弥生賞2019dayの競馬オヤジの戯言。

競馬オヤジの壺

今週も、競馬オヤジの勝手な都合により少々レースは絞らせてください。

小倉11R 大宰府特別

指数拮抗で序列を付けるのが微妙だが、一応の上位としては①⑩②⑤⑦⑫。どこで線を引くかの問題もあり、次点といって良いか分からないが④⑧⑪と続く。正直、差はない。最終日ということもあり、ココで何とかしたい馬も多数。また先行勢が多く、前掛かりになりそうも天候面から意外とカオスにならない可能性も。昨日、絶好調だった鞍上の勢いをかって人気でも⑤の馬券内を期待。相手には①②の人気馬で仕方ないと見る。後はパドックで状態が良さそうな指数の上位馬を狙う。穴なら近走イマイチで早熟だった可能性あるも、起用した鞍上からも陣営はまだ行けると見ているハズの⑫か!?固い予想で申し訳ない。

阪神11R 大阪城S(L)

Lのハンデ戦ということだからなのか、重賞で強いところに入るとチョイ足りないも賞金や格的にも陣営がOPへの出走ではなく上を狙いたいと考える馬が多い感(出走することで賞金を得るのではなく賞金加算しまだまだ上を目指すという意味)そういった面からも、今後新たな格付けになるのは良いことと思うが、陣営の狙いの見極めが重要。そういったところから準OPをしっかり勝ってきた馬が少々のハンデをもらい人気しそうだが、まずは重賞やOP常連組で近走好走馬から狙う方が常道か!?指数的には④⑪⑬⑥⑮⑭次点に⑩⑤②⑫①と混戦。⑪は典型的なハンデ戦馬。直線の長いコースもプラスで近走結果からも衰えはない。だがサウスポーの可能性もあり軸として信頼するには少々微妙。④は典型的なOP大将。昨年のこのレースの勝ち馬ということもあり、軸としての信頼は可能。⑬は乗り難しい所があり、乗り替わりは不安も、ピンチヒッターの浜中騎手はあの一件以来馬質が落ち、やや活躍が地味になったも比較的乗れている。馬自体ワンターン向きで能力も上々。ハマれば。前言撤回のようだが、準OP勝ち組の⑭は底力は上位。混戦になれば!⑮は枠がどうか?内を捌く器用さがあり、それが好走パターンでもある。⑥は平坦小回り向きの感。⑤は京都1800m専用馬と買い材料自体は微妙。ならば前走新たな試みがハマった感のある⑫はどうか?元々、クラシックに駒を進んだ実力馬。好位からタイミングよく抜け出せば!④の信頼度から買う予定も、⑫から3連系やワイドを狙ってみてもおもしろいかも?

阪神12R

関西のダート1000万下はレベル上々。ココも指数的に上位勢が拮抗。芝で上位の成績がある①がそこそこ人気しそう。一族にダートの強豪もおり、適性高い可能性。枠は気になるが無視はできぬか!?だが、馬券的軸には⑪を指名したい。1番人気候補の③は逃げ馬で、他にも行きたい馬が多く、先行したい⑪として展開面は何とももフレッシュな時の方が好走する。休み明けの今回の方が人気もしない。後は阪神ダート得意の④に前述の①。人気ないも鞍上魅力の⑩に⑤にダートに矛先向けてから安定の⑧辺りで組み立てたい。前走圧勝の③はスンナリが条件で周りの出方が気になる。人気から抑えまでにしたい。

中山10R 総武S

ココは指数的にも抜けている⑤だろう。ただ相手には悩む。指数上位馬が必ずしもこの条件が良いとは言えないが故。①は父の産駒がこの条件イマイチで同馬も本質的には直線平坦の軽い砂で速力比べ向きの可能性。③は基本叩き良化。好調教で仕上がり次第も積極的にはどうか?ならば砂の重得意の⑧⑨⑥にそもそも実力上位の⑪辺りは積極的に狙いたい。また⑭の復活と地方から移籍後、最も合いそうな条件に回ってきた⑦は気になる。①他、ゴールドアリュール産駒は状態次第で抑えに!

中山11R GⅡ弥生賞

ホープフルSのレベルに関しては、意見が分かれよう。個人的にはボチボチも出走馬のレベル自体は疑っていない。サートゥルナーリアは関係者の評判通りと見て良さそう。2着のアドマイヤジャスタは馬体からも速い動きや一瞬の瞬発力には欠ける。場合によってはステイヤーの可能性が高いと見ている。話しを弥生賞に戻す。3着のニシノデイジーは相当の素材と見ている。そもそも重賞2勝馬で、両方ともレベルは上々。1番人気にならないのはやや地味な周囲環境や掛かりやすい気性面への不安のためだろう。また今年まだ勝ち星のない鞍上を不安視する声もあるが、個人的には問題ないと見る。むしろサートゥルナーリアとの再戦を前に負ける訳にはいかない。同馬とクラシック挑戦するためにももう落とせない。イマイチ人気にならないところはキタサンブラックの3歳~4歳初期が被るがどうか?ラストドラフトも大物の可能性。戸田調教師からは既に久しぶりの大物との弁も。ルメール騎手の落馬負傷で田辺騎手への乗り替わりは、むしろ次走のことを考えればアリ!世代の上位との対戦で次走のめどを立てる!というのが陣営の本音だろう。ただ不気味なのはカントル。ルメール騎手の騎乗取りやめで2鞍乗ることになったが、そもそも今日はメインと最終のみの騎乗予定だったM・デムーロ騎手。陣営も狙いはダービーと公言しているようにメイチではないだろうが、ダービーとの関連性が高いのはこの弥生賞。過去走から上位と差がありそうも、周りのこういった面からは何かプンプンと匂う。個人的に評価高い⑧は心配点が2つ。まずは馬体が太くなり過ぎていないか?コースと坂路併用でバリバリ追い、輸送もあり問題ないと見てはいるが一応パドックで絞り切れていないかどうかは要確認。それと前走はローテと追い切りの面だったとは思うが、急坂で完全に脚色が鈍った。坂が苦手な可能性はまだ拭い切れてはいないが、パワフルな血統・馬体からも大丈夫だとは思うが…。週頭のジャッジと大よそ変更はなしも、やはりカントルの扱いをどうするか?が悩みどころ。直前まで持ち越しそう。

今日は多くのレースをピック出来ずスミマセン。自信度に関しては何ともも、一応分析はかけた積りです。また天候が怪しく馬場がどうなるか?は大きな問題。少しだけ予想に組み込んでは見たものの悪化度合いによって予想が変わる面もあるので、新聞他にある過去走の得手不得手をしっかり確認ください。では勝てますように!

by競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji