京12R 降級⑪⑫ ⑫は出走取り消し

人気、レースの中心馬⑫が出走取消。改めて組み立てが必要。指数順は⑧⑪④⑦⑬。有力馬に逃げ先行がいるも、勢いのある3歳馬不在で、減量の恩恵がある馬も3頭。更に指数差があるメンバー構成。無謀な馬の出現があってもペースはミドルまでか?鞍上、厩舎からも⑧の信頼性は高い。相手にも指数上位馬中心でGⅠ裏開催最終の一般戦ながら比較的堅い決着になる可能性。

こんな感じです。福島に関しては分析精度が低く、個人的には買うかな~???くらいなので今回はコメントしませんでした。あ、そうそうJBCに関しての補足です。地方開催の場合、中央所属の人気馬同士で決まるケースが多々。但し今回は中央の京都。中央開催の場合、人気の一角が崩れるケースも多い。今回は馬券的にそれを狙いました。本命党の方はキッチリ買われた方が良いかもですね。では、JBC他、キッチリ取れますように。頑張りましょう!

by競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji