エリザベス女王杯dayの競馬オヤジの独り言。

競馬オヤジの壺

まずは今日のポイントをいくつか。

京都に関しては社台Gが外国人騎手をどう配しているか?普段通りのデムーロ・ルメール騎手だけでなく、モレイラ騎手にクリスチャン・デムーロ騎手も京都で騎乗。コレが一番のポイントになるも、武豊騎手、福永騎手、横山典騎手、池添騎手等日本人の有力騎手も多数。GⅠ開催日らしいも、思惑を読み切りたい。

福島は、GⅢ福島記念の開催で有力な中堅騎手多数。関東からは戸崎騎手や田辺騎手も参戦。田辺騎手は出身地という面他から理解できるも、戸崎騎手がGⅠ開催裏のローカルというのは少々寂しい。メイン騎乗予定馬も除外になり代打騎乗に。平場他では両騎手の馬質からも勝ち星稼ぐ可能性も本来の実力的には京都に行って欲しかった気も…。

最もポイントとして検討しなければいけないのが東京。今週から来日予定のR・ムーア騎手がエリザベス女王杯に騎乗馬がなく、海外にGⅠ騎乗のオファーがあったため、来日を1週延ばすことに。それを当てにして馬を準備していた有力厩舎の騎乗馬の大半がC・オドノヒュー騎手に!オドノヒュー騎手は先週までの予定を1週延ばしたよう。コレがどう出るか?

GⅢ福島記念

そもそもが荒れるレース!今年は例年好走の3歳馬が不在で不確定要素で決まるケースも多々あるが、実は血統的には狙いやすいとも。まずは指数上位馬から!①⑩⑨③⑪⑭⑥⑫。次点馬多数なので割愛。血統的にはロベルト系が良い。そう考えると人気でも①は魅力。他では⑭や⑤、⑪にも馬柱に見えるところにロベルト系。じゃあこれらの馬で良いか?と言われれば微妙。展開面のカギを握る人気の⑥は調教や近走の感じからも掛かる可能性。⑫の出方次第も鞍上もながら騎乗が多いタイプで無理に抑えず自爆は考えられる。ただ能力で押し切る可能性も!個人的にはそれなりのHペース耐性の高そうなタイプや差し追い込みで流れがあまり影響しない馬が気になる。軸候補をザっとあげれば①③⑩⑭辺りも、やはり①から入りたい。馬券は人気無視して指数重視で買う予定。

東京9R 降級④

降級の④が指数上位もココは元々ムーア騎手に予定していたであろう3歳馬の②が人気でも中心視。一部を除き、チャンスある馬も多いがオッズ的にも⑤や⑧を絡めた3連系の並び、もしくは絞った勝負で。

東京10R 降級④⑨

指数順には①⑭⑪⑨⑧③。準OPの短距離は芝ダート共に拮抗の感。3,4歳馬なら指数に挙げていない馬でも仕上がり良好なら食い込む可能性は高い。ただ有力馬の大半が逃げ先行。展開予想ではSが多いが果たして!?個人的には東京で騎乗する騎手から考えても、1400mでも折り合いや位置取り重視(指示を受けての)騎乗になると踏む。⑭を軸に①他、指数上位馬中心の堅い決着になりそう。ただ③⑪⑧に関しては鞍上からも積極的に狙ってみたい。

東京11R

微妙なハンデがどう出るか?指数的には⑤①⑥④⑨⑦⑮。上位は思いの外、人気割れるか!?個人的にはスプリンターとしてかなり評価している⑤!休み明けも厩舎力高くOPで足踏みをする馬ではないと見る。相手も指数順で良いと見るが、仕上がり如何によって⑥は頭まである。鞍上が思い切っていけるかどうか?

東京12R

指数高いのは何と言っても⑭。ただ気性面が難しい馬らしく、能力発揮できれば1000万下の馬ではないとの報。鞍上はムーア騎手を手本とし、そのフォームもマネしている。関東の有力中堅騎手に言わせると、ヨーロッパの深い芝向きで後ろ重心なので、ゲートや軽い芝ではどうか?とも。本題に戻す。騎手としての資質は高く、向上心や憧れからの騎乗フォームは一時のお尻トントンよりは遥かに好感。気性面の難しい馬との報も、この枠なら!指数的に魅力なのは⑪⑧⑮②!後は減量恩恵のある鞍上の3歳馬へ!

京都10R

芝1800mの準OP戦で8頭立て。指数拮抗も、人気被るため絞る必要。一応の順は⑦③。次点に①②⑥⑧。この頭数も展開をどう読むか?S~Mなら⑦でスンナリの可能性も。ならばやや指数劣るも、流れ読み切った時の騎乗っぷり魅力の和田騎手が乗る⑧や、それを想定してシュミレーションしている福永騎手が乗る⑥に期待してみる手も。このレースで勝負なら馬券を工夫して。

京都12R 降級⑥⑦⑨⑮

GⅠ後のハンデ戦でフルゲート!こういったレースでは意外性がある馬の飛び込みもあり、穴党にお薦め。指数順は⑤⑥⑮⑦⑧。次点に③①⑨⑪。ダート戦も砂を被りたくない位置取る馬がおり、並びが微妙。逃げなくても競馬ができる⑤を信頼したい。相手には③⑥⑧を中心に指数上位で決まると見る。

京都11R GⅠエリザベス女王杯

追い切りを見て少々補正を!⑤の評価を上げる必要性。馬券的にも本命馬に近い買い方を。⑬に関してはトライアルの疲労よりも、鞍上問題とまさかの3冠阻止(それはなさそうも)の可能性からの回避との情報も。3歳牝馬同士でアーモンドアイ敗退のイメージは湧かないが京都の2000mなら紛れはある。関係者が万全を期したなら⑬は相当な器の可能性。3歳牝馬上位勢はアーモンドアイとの戦いで疲弊し離脱馬多数。⑬は成長と体質の問題があった可能性も、それが大きなプラスに。そう考えると牡馬混合GⅡ好走古馬牝馬VS3歳2番手のTOP候補と見ることも(ディアドラとアーモンドアイ不在にて)。⑫は脚の使い所なのか、ハミ関連なのか過去騎乗したラインナップ何かある。そう考えると調教から騎乗したモレイラ騎手でプラスに出る可能性。更に侮れなくなったか!?まとめると、ペース的にはスローからの後半持続勝負。馬券的には⑤⑦中心に週頭から高評価した②に、関係者の評価相当の可能性高い⑬。逆転にチーム一丸の⑫!抑えや馬券を工夫して買う予定なのは、レジェンド騎乗で末脚怖い⑪に再びの食い込みある⑧。調教変えて動き抜群の⑥や逃げてしぶとい⑨については展開他の読み次第。個人的にはあまり食指が動かない。上位人気馬同士の見解で申し訳ないが、それらの組み合わせで決まると見る。

こんな感じです。正直、東京は馬自体は人気サイドの競馬になりそうも、騎手的に荒れる可能性もあるのかも?個人的にはエリザベス女王杯はまずまずの投資で分析が中心になるかな?投資額的には最終レースで勝負の予定です。

では現役最強牝馬候補決定戦・エリザベス女王杯他!勝てますように。

by競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji