阪神JF2018day!競馬オヤジの独り言。

競馬オヤジの壺

今回もレース選定は少々変わっている(WIN5を無視しています)こと、ご了承ください。

また3場開催に加え、香港国際競争の開催もあり、騎手が分散。有力騎手は高額条件(香港や阪神)に行くため、他の競馬場での騎手ラインナップは言い方悪いも少々微妙に。こういった時は常識にかなわないケースが多くなる。互助会とまではいわないも、外国人騎手不在の影響は大きく出るのは間違いない。ただ南関から一部有力騎手の参戦がありこれがどう影響するのかに関してはやや未知数も森泰斗騎手に関しては、かなりの腕達者で相応の評価は必須。逆に穴ジョッキーといわれる騎手等が真骨頂を発揮するケースもある。不確定要素が増える可能性から馬券的には、投資額が増えるも裾野を広げる方が良いケースも!

中京11R

中京のややタフな芝&坂をもろともしない末脚のある馬を探すことが馬券ゲットの近道。指数的には⑪③!次点に④⑧⑫。ココは⑪が負けてはいけない組み合わせただ勝ち味に遅く気性面も微妙。馬券的には単疑問も、指数加味すれば逆にそれがオイシイ可能性も。相手にはオッズ的にオイシイパワーありそうなタイプの①④⑧辺りは狙ってみたい。伸びしろある3歳や上がり目ある4歳は直前の気配重視。人気の③は勝ち味に遅いので、馬券工夫してガミらない程度に抑えたい。t外と人気程差はない。

中山8R

今回際の中山ダートは時計が速い。それを踏まえると持ち時計&伸びしろは重要。指数的には⑭⑦①⑩⑪⑤で次点に⑧と続く。またポテンシャル上位の可能性のある③は初ダートを上手くこなせるか?軸固定は微妙なレースで仕上がりにより比重は変えたい。積極的に買いたいのは①⑩の3歳勢と中山巧者の⑪に⑤。南関騎手騎乗馬を絡めて高配当は狙いたい。⑭は買わざるを得ないも勝ち味に遅い面から馬券は工夫したい。③は激走時の抑えで!

中山11R GⅢカペラS

荒れるレースで人気が信用できない。②は素質相当で過去騎乗騎手の顔触れも豪華。今回騎乗の柴田大騎手はキャラの割に騎乗っぷりはかなり粗い。同馬は芝スタート微妙で更に砂を被りたくないとの報。2走前のように一旦下げて競馬するのかどうするのか?こういった場合人気なら切りもしくは抑え、薄ければ買いたい。①は前走軽い芝で結果を出した。地方所属になり一段強くなった感。斤量的にはやや不利も前走から相手弱化か有利。ただ抑えの予定。このレースの特徴は騎手の得手不得手が顕著。得意なのは内田博騎手と横山典騎手。またこの条件では前述の2騎手以外では三浦皇騎手や大野騎手辺りも頼りにはなる。ココまでいろいろいってきたが、せっかくの荒れるレース。人気薄から入ってみたい。5走前の走りを期待して⑦から入りたい。近4走は苦戦も全て1400m。1200mの激流になればその末脚はなかなかパンチがある。血統的にも魅力!相手には指数上位の④⑮③⑨⑪に鞍上魅力の⑧に勢い買っての⑥。①と②は前述の通り。後は鞍上人気しそうで微妙もスタート上手く流れに乗れたらひょっとする⑭は軽~く抑える。

中山12R 降級③⑤

この組み合わせだと展開が微妙。ただ思いの外、ココは上手く騎手が配されている印象もあり、人気サイドで決まる可能性。⑨⑪が人気するだろうし、好走確率も高い。この2頭で決まる可能性は十分。それを踏まえた上で鞍上からも⑬に期待してみたい。相手には前述の⑨⑪と指数上々の⑫。場合によっては縦目も。

阪神8R

芝マイルの1000万条件で8頭立ては寂しい限り。馬連で買うなら1,2点で仕留めないとガミリの可能性。乗り替わりが当たり前の現状ではあるも、デビューから一貫してこの騎手を起用している③に期待。馬自体育成の必要があるのかは不明も調教師・オーナー共々昔気質的なのは個人的には好感。ただ藤岡佑騎手は今期の結果踏まえても、そこそこの馬質あれば外国人騎手等と戦えるメンタルや技術の持ち主。既に中堅の域に達しているも競馬オヤジが期待する騎手の一人。技術はもちろん高いものがあるも、かなりの頭脳派でもある。対抗には通常3歳馬が魅力も、どうも直ぐにこのクラス突破しそうな勢いが微妙。ならば人気でも外国人騎手騎乗馬の①や④が指数からも上位。一角崩しがあればやはり逃げの②か、鞍上と好相性の⑧も抑えまでか。

阪神10R

いつもコメントしているが準OPダート中距離は層が厚い。ココは頭数的には9頭立てとシラケそうも、指数的には⑥が抜けているも次点馬6頭が拮抗。軸にはやはり⑥で仕方なさそう。前走の走りでOP級を証明!ココは負けられない。相手には叩いて良化の⑦に重賞でも好勝負の⑧!それから自力ある④か!?ただ最も狙ってみたいのは休み明けを苦にしないどころかフレッシュな方が良さそうな①。気配次第では絞って大きく勝負したい。

阪神12R 降級⑧

なかなかの好メンバーが揃った感。GⅠ後の一戦で各騎手のモチベーションをいつもコメントしているが、基本は過剰人気になる外国人騎手の取捨。ココは人気でもレジェンド騎乗の⑬中心で良さそう。相当被るため馬券の種類や買い方には工夫が必要も、展開面も激流の可能性高く相手も絞り難い。少々多めになるが対抗クラスには⑤⑧⑯。連下候補(3連系含め)は多く、まず①③は抑えに!むしろ人気位無視して狙いたい馬が多数。行き切った場合が怖い⑥⑫。良績ないも阪神ダートで脚溜めるのが達者な鞍上の②に展開読みそうな⑪。人気からでも手広く。

阪神11R GⅠ阪神JF

データ派や血統派はそこそこ絞っている感。調教から馬券買う場合は意外と手広くなりそう。調教という面から正直本命を迷っているのが④。不安は拭えないも2歳牝馬で輸送考慮し、前走の走りや間隔からも問題はない可能性も。初戦はスローで2戦目はミドルの展開でむしろココまでの実績からキャラとしてはHペース向きのジャッジが多そう。確かに前走負かした⑪は直前の入れ込みや展開のアヤでの敗戦と明確。勝ち負けだけで現状の優劣は微妙。展開面は②が行きそうも鞍上からあまりペースが上がらない可能性。とはいえ距離延長馬も多い2歳牝馬戦。確証は持てぬ。スローならチャンスと言える馬も多そう。ただこういった時は前掛かりは間違いなく、往々にしてペース的にもそこそこ。そうなるとやはり鞍上の折り合い技術とペース判断は重要。やはり④も⑪も評価は必須。レジェンド騎乗の④は多少ペース遅くてもノンストレスの位置取りから目の覚める脚を使う可能性。馬券的扱いはほぼ同等も、印上の本命は直前の気配で!⑪は馬体減には要注意。ペースがあまり上がらなければ⑨!新馬戦はかなり優秀な後掲ラップ。前走も骨っぽいところをアッサリ。ただHペースやゴチャつく苦しい展開になると危険も。個人的には単穴打倒との判断。1番人気の⑬は前走をどう見るか?個人的には馬体からもTOPの評価はできなかった。追い切り秀逸もやや早熟気味なスプリンターの可能性も頭に入れる必要性も。人気からも抑え妥当とのジャッジに!他で買いたいのは実力あるも芝で勝ち鞍ないのが嫌われている⑤に前走大敗の⑯のダイワメジャーの産駒。また重い洋芝向きっぽいと思われていそうな⑦に未知の魅力の⑰のスクリーンヒーロー産駒。ただ完成度から疑問先行でもある。後は無敗の⑫は元は他馬気にするとの報も勝負根性に繋がってきた感。逃げなくても折り合えれば怖い1頭。鞍上もココで意地を見せる技術は十分!コメント長くなったも基本、週頭と大差ない見解。

以上です。阪神JFに関しては、本命は迷っていますが、買いたい馬は実は結構絞っています。上位4,5頭かな?後半に挙げた馬達は気配次第では大きく評価し、入れ替える可能性はあるかな?というところも現時点では抑えですね。

個人的にはGⅠ以外に狙いたいレースが2,3あるといったところ。上手く資金配分し来週以降の大勝負に繋げたいところです。結構人気薄を狙っているケースも有るので、参考までに(笑)では高配当ゲットできますように。頑張りましょう!

by競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji