天皇賞春2019day!競馬オヤジの独り言。

競馬オヤジの壺

こんにちわ。競馬オヤジ、アシスタントのウマンです。今日は3日間開催の2日目で、京都競馬場ではGⅠ天皇賞春が行われます。オヤジさんは、結局どういう見解なんでしょう?今日は天皇賞春中心にコメントしますので、WIN5対象レースを網羅できずにスミマセンとのこと。まだ検討中なんでしょうか?

東京11R スイートピーS

このレースは、当てやすさと配当のバランスが悪いレースで、しかも不確定要素も強い。競馬オヤジ的には大よそ本命から中穴を狙って取るというのがスタンスなので、あまり食指が動かない。が、指数と期待値(紙上の扱いやそこでの関係者のコメントにて)的に今年は上位数頭の勝負になりそう。指数的には⑥⑦③で、次点に⑤⑪①②。無茶な展開や騎乗ミスがなければ、基本的には指数上位の争いになると思うがどうか。同厩で同種牡馬だが、馬主と生産者が違う面から、優先出走権取りに本気になるだろう。馬券的には絞って投資額の総額は抑えめに。

東京12R

3日間開催且つ、GⅠの裏の最終一般戦ということで、減量の恩恵騎手も多くメンツ的にも微妙な一戦。指数的にはこの時期の1000万下ダート戦らしく、混戦模様。一応の指数TOPとして人気もするだろう⑦。最近のこの鞍上は人気での信頼度が増している。軸としては信用してみようか。相手はやや難解。指数上位の④⑫に安定勢力の⑨⑪⑧辺りは買い目にすべき。ただ個人的には鞍上からも③は人気でも買いたい。③⑦の3連系中心に馬券を組み立てたい。

京都12R

指数一番の①は内枠だと走らない恐れ。⑦も去勢明け2走目で上がり目あると見て人気する。が指数自体は⑫⑬とも差がない。この4頭に②を足した5頭が指数の上位馬。次点は⑨⑥⑩⑧だが、少々差がある。次点馬は気配抜群であれば積極的に買いたいが基本的には3連系だろう。上級GⅠレースの次なので、意外な結果も踏まえるべき。ココは近走不振も⑫から入りたいがどうか?相手には指数上位馬を手広く。あまり人気しなさそうなので取り逃し注意も、投資額はそこそこに。

京都11R GⅠ天皇賞春

平成最後!元号が変わる一大イベントということもあり、サインから馬券買う方も多いだろう。個人的にもいろいろ考えたが、イマイチピンと来なかった。さて平成最後の天皇賞春に平成の盾男不在は寂しい限り。先約優先とはいえ、ココには不調期にも支えてくれた松本氏のメイショウテッコンも出走。またもう1頭のお手馬、ユーキャンスマイルも出走。両馬共、鞍上の名からは不安少なく思えるも、競馬オヤジの見解では前者は距離&京都のコース形態に軽い芝に不安。また後者は右回りに完成度的にも微妙な気がする。レジェンド武豊騎手だからこそという面は多分にあったはず。指数的には週頭の動画をご覧いただきたいが、中位拮抗なのは、5歳以上の中心となる馬が不在なため。4歳馬はココからスペシャリストカテゴリにより指数が伸びる。世代間の能力をどう見るかと展開面の見解がカギになる。展開的には逃げる宣言の④はブラフの可能性も、OPクラス以上では逃げてナンボのタイプ。⑤は番手向けに調教し、効果感じるも実際のレースにならないと何とも。⑬は強烈な勝負根性の持ち主で、鞍上も東の天才横山典騎手。逃げ先行で馬券になるとしたらこの馬か。

追い切り見て⑩の評価が分かれるだろう。やや掛かり気味の走りに、追い切り後もエキサイトしていたとの報。血統的にもそれ程好成績の少ないディープインパクト産駒だが母は仏GⅡ2500m勝ちもある。母方はマイラー種牡馬が多いとの指摘もあり距離不安云々の声多いが、個人的にもスタミナは思っているよりも豊富で、むしろ小回り中距離だと取りこぼしがあり直線の長い軽い芝でそこそこの距離が合う。折り合いさえつけば距離は問題ないタイプ。パドックでの入れ込みが激しくなければ、菊花賞の再現と見るがどうか?ただあまりにもパドックでの入れ込みが激しかった場合は馬券の中心から外す可能性あるが。

相手には、②が妥当だろう。ただ印的には▲の予定。京都も同馬には向く。本命視しなかったのは勝ちみの遅さと、前走斤量が少々気になっている。このカテゴリでの能力は⑩と遜色なく、連複馬券買う上での信頼度は⑩以上の印象。よって気持ちは揺らぐところではあるが。もちろん、高評価の単穴であることは間違いない。1,2番人気を高評価とつまらない見解で申し訳ない。

ココにきて評価を上げたのは昨年の天皇賞春好走馬。まず対抗には⑫を。週頭では馬体の緩みを指摘し、評価しなかった。が、同馬も追い切りの動きから前進気勢上々で仕上がり良好と見た。海外遠征でメンタルの問題はあるも、京都は最も得意なコース。また宮本厩舎は社台Gメインのご用達厩舎とは一線を画すも、前述の社台G始め大手馬主の信頼が厚い厩舎。馬の個性に合わせ上手く育成する。よって注目度の高いクラシックでは成長度等にて微妙だったとしても、古馬になってからや自身のカテゴリで渋い活躍をする馬が多い。個性を見抜くのが達者で、そのカテゴリで長く活躍させることができるということは、調整能力や馬のケアが抜群なのだろう。海外遠征後、馬主の意向で有馬記念出走も、その後馬を造り直した可能性を感じる。叩き良化で昨年程度走れば、馬券内の可能性は十分。枠は不利も、頭数そこそこで今年乗れている鞍上で相殺か!?

もう1頭は昨年の5着馬の①で注の評価。海外帰りなのでもう1走叩いて欲しかったが、馬体的には昨年から良好な成長を感じる。

⑦は4番手の☆!輸送に少し時間がかかったとの報も、京都は行き慣れている。3歳夏に準OP勝ちがあるのは相当。京都新聞杯の敗退は前残り馬場で、菊花賞は枠が厳しく、スローペースで折り合い専念且つ大外ブン回しでは。馬体や血統面では本命も考えたが、斤量面の心配があり迷った。思いの外、58㎏は堪えるもの。馬体減にも注視。

△にはロードヴァンドール。同馬のファイティングスピリットは前走見ていても相当。鞍上も現役一のクセモノ。昨日の青葉賞でも見事な騎乗。血統的には3200mが良い馬ではないが、馬体的には中距離型でそこそこもつ。昆貢厩舎も厩舎力がかなり高く意外性もある。主流から外れつつあるこのカテゴリでは、こういった厩舎の渋い馬が活躍していくのでは?人気のユーキャンスマイルは抑えるかも?ただGⅠブッコ抜く程の馬だとも現状では思えない。連下妥当と見るが。

こんな感じだそう。最後に遠征帰りの馬を評価するなど、少々逆張り的でもあるが結局は強い4歳馬と昨年の好走馬というまとめになったとのこと。名前が出なかったので、聞いてみたのですが、③はGⅠでは足りないとのこと。⑥は京都は合わない。坂を味方にする馬体且つ走法とのこと。⑧は斤量泣きするし、GⅠだとクラス負けの可能性も。⑪は現状OP級。とのジャッジだそうです。

追い切りと直前の気配は、GⅠの中でもかなり重視するって言ってましたね。個人的にはオヤジさんの見解に乗っかる予定ですが、オマケで159回なので①⑤⑨は買ってみようかな?来たらとんでもない配当になりそう。

ではGⅠ天皇賞春!平成最後に素晴らしいレースで馬券が取れますように。

by競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji