先週(日曜)の回顧とスプリングSのちょっとしたデータと馬体を見た感想他!

競馬オヤジの壺

GⅡ金鯱賞 ダノンプレミアム号 優勝!

おめでとうございます。

中内田厩舎 川田騎手

㈱ダノックス ケイアイファーム生産

勝ちタイム 2.00.1 勝ち馬上がり34.1 稍重

12.7 10.8 12.1 12.5 12.9 12.3 12.2 11.6 11.3 11.7

1000m通過 1.01.0 ペース判定 スロー レース上がり 34.6

下が緩いことへの適性はモロに出たレースですが、同様にGⅠ級の格比べにようにもなりました。競馬オヤジが勝手に考えている格付けとして、OP級→重賞級→上級重賞級→GⅠ好勝負級→GⅠ級→スーパーホース→歴史的名馬、という風に分けています。分け方に関しては、長くなるため改めて。もっと分析は必要も今回はGⅠ大阪杯へのトライアル(上級重賞級)ではあったのですが、結果的にはGⅠ好勝負級と見ています。勝ったダノンプレミアムは1コーナーでの前掛かりをやり過ごし、レース自体も中心で、完全に支配していました。ラスト100辺りで、鞍上の川田騎手が後ろ見ながらムチを入れていましたが余裕の完勝。レース前に右前の接着装蹄が少々心配でしたが杞憂でした。コレは参考までですが、蹄は白い方がやや弱いと言われてもいるんです。個体にもよりますけどね。一応、参考まで。馬も頑張りましたが、中内田厩舎の仕上げは秀逸ですね。川田騎手の騎乗も人馬一体で素晴らしい。2着のリスグラシューは正直、鞍上と合うかが心配だったも、見事な騎乗に走り。調整過程的に次を見越していたので元々は軽視も、この馬場は同馬向きとのジャッジは正解でした。使いながら馬を育成することに長けた矢作厩舎ですが、それにしても完全に本格化気配。このメンバーでこの走りは期待が膨らみます。後はピークの維持でしょう。3着のエアウィンザーも強かった。手先の感じから重は巧者。ただ5歳になるもまだ成長途上の印象は強く、指数的にもココで2倍台の1番人気というのは荷が重かったのでは?鞍上の武豊騎手も勝ち馬をマークしていた乗り方だった感。確かに安心して馬券買える馬ではありましたけどね。キングカメハメハ産駒の典型っぽくジックリ力を付けそう。個人的には武豊騎手主戦だと今後も伸びそう。厩舎的にも今後の飛躍に期待は持てると考えます。4着のペルシアンナイトはやはり叩き良化。2000mは問題なく、次走かなり上げてきそう。5着のアルアインは鞍上のスイッチがやはり響いた感。柴山騎手がダメと言っている訳ではないんです。柴山騎手自体、ノーザンファームも認める騎手ですから、達者ではあります。ただ皐月賞以降、善戦マンになっている同馬にいろいろ試そうとしている段階での主戦の離脱という意味ですね。個人的には脚質的にも合わなかったのでは?と。柴山騎手って芝のレースだと対抗以下馬や人気薄の差し馬に乗った時に素晴らしい末を引き出すイメージ。馬とヤネのキャラの合致って意外と重要。このところ北村友騎手が調教付けてましたからね。陣営も残念だったのでは?松山騎手に戻したらというファンの意見もありますね。確かにマイルCSの川田騎手の騎乗からも位置取って粘り込むのが最も良い形かも。そう思うと松山騎手待望論も分からなくもない。上手ですからね、松山騎手。ただレースの格が上がると彼の思い切りの良さが少々影を潜める気もします。誠実そうな人柄なので依頼は多そうも、何が何でもという強引な姿勢には欠けそうな気も…。想像ですけどね。

GⅡフィリーズレビュー

ノーワン号優勝! (同着)

おめでとうございます。

笹田厩舎 坂井瑠騎手

藤田好紀氏 飛野牧場生産

プールヴィル号優勝! (同着)

おめでとうございます。

庄野厩舎 秋山騎手

吉田照哉氏 社台ファーム生産

勝ちタイム 1.22.0 稍重

勝ち馬(ノーワン)上がり34.5 勝ち馬(プールヴィル)上がり34.7

12.2 10.8 11.9 11.9 11.7 11.3 12.2

1000m通過 58.5 ペース判定 ミドル レース上がり 35.2

長くなるので、簡潔になりますがアウィルアウェイの先行で流れが淡々と!ラップを見ても短距離持続ラップ。馬場もそこそこパワー必須だったこともあり、仕上がりの良さと適性が問われた一戦に。本番に繋がるか?と問われれば、質がかなり違うことから現状は微妙。ただココで上位争いをした馬達は夏に各カテゴリ毎に分けられた後、きっと活躍するだろうな(もちろん育成・成長次第)と思わせられました。ノーワンは十分な経験と前走の走りから、来られてみれば納得も競馬オヤジの指標からはやや漏れのため無印に。またしても競馬の難しさ。クラシック戦線では往々にしてあることなので反省し、今後に生かしたいと思います。プールヴィルに関しては、馬の賢さとメンタルの強さ。そして陣営の先を見据えながらの優良な仕上げに鞍上の好騎乗と上手く噛み合った結果。馬体重が増えていなかったことは少々気になるも、垢抜けた好バランスの馬体は魅力十分でした。

さていよいよクラシック始め、一連のGⅠシリーズが近付いてきました。今週末も興味深いレースが目白押し。何とかキッチリ馬券もゲットしたいところ。またまたいつも通りのをやりたいと思いますが、このところ仕事やプライベートがバタバタの競馬オヤジ。分析が中途半端でスミマセン。少しでもヒントになるよう頑張りますので今後も応援の程、よろしくお願いします。

GⅡスプリングS

ちょっとしたデータ!

東西互角。脚質はコース形態的に逃げ先行がやや有利で追い込み苦戦。キャリアは2~6戦。前走クラスは500万下以上3着以内が理想も、掲示板までなら。前走距離はマイル以上必須。

続いて、登録馬。

指数と馬体を見た感想他のコメント。プラス材料大は赤文字、プラス材料小にはオレンジ文字。マイナス材料大には紫文字、マイナス材料小には青文字

※指数については出走馬の過去指数の相対的なものになります。また過去最高指数に近走状態を加味しており、国内レース中心・当該距離にて評価しております。A~Eで想定。A本命級 B次点 C連下なら D恵まれて E厳しい 更に同じランクでも上下を付ける場合もあります。3歳戦の場合、サンプルが少ないので指数は拮抗しています。

*今回はサンプルが少ないため指数表示はパスしますが、過去に良好な指数を出した馬には高指数と準指数馬には伸びしろ、表示します。

また昨年及び今期成績の良い厩舎力の高い厩舎(東西リーディング10位以内と重賞成績をメドとする)にはを!

競馬ブックweb(有料)や競馬ラボ(こちらは無料)に馬体写真があります。またそこに馬体のコメントもあります。参考にどうぞ!

アンクルテイオー 栗東高橋亮厩舎 四位騎手予定 キャリア1201 中山芝初 前走京都未勝利1800m1着 差し

指数的にも低くなく、陣営がクラシックに乗せたいのは分かる。現状、抽選対象のため若葉Sへの出走が有力か!?

エメラルファイト 伸びしろ 美浦相沢郁厩舎 石川騎手予定 キャリア2012 中山芝初 前走京都500万下1600m白梅賞1着 差し

全般的に上々の指数を出すタイプ。以前の馬体印象だと骨格の可動域は良好もまだパンッとした印象は薄く筋肉が付き切るのもこれからの感だった。また血統的な面か決め手に欠ける面も。相手なりのタイプでもありMペース以上の混戦になれば。

カラテ 美浦高橋祥厩舎 黛騎手予定 キャリア1007 中山芝0001 前走小倉未勝利2000m1着 先行

前走はHペースを番手から千切った。レースレベルの問題はあったにせよ、徐々に体力がついてきたのでしょう。

キュアン 美浦林徹厩舎 藤田菜騎手予定 キャリア1101 中山芝初 前走中山ダ未勝利1800m1着 先行

芝の新馬で大敗し、ダート路線へ!再度の芝挑戦もココは相手が強く…。

クリノガウディー 高指数馬 栗東藤沢則厩舎 藤岡佑騎手予定 キャリア1101 中山芝初 前走GⅠ朝日杯FS2着 先行

首の角度や胸の深さはかなり良好。また完成の遅いスクリーンヒーロー産駒ながら既に多めの筋肉を纏ってもいる。母父の影響が出ているのかな?骨格の可動域は良好そうも、肩の傾斜が立ち気味に見えまた、まだキ甲が抜けていない(体高が伸び切っていない)とはいえバランス的にやや重心が低くも見える面に背の長さからも距離的にはそれ程長くなって良いとは思えない。背のラインもやや背っ垂れに見える面と逞しい上体と比べやや貧弱にも見える四肢の感じから、ちょっと疲れが溜まりやすいタイプかも?手先が軽いのは良いことも、あくまでも相対的な面他からのジャッジではありますが。お尻の筋肉や首、肩の力感は素晴らしくGⅠでの好走も頷ける。未だこの時期という面もあるのだが馬体的には凄く良好な面と微妙な箇所が極端に混在する印象。やや鈍重な印象もあり、完成度自体微妙ですし、写真撮った時には仕上がりの途上だったのかも?

ゲバラ 伸びしろ 美浦伊藤大厩舎 柴山雄騎手予定 キャリア1001 中山芝初 前走GⅢ共同通信杯5着 差し追い込み

前走時は結構期待しました。陣営はトモがまだ緩いため出っぱが遅いとの弁。パワーや鋭い脚は持っているので前を射程に入れる位置で競馬できれば。5月生まれでまだこれからの馬も、血統からスタミナやスケールは感じる。

コスモカレンドゥラ 高指数馬 美浦田中博厩舎 丹内騎手予定 キャリア2102 中山芝1001 前走GⅠホープフルS4着 逃げ先行

ノヴェリスト産駒らしくコンパクトでまとまった馬体だった印象。首や背の伸びは微妙も四肢はスラッと。筋肉の質はやや硬質で皮膚が素晴らしく薄く垢抜けていたような。他馬を捻じ伏せるようなパワーある走りというよりは、軽快な先行力が武器か!?今回、コース形態は合いそうも前掛かりの可能性が高い。

シークレットラン 伸びしろ 美浦田村康厩舎 内田博騎手予定 キャリア2101 中山芝2001 前走GⅢ京成杯4着 差し

首、胴、四肢と全て伸びやかというか、長手の馬体。繋ぎもやや寝気味で長め。筋肉の質は粘りが良さそうもやや粗めっぽい。3歳春という面もあるが、体幹面もまだこれからっぽい。大よそのフォルムと背と下腹のラインなどからも、瞬発力勝負には向かず長い脚のタイプ。ペース次第も3角からのマクり合いが理想でしょう。パワーは不明も現状は中距離のスタミナ比べ向きか?!

タガノディアマンテ 伸びしろ 栗東鮫島一厩舎 田辺裕騎手予定 キャリア1111 中山芝初 前走GⅢきさらぎ賞2着 先行

馬格程々も品のある馬ですね。フォルムは欠点が少なく凄く魅力的。ただこの血統でありながらも筋力はまだこれからっぽい。上手い事成長したら結構なところにも行けそうな基礎を持っている感。兄弟からはダートの上級馬が出ているのを見るとほんの少し、体の線が硬いかなぁ?とも。胸もそこそこ深く心肺機能は高そう。大よそは父に似ているかなと。血統的にも底力もありそう。四肢の感じからも丈夫そうでもありますし、前後のバランスが取れたタイプ。運動神経が結構良いタイプに多い印象。胸前やトモの身入りが増えて、全体から力感が溢れ出てくるとおもしろい存在になりそう。厩舎力が高く、馬の育成が達者な鮫島一厩舎所属ということで今後にも期待できそう。中山の小回りコースは向きそうな気もします。

ディキシーナイト 伸びしろ 美浦国枝厩舎 石橋脩騎手予定 キャリア2111 中山芝1010 前走OP(L)クロッカスS1着 先行

ダイワメジャー産駒らしく、骨量豊富で雄大な馬体。伸びやかさもあり前走1400で強かったも1800への距離延長は大丈夫なフォルム。首、胸前(肩)、背、お尻の容量や身入りは良好。まだ成長期なので今後筋肉量が更に増えたら迫力十分の馬体になりそう。手先は軽く、繋ぎは繊細。トモの迫力が素晴らしいのでパワー由来の爆発力は結構あるかも。ただ背の長さからはやはりマイル前後がベターなのかも?とはいえ中山の1800m、一世代戦なら問題はないでしょう。確保した鞍上からも番手から4角先頭というイメージか!?

ニシノカツナリ 美浦水野貴厩舎 騎手未定 キャリア1010 中山芝0010 前走東京未勝利1600m1着 差し

祖母はあのニシノフラワー!この一族からは今年のクラシック有力候補のニシノデイジーもいる。データアウトで血統的にもこれからっポイのは否めない。ココでどうこうというのは分からないも、将来性には期待できるかも。

ヒシイグアス 高指数馬 美浦堀厩舎 F・ミナリク騎手予定 キャリア2100 中山芝2000 前走中山500万下1800m若竹賞1着 逃げ先行

美浦の名門堀厩舎所属馬らしく、垢抜けた皮膚にフォルム。四肢はスラッとし時計勝負にも対応できそうだが、筋肉の質や身がつまった骨格や体幹面からは、キレや運動神経というより、パワーや速力のタイプにも見えます。母系や母父の影響が結構出ているのかも?首が高くバランス的に少々短く見えるのですがコレは個性でしょう。重厚なスケールも感じさせてくれるので、ココでどんな競馬を見せるか。掛かりやすい気性も連続騎乗の鞍上は「よくしつけられている」との弁。今回は前掛かりになりそうなコース形態にラインナップ。上手く捌ければ。

ファンタジスト 高指数馬 栗東梅田智厩舎 武豊騎手予定 キャリア3001 中山芝初 前走GⅠ朝日杯4着 先行差し

2歳夏の時点からも良好ではあったも、ココにきて更に垢抜けてきました。成長度自体は他馬よりも進んでいる面はありそう。四肢の出方や首の角度、背のラインなどは非常に良好ですね。筋肉量も増え、バランスも整ってきた感。胴の感じから距離延長は正直、微妙も鞍上はマイルは全く問題ないとの弁。レジェンドの意見ですからね。そう考えると中山の1800mならば問題ないのかも?ロードカナロア産駒は気性の良い馬が多く、掛からないケースも多々。馬体からは軽いキレを感じるも、過去走からは割と長い脚。今回でキャラが大よそ見えてくるも、可能性的にはNHKマイルC向きの印象は強い。厩舎的には馬の能力維持にも非常に長けているので、今後の活躍には期待が持てそう。

フィデリオグリーン 美浦根本康厩舎 野中悠騎手予定 キャリア1014 中山芝0012 前走中山2200m水仙賞9着 逃げ先行

未勝利勝ちに5戦要し、昇級戦の前走では苦戦。スタミナはそこそこありそうも、いきなりの重賞挑戦。どうか!?

モズベッロ 栗東森田直厩舎 騎手未定 キャリア1001 中山芝初 前走京都未勝利1800m1着 先行

若葉S出走の場合は和田騎手を確保しているように、そちらが有力か!?ただ陣営としては中山を経験させたいのかも?

ユニコーンライオン 栗東矢作芳厩舎 キャリア1100 中山芝初 前走京都500万下1800mつばき賞2着 先行

今世界的にも産駒が活躍傾向の父系の勢いは無視できない。馬格もかなりあり、速力とパワーは相当。写真がないので分からないも急坂未経験も幅のある馬体だった印象から苦にしないかも?

リバーシブルレーン 美浦高木登厩舎 キャリア1011 中山芝1000 前走東京500万下1600mベゴニア賞3着 先行

活躍馬多数の一族で同馬にもかなり期待されていそう。写真がないので分からないも過去走から、それなりの成長していればやれる可能性。休養期間がそこそこ長いので仕上がりがカギ。陣営は馬体が増えないことに懸念の弁。目に見える成長はまだ先か?

リーガルメイン 栗東橋口慎厩舎 三浦皇騎手予定 キャリア1101 中山芝0001 前走GⅢ京成杯5着 差し

前走、未勝利からの臨戦で初の輸送に中山でも5着健闘。母系はGⅠ馬数頭排出の良血。ガサがないのは気になるも2度目の中山で前進あるか!?確保している鞍上からもこちら出走が本線。

ロジャーバローズ 伸びしろ 栗東角居厩舎 川田将騎手予定 キャリア2100 中山芝初 前走京都500万下2000m福寿草特別1着 先行

筋繊維が繊細そうでバネが良好そうな馬格あるディープインパクト産駒は大物も多く、春クラシックでの活躍馬も多数。骨格の伸びがあり、可動域も良好そう。手先は軽く繋ぎは良好で繊細。首や胸前、トモの力感は上々で、これは母方の血統的影響が強いのかも。まだ成長途上な面は多々あるも精悍な顔つきと立ち姿や、前走時の大幅の馬体増からもこの時期にグッと成長を見せる面から、もしかしたら過去の有力ディープインパクト産駒と被る可能性。意見が分かれるかもですが、大物の可能性も。血統面からは軽いキレを感じさせるも、重めの芝にシフトした京都で長い脚で500万下を完勝。また小回りで器用さも見せた。これはあくまでも可能性論になるがパワーや雄大な馬体由来の持続勝負向きなのかも?そう考えると中山は向くかも?確保した鞍上からココ取りに来た可能性大でしょう。

総評~っす!

抽選対象馬もおり、若葉Sと両睨みの馬もいるので展開他、未確定な部分は多いも、正直、上位勢と思われる馬達とは差がある感。新馬であれ未勝利であれ500万下であれ、過去走でそこそこの指数等で走破した馬なら話は別ではあるが。

逃げ先行馬も多く、やや前掛かりの出入りの激しい競馬の可能性も実力が拮抗していなければ、それ以前の離脱馬が多くなり4角等でズラリと押しくら饅頭状態にならないケースも。そうなればこの小回りでも昨年のように割と紛れずに力上位馬同士で決まるケースも考えられる。

人気が予想される力上位の逃げ先行、ヒシイグアス、ロジャーバローズ、クリノガウディ―、コスモカレンドラと多数で力と力のぶつかり合いが見られそう。この中で凌ぎ切れそうな馬を本命視しようかとも考えたのですが、気性面や状態等、不安がない訳ではなく、あまり厳しいレースになると次への反動も懸念されます。

ローテが狂ったことは心配な点でもあり、仕上がり注視で最終追いを見た上でと条件は付けますが、ココでは負けられないクリノガウディ―を一応の本命候補に。馬体的にはまだ成長の余地が多く、弱いところも多そうですが、本質的に中山向きの馬体の感。正直、2走目の東スポ杯のようなワンターンコースの軽い芝よりは今回の方が合いそう。また成長次第もスケールもそれなりにあると見ています。馬体写真的には後一追いで仕上がる可能性あるも、動き他見た上で補正する可能性は高いという注釈のある本命候補です。ごちゃごちゃスミマセン(笑)

相手には枠が出ないことには何ともも、現状相手なりで前が厳しくなると台頭しそうなタガノディアマンテが気になります。本格的な身入りはこれからっぽいも馬体自体は品があり、血統からは底力も感じます。ただ1つ懸念も。体の線が硬く見えるのが勝ち切れない理由の可能性。今週の天候や馬場は考慮していないのですが、むしろ多少悪くなった方がとも思えるんです。そこそこの時計で勝ってはいますが、そこは不安。時計の速い馬場なら評価下げるかも。ただ成長も著しいでしょう。

単穴にはファンタジストを。1、2番人気にはありそうも、完成度が高いのと本質的にはマイラーという面で実績程人気はしなさそう。今回そこそこ前掛かりにもなりそうなので、そう考えると鞍上がレジェンドなのはかなり心強い。穿った見方かもしれないが、馬体写真から仕上がりもかなり良好に見えるので、ココ取って次走は皐月ではなくNHKマイルCなんてローテを考えているのでは?取り敢えず選択肢を増やすための1800mという感じで。

☆にはヒシイグアス。馬として馬体的には結構なレベルにあるとは見ています。また過去走も上々です。ただここ2戦逃げて勝っていることがやはり引っ掛かる。逃げ先行馬多数のココで相手強化。前走、番手の競馬で勝っていたら本命にした可能性大。もしかしたら厳しいペースを造る張本人になるかも。そういった不安から☆の評価も頭まであるかもと見ています。

注にはロジャーバローズを。この時期にグッと成長するディープインパクトの良好な産駒っぽいですよね。大物の可能性もあるかと!馬体自体も大よそ形成的成長も遂げている印象も強いので本来はもっと上の評価をすべきかも。う~ん、でも個人的意見ではあるんですが迷っているんですよね、大物かどうか。先物買いされる方には向く可能性も、そうは言ってもココでもそこそこ人気しますからねぇ。ただいつもの逆張りではなく少々気になる面がある為、大物と確証が持てないというところです。ただ良い馬であることは変わりありません。

△1には抽選突破ならゲバラを!前走時も穴として評価しました。スタミナ由来の持続勝負の差し合いなら。馬個体としては陣営が期待するのが良く分かる良好なタイプだと見ています。ただ完成度は低そうなんだよなぁ。

△2にはディキシーナイトを。迫力ある馬体で、ダイワメジャー産駒の野暮ったさが薄めなんですよね。瞬間的な動きが要求されると微妙も持続勝負なら。現状(月曜時点)積極的に買いたいのはココまでかな?

△3にはエメラルファイトを。同馬が台頭するような展開になるとは踏んでいるので、好走の確率自体は高そう。ただこういったレースをぶっこ抜く爆発力に関しては少々物足りない。成長度の問題だと思うので写真見たかった。3連系ならというところか。

△4にはシークレットラン。同馬はイメージ的に差しというよりはマクり。今回はやや前掛かりも番手有利の持続力勝負と見ているので、もう少しペースが上がっちゃうか、逆に落ちて3~4角ダンゴの押しくら饅頭状態になれば、一マクりが決まるかも?ただ正直、前走が現状の力関係とも取れる気もしちゃうんですよね。正直、積極的に手は出ないかな?

抽選対象が多数いるので印は多くなってしまいました。が、△5まで入れると買い目が多くなり過ぎるので止めておきます。ですがコスモカレンドゥラは良い馬だと思っています。ただ今回は展開が微妙。大型の逃げ先行馬が多数なのは同馬には大きなプレッシャーになりそう。また状態に関しても、悪くないという程々な物。写真がないのでジャッジ仕切れないも現状はねぇ。最終追いの動き良好なら買い目には入れると思います。

クラシックのトライアルでは混戦の牡馬戦線。本番ではサートゥルナーリアやアドマイヤマーズといった2歳GⅠ馬が待ち構えている以上、そこで勝ち負けするには前哨戦で後れを取る訳にはいかないと考えている陣営も多いでしょう。混戦が故にオッズ的にはおいしそうも、造られる人気に左右され過ぎず、過去走の指数やキャラ、馬体からキッチリ推理して良好な配当をゲットしたいですね。阪神大賞典に関しては、当日のすっとぼけた呟きになりそうです。ご了承ください。では勝てますように。

by競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji