朝日杯FS2018day!競馬オヤジの独り言。

競馬オヤジの壺

今回もWIN5のレースに沿った独り言ではないこと、ご了承ください。

中京11R 降級⑪

指数的には差がある組合わせで、ハンデがどう影響するか?指数は順に⑪⑧!次点に⑩⑦②⑬。本命党的には3連系で買いやすく感じるが、上下差最大7㎏で多少のズレはありそう。とはいえ指数上位馬は3,4歳の勢いがある馬。鞍上含め④の気配は要チェックも、指数重視で買いたい。

中山10R ←すみません、9レースの間違いです。

指数的には意外と差がある。順に⑪⑬⑥。次点には注釈が必要。叩いて良化著しいなら②。厩舎力&中山での鞍上&成長力に期待の③。厳しいペースになった時の⑧。伸びしろ含め、指数的にはほぼこの組み合わせになりそう。ピックしなかった馬がパドックで気配良くても相当上昇しないと厳しいか?不確定要素だが馬が相当成長していれば鞍上からおもしろい⑫にダートの長丁場の安定株⑮。ただ指数上位馬中心で買いたいレース。

中山12R

指数は順に⑧⑭③。次点に②④⑨。メインと同距離なので傾向は確認したいも、メンバー的には正直、微妙な組み合わせでもある。というのも関西馬が2頭でうち1頭は近走結果が微妙。やはり指数上位馬中心に並びで勝負したい。血統的にご縁がある馬に騎乗する蛯名騎手の最終レース成績がこのところ良好な印象。人気でも積極的に。

阪神12R 降級⑥⑭⑯ *⑯は初ダート

1000万下ダートの短距離は関西馬の層が厚い。よって指数的にも上位拮抗。まず指数順から入れば⑫⑭。次点に⑥⑨。次々点に⑬④⑧⑮。展開面もイマイチ読みにくく、ペース如何によってという面は頭に入れておく必要はありそう。また⑯は厩舎・鞍上から不気味でこの枠も初ダートならプラスになるかもしれないが、このパターンでアッということは少ない。⑫は厩舎的には芝馬にしたかった可能性も、ダートに舵を切ってから使いながら成長を促している感。指数的にも正直抜けている。ただ追い切り時計は良好も本数が少な目。GⅠ後のレースだけに、鞍上のモチベーション的にもそれを確認はしたい。メインの結果次第でこの人気なら疑う可能性も示唆しておく。ならば指数安定の⑭を馬券の中心に据えても良いかも?結論としては馬券的には指数中心で!穴なら⑬⑮の3歳勢の伸びしろか!?

阪神11R GⅠ朝日杯FS

まずは上位人気の分析から!

グランアレグリアが圧勝するか、好勝負になって取りこぼすか?という風潮。新馬戦の指数は上々で前走は調整過程が微妙ながらあの勝ち方。ルメール騎手だったから前半のラップが落ちた時に位置を取ることを選択。やはりこの騎手にこだわるのは分かる。同馬も番手でしっかり折り合ったのは能力の1つではあるも息も合っている。実はそこそこのラップで走りたいタイプで、強いていうなら軽快なワンラップ上がりキレ型。スローのラップも前掛かりで押しくら饅頭状態になると心配。ココでヘタなクセを付けたくはないも、出っぱ次第もこの枠なら逃げても良さそうな気がするが…。輸送クリアし、平常心なら指数的に普通に勝ち負けではあるし、圧勝もある。ただかなり早い段階から調教を施していたとの報も。他馬とは馬体の完成度が全く違う。

アドマイヤマーズは相手なりのタイプ。跳びがそこそこ大きいパワータイプの可能性。レースでも直線は尻尾を上げ気味なのは遊んでいるのか!?一瞬の速い脚はないが、長く脚を使い並んだら負けない。渋いタイプの可能性があり、こういったタイプは相手が強くなると指数が伸びる。

ファンタジスト。個人的にはレジェンド・武豊騎手のGⅠコンプリートを来年辺りに達成して欲しい気もする。馬に話を戻すと、前走の1400mがハッキリいって凡戦のため距離延長の同馬の適性は計りかねるのが正直なところ。ただ前々走は指数取る人によるだろうが個人的にはかなり評価しているし、馬体重増は成長の証。とはいえ馬体はまだ粗い面があり早熟な匂いは薄い気がするがどうか?梅田厩舎はノーザンFご用達とは少々毛色が違うが、馬の個性・能力を引き出すことに長け、且つ負けてもヘコたれないメンタル馬になる印象(これは贔屓目の印象なのでご了承願いたい)。サンプル少なく突っ込まれそうではあるがレッツゴードンキやショウナンマイティは典型。リーディングではそこそこも昔の大井競馬の厩舎のようで競馬オヤジ的には高評価している。馬に対してのケアが厩舎一丸で徹底しているとの情報が過去にあったところなどは一例。それと血統にはイマイチな競馬オヤジではあるが、ロードカナロア産駒にはやはり大きな可能性を感じる。歴代最強牝馬の呼び声高いアーモンドアイを見ても分かるように、同産駒の上級馬は扱いやすいも秘めたる根性は相当!ファンタジストに関しては1週前追い切りでの走りをどう評価するか?が割れるも、調教から根性むき出しの走りは圧巻。時計からスプリンターとの評価も多いだろう。その可能性は否定できないが、アーモンドアイの桜花賞・オークス前にも様々な声があった。長く脚を使うタイプなので鞍上がどう引き出すか!?

ケイデンスコール。ココぶっつけになったことはやはり痛いだろう。また左回りがベターとの報も。クセ馬御すことに達者なC・デムーロ騎手に期待する面もあるだろうが、他馬が順調。新潟2歳S自体はやや低調で伸びしろが見たかったというのが本音。

マイネルサーパス!前走の指数は相当。データ的にはアウトの距離短縮組だが、サンプルはまだ少な目。調教抜群で、ある意味迫力という面ではTOPといっても過言ではない。ただ懸念が2つ。まずは急坂がどうか?という面。それと競馬オヤジが最も疑っているのが血統面は全く関係ないが、ロベルト系っぽい特徴。小回りを長い脚を使ってマクリ勝つタイプの感。福島は既に実績で、ローカルは相当の可能性で、坂okなら中山は向きそう。

 

②中心視するか?2番手以下にするか?がポイント。個人的には②が勝てば良いレースを見たと割り切ってみようと思う。馬券的にはチャレンジしてみる予定。ただ投資額はほどほどに!

週頭は指数使った予想家からはスプリントの重賞馬(1400m以下のGⅡGⅢ)という評価の⑭を本命的評価。個人的には1週前追いのあの走りから可能性を感じたから。身体的ポテンシャルも高く、クレバーで根性もある。厩舎や鞍上からも勝って欲しい馬!ロマン派ではないが、正直そう思わせてくれる何かを持っている。ただ保険ではないが⑥に関してもほぼ同等の評価を!同馬も相当な根性の持ち主とみる。馬券的にはほぼ2頭軸というか、この2頭から馬券工夫し勝負したい。人気の②は来たら仕方ない単穴に。能力等に関してはそこら中でコメントあるため割愛。強いのは認めている。注には大物の可能性から⑤を。前述の通りキャラ的には疑問も能力は相当とみる。連下には鞍上が前走思うところがあったとのこと。勝ち馬との差は詰められるようなニュアンスの④。⑮は指数そこそこ優秀も破壊力的に物足りないが人気面から抑えても面白い。⑪は厩舎力高いもやはりローテの懸念。また馬体もまだ緩く感じる。調整過程が狂ったこともあるだろうが完成度の問題と見るがどうか?せいぜい抑え。ならば好枠引いた①の方が食指が動く。

朝日杯は②が大幅な馬体減がなく、落ち着いて周回していたらお手上げかもしれません。ですが、②から買うとなるとかなり絞ってぶち込むことになるでしょうから、あまり気が進まない。個人的には別のレースで本勝負する予定も、見解通り狙った馬券は買ってみたい。今回、根性があるメンタルタフな牡馬が結構出走している印象があるので、そこに期待しています。⑤⑥⑭辺りが該当しますね。キャラや指数的的には適性が違うのは分かっていますがココは2歳戦。不確定要素や気性的不安も強いのでリスクありますからね。希望的観測が強いですので参考までに。

来週はいよいよ有馬記念です。今週で資金を増やして勝負したいですね。では高配当が取れますように。

by競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji