2019フェブラリーSday!最近不調の競馬オヤジのため息。

競馬オヤジの壺

今日は東京競馬場でGⅠフェブラリーSが行われますね。このところ、調子がイマイチな競馬オヤジ。今日こそはと気合入れてはおりますが、正直週頭とは見解が変わってきた模様。自信度は中位ではありますが、あてになるかは少々微妙と思いながらご覧いただけると幸いです。また今日は都合により、レースは絞らせてください。

GⅢ小倉大賞典

小回りで路盤状況がまずまずの小倉に逃げ先行多数登録。ハンデ差も考慮すべき程ではなくココは持続勝負に強く、上級重賞でも戦う姿勢のある底力タイプに食指が動く。指数的には②⑧⑬筆頭も③④⑭⑩⑤と次点馬多く、展開次第の面も。ココは明らかにHペース耐性能力高い⑫の先行押し切りがクサい。斤量的には3走前から問題ないと見た。同様に⑧も気にはなる。後、休み明けでも小倉巧者で鉄砲向きの⑤にこの条件がハマる可能性ある⑭辺りは積極的に狙ってみたい。直前の気配良好な指数上位馬も絡める必要があり、買い目無理に絞ると痛い目に合いそう。手広くが嫌なら他のレースの方が賢明といえるくらいの拮抗戦。

GⅠフェブラリーS *今回はポイント他、長いです。

予想家や競馬評論家の論調的にはインティ・コパノキッキングは本命にせず!ゴールドドリームやサンライズ2頭に持っていく風潮。ファンはインティ評価でコパノキッキング距離疑心暗鬼で応援多い。

まず馬場については根岸S時よりも時計は速くなっていそう。とはいえ明確な状況を確認するにはヒヤシンスSでの確認が必須。例年高レベルの明け3歳戦になるが、ココもなかなかの好メンバーでかなり参考になる。またココもメインも逃げ候補に松山騎手騎乗は興味深い。

コース形態的には芝スタートで2ハロン目が下りでラップが上がる。3コーナーは東京らしい大き目のカーブで直線長く坂があるワンターン。正直、他所でこういったコースは皆無といって良いだろう。インティに関しては、このコース未経験から予想家や評論家は疑う風潮。また揉まれ弱さ等についても本命視しない理由のよう。東海Sのラップを持ち出す向きもあるが、コース形態的にスタートが坂下であることや4角の形状なども考慮せねば。また時計が出やすい時が多々あるとの意見も。インティ自体、回転の速い走法。ただ胴(背と下腹のライン)の感じからも瞬発力よりも持続力勝負型。繋ぎの感じからは芝スタートが良いとは思えぬもやってみなければ分からない。が、過去走からも軽い砂はハマる。また前走時や前走直後は1600mへの距離短縮疑ったも、改めて馬体を見、追い切りや過去走の走りを見る限りスピードタイプの感。またこの血統(特に父系)はスピード比べに強く、レコードホルダーも多々。過去に1800mばかり使ってきたのは、揉まれたくないのでスピードで圧倒できるから使ってきたのでは?確かに希望的観測は強いが、過去走の指数からGⅠでも通用すると見る。1番人気というのが心苦しいが好走必至とみるがどうか?テイエムジンソクと比較する声も多いが、そもそも血統構成的には逆を行っている感。クロフネ産駒は東京マイルの上級レベルはなぜか人気してモロい。またテイエムジンソクは馬のピークを逸した感も強いし、緩い骨格の可動域で大きな跳び。前半に無理なラップ踏むのはそれなりに耐性あるタイプだったも、それは小回り平坦コースが多々だった印象。馬としてのキャラはかなり違う。むしろコパノリッキーの方がしっくりくる。鞍上が違ければ評価下げたかもしれないが、どう考えても日本人でナンバーワンジョッキーで、齢50になるも外国人騎手と真っ向勝負ならこの人だろう。むしろこの馬に今回どう乗るのか?が見物。個人的には2,3番手の外と見るがどうか?単騎逃げなら言わずもがな圧倒的に有利にはなる。

コパノキッキングに関しては、距離は微妙なところ。相手にもよるしラップにもよるだろう。ここ数戦の脚が鮮烈なため、印象が強く気にはなってくるが実質の指数的には前走が初の上級重賞指数。それまでは相手に恵まれていた印象が強い。ただ4歳セン馬で伸びしろは大きく感じる。ココもスローで流れ、上がり3ハロンのみの勝負になれば勝ち負けの可能性は感じる。が、インティ他強力な先行馬がある程度のスタミナに裏打ちされた持続勝負の可能性が高いとみるがどうか?流れを無視した騎乗ができる横山典騎手のような騎手なら話は別だが、藤田菜騎手はスタート上手く、流れに乗る可能性もある。その場合、好位取れば脚を無くす可能性があり、後方からだと芝並の上がりが必須。人馬共々、応援したいが良くて掲示板というのが多くの見立て。過去走のラップからだとそれには概ね賛成になってしまう。

ゴールドドリームはこの条件云々ばかり言われるも、そうではない。それに関してはノンコノユメも同様で、大井の2000mや中京のチャンピオンズCで勝ち負けもある。そもそもが指数や過去走の実績的に力が上であることをまずは留意すべき。ただノンコノユメはスランプ時から蹄の問題があった記憶。しかも今回、週頭に指摘したが接着装蹄。追い切り法も変えてきており何か違う。ゴールドドリームに関しては、馬体的にはいうことがない(ダート馬で)程。ただあの迫力ナンバーワンといっても過言ではない筋肉質ながら、ここ2走3歳馬(当時)に後れを取ったのは、気になる。確かに明け4歳馬は強い。だが状態不安があったのかもしれないとはいえ、抵抗し切れていない気がするのだがどうか?このところ馬券下手な競馬オヤジの逆張り的見解にはなるも、何か気になるのは気のせいか?これが本命にできなかった理由。

オメガパヒュームは右回りの中距離馬。左回りだと内にササる。それが週頭に評価下げた理由。が、今回の追い切りや厩舎のコメントみる限り、懸命の調整の感。ロードカナロア筆頭に、数々の名馬(特に短距離)を育て上げた安田隆厩舎で調教助手として研鑽を重ねた安田翔調教師。ただココに出すということはないだろうし、鞍上も癖馬に乗らせたらJRA屈指で勝負強さも兼ね備えたM・デムーロ騎手。ある程度矯正できた可能性大。坂路を真っ直ぐに駆け上がる姿には好感。ハミ等を変えたとの情報はもっていないが、大分上手くいっているのでは?とはいえレースと追い切りは違う。そういった面で前走のように本命視はできなかったも、このオッズなら!

サンライズ2頭ならソアの方が食指が動く。今回の軽めの調整に疑問もなくはない。が、好位から脚を伸ばすが勝ち切れない近走状況から、今回は好位差しを示唆するような調整にも感じる。コメントでは逃げを匂わせるも、インティやサクセスエナジーとハナ争いをすれば、共倒れになる可能性はかなり高い。ノヴァを勝たせるためにとかのコメントもあったが、同馬主とはいえGⅠで好勝負してきたのはこちら。勝たせるべきはソアの方では?血統的にもこの父系は底力が相当でGⅠで格負けはしない。むしろ過去芝好走歴から、芝スタートでアドバンテージを取り、インティにプレッシャーを与えたいところでは?積極的に買いたい馬。ノヴァの方は東京巧者も、正直昨年のこのレースから指数自体が伸びていない。また東京1400~1600mのやや軽めの砂でM以上で直線勝負という条件も付く。今回、低いもその可能性はなくはないが、買うならせいぜい抑え。ゴールドアリュール産駒はこの条件抜群もピークが短い馬が多い印象もある。同馬がそうとは言わないが…。

根岸Sの2,3着馬は距離延びて良さが出る。クインズサターンは前走、前半付いていったことがプラスに出る。末脚は確実だが、脚の使い所が難しい印象もあるので鞍上の連続騎乗はプラス。後はGⅠで足りるかどうかだけ。ユラノトはこの中間の調整がスパルタに!いよいよ本格化とジャッジしたが故の調整メニューなのだろうか?だとしたら立ち回りがこの中でも一番上手い器用な馬が2番枠。それと個人的意見になるが、直線まで先行位置でジッとして脚を溜める騎乗は福永騎手は合う。同馬も前走1400mに使ったことがプラスに出るはず。ただ中2週でこの調整の場合は、松国タイマーも念頭に入れたい。パドックで気配&馬体重は注視。

今年のテーマは世代交代と見る。また力差あるメンバー構成でもあるという見解。

新興勢力であれば⑥を評価!出っぱ次第も、⑤を行かせ⑧⑨⑩⑫辺りが行きたそうなら、一旦外に張り出し(内に入れない)様子見ながら、外の他馬に脚を使わせてから位置を取りそう。⑪に関しては伸びしろあれば、上位争いも可能というところも、テキの本音は前走がピークだったのでは?今回はオーナーの希望での鞍上に出走。ただ侮れないところはある…かな?同馬の先のことも考えれば、ココは無理しないだろう。このコンビもまだ続く可能性も高いが故に。

③は実績最右翼なのは間違いない。が、どうしてもここ2走は気になる。鞍上もノーザンファームのファーストジョッキーで、種牡馬予定のため無様な競馬はまずしない。馬券圏内も固そう。だが、どうしても気になるものは気になる。

展開面は持続力が問われる展開に⑥が持ち込むと見るがどうか?⑭と⑩、それから②はそれをマークするだろう。③や①は自身の競馬で、差しに徹する。⑬と⑦は一か八かの追い込み。⑪はセブンイレブンでナナコという枠はおもしろい。個人的には思い切って下げて後方から直線勝負と見ているがどうか?

馬券的には多くなるが①②③⑥⑩⑭で、⑥、⑭、②、⑩、③、①という順番での評価で買い方は馬場や直前の気配次第で!今のところオッズ次第も3連系(単複)の予定。①⑩は単の頭だと可能性低いが、オッズは付く。悩むがやはり頭のイメージは薄いところ。気配相当ならかな?このところの③もやや同じ印象。⑦⑪は3着なら十分に考えられるが、展開次第だろう。

東京12R

指数的には④⑬。続いて次点が⑧⑩⑭⑤。⑬はこの鞍上なら信頼できる。④は1300mなら確勝といえるも、100m延長は少し気にはなる。⑧⑩⑤辺りは勢いや適性もあり、上位争いの可能性は高い。が、指数上位で積極的に買いたい④や⑬との組み合わせだとオッズ的に厳しい。ただ⑧は配分変えてでも買うべき馬だが1番人気になるだろう。並びにするかも含め悩む!!!ならば、揉まれ弱く時計詰めないと厳しいがこの条件ハマる⑥や同じく東京巧者の⑬はオッズ的にオイシイ。また枠が微妙も前走鮮やかだった⑭にも食指。

こんな感じです。先にもコメントしましたが、自信度は微妙。今回逆張り的な面もありますが、比較的素直に評したつもりです。あてにならなかったらスミマセン。ではGⅠフェブラリーS、素晴らしいレースを期待します。そして皆さまと共に、高配当ゲットできますように。頑張りましょう!

by競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji