NHKマイルC2019day!競馬オヤジの独り言。

競馬オヤジの壺

こんにちわ。競馬オヤジサイト、アシスタントのウマンです。今日は東京競馬場でNHKマイルCが行われます。オヤジさんにできるだけ多くの馬のコメントをお願いって言っておいたので、全馬の短評をもらいました。文字の量に差はありますがニュアンスは何となく分かる感じでした。ではまずはその他のレースから!

新潟12R 八海山特別

指数自体は中位拮抗。ペースもほぼハイ。鞍上も若手やローカル中心の騎手。こういったレースで確証もって買うのはなかなか難しい。人気よりも指数や適性、近走の勢いについて相応の評価が必要か?⑤⑥⑪⑬は人気、実績、指数、適性、近走成績すべてに上位ではある。本命党はこの中、特に⑬や⑥辺りから入るケースが多そう。じゃあ、同様にこの4頭から選ぶか?と言われれば、ちょっと捻ってみては?と。③からはどうか?特別戦で減量の恩恵がない面から人気しなさそうも、馬としては力量互角でリフレッシュはまずプラスだろう。相手には前述の上位馬を並びで勝負。

阪神11R 鞍馬S

ココは人気でも馬券的中心には④が無難か!?指数自体は中位拮抗で展開や運を味方にできるかがポイントだろう。そんな予想はナンセンスだが、このメンツだとなかなか確証は持てぬ。今の京都は馬場が速いこともあり、一応、適性を重視してみようか。相手候補には⑦⑪の軽快な先行勢が本命馬と共に残ることも想定したいが、はやり⑩を指数的には無視出来ぬ。ペース次第も実績上位の⑯に力付けている⑰は枠不利もオッズ的には狙ってみたい。⑨は鞍上魅力も脚が溜まるか?状態絶好でなければ人気からも狙いたくない。

阪神12R

③⑤⑨が人気を分け合いそうも、オッズ程、指数に差はなく、マイルに舵を切ってきた内枠の4歳勢にもチャンス十分。中心には勝ち味に遅いも⑦から入りたい。ボチボチクラス慣れも見込め、休養明けも問題ない。相手には前述の馬達にはなるだろうが、中でも①②③の内枠は気になる。外の良血人気馬は抑えに回し、⑦から内へ!

東京10R ブリリアントS

ハンデ戦とはいえ52~56㎏と差はほとんどない。あまり意識しなくても良さそう。指数的には明確で⑫⑤②⑭⑩⑦。次点に⑬④⑯⑥と拮抗してもいる。ココは狙いたい馬多数も、鞍上との相性良さそうな②からはどうか?相手には指数上位で決まりそうで、並び以外では穴狙いし過ぎは微妙に思うし、馬場の回復次第も芝でも走れていた速力のある⑤⑩⑬⑭に、重実績のある⑫は評価せざるを得ない。いずれも人気サイドで気配見て狙い撃ちすべき。

東京12R

いつもコメントしているが、上級GⅠ後の最終は考えることが多い。先週は少々例外的でセオリーに従い過ぎた感。ココも⑦が人気、指数ともTOPで、僅差で⑮⑩⑧③が続く。指数上位馬に敬意を払いつつも、馬券的軸には⑤を据えたい。相手には人気サイドで仕方なさそうだが、メインの結果(騎手)と直前の気配には気を付けたい。人気薄で狙いたい馬も意外と多く、馬場が速ければ⑨は魅力。また鞍上から⑮に、仕上がり良ければ適性高い⑯の3頭は狙ってみたいが。

東京11R GⅠNHKマイルC *今回は多くの馬に言及してみます。

様々な情報が舞い込んでおり、思っていた以上に⑰が人気しなかった。鞍上の神通力もこの所期待はできぬ。また皐月賞メイチだったとの報や、友道調教師の会見でのニュアンスからも、前走の結果には納得いってないか?また同厩のエタリオウの騎乗が引っ掛かっているのか?個人的にはどれも少々違う感も読み切れなかった。皐月賞にかんしてはむしろ馬主が納得していないのでは?デムーロ騎手は共同通信杯直後から1800mはギリとの弁。また厩舎も元々ココ勝負とのコメントが年末や年明けからあった記憶。調教師曰く、「消極的だった騎乗」はやはり距離を意識したモノでしょう。また2000mでは皐月賞上位3頭とは正直差はあると見ている。調教師もオーナー、騎手、スタッフサイドそれぞれに、敢えて公を使い伝えたいことがあるのだろうと推測するが…。むしろ心配事としては、府中の大國魂神社で行われているくらやみお祭り。地域では最も大きな規模で相当賑やかになり、出張馬房からも近いとのこと。アドマイヤマーズは前々走時、関東への輸送後、結構入れ込んだとの情報!また同様の話がある関西馬多数。

1番人気のグランアレグリアに関しては、中3週という面以外心配事は少ない。元々、左回りの方が良く、東京コースの持続勝負には滅法強い。昨日の雨と雹で馬場がどうなったかは心配も、繋ぎ他、手先の感じからも多少の悪化は問題なく、死角は少ない。32秒台の時計なら一騎打ちだったと見ている。

3番人気のダノンチェイサーはやはり馬体的にも中距離が良さそう。また首を下げ、脚の回転で走ることから、一瞬の脚はなく、持続の脚タイプ。昨日の降雨で馬場が回復しないなら有力も、通常の高速馬場(に近いところまで回復)なら時計的に厳しいと見るが。

ファンタジストは個人的に相当強いスプリンターと見ている。馬がクレバーで鞍上の指示に従順が故、距離の誤魔化しが効く。また厩舎は厩舎力高く、調整他で馬の適性を広げることがかなり達者。距離短縮はプラスもそれが東京マイルということとは違う感。くどいようだが秋一発目のGⅠでこの鞍上とのコンビで見てみたい。

穴人気になっているグルーヴィット。血統から馬券買う人等はヴァイスリージェントの血他からも高評価するでしょう。馬体的には東京1600のイメージはないが、確かに血統的な面は気になる。馬場が悪化した際は可能性感じるも、高速馬場だとどうか?キャラ的には今年の高松宮記念勝った、昨年のこのレースの4着馬ミスターメロディと少々被るが…。また鞍上からも実績以上に人気にもなるでしょう。その前走、グルーヴィットに勝ったハッピーアワーは見所十分な馬体。ただ脾腹や腰、トモにはまだ非力感もありそこがパンッとしてきたらって思わせられる。前走の脚も鋭かったが、距離延長がプラスかどうか?馬体的には問題なさそうも、陣営のココまでの使い方他、ジャッジとしては微妙でもあり…。NZT1着のワイドファラオは陣営がダート向きと考えているとの弁も、一介のダート馬なら前走の走りは無理。いずれ筋肉が硬くはなりそうも、現状、しなやかなシルエットから芝は問題ないも東京の高速馬場になると確かに心配。ただ思った以上に持続力がありしぶといタイプ。何だかんだも名門厩舎所属!心配点をどうケアしているかは見物。3着だったヴィッテルスバッハは人気に。確かに前走の上がりは後掲でかなり鋭い。コーナリングが下手な同馬に東京もプラス。出遅れず、直線勝負でどこまでという面はあるも、上位入線は十分にありそう。9着のミッキーブラックは能力的にも厳しいが、本質的にこの舞台がどうか?

アーリントンCの1着馬、イベリスは単騎で行ければ思っている以上にはしぶとい。が、さすがに前走の指数では、このメンツでGⅠ!良くて掲示板か!?2着馬のカテドラルは完成度に少々不安も、馬としての資質は上位。半兄のジェベルムーサも後方からマクる競馬で出世。同馬も逃げ(新馬時はすんなりとした先行)か追い込み時のみ好走。ココは追い込みに徹するでしょう。揉まれない位置でタフな流れになれば可能性はある。3着のトオヤリトセイトはトラックマンの間で穴人気している感。確かに追い切りの動きは競馬オヤジの目から見ても上々(競馬オヤジは追い切り診断メインではない)。ただ如何せん1400mベターの印象は拭えない。7着のロードグラディオは良血も、まだこれからっぽく、好走自体も坂のない京都のみ。

桜花賞6着のプールヴィル。コレは状態落ちなければおもしろい存在。内枠もプラスになりそう。後は牡馬のプレッシャーがどうか?ヒモで狙うなら!

シンザン記念の勝ち馬、ヴァルディゼールは上がり最速はあるも、34秒台まで。意外と持続タイプで一瞬の脚がない。前走はいろいろ言われるも、それが災いしたと見る。スンナリ流れに乗れてどこまで?また気性的にも難しく輸送や前述の府中のお祭りの影響は頭に入れたい。2着のマイネルフラッグはタフなタイプで使われる毎に強くなったタイプ。確かにシンザン記念の脚は見所十分も現状、アレが目一杯の印象強い。

皐月賞16着のクリノガウディー。正直、前走は距離云々があるも負け過ぎの感。馬体的にはマイル~中距離の感も、気性的に掛かりやすい面から距離はシビアに。また前走は淡泊にも見えた。中間の情報も少ないことから今回はいらないと見ていたが、最終追いの動きが秀逸。そもそも朝日杯FS程度走れば好走できるメンツ。成長度的にはまだこれからの印象もあり、見限れなくなった。

毎日杯4着のケイデンスコール。順調さを欠いた朝日杯FSノーカウントにすれば前走は叩き。また同馬の場合は典型的なサウスポーとみる。そう考えると、朝日杯FSと毎日杯を除けば。ただ指数を相当延ばす必要も。

総評~っす!

アドマイヤマーズの取捨が取り沙汰されていますね。陣営的には朝日杯FSをもう一度狙ってくると見ていたのですが、この感じだと情報自体ブラフではなく、陣営間に綻びがある可能性も感じないといけないかも。指数的にはこのアドマイヤマーズとグランアレグリアが抜けています。両馬共、持続の優れた先行型マイラー!高速馬場なら前に行ったこの2頭で32秒台での決着必至で他馬が付け入れるスキはないと見ていたが、昨日の降雨と雹の影響がどこまでか!?この場合は時計勝負に強い差し馬が3着候補として、見るのが常道だった。

馬場が高速なら⑦⑰の相手候補として①⑮⑱。主導権自体(逃げという意味ではなくレースを支配しるという意味)、人気の2頭のどちらかになるため、異常なHペースになってたとしても無茶に追いかけたりはしないだろう。よって究極のスピードが問われ1200~1400m好走馬の出番になることも薄いと見る。またスタミナ上位の距離短縮馬云々をいうならやはり⑰ということになる。

馬場がかなり悪化しているなら、③⑥⑫⑩辺りにかなり有利になると見ているため、再考の必要があるも、終日晴れ予報なので当初の考えで良しと見ているが、どうか。この③⑥⑩⑫は悪化すれば頭まである候補で良馬場でも好走の可能性はある。直前の気配注視で、馬券的には検討すべき。ただ③は⑦⑰から行く場合には買いたくはない。ガミり覚悟で抑えるかというジャッジ程度では?

とのことだそうです。ココにきてクリノガウディーが浮上してきたって言ってます。ただ、まだ疑ってもいましたけどね。復調して馬が冷静であれば指数的にはおよそ3番手だそう。それと⑰に疑問が生じたら無理せず馬連もありだよって。3連にこだわるなら複で良いのでは?とも。その場合は⑦以外はフォーメーションをとのこと。結局、展開1つで3着以下は変わりそうだからって。

僕は今回、メインで狙ってみようかな?先週、12Rで痛い目に合いましたから(笑)ではGⅠNHKマイルC!良いレースで、高配当が取れますように。

by競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji