先週の回顧と根岸S2019のちょっとしたデータと馬体を見た感想他!

競馬オヤジの壺

GⅡ東海S インティ号 優勝!

おめでとうございます。

野中厩舎 武豊騎手

武田茂男氏 山下恭茂生産

勝ちタイム 1.49.8 勝ち馬上がり 35.9

13.0 11.2 12.7 12.3 12.3 12.4 12.4 11.6 11.9

1000m通過 1.01.5 レース上がり35.9 ペース判定 スロー

ラップ的には典型的な中京ダート!1コーナー入口で少し速くなり、2角で落ち着き、3~4角の下りでペースが上がる。コレをペース判定的にはややスローも逃げて淀みなく走破した勝ち馬は強い。走破タイムも上々。長くなるので各馬については競馬雑誌等にお任せ。ただ1つだけ。今回のようなスピードレースになった場合、さすがのダートでもこのクラスだと若い馬の方が速力の伸び含め有利になるのでしょう。古豪でもGⅠ級の速力があれば話は別も、今回はそこまでの馬が出走していなかったということ。勝ち馬は明け5歳もキャリア的には4歳馬よりも少ない。今後に大きな期待が持てるでしょう。個人的意見ですがフェブラリーSはパスした方がと。1600mでもそれなりに格好は付けるでしょうけど、芝スタートや前傾ラップのマイルで走りを崩すことも考えられますから。当面は1800~2000mを使うのがベターと思います。ただルヴァンスレーヴが休養している現状、同馬が出走すれば盛り上がりますからねぇ。どうするんでしょう?話を戻します。上位3頭は強いですね!ダート界も盛り上がっていきそう。あ、そういえば新聞やネットでは既に出た情報ですが、インティの馬主の方って、元メジロ牧場(現レイクヴィラファーム)の場長をされていた方。武豊騎手らとは旧知の関係とのこと。もう1頭の逃げ候補だったアンジュデジールの横山典騎手も元場長との関係性から逃げ争いはしないという書き込みもありましたね。ただ両馬の逃げの質が全く違うので、これは過去走のラップを見ればというところ。武豊騎手が控える競馬を試みない限り横山典騎手は無理しないというのは普通のことだったでしょう。こういったことについても、そのうちネタにしたいと思います。関係者の皆さま、おめでとうございました。

GⅡAJCC シャケトラ号 優勝!

おめでとうございます。

角居厩舎 石橋脩騎手

金子真人ホールディングス㈱ ノーザンファーム生産

勝ちタイム 2.13.7 勝ち馬上がり34.2

12.5 11.5 12.7 12.6 12.9 12.8 12.4 11.7 11.8 10.9 11.9

1000m通過 1.02.2 レース上がり 34.6 ペース判定 スロー

過去、トウカイテイオーの復活等を見てきた競馬オヤジですが、シャケトラの馬券は抑えまで。フィエールマン1着固定でジェネラーレウーノ、メートルダールとの2,3着付けの3連単。ヘタですねぇ、まさか頭とは…。ブログ内のコメントでも4歳2騎を負かすとしたら相当な実績馬!と注釈付けたんですけどね、ダンビュライトの方は評価したんですけどね。ただパドックでシャケトラの馬体はフィエールマンと同等に素晴らしかった。厩舎コメントもキチンとした対応だったので、勝手に「約13カ月ぶりだからなぁ…」や「もしかしたら終わってるかも?」って下衆の勘繰り。個人的にはマンハッタンカフェ産駒で気性面に危うさが出た馬は加齢と共に評価を下げています。が、同馬はまだキャリア12戦で角居厩舎にノーザンファームですからね。強かった6歳世代の生き残りとして頑張って欲しい。鞍上の石橋脩騎手の積極策も良かった!それにしてもしっかり折り合っていたのは、牧場&厩舎の方々の努力の成果でしょう。おめでとうございました。今後に関しても2200mや2500mの非根幹距離のグランプリGⅠならおもしろそう。気性の悪化や使い減りさせなければ、若い世代と十分戦える証明をしたというところでしょう。

2着のフィエールマンは熱発の影響は多少あったのかもしれませんが、陣営のケアが優秀なのでしょうそれを感じさせませんでした。当ブログでもコメントした通り、勝負どころでの反応がやや遅いところがあるキャラがこのペースと4角で出てしまいました。また外からメートルダールに被されたのも影響があったでしょう。もう少し、古馬牡馬らしい重厚感が出てきたら更におもしろい存在に。評価は下げていませんが、キャラが大分見えてきましたね。

3着のメートルダールは良く頑張った!ココで評価上げたのは血統とキャラ。また厩舎も厩舎力が高く、今年早々に重賞勝って乗ってますから。

4着のジェネラーレウーノに関しては、田辺騎手の乗り方に様々な反応。アンカツさんですら少々厳しめ。ラップ見てもラスト400から10.9に上がったところで交わされました。単騎でペースを作るべきという意見が大多数も、逃げるとソラ使うことを懸念したのでは?そういった気性面のモロさが出たのかもしれません。このままでは厳しい面が多いのでどこかで博打打つ必要があるのかな?

6着のダンビュライトはゲート他、慎重にならざるを得ない。ただ大事に乗り過ぎてペースも合わず。同馬も4着馬同様、キレは甘く前で粘り込む戦法ですからね。状態は良さそうでしたから陣営的には残念だったのでは?

この時期なので、パドックで「アレ!?凄く良く見える!」ってピンッときた馬は買った方が良いですね。夏場や冬場は比較的わかりやすいですから。石清水Sのタイムトリップもパドックでは一番よく見えました。競馬オヤジ的には本命がボンセルヴィーソだったので馬券は残念でしたけどね。

最後に騎手の傾向が顕著になってきそう。川田騎手は相変わらず乗れていますし、主戦厩舎の1つ、中内田厩舎が好調ということも相まって、今年はかなり勝ちそう。また数年前の斜行とその後の対応でファンや関係者から叩かれた浜中騎手ですが、やっと以前のように戻ってきたかと。子供の頃から乗馬をやっていたこともあるのでしょう、馬乗りとしてはかなり達者。技術も人柄もまた見た目も良く、本質的には今後のJRA生え抜き騎手の中心になるべき人物。勝ち鞍はもちろんのこと、大きいところを狙って欲しい。競馬オヤジ的にはかなり期待しています!頑張れ。

さて今週から関東は東京に舞台が移ります。馬場傾向が分からないですし、現京都や先週までの中山のように時計が多少遅い方が良いと思うのですがどうでしょう?開幕週の日曜メインはダートの根岸Sなので例年通りを想定し、またまたいつものをネタにしたいと思います。

ちょっとしたデータ

馬齢的には割とまんべんないが4,5歳が好成績。コース形態もあるのだろう、逃げ馬苦戦。前走クラスはOP以上が理想で着順については掲示板は欲しい。関東馬は苦戦。キャリア過多、特に30戦以上消化した馬も苦戦傾向。

続いて登録馬!

指数と馬体を見た感想他のコメント。プラス材料大は赤文字、プラス材料小にはオレンジ文字。マイナス材料大には紫文字、マイナス材料小には青文字

※指数については出走馬の過去指数の相対的なものになります。また過去最高指数に近走状態を加味しており、国内レース中心・当該距離にて評価しております。A~Eで想定。A本命級 B次点 C連下なら D恵まれて E厳しい 更に同じランクでも上下を付ける場合もあります。3歳戦の場合、サンプルが少ないので指数は拮抗しています。
また昨年及び今期成績の良い厩舎力の高い厩舎(東西リーディング10位以内と重賞成績をメドとする)にはを!

競馬ブックweb(有料)や競馬ラボ(こちらは無料)に馬体写真があります。またそこに馬体のコメントもあります。参考にどうぞ

[地]キタサンミカヅキ 指数B上 9歳牡馬 58㎏ 船橋佐藤賢厩舎 森泰斗騎手予定 54戦11勝 前走GⅢカペラS3着 先行差し

地方所属後、交流戦や中央場所のレース出走時にも安定した成績。佐藤賢厩舎の尽力も素晴らしいが、馬自身相当地方の水が合うのだろう。前走から条件は少し厳しくなるも底力は上位!

クインズサターン 指数A下 6歳牡馬 56㎏ 栗東野中賢厩舎 四位騎手予定 23戦5勝 前走OP師走S3着 差し

1400m初も、1600m・ワンターンの差し比べは向くため前半戸惑わなければ。変な言い方になるし、芝未出走も筋肉の質や体のライン等は頑強なダート向きとは言い切れない感。完成度自体も遅めのタイプで、覚醒の可能性秘める。スプリント寄りのラップになったとしても、それが前掛かりなら。

(地) クロスケ 指数未定もC想定 4歳牡馬 55㎏ 美浦水野貴厩舎 田辺騎手予定 16戦6勝 前走芝ニューイヤーS(L)13着 差し

南関東3冠を皆勤した大井の強豪。転厩2戦目でダートに戻るも、もう少し中央のペースに慣れが必要か?

ケイアイノーテック 指数未定もC上想定 4歳牡馬 58㎏ 栗東平田修厩舎 藤岡佑騎手予定 10戦3勝 前走芝GⅡ阪神C6着 差し

470㎏台と馬格中位ながら、筋肉量は多く首や胸前、トモの容量と張りは抜群。骨格の可動域が良好で体幹面が良い意味で緩さがあるのでココまでは芝だったのでしょう。運動神経も良さそう。母がダートで活躍したため、路線変更をしてみるとの報。個人的には芝で頭打ちとは思わないも、脚の使い所やペースによっての位置取りに関しては少々難しそうにも思う。NHKマイルCは鞍上の好騎乗も過去走見る限り、やや取りこぼしが多いイメージも。上手く言えないが管の感じや少し短く立気味に見える繋ぎに蹄の深さからひょっとすると!?とは思わせられる。またディープインパクト産駒ながらココにきて筋肉の質も粗めでタルそうながらも硬質さも垣間見えてきたかも?体高は低くはないが肩の傾斜が立ち気味で背の長さもさほどでもないこともあり、本質的に距離短縮は問題なさそう。まぁ脚質的にも気性面も距離の融通性は高いと思いますが。平田修厩舎は過去、カレンブラックヒルをフェブラリーSに出走させた経験から(ぶっつけで出走し1番人気も15着敗退)前哨戦で試すのでしょう。軽い砂の適性自体、馬体のフォルムからは感じるも、馬の気性(性質)がどうか?斤量も有利ではないが…。

コパノキッキング 指数A 4歳セン馬 56㎏ 栗東村山明厩舎 O・マーフィー騎手予定 8戦6勝 前走GⅢカペラS1着 追い込み

480㎏前後あるが馬体は実にシャープ。過去実績的にはダート短距離馬ながら首や背、四肢等シルエットに伸びがあって窮屈さは全くありません。四肢もスラッとし繋ぎも繊細で芝馬のよう。筋肉量が豊富で重戦車タイプが多い中で、その逆を行く個性派。筋肉の質はやや硬く、体の線も硬めなところなどがダートっぽいのかな?また体幹面もしっかりしてはいるも、やや硬そう。ストライドが伸びつつ運動神経も良好なのでコーナーでTOPスピードで回ることも出来るのでしょう。出遅れて脚質転換したことがかなりの怪我の功名になりそう。左回り初も陣営は全く気にしていない。自身も落ち着いた顔付で好感。

サイタスリーレッド 指数C 6歳牡馬 56㎏ 栗東池添兼厩舎 騎手未定 28戦7勝 前走OPジャニュアリーS6着 逃げ先行

単騎で行ければ多少厳しいラップでも好走するタイプ。同型いるも展開一つ。

サトノファンタシー 指数A下 6歳牡馬 56㎏ 栗東松田国厩舎 岩田騎手予定 20戦7勝 前走OP霜月S1着 先行差し

やや胴がつまっており腰高の前傾っぽいところから距離は短めがベター。首、胸前、トモの容量に張りはココ出走馬の中でもTOP。繋ぎは短く立気味で、随所にダートの短距離馬らしさ。前腕や脛の筋肉も凄いですね。Hペース耐性もあり、実績以上にといったら失礼になるが、指数は高い。重賞初挑戦も自身の競馬ができれば

サンライズノヴァ 指数A下 5歳牡馬 57㎏ 栗東音無厩舎 戸崎騎手予定 19戦7勝 前走GⅠチャンピオンズC6着 差し追い込み

530㎏超で筋肉量も豊富だが、伸びがありムダ肉がつきにくそうなので立ち姿は非常にシャープに見えます。前腕や脛はそれなりに逞しいも、四肢はスラッと軽め。軽い砂の直線でのキレる脚にも納得の馬体ですね。お尻の張りが抜群で、尾離れが良い感じに見えます。バランス的に背が短く見えるので適性としては1400~1600mなのでしょう。また使う脚がon offといった感じで、馬群追走と直線の差脚という印象なのでワンターンコースは庭。強いて心配な点をあげれば目標が次走ということと、先週インフルエンザで休養した鞍上か!?

ノボバカラ 指数C下 7歳牡馬 56㎏ 栗東森秀厩舎 F・ミナリク騎手予定 38戦7勝 前走GⅢカペラS15着 差し

一時は指数も伸ばし、芝でも好走する気配があったも、昨シーズンは苦戦傾向。打破するために転厩したがコレが刺激になれば。

マテラスカイ 指数A 5歳牡馬 57㎏ 栗東森秀厩舎 武豊騎手予定 22戦6勝 前走GⅢ兵庫GT5着 逃げ先行

首も背も短く、重心も低め。肩の傾斜も立ち気味と、短距離の要素多数の馬体。また前腕や脛が逞しく、繋ぎが短いこともあり独特の感。筋肉量は豊富でその質はやや硬質で力感は相当!パッとみのバランス的に箱形で、現状個性的なシルエットで、競馬オヤジ的に言えば前後のバランスや走法的に4輪駆動タイプに見えます。馬体の特徴だけでなく走法的にも短距離志向の感。昨秋まではもっと骨格の可動域や筋肉の柔軟性を感じたので、そもそもの状態というか一旦緩めた可能性。また時期的な可能性もあるのですが、皮膚が少々厚く、毛艶も微妙。現状、疑問先行も狙ったレースの仕上げにはかなり達者な厩舎。最終追いと直前の気配注視!

メイショウウタゲ 指数B 8歳牡馬 56㎏ 栗東安達昭厩舎 酒井学騎手予定 40戦6勝 前走GⅢ武蔵野S10着 先行

8歳になったが、衰え知らずどころか益々盛ん!2走前だけ走れば怖い1頭。ローテーションも好感で穴の資格十分!

モーニン 指数B下 7歳牡馬 58㎏ 栗東石坂厩舎 和田騎手予定 22戦8勝 前走GⅠJBCスプリント4着 差し

独特の腰高も、上半身(前半身)のシルエットは芝でもと思わせてくれそうな品がある。骨格というか、腰回りの可動域は緩そうも他の箇所は意外と硬いのかも?首差し、肩、お尻と抜群の筋肉量と力感はさすがGⅠ馬。繋ぎは繊細で寝気味もやや短め。芝でも行けそうな馬体の感じが、ダートでの速力にもプラスになっているのでしょう。ムラあるタイプも一時のスランプからは脱した感。近走の成績からもおもしろい存在でしょう。

ユラノト 指数B下 5歳牡馬 56㎏ 栗東松田国厩舎 C・ルメール騎手予定 14戦6勝 前走OPギャラクシーS2着 先行

体の線が硬く、シルエット的にも箱形。キングカメハメハ産駒らしく、加齢と共に筋肉量が増え、多め。繋ぎが短く立気味で、見えにくいも蹄もやや小さそう。典型的なダート向きという馬体の印象。先も述べたように筋肉量は豊富も、ジックリ育成している感で、成長途上なのか力感はまだこれからっぽく、古馬牡馬の古豪感もこれからなのかな?早い段階から馬を鍛え上げる厩舎なんですけどね。晩成傾向とのジャッジなのかな?馬自身もそれに応えるようにキッチリ結果を出しながら、いよいよ重賞取りへ!鞍上からも陣営の期待や同馬の将来性を感じられます。前走で1400mのOPの淀みないペースを経験(2着)できたのは収穫。

(地)ラブバレット 指数未定もC下想定 8歳牡馬 56㎏ 美浦加藤和厩舎 大野拓騎手予定 50戦19勝 前走GⅢ兵庫GT除外 先行差し

地方実績はかなり豊富だが、前走の除外と転厩初戦がどう出るか?

レッドゲルニカ 指数C 6歳セン馬 56㎏ 美浦藤沢和厩舎 蛯名正騎手予定 24戦6勝 前走OPジャニュアリーS7着 先行

OP勝利後はやや足踏みも、好指数でOP勝ちした東京1400mならば重賞でも勝負になると陣営が踏んだのでしょう。脆い面もあるが得意の舞台で!

ワンダーリーデル 指数C下 6歳牡馬 56㎏ 栗東沖芳厩舎 柴田大騎手予定 20戦5勝 前走OPジャニュアリーS3着 差し

OP昇格後は1200mで連続3着と好走。元々、1400m得意で脚質的にも距離延長がプラスになる可能性。ただHペース耐性が微妙で近2走は展開利の可能性も。指数的にも少々心許ないか!?

総評~っす!

サイタスリーレッドとマテラスカイのどちらが先手を取ってレースを造るか?人気するサンライズノヴァとコパノキッキングは追い込み位置。ユラノト、キタサンミカヅキは先行位置でモーニンは中段。ケイアイノーテックは枠次第も中段後方の外に陣取りそう。もちろん出っぱの問題もあるので何ともも、大よそはこんな隊列になりそう。

ペース的にもM~H。で直線の差し比べに!ただ前に行く馬がどういったラップを刻むかによっては先行差し勢は脚を使わされる可能性も。枠の並びが出ていない現状という注釈を付けさせていただいた上で一応、またまた一丁前に印なんぞを。

この条件なら負けられない、サンライズノヴァやココまで8戦6勝と抜群の強さで重賞制覇したコパノキッキングに昨年の武蔵野S4着でルメール騎手を配したユラノトが上位3頭かな?次いで武豊騎手のマテラスカイにモーニン辺り?

まずサンライズノヴァに関してはこの条件ではほぼ好走間違いなしというジャッジで良いでしょう。ただコパノキッキングとの差し比べになった場合、コパノが右回り専用でもない限り、末のキレはコパノの方が上の可能性。じゃあコパノキッキングが本命か?と言われれば「ハイ、そうです!」といいそうもココは少々捻ってみたい。

本命というか、馬券の中心に据えたいと考えているのはクインズサターン!過去走の上がりのラップを見る限り、前述のキレッキレ2頭には及ばない感。ただ今回初の1400m。東海S回避はインティと同厩のための使い分けなんて言われそうも、馬主は別。それだけインティに自信があったのと、実は同馬の新しい可能性を探ってココ出走と決断したのでは?血統的にも頑強さがあり、意外と東京向き。ちょっと狙い過ぎと思われそうも、相手なりに好走するタイプと見た。相手強化でむしろ覚醒に期待。ちなみに先週の馬体写真から、衰えどころかいよいよ完成というイメージかな。

対抗にはコパノキッキングを!馬券的には本命馬外して同馬からも買うかもしれません。同馬の場合、未経験の不確定要素で対抗という訳ではなく、単にオッズとのバランス。回りも直線の長い東京でワンターンなら、あまり気にしなくても。東京初?のマーフィー騎手も土曜の騎乗で対応するでしょうし、この馬の場合、意外と鞍上を選ばない。ただマーフィー騎手って位置取りに行く騎乗。陣営から追い込みの指示は出ると思いますが、前走の柴田大騎手のように思い切って後方からの方がハマるはず。ブチ抜ける可能性もありますが、位置取り如何によってという気もするんです。よって現状は対抗に。

単穴にはサンライズノヴァ。同馬も本命にするか迷いましたけどね。前走は坂下スタートでの出遅れと直線で外を走りたい!?同馬のキャラから中京なのに大外ブン回し。多分、戸崎騎手的にも分かってはいてもそれがベターとの判断だったのでは?今回もいつも通りの騎乗をするでしょう。ただインフルエンザ明けの鞍上の不安も少しはあるかな?また個別のところでは次走目一杯の仕上げするのでは?とコメントしましたが、もしかしたら同馬の場合GⅠでは少し足りない可能性も。ならばGⅢのトライアルですがココで9分以上の仕上げでキッチリ勝ちに来るのかも?昨年の夏前頃から本格化の気配ですし、馬体も充実していますから。対抗予定の馬と同馬との馬券は売れそう。

☆はサトノファンタシー。1400巧者で東京も得意。重賞実績はないも、条件戦からコツコツと力を付け指数自体は上々。鞍上も今年乗れていますからね!差し位置からしぶとく脚を伸ばしそう。松田国厩舎の2頭出しでは脚質他を根拠にこちらの方を上に評価しました。

注にはケイアイノーテックを!脚元や筋肉の質からもしかしたらと思わせられる。枠次第では頭まであるも、惨敗の可能性もあるという評価です。中穴的配当を狙う競馬オヤジですが、あまりこういった感じで出走する馬を買うケースは多くありません。自信あるか?と言われればそうでもないのですが、左回り巧者ですし、砂を被らないで上手く外に出せれば。オッズ的にも買うなら今回では?鞍上もその辺は分かっているハズで今回は気楽な立場なので一発を期待。

△1にはメイショウウタゲ。2走前だけ走れば好勝負必至。データ的には少々厳しいも指数的には負けていない。8歳の高齢馬もまだまだ元気。鞍上からも一発の匂い。

△2にはモーニン。1400mは全て連対と得意の距離。また東京の実績も抜群。斤量は厳しいもそこはGⅠ馬。侮れない。

△3にはキタサンミカヅキ。斤量も決して楽ではないですが、このところの安定感は素晴らしい。人気の差し馬の末脚を軽い砂の東京でどう封じるか?馬券的には抑えの予定。

追い切り他確認して、週末に補正するかもしれません事、ご了承ください。マテラスカイに関しては馬体写真からあまり食指が動かなかった。逃げという脚質云々はないといえばウソになりますが、4走前のプロキオンSの走りを見る限り、一介の逃げ馬ではないんですよね。ラップ的にも先行馬や中段から行く馬の脚を使わせてしまう強い逃げ馬のラップ。今回、サイタスリーレッドとの兼ね合いもありますし、コース形態から不利なイメージはあります。が、評価が上がらなかったのはそれ以上に強力な追い込み馬を評価した次第。次いでその一段前の馬といったところ。馬体的には魅力あって、実績的にも鞍上からも買い材料多いユラノトは追い切り見てからにはなりますが、今のところ買っても抑え程度の予定。とっても良い馬で今後、ドンドン強くなると思いますけどね。

少々狙い過ぎと思われそうも、クインズサターンは指数からも買えない馬ではありません。また鞍上も同馬を良く知っているベテラン四位騎手。若い頃はその見た目と相まって華やかというか、派手なイメージあったも、当時から騎乗っぷりは職人的でかなり達者。その証拠にダービーはじめ重賞の勝ち鞍見れば分かるはず。調教師試験を受けているとの報からも、騎乗自体控え気味に。とはいえ腕は全く衰えていませんから。

このところの天候で東京のダートはパッサパサになっていそう。土曜のレースや当日のレース見て馬場状況は確認しないとですね。ではフェブラリーSの前哨戦・根岸S!勝てますように。

by競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji