先週の回顧とGⅠ桜花賞2019!のちょっとしたデータと馬体を見た感想他!

競馬オヤジの壺

★当記事はYouTubeにて動画版も配信中です。「ほのぼの福招き」公式チャンネルもどうぞお楽しみください。

--------------------

こんにちは。競馬オヤジ、アシスタントのウマンです。

先週の馬券成績はいかがでしたか?僕はオヤジさんの予想に乗っかってチョイ負け!最近のオヤジさんはどうもイマイチ。クレームつけておきました。オヤジさんも、

「狙いが下手で申し訳ない」

との弁。本当に反省して欲しい(笑)さて今回からは動画共々、少しだけリニューアルします。総評~っす!はレースのポイントに終始し、オヤジさんの印は週末の当サイト(ほのぼの福招きサイト)にすることにしました。ただ馬体やデータ他からのニュアンスは今まで以上に匂わせるとのこと。福招きの管理人・しぐれさんからも福を招くように頑張ってとのこと。う~ん、最近キレがないオヤジさんの予想ですから、僕はしばらく様子見させてもらおうかな。ではいつも通り先週の回顧から!

GⅠ 大阪杯 アルアイン号 優勝!

おめでとうございます。

池江寿厩舎 北村友騎手

サンデーレーシング ノーザンファーム生産

勝ちタイム 2.01.0 勝ち馬上がり 35.2

12.6 11.1 12.7 12.7 12.2 12.4 11.8 11.4 11.6 12.5

ペース判定 スロー 1000m通過 1.01.3 レース上がり 35.5

ゲート後、外枠の数頭が好位を取りに内に殺到し真ん中辺りの馬は概ね後方へ。1コーナーでは内から先手を主張したエポカドーロが主導権を。馬場は前日の雨等で緩めの力のいる馬場に。ただ内側はココまでのレースである程度踏み固められ、走り易い馬場に。結局、③⑥②①⑨番馬が掲示板という、内有利に。過去の大阪杯は中枠から外で、少々傾向にも変化か!?勝ったアルアインは抜群の追い切りで馬場や展開面も上手く味方にした感。ブリンカーも2度目で効果大。好位の内で折り合いに専念し、勝負所でもジワッとした脚を使い粘り込み。鞍上の北村友騎手の好騎乗でしょう。また池江寿厩舎の見事な戦略眼に調整!馬もそれに答えたのは偉かった。やはりGⅠって、全てが上手くいってこそ勝てるんですね。関係者の皆さま、おめでとうございます。

2着のキセキは軽いキタサンブラックとの印象。これって凄いと思っているということ。ただ今回はコース形態的にもラップ的にもキレ負けすると見て掲示板かな?との判断で軽視。またタフな馬で次走上げてくると見ていました。後躯の可動域が現役屈指で体幹面の良好さも相当。キャラ的には父似の印象もありまだまだこれからも活躍するでしょう。3着のワグネリアンは中段の内でプレッシャーがかからない位置に。直線も内から伸びました。鞍上の福永騎手が無理させず、次に繋がる上手な騎乗。ただ距離に関してはシビアになってきている可能性も。4着のマカヒキは状態が良さそうでした。岩田康騎手の馬群を縫う騎乗は顕在。5着のエアウィンザーは1コーナーで希望の位置が取れなかったのでは?もう一段前をイメージしていたと。失礼な言い方になるかもですが、今回のレースレベルではこれだけのメンバーも超GⅠという印象は薄かったかな。1番人気で6着のブラストワンピースは出っぱで位置取れず。3角から大外ブン回しでは…。脚は使ってますけどね。大型馬故に器用さがという意見もあるでしょう。ただ個人的には有馬の好位置からの競馬や毎日杯の最内に、ゆりかもめの馬群突破などから馬群okとの見立て。ただ1つ懸念も。大型馬なのに斤量に敏感かも?エポカドーロはあの止まり方からも情報を待ちましょう。ステルヴィオも同様。距離?なのかなぁ?ペルシアンナイトもどうしちゃったんでしょう?馬場なのかな?サングレーザーも分かりませんが、位置取りと馬場?各馬の次走に向けて、これから分析しないとですね。

今週は阪神競馬場でGⅠ桜花賞が行われます。またまたいつものをやりたいと思います。

ちょっとしたデータ!

前走1200m戦出走馬は厳しい。芝で5割以上の連対ないとアウト。OP勝ち、もしくは重賞で1~3着以内暦必須。1600m以下戦出走経験のない馬も厳しい。2戦目までに初勝利を挙げていることが重要。前走レースではFRなら連対。チューリップ賞なら掲示板で1.0以内。フラワーC、クイーンC、エルフィンS、シンザン記念からは1着。 阪神1600外回りのコース形態上、速い上がりの掲示は必須。

続いて、登録馬。

指数と馬体を見た感想他のコメント。プラス材料大は赤文字、プラス材料小にはオレンジ文字。フラット材料には緑文字!マイナス材料大には紫文字、マイナス材料小には青文字

※指数については出走馬の過去指数の相対的なものになります。また過去最高指数に近走状態を加味しており、国内レース中心・当該距離にて評価しております。A~Eで想定。A本命級 B次点 C連下なら D恵まれて E厳しい 更に同じランクでも上下を付ける場合もあります。3歳戦の場合、サンプルが少ないので指数は拮抗しています。

また昨年及び今期成績の良い厩舎力の高い厩舎(東西リーディング10位以内と重賞成績をメドとする)にはを!

競馬ブックweb(有料)や競馬ラボ(こちらは無料)に馬体写真があります。またそこに馬体のコメントもあります。参考にどうぞ!

アウィルアウェイ 指数B 栗東高野友厩舎 石橋脩騎手予定 芝キャリア2101 前走FR1人気7着 OP勝ち、重賞連対あり 上がり最速3回

やや立ち姿も固く、メリハリも微妙。キ甲の感じや腰高なシルエットから、デビューは早かったも、まだまだ成長途上なのでしょう。全体的な筋肉量は多く、お尻の盛り上がりは上々。大よそのフォルムは父と母の母辺りからかな。緩急のあるレースになると現状微妙。折り合えればかなりの脚を使うが。

アクアミラビリス 指数B 栗東吉村圭厩舎 M・デムーロ騎手予定 芝キャリア2001 前走エルフィンS1人気1着 OP勝ちあり 上がり最速2回

一見、ディープインパクト産駒?って思う程のしなやかな筋肉と垢抜けた皮膚感に後躯の感じ。胸が深く心肺機能は相当でしょう。背と下腹の感じもそうだが、しなやかな体の線は速力と瞬発力を伝え易そう。また手先が軽く、繋ぎのバネが良さそう。410㎏台と小柄も見所ある馬体。このフォルムで骨量があって馬格中位ならと思わせられます。非力感は感じるも血統面からは意外性あるかも。馬体の魅力は相当。

エールヴォア 指数B 栗東橋口慎厩舎 松山弘騎手予定 芝キャリア2210 前走フラワーC1人気2着 重賞連対あり 上がり最速1回2位1回

四肢がスラッと長く、体高がある500㎏超の大型牝馬。手先は軽いも繋ぎはやや立ち気味。背と下腹のラインや、やや硬質そうな筋肉の感じ、それと少々鈍重そうに見える感じから瞬間的な動きや瞬発力は微妙。大きな胸囲から心肺機能は高そう。専門紙他でも言われるだろうが、ココよりもオークス向きのフォルムの感。ただ力のいるワンターンコースは合うし、キ甲の感じ他から完成度も高そう。起用する鞍上からも狙いが賢明でチャンス十分か。

クロノジェネシス 指数A下 栗東斎藤崇厩舎 北村友騎手予定 芝キャリア3100 前走クイーンC1人気1着 重賞勝ちあり 上がり最速3回2位1回

スラッとした長めの四肢に伸びやかなフォルム。骨格の可動域も上々そう。葦毛なので筋肉の感じは見えにくいも過去走からの印象では収縮力が強そうで好感。肩の傾斜がやや立ち気味に見えることと伸び切らない飛節から回転の速いピッチ走法の印象があるんですよね。阪神JFでは後方から競馬したが、好位で折り合って競馬すれば!脚自体、瞬発力型で使い所はそれ程長くないと思うが。そういった面からどこで脚を使うかでしょう。

グランアレグリア 指数A 美浦藤沢和厩舎 C・ルメール騎手予定 芝キャリア2010 前走朝日杯FS1人気3着 重賞勝ちあり 上がり最速1回2位1回 年明け初戦

年明け初戦になるも皮膚が薄く、毛艶も良好で写真からは太め感は感じません。骨格の可動域もかなり良好そうでいきなり動けそう。天栄で相当乗り込んでいそう。気性面考えても、使い込むよりは良いのかも?牝馬ながら骨量が豊富で四肢の力感があるところなどは、母方とマッチしたのでは?元々、その卓越したスピード能力で中距離がおもしろいと見ていましたが、マイルは何ら問題なし。前走も勝ち馬に早めに来られただけで、3着は立派。手先がやや硬そうなのも今の阪神の馬場には合いそう。

シェーングランツ 指数A下 美浦藤沢和厩舎 武豊騎手予定 芝キャリア2003 前走チューリップ賞2人気5着 重賞勝ちあり 上がり最速2回

既に完成に近かった姉のソウルスターリングに比べ、成長曲線は緩そう。この父の産駒らしく筋繊維は割と繊細も収縮力も良好そう。骨格の可動域も上々。全身からバネを感じるタイプ。ただ前走の感じからも右回りだとコーナーで手前も不器用な印象強くサウスポーの可能性。また追い込み馬によくいるタイプに近く、レースレベルが上がった方が能力を発揮するタイプ。武豊騎手だからこそ乗りこなしている少しクセのある馬。馬体からもココよりもオークスの方が向きそう。ただレースレベルが高ければ…。

シゲルピンクダイヤ 指数B下 栗東渡辺薫厩舎 和田龍騎手予定 芝キャリア1110 前走チューリップ賞4人気2着 重賞連対あり 上がり最速2回

ダイワメジャー産駒にしては管が細くやや長めに見える面からも手先の軽さを感じるので時計も出、皮膚が薄く、背と下腹のラインや引き締まった脾腹なども、この父の産駒っぽくなく、キレも十分。胸前やトモの身入りや張り、やや伸びを感じない面は典型ですけどね。距離的にはマイルまでの印象は薄く乗り方1つかも。肌感から状態は良さそうで、上がり目あればチャンスも。

ジュランビル 指数C 栗東寺島良厩舎 松若騎手予定 芝キャリア2030 前走FR6人気3着 重賞3着あり 上がり最速1回

強敵相手でもそれなりの着順にくるのは能力の証。ただ経験距離が1400mまでというのは昨今の傾向からは少々不安。馬格そこそこあるタイプで、叩いて大幅良化なら!

ダノンファンタジー 指数A 栗東中内田厩舎 川田騎手予定 芝キャリア4100 前走チューリップ賞1人気1着 GⅠ勝ちあり 上がり最速1回2位3回

良くも悪くも、前後のバランスの取れた4輪駆動っぽいタイプで好バランスで運動神経が良さそう。フォルムに伸びがない面や、調教での速力抜群の動きから、2歳時より距離の不安はコメントしてきたかも。あくまでも写真を見た感想でいえば、やはり距離はマイル程度までが良さそう。とはいえ欠点も見当たらないし、それどころか胸前やトモの容量や身入りが抜群に!この父の産駒ながら筋繊維はやや粗め。故に一瞬のキレよりも長い脚を使う。蹄他、手入れが素晴らしく大事にされているのが好感ですね。セールスポイントはレースに行ってのメンタルの強さと勝負根性。前走時は役者が違った感。一世代戦なら距離は誤魔化しが効く。鞍上も今最も頼りになる男。有力!

ノーブルスコア 指数C上 栗東藤原英厩舎 岩田康騎手予定 芝キャリア1130 前走チューリップ賞7人気3着 重賞3着あり 上がり最速2回2位2回

相手なりのタイプ。基礎能力自体は上々だろう。後は成長途上に良くある馬体重が安定しない面。身が入ってパンッとしてくれば。

ノーワン 指数C上 栗東笹田厩舎 坂井瑠騎手予定 芝キャリア2031 前走FR賞12人気1着 重賞勝ちあり 上がり最速3回 初勝利5戦目

牝馬ながら480㎏あり逞しい。皮膚が薄く胸前やトモは勿論、胴も逞しい。パッと見のフォルムはハーツクライ産駒らしさがあるかな。前後に長めの馬体で距離長くてもと思いそうも、重心とのバランスからも実は短めの方が良いのかも?同産駒のロジクライ辺りも同様。四肢は軽く、繋ぎは寝気味。やや無骨な体の線も成長途上なのか、距離に上限があるのかはまだ不明。後肢の造りから瞬間的な脚はそこそこありそう。混戦になれば面白い存在かも?

ビーチサンバ 指数B上 栗東友道厩舎 福永祐騎手予定 芝キャリア1210 前走クイーンC2人気2着 重賞連対あり 上がり最速2回

手先が軽く、飛節の伸び切らない後肢の感じから瞬間的な脚があるタイプ。ただ筋繊維はやや硬質に見えますがどうでしょう?筋肉量は豊富で首、胸前、胴は素晴らしいも、特筆すべきはトモの容量に張り。牝馬ながらパワー相当でしょう。また過去走の印象からも骨格の可動域も上々。馬体的変化も顕著で、まだ指数も上げてくる伸びしろが十分にありそう。今の阪神の馬場は向きそう。好走必至も善戦タイプだけに。

フィリアプーラ 指数C 美浦菊沢隆厩舎 丸山元騎手予定 芝キャリア2010 前走フェアリーS3人気1着 重賞勝ちあり 上がり最速2回

母系にはかのサクラバクシンオー名が!好素材も戦績からは中山巧者の可能性。またトライアルを使わなかったことがどう出るか?

プールヴィル 指数B下 栗東庄野靖厩舎 秋山騎手予定 芝キャリア3102 前走FR3人気1着 重賞勝ちあり 上がり最速1回2位1回

小柄ながらも垢抜けた好馬体。皮膚感も上々です。また骨量は微妙も胸前やトモの容量は素晴らしく張りも上々。手先は軽いが繋ぎはやや短め。上手く言えないのですが、首や胴の感じ、体の線からも距離はやや短めの方がと思わせられます。完成度は割と高い方でもあり、馬格はないも非力感も感じさせないので今の馬場もそれなりにこなしそう。

ホウオウカトリーヌ 指数C下 美浦栗田徹厩舎 大野拓騎手予定 芝キャリア2302 前走FR4人気10着 重賞連対あり 上がり最速2回2位1回

前走の敗因は緩めの馬場と、追走に脚を使ったとの弁。厩舎関係者からはオークスの方が良いかもとのコメントも。過去走、血統からは鵜呑みにできないも栗東に滞在しココ出走の意欲は十分。

メイショウケイメイ 指数C 栗東南井厩舎 古川吉騎手予定 芝キャリア3002 前走FR5人気5着 OP勝ちあり 上がり最速2回

骨格の可動域は良好そうで付くべき個所にもそれなりの筋肉量。馬格がもう少しあればというタイプ。また毎回、自身の指数だけは走っている印象。GⅠのメンバーだと厳しいかも。

メイショウショウブ 指数C 栗東池添兼厩舎 池添謙騎手予定 芝キャリア0122 前走チューリップ賞3人気9着1.1差 重賞連対あり 上がり最速ダ1回2位1回

アドマイヤマーズの2着はあるものの、芝では未勝利。血統的にも馬体の記憶からも上がり勝負の速力よりも、惰性というかそこそこのスピードの継続で勝負するタイプ。

ルガールカルム 指数C上 美浦田村康厩舎 三浦皇騎手予定 芝キャリア2101 前走アネモネS2人気1着 OP勝ちあり 上がり最速2回

骨格に伸びがあり、四肢もスラッとし好感。可動域がかなり良好っぽいですね。四肢の出ている箇所が前後に広く見え、斜尻に曲飛の後肢の感じでパッと見はアレですが、背の長さはバランス的に短め。顔から首に肩、胸前の垢抜けたラインはいいですね。お尻の盛り上がりも上々です。兄に中距離重賞で活躍したフルーキーがおり、キ甲の感じからまだまだ途上なので決め付けは早計も本質的には短めの方が良さそう。

レッドアステル 指数C 美浦国枝厩舎 戸崎騎手予定 芝キャリア1100 前走アネモネS3人気2着 OP勝ち重賞連対なし 上がり最速1回

2戦目のトライアルで出走権を獲得した天才肌。この父の産駒らしく上がりも速い脚を使う。浅い経験で何とももいずれは。

総評~っす!(競馬オヤジの考えるポイント

今回のポイントは阪神JF~一連のトライアルや重賞を経由した王道組VSそれ以外のローテ組をどう判断するか?でしょう。昨年の牝馬三冠のアーモンドアイが王道ではないローテから奪還したこともあり、今年は様々な臨戦からで成長度加味すると力関係の判断が少々難しい面も。

阪神のコース改修後は1800m以上を経験し、好走していた馬が好結果を出してもいます。そう考えるとおよそ王道組でも阪神JF1,2着馬もどちらを優位と取るか意見が分かれそう。また今の馬場は一雨来るとガラリと変わる。その辺も考慮してジャッジしたい。

前哨戦としての指数からは、フラワーCとチューリップ賞の勝ち馬が上々。フラワーCの勝ち馬が不出走なのでそう考えるとダノンファンタジーが抜けた感じ。ただクイーンC出走し、連対した2頭も成長期の加減した状態であの走り。伸びしろは相当ありそうで、単純指数でのジャッジは危険。

今年は垢抜けたタイプが多いも、パワータイプからキレ味勝負のタイプに、速力の持続ある心肺機能上々タイプに、4輪駆動の運動神経型までかなりバリエーションは豊富。枠にもよるが、昨年のラッキーライラックのような走りをした馬が最も桜の女王に近いと考える。現状ではあの馬が有力と見ているがどうか?

データ良好馬!ダノンファンタジー、クロノジェネシス、アクアミラビリス、プールヴィル、シゲルピンクダイヤ。

最終決断は日曜朝にブログで公開します。

by競馬オヤジ

オヤジさんの馬体を見た感想他、は、こんな感じだそう。今の阪神の馬場や出走馬のラインナップを見る限り、コントラチェックが出走いていたらどうだったんでしょう?という疑問は大きいも、オヤジさん曰く、単なる使い分けというより同馬は1走毎、一生懸命走るタイプなのと気性面の問題があり、初輸送は気になるが故、オークス直行は英断の可能性は高いかもと。単純指数の場合は十分勝負になりそうで、買いたいなぁ~って思っちゃいますけどね。オヤジさんはココで掲示板程度にくれば、オークスはあのサウスポーにチャンス!と見ているとのことですよ。だから今回は本気で仕上げないのでは?とも。逆に指数的にもあの馬がメイチで、鞍上、現役折り合いナンバーワンのあの騎手で、少々博打も勝ちにきてるのでは?と。ただ結論としては追い切り見てからとのこと。その上で、枠、展開含め考える方が良いとのことでした。また今週天候良ければ、今年イマイチなあの騎手の逆襲が始まるかも?との弁も。

参考になったでしょうか?新たな年号も発表され、何かサインありそうな気もします。気が付いた方いらっしゃったら、ウマンに教えてください。では牝馬クラシック第一弾・桜花賞!取れますように。

Posted by KeibaOyaji