有馬記念day2018!競馬オヤジの独り言。

競馬オヤジの壺

今回は有馬記念中心に勝手に独り言をつぶやきます。

中山11R GⅠ有馬記念

展開的には後半の持続勝負が有力とみる。前半の位置取りに関してポイントとなるのは①⑪⑮。キセキが逃げると考えるのは周知の通り。ただ今回、スンナリ行けるか?については疑問。場合によっては逃げを選択しない可能性も。一応の読みとしてはキセキがそれなりに逃げ、やや縦長ながら後半の持続勝負が最有力とみるが、前述の①⑪⑮が執拗に追わなければ中たるみの可能性も。ただ⑮昨年の轍は踏まないと位置を取りに行くと見る。オーストラリアは2,3番手の内が最適位置。⑪の鞍上もココまでの騎乗を見る限り位置を取りに行く。馬もキレ脚足りず、右にもたれる馬なので好位の内でラチを頼りにしたいクチ。馬場・展開の得手不得手があったにせよそうなると強い(日経新春杯&宝塚記念)。①は鞍上がどうするか最も読みにくい。ただ、見せ場は間違いなく造るだろう。場合によってはこの馬が逃げる。他でも前がつまりたくない②。今回は引退レースで勝ち負け以上に強かった頃の片鱗を見せるため、地力勝負に持ち込む⑥。距離不安に枠厳しいも一か八かのマクリ敢行の⑯など、持続勝負にする役者も多数!因みにレイデオロもこの展開は向く。

続いて競馬オヤジが勝手に考える、追い切り、枠順確定後の各馬の短評について。

①オジュウチョウサン 前々走は相手が楽だったとはいえ500万下を優に超える指数。前走は頭数楽も相手はそれなりで指数的にも準OP級。馬体的にはこの血統馬らしくパワーを感じさせる。フォルム的にもこの父の産駒らしい。追い切りの時計や動きを見る限り、平地でもOPを走って不思議ないと見るがどうか?勝負根性は平地馬以上で可能性を否定できない。ただ人気するので抑えまで。

②クリンチャー 馬体写真見る限り遠征帰りの印象は強い。最終追いの動きは良かったも、前週まではボチボチ。今回の鞍上からも前に行ってどこまで粘るか?好枠引いたので気配次第で抑えるかもしれないが…。

③モズカッチャン 追い切りの動きも、馬体写真も前走時よりも明らかに上昇。元々器用な馬がこの枠。鞍上も勝負強さはナンバーワン。買いたい理由満載も、こういったケースでは人気薄でこそ。クイーンズリングをイメージする人が多そうも個人的にはジェンティルドンナのパターン。重厚な牡馬との持続勝負で踏ん張れれば。

④マカヒキ 追い切りの動きがやや硬く感じるがどうか?個人的には中山の少し重めの路盤でマクリ競馬は合うと見るが。後は3歳春を頂点とし、以降指数的には微妙な数値。

⑤パフォーマプロミス ココまでの育成についてはさすが藤原厩舎であり、過去のレース選びも同様。追い切りの動きも最も良かった1頭。後は同馬の能力自体が足りるかどうか?血統は合いそうも個人的には骨量と筋肉量のバランスから抑えまでと見る。

⑥サトノダイヤモンド ここで引退し種牡馬入り。正直、大分復調もやはり完全に過去の力を取り戻すことは厳しい。ただ持続勝負のマクリ合いはハマる!有終の美の可能性はなくはない。ファンは買うべきか。個人的にも3着付けは魅力を感じる。

⑦サウンズオブアース 津田コンシェルジュは高評価も、個人的にはまあまあの最終追い。この厩舎が本気で上級重賞を勝ちに行く調教の時は凄味がある。正直、近走は馬が競馬をしていない。どこまで。

⑧ブラストワンピース 個人的には前走まで3歳牡馬・中長距離最強は同馬と見ておりダービーでは本命にし菊花賞も高評価。鞍上は本来日本人騎手の中で最も勝負強い1人も今年は微妙。更にトレセンでは某大物調教師がプライベートに問題があるからとの弁。今回、3度目の正直というか、これ以上のミスはしないとばかり、強引な騎乗の可能性も。馬自体、母が早熟で指数の上昇も微妙。テキもヤネも背腰が強化し、分厚くなったと成長をアピールも、ココ数戦の走りからは疑問先行も。馬券的には消極的抑えに!

⑨リッジマン 長距離の指数は重賞級も中距離では正直、OPですら微妙。血統はアレも速力自体が微妙で。

⑩ミッキースワロー 6走前程走れば勝ち負け!競馬オヤジ的には元々、GⅠ級との評価。こういった主流(サンデー系)も零細血統(トーセンホマレボシ)の上級馬は得てしてコンプレックスホースになるケースが多いも、時には底力備えた馬も。馬体から完成自体はまだ先も中山の非根幹距離はハマる。前走の走りから見直しは必要。

⑪ミッキーロケット 勝負レースでの仕上げが秀逸な厩舎所属。というのもノーザンご用達も正直、2,3番手。その影響か勝負レースではかなりキッチリ仕上げる感。宝塚記念は強かったも、その疲労を引き摺っている可能性。最終追いの動きは秀逸で鞍上と手が合う可能性。やや休み明けに近いジャッジ必要も気配良ければ。

⑫レイデオロ キングカメハメハ産駒はこのレースイマイチも同馬の場合、母系の強い影響を感じる。東京コースでGⅠ2勝で指数もそちらが上も、中山のGⅠは実質状態イマイチの休み明けの皐月賞のみ。肩の傾斜や前肢の走法から急坂は間違いなく合う。

⑬スマートレイアー 8歳になるも活気ある最終追いは素晴らしかった。ココまで頑張った馬も、ケアしながら使ってきた厩舎も立派。お疲れ様。少しでも上位を!

⑭キセキ JCの走りでスタミナあるさすが菊花賞馬との風潮も、個人的には否。JC時は内の3頭分のみ良好なパンパン以上のカキンカキンの馬場。前半ユックリ入ったことからも距離適性が長めとのジャッジはできない(JC時のラップを参照)。滞空時間が長い跳びの大きな走法はダイナミックで格好良いが、本質は軽い芝・広いコース・中距離が同馬の庭と見るがどうか。タフな馬なので疲労よりも適性面で疑っている。また外国人騎手騎乗の先行馬のマークが今回はキツイはず。追い切り時、手前をやたら変えていたことや少しフワフワとしていたのをどう見るか?

⑮シュバルグラン 前々走からも加齢による典型的な叩き良化に!またキレよりもパワータイプに。路盤改修後の中山は今の同馬には合うと思うがどうか?鞍上も手が合うので今回は位置を取って不利のないレースをするか!?

⑯サクラアンプルール 追い切りの動きは秀逸。⑤と双璧で一番良く見えた。能力的な衰えもなさそうで非根幹距離も合う。ただ使える脚が短く、中山とはいえ2500mの持続勝負はどうか?

独り言まとめ!

今回は平成最後の有馬記念ということで、世代交代がテーマと見ていたのですが、3歳馬では疑問が多いブラストワンピースのみ出走。同馬に関してはかなり期待していたがGⅠでは結果出ず。ダービーでは鞍上のミスもあったとはいえ菊花賞では自信のマクリも4着。今回、関係者コメントが強気も、ダービー前は逆に強気発言を敢えて控えていた印象で、「勝てる!勝ちに行く」などのコメントは裏話として漏れ伝わっていた気が…。

普通ならば目分量的にも指数的にもレイデオロVSキセキというところ。キセキがそこまで人気しないのは疲労残りの心配でしょう。個人的見解としては各馬のところにコメントした通り。厩舎コメントは強気で、更に良くなっているとの弁も、馬体や追い切りから疑問も。展開のカギを握る1頭で、枠も微妙。

馬券的中心にはレイデオロが無難。後はモズカッチャンも人気したがそれなりに買いたい。ただココは有馬記念。希望的観測が強いが積極的に買いたい馬が2頭。

まずはシュヴァルグラン。加齢で叩き良化のややパワータイプにシフトしており、今の中山はハマる。鞍上も今回は位置を取りに行くと見た!

そして何よりも勝負したいのはミッキースワロー!今回、鞍上はレイデオロをマークすると見た。馬も気性が危うい面からも、天才肌か!?鞍上も昨今はアレも、天才的騎乗は顕在。関係者名乗る人物曰く、馬が好き過ぎるのが問題とのこと。ポツンやヤラズなのもそういった面を平気で出すのでしょう。今回も博打的要素は強いが、人馬の能力は本物で、その気になれば!オッズ的にも賭けておもしろい。気配次第では!!!!!

基本的にはこの4頭中心に馬券は組み立てる予定。オジュウチョウサンは応援がてらと考えていたが、中山大障害の石神騎手の勝利等、流れが向いている感。後は直前の気配で気になった馬は多少買うという感じです。ただほぼ、この4頭で中心に勝負するかな?と。

他では積極的に買いたい馬だけピックします。今回は各レース云々せずスミマセン。また人気馬多いですが、ご了承を!

中山8R ④

阪神8R ③⑩

中山9R ⑤

中山10R ⑦⑭⑮

阪神10R ②

阪神12R ①③

では有馬記念!キッチリ勝てますように。頑張りましょう。

by競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji