先週の回顧と、GⅠヴィクトリアマイルのちょっとしたデータと馬体を見た感想他!

競馬オヤジの壺

GⅠ NHKマイルC アドマイヤマーズ号 優勝!

おめでとうございます。

友道厩舎 M・デムーロ騎手

近藤利一氏 ノーザンファーム生産

勝ちタイム 1.32.4 勝ち馬上がり 33.9

12.0 10.4 11.5 11.9 12.0 11.3 11.3 12.0

1000m通過 ペース判定 ミドル レース上がり 34.6

ラップを見る限り、この時期の3歳馬のGⅠにしては割と淡々としたミドルの持続ラップ。分析がまだ十分とは言えないですし、見解の相違はあるかもしれませんが、今回のポイントとしてはマイルへの適性・速い時計への対応・軽い芝での持続の末脚比べ。おまけ的エッセンスとして左回り適性というところでは?マイルベターの時計勝負ok且つ長い脚で底力のあるタイプ。勝ち馬のアドマイヤマーズは全て網羅していました。ココまでのレースからも、現状、この世代でマイルならTOP。デムーロ騎手も主導権云々ではなく、折り合いと不利のないレースに徹し、馬の能力を存分に引き出した好騎乗。馬も状態の維持がしっかりでき、さすがの友道厩舎と言える感。ただ1つ。事前のマスコミへのコメント等に関しては、終わってみれば総じて馬主向けの印象がありそこが読み切れなかった。陣営としてはやはりここが狙いだったのでしょう。皐月賞の騎乗が消極的云々はあったも、あそこで無理しなかったことが勝ちにつながった感も。正直、ラップも優秀ですしメンタルも上々。完成度もまずまずなので今後の古馬との対戦でも大いに期待できるでしょう。関係者の皆さま、おめでとうございました。

2着のケイデンスコールは前走明らかに叩きだった雰囲気。厩舎コメントなどはそう感じさせました。ただ仕上がりも上々だった印象で上積みがどこまであるか?は疑問。新馬からの3戦での走りからも現状は直線の長いコースのサウスポーの印象が強く、8枠に入った時点で買いとジャッジ。鞍上も新潟での良いイメージのままの好騎乗。

3着のカテドラルは、逃げや追込みのような極端な競馬が合うのでしょう。道中、ストレスが掛からない状況なら強い。完成度的にはまだまだの印象が強く今後に期待が持てそう。馬体からは距離も融通は利きそうですが、こういった気質から現状はワンターンの1600~1800ベターの感。頭数が少なければ違ったコース形態や距離でも好走の可能性は大。

4着のダノンチェイサーはパドック見て、やはり馬が変わっていました。動画でもこの期間での成長を示唆しましたが、さすが日本一のブリーダー&名門厩舎。個人的には中距離馬とのジャッジは変わらぬも、このラップへの対応は見事。ただ直線の不利は大きかったですね。折り合えればダービーでも好勝負出来る可能性も感じました!皐月賞の上位3頭はかなり強いですが侮れないかも。

さて問題のグランアレグリア。過去走のレースラップ自体はアドマイヤマーズと双璧。桜花賞の強さも圧巻。ただ極一部のトラックマンから推測の話で出てはいましたが、メンタルが、結構弱いのでは?と。個人的にはそれもあると思いました。4角で馬群に包まれたことで思いっ切り露見。元々、鞍上も折り合い面含め疑っていましたし、発言自体も慎重でしたからね。また上がりの速い脚よりも持続型ではあるも、牡馬の同世代の一流どころ相手に差し切る程ではなかったのかな?入厩のタイミングにも問題があったとの報も。ま、こういう時は全てが裏目に出るものですから。

他馬にも言及したいところですが今回は割愛させてください。馬券成績としては、このサイトをご覧いただいている方にはご存知の通り、取り逃しました。痛恨の極み!!!今週こそ、キッチリ有効な情報を提供できますよう頑張ります。

こんにちわ!競馬オヤジサイトアシスタントのウマンです。先週の馬券成績はいかがでしたか?オヤジさん惜しかったですね。オヤジさん、週頭の段階ではアドマイヤマーズ本命だったので、僕は馬連少々ゲットできました。

ハハッ!

馬連5%UPで、通常25%のてら銭が20%というのは結構おいしいんですよ!日本の競馬は胴元と高額投資者のみが儲かりやすいシステム。でもこれを打破しようと、オヤジさん、頑張ってくれているので僕もこのサイト&動画を運営しているんです。庶民が少ない投資で狙って中穴以上をゲットするのが設立の目的でしたから。この所、そういった趣旨をコメントしていなかったので、久しぶりにお伝えしてみました。

さて話を戻します。グランアレグリアからも買っていたので、投資額は結構増えましたが十分十分!オヤジさんの穴狙いって結構来ますよ!ただオヤジさん、メディア情報他に踊らされないようにって言っていたにもかかわらず、レースが近付くにつれ、グランアレグリアの評価が上がって行ったって反省していました。穴狙うには格好のレースだよって言ってましたから。本人はとにかくアドマイヤマーズの会見他が気になって仕方ないって言ってましたけどね。グランアレグリアに関しては元々、高評価もこのオッズ程の差はないって。最終的には人気の2頭から穴入れた3連複に3連単だったようです。

ただ他のレースでチョコチョコ取ったり、かしわ記念ゲットしてどうにかこうにかだったって言ってました。あ、今後、交流重賞に関してはこのサイトで取り上げるようにしますね。以前からこのサイトを見てくださっている方々はご存知だと思いますが、オヤジさんが最も回収率が良いレースの1つなので。

さて今週はオヤジさんとボクの都合で、動画作成できるか微妙。今後も造りは考えないと、仕事が立て込んでくると厳しくなるので。

ではいつも通りのを行ってみましょう。

ちょっとしたデータ!

馬券内というならば、まずこのレースでオミットデータはおよそ当てにならない!逆にピックアップ型で好走確率の高い馬を選定すべき。前走クラスはGⅢ以上。前走着順は様々。単純に4歳馬が強い!某大手牧場生産馬(クラブ馬)は種付けがあるため高齢(6歳以上)になると繁殖入りするが故、個人馬主等の馬(高齢馬)のみ出走が理由。ただそれでも府中リピーターであれば侮れない。前年の牝馬3冠で好走した4歳馬の好走確率は高い。やや関西馬有利。ディープインパクト産駒が強い。

続いて、登録馬。

指数と馬体を見た感想他のコメント。プラス材料大は赤文字、プラス材料小にはオレンジ文字。フラット材料には緑文字!マイナス材料大には紫文字、マイナス材料小には青文字

※指数については出走馬の過去指数の相対的なものになります。また過去最高指数に近走状態を加味しており、国内レース中心・当該距離にて評価しております。A~Eで想定。A本命級 B次点 C連下なら D恵まれて E厳しい 更に同じランクでも上下を付ける場合もあります。3歳戦の場合、サンプルが少ないので指数は拮抗しています。

また昨年及び今期成績の良い厩舎力の高い厩舎(東西リーディング10位以内と重賞成績をメドとする)にはを!

競馬ブックweb(有料)や競馬ラボ(こちらは無料)に馬体写真があります。またそこに馬体のコメントもあります。参考にどうぞ。

アエロリット 指数A上 5歳 美浦菊沢徳厩舎 横山典騎手予定 前走米GⅠぺガサスWCT9着 東京3201

牡馬と見間違うほどの馬格で、骨量や筋肉量も豊富。速い動作が苦手で、運動神経自体は微妙も速力の持続で勝負するタイプ。筋肉の質もやや硬質の感。ただ繋ぎもバランス的に短めで蹄も小さそう。ともすればダートやパワー必須の芝向きの印象も、広い東京コースでの時計勝負には滅法強い。肩の傾斜や背のラインに四肢の出方等、骨格自体が速力を維持することに相当向いているというか、かなり優秀な造りなのでしょう。体幹面は強く、可動域自体はまずまず。前年の安田記念&毎日王冠の強さは絶品。牝馬特有のキレ勝負ではなく、持続勝負向き。自身のパターンに持ち込めるかがカギも、勝手知ったる鞍上は心強い。遠征によるメンタルへの影響さえなければ。

アマルフィコースト 指数B下 4歳 栗東笹田厩舎 坂井瑠騎手予定 前走GⅡ阪神牝馬S12人気2着 東京初

デビュー時は結果も出、陣営の期待も大きかったが、3歳春に落馬等などがあり少々運には見放されたも、ココにきてその実力を再発揮。やや勝ち味に遅いも、重賞でも好勝負出来るまでに!今年はメンバーが揃い試金石も思い切った騎乗を!

カンタービレ 指数A下 4歳 栗東角居厩舎 M・デムーロ騎手予定 前走阪神牝馬S2人気6着 東京0001 ディープインパクト産駒

3歳春は結果が出てはいたも、世代レベルから見ればやや線の細さというか、非力さが目立つ馬体で、トライアルなら上位もGⅠになると微妙と感じていました。が、ココにきてかなりしっかりしてきた感。骨量自体は微妙も、骨格の可動域がかなり良好そうで皮膚も一流馬のそれ。また大きめの鼻孔に胸の形から心肺機能がかなり優秀っぽい。角居厩舎の所属馬って良い意味で力感や重厚感が出てくる傾向。同馬の場合、運動神経や軽さはあったので、そういった力感が付けばという面を感じていたので、良好な成長を遂げているのでしょう。さすがという他ないですね。欲をいえば粘りのありそうな筋力がもう少し増せばという面はあるも、ローズSや秋華賞のような走りができれば!

キャナルストリート 指数D上 5歳 美浦大竹厩舎 騎手未定 前走東京準OP1400m5人気1着 東京2204

素質十分も馬の成長他に合わせた育成をしているのでしょう。いずれは重賞でも戦える可能性も、さすがにいきなりは。

クロコスミア 指数A 6歳 栗東西浦勝厩舎 戸崎騎手予定 前走GⅡ阪神牝馬S6人気5着 東京2012

骨量自体はボチボチで馬格も父似で小柄だったも、ココにきてパワーアップしたかのように馬体重も増量。今回の写真でも重厚感が増し、また馬体自体のバランスもかなり良好に。手先は軽いも、首差し、胸前、トモ、前腕、脛と付くべき個所にはしっかりとした筋肉が。母父の名からは早熟の可能性も、父の成長力を受け継いだ晩成タイプの可能性。胸の形から心肺機能が高いので、もう少し長めで我慢比べの方が向きそうも、このキャラ変はかなり不気味。この造りがマイナスとなる可能性も否定はできないが、良好な成長と捉えたい。

サウンドキアラ 指数D 4歳 栗東安達昭厩舎 騎手未定 前走京都1000万下1600m1人気1着 東京0001 ディープインパクト産駒

素質高い良血馬!まだまだこれからの馬でココは試金石。来年の今頃までに、指数をどこまで伸ばし、どのレベルにいるかは厩舎他、腕の見せ所でしょう。

サトノワルキューレ 指数C上 4歳 栗東角居厩舎 内田博騎手予定 前走GⅡ阪神牝馬S11人気9着 東京1001 ディープインパクト産駒

記憶ではメリハリのある馬体で骨量も上々。骨格の可動域も良好で、この世代であの馬を除けば、長めの距離ではTOPと見ていた同馬。3歳初旬の不利で1走多かったことが、その後のローテに影響があった感。名門厩舎がどう立て直しているか、もう少し長い目で見てみたいが。

ソウルスターリング 指数B上 5歳 美浦藤沢和厩舎 武豊騎手予定 前走GⅡ府中牝馬S3人気10着 東京2005 オークス馬 

2~3歳春までにゆっくりながら形相的完成度は高かった同馬。故に3歳秋に牡馬のTOPクラスと戦うことに舵を切ったのは理解できる。馬体的変化としてはココにきてのキャラ変なのか、休養明けだからなのか、重厚感が増した感。このシルエットだとオークス馬というよりは1600~1800m向きの印象が強い。相変わらず皮膚が薄く、手先も軽い。筋繊維はまずまず。毛艶良好で体調的には大分戻ってきた印象も、顔付他からまだ競争意欲等はどうか?元々、メンタルが強いとも思えないタイプだけにその辺りはポイントでは?ただ今回から騎乗する鞍上がどう乗るのか?は興味深い。

デンコウアンジュ 指数B 6歳 栗東荒川義厩舎 柴田善騎手予定 前走GⅢ福島牝馬S4人気1着 東京1107 VM2着あり

斜尻に曲飛気味で背と下腹の感じからも、瞬発力タイプ。ただ筋肉の質的に粘りが強そうで、そこそこの持続勝負にも十分対応するでしょう。筋繊維はボチボチも、変に繊細過ぎない面がかえってタフというか強靭さを醸し出しているのかも。手先は軽くある程度の時計勝負ならokも本質的には底力が問われる展開向き。牝馬ながら逞しい腹袋もありますからね。使い減りどころか、更にパワーアップした印象すらある。展開向けば!

ノームコア 指数A下 4歳 美浦萩原清厩舎 騎手未定 前走GⅢ中山牝馬S1人気7着 東京0010

胸囲やトモの容量が抜群で、良い意味で重厚さを感じる。シルエットにもそこそこの伸びがあり、本質的には中距離馬でマイルは少々忙しいのでは?また体の線が少々硬そうにも見え、軽い速力比べだと後れを取りそう。重めの路盤や芝なら相当やれるのでは?前走見る限り、脚の使い所にもひと癖ありそうで、ルメール騎手の騎乗停止期間中のGⅠ騎乗予定馬で、最も影響が出そうな気もします。体調面なのか、成長度なのか不明も状態が安定しないというか、ブレがありそう。指数的にはこの世代でもTOPのモノがあるが、条件的にはどうか?

プリモシーン 指数B 4歳 浦木村哲厩舎 福永祐騎手予定 前走GⅢダービー卿CT3人気2着 東京1001 ディープインパクト産駒 

ディープインパクト産駒ながら筋繊維がそれ程繊細ではなく、むしろ収縮力や粘りが強そう。骨格の可動域も良好そう。首差しと胸前、お尻の張りは上々。仙骨の角度が深く、結構な斜尻も飛節は伸びるタイプ。またバネはそこそこも立ち気味の繋ぎで四肢がスラッと見えるもバランス的に胴や四肢はそこそこ。背と下腹の感じから瞬発力タイプも、使える脚は長い。スタンダードに良い馬体と言えるも、マイル前後向きというか、意外と適性は狭い印象も。ココは最適の舞台と言えるので後はこの相手をぶっこ抜くスケールでしょう。

フロンティアクイーン 指数A下 6歳 美浦国枝厩舎 三浦皇騎手予定 前走GⅢ中山牝馬S5人気1着 東京1314

小顔で可愛らしい目をしています。骨量はまずまずで、手先は軽め。被り気味の前肢は特徴的ですが、特に影響はなさそう。筋繊維はボチボチでややタルク、柔らか味は十分。やや収縮力が足りなく感じる面があり、指数かなり優秀で、総合点も高く万能もそこがココ一番での、勝ち味の遅さに繋がっている気もします。前述のデンコウアンジュ同様、メイショウサムソン産駒の上級馬って腹袋が逞しく、底力を感じるのが良いですね。6歳になるも衰えどころかまだまだ成長というか、良好な進化の感。鞍上とも手が合うので高齢と舐めてかかると!!!

ミエノサクシード 指数B下 6歳 栗東高橋亮厩舎 川島信騎手予定 前走GⅡ阪神牝馬S9人気3着 東京0111

ジックリ成長を促しながら、完成形へ!独特の立ち気味ながらバネを感じさせる繋ぎ。持続型の末脚を発揮できる展開になれば!

ミッキーチャーム 指数A下 4歳 栗東中内田厩舎 川田将騎手予定 前走GⅡ阪神牝馬S4人気1着 東京初 ディープインパクト産駒

シルエット的に窮屈さがなく、良い意味で非常にコンパクトで、前後のバランスの取れた馬体。完成度というか、未だに馬自体は成長途上の印象もあり先が楽しみ。競馬オヤジ的ニュアンスになりますが、4輪駆動で運動神経が良さそう。トモの容量や張りが抜群で、後躯の感じから瞬発力も上々。骨格の可動域も良好ですし、今回皮膚が薄く毛艶も上々。状態は良さそう。イメージ的には小回りの速力持続比べに強い感も、前走は新境地を拓きました。これによって選択肢もグッと増えたでしょう。スピード能力は相当も、少々危うい気性と前進気勢がある意味強い(強過ぎる)タイプなので、番手から余力持って直線向ければ!

メイショウオワラ 指数C下 5歳 栗東岡田稲厩舎 秋山騎手予定 前走GⅡマイラーズC7人気8着 東京0002

勝つ時は、人気や適性無視する、頭あって連なしのタイプ。意外性は十分も、さすがにココは指数的にも厳しいか!?

ラッキーライラック 指数A 4歳 東松永幹厩舎 石橋脩騎手予定 前走GⅡ阪神牝馬S1人気8着 東京1010

3歳時から完成度は高かったも、相変わらずしなやかな流線形の馬体は見所十分。前走辺りから、前肢というか重心が低く見えてきた印象で、やはり適性はマイル前後の感。繋ぎは短めでバネ自体は微妙で、管も他馬に比べると少々短くも見えます。まぁ上体が逞しいせいもあるんですけどね。胸前やトモ前腕に脛と力感抜群です。2歳時からコメントしているように、ラスト500~400からの1ハロンで物凄い瞬発力を見せ、他馬を一瞬で引き離す(馬群から抜ける)瞬間移動が武器。前走は2走ボケもあったかもですが、直線で出す所もなく、もたれてもいた感。東京のマイルは再興の舞台の1つ。立て直されたなら!

レッツゴードンキ 指数B 7歳 栗東梅田智厩舎 岩田康騎手予定 前走GⅠ高松宮記念5人気6着 東京0104 桜花賞馬

やや硬質ながら、筋肉の張りは7歳牝馬とは思えない程。骨量や骨格の逞しさも相当ですね。四肢は軽いも、繋ぎがやや短め。馬場の悪化は有利も身が詰まり過ぎの馬体と相まって、軽い瞬発力勝負になると分が悪いかも。顔付や立ち姿からも、衰えどころかという面があるのは、陣営のケアが優秀且つ、同馬のメンタルの強さも相当。戦績や育成法から、個人的にはこの出来で古馬牝馬のスプリント戦があれば!

レッドオルガ 指数B 5歳 栗東藤原英厩舎 北村友騎手予定 前走GⅡ阪神牝馬S3人気7着 東京2102 ディープインパクト産駒

馬格そこそこも、伸びがかなりあるので細身に見えますがかなり好バランス。窮屈さがない反面、瞬間的な動き他、ある種の器用さのような面が少々微妙。また胸前やトモはそこそこも、随所に軽さやというか、軽快さのある馬体なので東京の軽い芝の長い直線が合うのでしょう。速力の持続も優秀で、坂上がってからももうひと踏ん張りしそう。今回、皮膚が薄く毛艶も抜群で銭形が浮いて見えます。陣営は昨年のリーディングで、条件戦であろうと上級重賞であろうと狙ったレースを仕留めるのが達者。同馬の適性からもココはメイチの勝負でしょう。

ワントゥワン 指数B下 6歳 栗東藤岡健厩舎 中谷騎手予定 前走GⅡ阪神牝馬S7人気14着 東京1102 ディープインパクト産駒

やや勝ち味に遅いも末のキレが素晴らしいタイプ。昨夏から昨秋では牡馬相手に高指数で好走。やや調子に波があるタイプで近走さえないが見限れない。状態注視!

総評~っす!

★続きはYouTubeにて動画版で配信中★

ではGⅠ第14回ヴィクトリアマイル、キッチリ勝てますように。

☆YouTube「ほのぼの福招き」公式チャンネルもどうぞお楽しみください。

Posted by KeibaOyaji