GⅢ東京新聞杯2019day。競馬オヤジのショボい独り言。

競馬オヤジの壺

中京11R

指数上位馬多数の一戦。中京ダートはコース形態的に前が有利も、指数・人気上位馬に位置取りたい馬多数のため展開が読みにくい。強い4歳馬で常に上位争いの③が1番人気か?!ただ①⑤⑥⑧⑪までは指数上、何が来てもおかしくないしヤネやハンデも加味する必要がある。どこからでも入れそうも、①と⑧に食指。楽に行ければ①!厳しくなれば⑧。展開的にはいずれも考えられるので、多少買い目が増えるもオッズ的にはどうにかなるか?③は左回り巧者の可能性も高く敬意を払う必要性は高い。後は指数上位馬をピックし、3連系で。

京都9R

ココは人気でも⑧で仕方ないか!?ただ勝ち味に遅いのも事実だが鞍上からも必勝態勢。相手にも人気サイドになりそうで、馬券的には???というところ。③⑥の4歳馬と京都得意の⑨が人気する。この辺りで確実に買うのも手だが、前走久々の芝で掲示板に載った②が気にはなる。前進期待して馬券に絡めたい。

京都10R

前走強かった⑦が中心。現状の馬場状況、メンバー構成からも好位殺到の前掛かりの可能性。指数的に続くのは②⑥⑨⑫だがこの時期の特殊な京都の馬場&1200mという面を考慮すれば⑥⑨は特に気になるので積極的に買いたい。指数上位馬中心も人気薄の一発は要注意で、3連系では人気関係なくパドック気配が良好な馬はピックすべき。

京都11R GⅢきさらぎ賞

POGでは人気になった馬もいるが、クラシック出走し好勝負組と呼べるのはやはり③。一見、見所満載の馬体もかなりキャラは濃い目。完成度も低くはなく、皐月賞路線までは突っ走る。前走の鬱憤は本番で!指数的にもココは負けられない。ただ補足するならば、筋肉の感じ他からも東京のキレ勝負になった時に最後のひと踏ん張りには少々疑問。また背や胴の感じから距離的にも2000まで(前後)の可能性は否定できない。厩舎的に昨年の皐月賞馬でダービー2着馬に様な見事な育成の可能性は大だが。相手はかなり難しい一戦。⑦は基礎能力相当。深読みし過ぎも、共同通信杯の予定を1週早めたのは鞍上の件の影響。クラシックでルメール騎手は大本命馬のサートゥルナーリアとのコンビ確定で、来週の共同通信杯には別のお気に入りがいるとの話も。馬体的には父を彷彿とさせるような伸びがあるフォルムに、皮膚が薄く黒光りする垢抜けた馬体。繋ぎが凄く繊細で手先は軽くキレ十分。走法的にも父似の大きなストライドにスナップが効いた感じ。指数能力からは③に引けを取っていないが、予定の変更の考慮は必要か!?④は掛かり癖をいわれるも、それ以上にGo出してから反応の遅さが気になる。鞍上からは無視危険で馬場的に向く可能性あるも、人気なので抑えまで。②は血統的にやや狂気型。相手なりの可能性からも過去走レベルさておき無敗馬は舐めたらダメで、この父のファンは買ってみても。個人的には人気に偏りあるも、不確定要素満載の買いたくないレース。③の単でお茶を濁すか、⑧の一発(対抗)に期待するか。本命党だとしても③1着⑦3着固定の3連系とかが一番ワクワクできる?

京都12R

指数的には⑨一番も、馬券的には安定味考慮し⑪を指名。相手には前述の⑨に鞍上魅力で指数上々の⑭。⑦⑬は安定味高くも人気するため抑えもしくは買い方に工夫を。人気しないところでは、スロー気味なら先行粘り込み期待し③⑤。ペース上がれば前述の⑭に⑮か!?

東京10R

指数的には⑫①。次点に⑯③⑩⑮⑭⑪④。前走は位置取りの問題だった⑫。ココは必勝態勢か!?①は気難しい面があり、鞍上がどう乗るのか?ルメール騎手や武豊騎手以外だったら切れるところも非常に微妙。枠的に思い切って行くか?ハンデ戦も実績ある馬を評価。⑫中心に⑯や③は積極的に買いたい。鞍上が今年未勝利というのは気になるが追い切り良好の④は気になる。また軽ハンデの突っ込み要注意で⑭は買いたい。軸固定か!?

東京12R

⑤が人気するも、指数的には抜けていない。意外と混戦の様相。ココはそこそこ人気しそうも⑨は気になる。勝ち味に遅いが安定感は抜群。後はレジェンドを配した①。他では内枠の馬が気になる。指数的にも③⑤辺りか!?⑬は枠不利も能力は上。仕上がり注視も抑え予定。

東京11R GⅢ東京新聞杯

この時期の東京マイルはマイラー(やや短距離)としての絶対的スピードよりもマイル~中距離での総合力が求められるケースも多い。時計やラップがそれを物語ってもいる。週頭では⑩を中心視も同馬のキャラ的には時計勝負に強い左回り巧者のワンラップホース。今回騎乗する鞍上から間違いなく手が合うし、枠的にも周りを見ながら行ける。馬券的には中心の1頭という評価に変わりはない。だが、週頭から少々補正をしたい。②や⑤に関しての評価は基本変わりなし。②に関しては今年のマイル戦線を賑わしてくれるだろう。血統的に少々心配な面も(競馬オヤジはそれ程詳しくはないが)近走からも重賞でも通用する。⑤は低めの重心にパワーある走法。個人的には1200~1400mの路線に行って欲しかったが…。そこならGⅠでもと思っている逸材。能力と鞍上の腕でどうにかする可能性から抑えは必須も!というところ。①に関しては柴山騎手とは手が合うし、柴山騎手の勝負騎乗は地方仕込み。前年の同レースのイン突き等は正にそれ。ピッチに近い走法からラスト400mからの加速は相当もGⅠで少し足りないのは(朝日杯FSは勝っているが)ピッチ故の使える脚の長さ。昨年同様、イン突きできれば面白い存在。⑥はこのコース巧者一族で抑え必要も、指数的にはやや足りぬ。ではどの馬を補正するか!?!?といえば逆張り的ではあるが⑮!兄に比べやや重心が低く、骨格的な伸びも足りない。とはいえスケールがそれ程劣っている訳ではないと思うが。またルメール騎手が他馬騎乗という面、大外ということから今回4番人気。前走時は関東の超名門厩舎の黒歴史といっても良い、ポリ中心の調整。コレは希望的観測になるが、2走目から東京巧者の可能性大で、3走目から前半速めのラップの方が向く可能性も。前走は開催替わりの良好な馬場の2000mで前半スローの上がり勝負に出遅れは痛恨。跳びはそこそこ大きいも書き込み鋭い走法は兄同様。同馬のスケールは周知の通りも、このオッズで買えることをおいしいと思うかどうか?鞍上の好騎乗条件になるも、賭けてみたい。まとめると⑩⑮を高評価し、馬券的にも中心に据える。②は積極的に買いたい馬で単穴的評価だったも少々人気先行の感。投資額は迷うも初志貫徹の予定。週頭から評価を上げたのは⑪と⑬。⑪は早熟&クラシック出走の弊害の可能性も馬体的にはこの万バーでも見劣りしないどころか(昨年の記憶では)上位の存在。⑬は差し位置からのイン突きが条件。厩務員の方が馬群を縫えば勝機との弁。3連系で買いたい。①は買いたいが⑥はいろいろなところで狙われ過ぎで、嫌いたくなる。⑤は抑えも買い方によってはソコソコつく。

今日はあまり自信がないといいますか、指数的に混戦模様のレースが多い感じですね。東京9Rのサトノジェネシスのように余程の事がない限り勝てそうな馬もいますけど、割と拮抗しています。軸定めたいところですが、馬券的にはレースによりフォーメーションをお勧めします。後はこういった時は直前の気配を重視すべきでしょう。パドックで入れ込みがそれ程でなく毛艶良好で活気がある馬を!

そういえば川崎記念で急遽UPしたのですが、頓珍漢でスミマセンでした。地方の有力馬は次開催の大井金杯に回り、実質JRA所属の6,7頭の争いになるGⅠで2100mという特殊なレース。森泰斗騎手が逃げてコース形態を利用し何とか粘って馬券内期待も、出遅れてくれましたからねぇ。しかしミツバの走りは素晴らしかった!勝負根性バリバリで。関係者の皆さまおめでとうございました。

あ、フェブラリーSが盛り上がってきました。インティが武豊騎手でコパノキッキングが藤田菜七子騎手で出走!う~ん、楽しみですね。それまでに資金ガッツリ増やしたいところ。今日は全体的に手広く行く予定です。上がりそこそこも負けないように買うと思います。で、あわよくば高配当を!!!では勝てますように。頑張りましょう!

by競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji