GⅠオークスday2019!競馬オヤジの独り言。

競馬オヤジの壺

こんにちわ!競馬オヤジサイトアシスタントのウマンです。今日は東京競馬場でGⅠオークスが行われます。昨日今日と、オヤジさんがジックリ競馬ができないということらしく、今日はレース数、絞らせて欲しいとのこと。また今年のオークスは思ってた以上に難しいって。

まっ、仕方ないか…。

ということで、今日はオークス中心に呟くそうです。

京都12R

いつも言っているポイントとして、関西1000万下中距離ダートは層が厚い。またGⅠの裏で更に新潟も開催ということで、騎手が手薄。よって不確定要素が強いことを承知で手広くがベター。指数的には中位拮抗でペース如何によってはカオス的結果になることも。②⑪の4歳馬が人気しそう。また⑤も同様か!?確かに②は指数上々。スローペースになれば、前が残る京都ダ。②⑪が有力ということを踏まえた上でになるが、先に述べた不確定要素に賭けてみたい。ココは内枠を引いた①と指数上位の⑮のどちらかを本命予定。①は内枠器用なキングカメハメハ産駒。そもそもこのクラスは卒業しており、力自体は上。⑮は勝ち味に遅いもこのクラスでは力上位。一応、①から行く予定も仕上がり次第でスイッチする可能性は示唆しておきます。相手にコース実績ある⑭に小林徹騎手の引退に花を添えて欲しい⑧辺りを中心に、後は②⑪⑤の4歳勢。とにかくパドックで良さそうだと思ったら人気無視して手広く。

東京12R 丹沢S

ココもいつも言っている通り、GⅠ後の最終は微妙。ただ今回は準OP。ダート中距離で将来性のある馬の出走も多々あり、勝ちに行く馬(陣営)や賞金・勝ち星加算したい中堅以上の騎手も多く、それなりのレースになりそう。指数的には上位拮抗で、この時期ダートは4,5歳馬がグンッと指数を伸ばすケースは多い。取り敢えず指数上位は⑫②⑤⑯⑭⑬④。⑬は去勢明け2戦目で追い切り上々。上がり目ありそうも、確認必須。ココはベテランの手腕に期待して②からはどうか?距離延長に強いサマーバード産駒。しぶとさ生かして欲しい。ただ頭固定化となると微妙。相手には先にピック下指数上位馬で良さそう。特に⑫や⑯は人気するだろうが、能力上位で安定勢力且つ、鞍上も魅力。後は⑤も抑えた方が良さそう。昨日の降着で2日間の騎乗停止が不可解(1日で良かったのでは)な横山典騎手の一発にも注意。

東京11R GⅠオークス

まずは今週までBコースということ。昨日のレースを見る限り、直線は内を開けているケースも目立つ。ある意味フラットなコースになるが、これが逃げ馬が厳しいという面の1つだろう(翌週のダービー時はC)。ココまでこの世代のレースを見る限り、早熟型マイラーが多く、桜花賞やそれまでの道のりとしては、かなりの高レベル。ただこれについては、今年のノーザンファーム産馬が大当たりということもあるだろう。NHKマイルもダービー(牡馬)も総じて高レベル。昨年のような1頭抜けて強い!という感じではなく、層が厚いという感。よって週頭のブログでの指数掲示ではB以上が多数。動画でも距離延長が向きそうな馬をピックするやや迷いのあるピックだったことをお伝えしたい。馬場自体は相変わらず速く正直、主催者は考えるべきと思うがどうか?ノームコアの故障は残念なこと。また今年もJCに海外の強豪は不出走になるだろう。

前哨戦

桜花賞はもちろんかなりの高レベルだが、フローラSやフラワーCの指数(レベル)も上々で、例年なら十分頭取る勝負になる。忘れな草賞はメンバーやや低調も、およそ例年のレベルでスイートピーS、NZTも同様。ただNZTに関しては、適性が強く出たことと鞍上の好騎乗は添えておきたい。

追い切り

調整で良く見えたのは、普段通りでやはりココ照準だった②。GⅠ後もヘコたれず、かなりの本数こなしつつ動き上々の⑤。牝馬とは思えない程のスパルタ調教で明らかに叩き良化でココ狙いの⑦。デビュー時は脚元に不安があったも、ココにきて2週続けてキッチリ追えてる⑪。前走後は疲れが出、回避するのではとの噂も最終追い抜群の⑫。1週前が圧巻の動きだった⑬。追い切りのパターンを敢えて変えた関西長距離TOP厩舎所属の⑯。この辺りは正直目についた。逆に④が時計出せていないのは、馬体減が理由か!?③はオーナーサイドの都合で、鞍上が最終追い乗れず(サートゥルナーリアの1週前に騎乗)。先週の秀逸な追い切りは今回はなかった。⑧は日曜に時計だし、最終は輸送を考慮し軽め。先週のミッキーチャームも同様の調整過程で落ち着き十分。厩舎力高い厩舎の戦略的な調整だっただけで、単に軽いから切るのはできない。

各馬短評

①逃げればしぶとく、東京コースも合う。あくまでも単騎で自身のペースで行ければだが。

②ハナからココ狙いの感。早熟は否めないも、ココまでは順調で指数一番!

③番手示唆も、逃げてナンボの馬では?勝ち負けなら行くべきでは?逃げたら怖い。

④本来ココ向きも、馬体減他、まともに追い切れていない何かあった感で調整過程がどうか。

⑤元々、やや鈍足な底力型と見られていた。ココは先行して長い脚で粘りたい。調整過程は好感。

⑥馬格があれば超一流だった可能性も!この鞍上からも追い込みに賭ける可能性。

⑦前走はラスト100のみ。厩舎・鞍上一丸でココピークに!

⑧個体レベルは世代屈指。マイルなら気が強いのもプラスもこの距離では不安も。差し追い込み競馬にするか!?

⑨デビュー早いも、成長途上の感。軽い東京の芝では指数も足りず、今後に期待。

⑩相手なりに走るタイプも、上級メンバーだと割と淡泊な面も。試金石。

⑪やや早熟傾向の強い世代で、近走指数の伸びは一番!馬体的には2400を神経質になり過ぎることはない。レースまで落ち着いていれば!

⑫前走後、ココ回避との噂も天栄への放牧で立て直した。最終追いの動き良く、そもそも指数上々馬。

⑬未知の魅力に伸びしろ一番。前走時の直線での仕草から気の強さ。また三白眼っぽさもそれを助長。金曜輸送は腸内環境(馬体重)を考えてのこととの弁。コレがどう出るか?

⑭失礼な言い方も、鞍上・厩舎・戦績やや地味も、指数や戦ってきたメンバーは上々。不気味。

⑮個人的意見になるが、距離延長がどうか?FR時の指数からも短距離向きの可能性。

⑯栗東の長距離TOP厩舎が早くから東京コースを経験させたのはココ狙いだから?勝ち味の遅さをこのコースで相殺か!?8枠は問題ない。

⑰力のいる、坂のあるマイルコースでは強い。指数上々も距離延長は大きな課題だが。

⑱字面からは東京良さそうも、良績は中山。小回りの坂のあるコースの持続ラップ向きか!?

総評の総評~っす!!!

元々の②⑬の評価は変わりなし。現時点でも⑬本命の予定だが、直前の気配や馬体重は確認したい。この厩舎ならGⅠだから云々もなく厩舎力も現役屈指の1つ。とはいえ初の東京という面はやはりネックにはなる。軸固定ではなく、対抗の②や追い切り秀逸だった⑦⑪辺りとのフォーメーションがベターかも?⑪も初の東京は気になるが、2走前の直線の感じから左回りの方が合うかも。人気から賭けてみても良いのでは?③は行き切ったら怖い。あっさりもありそうで、人気も思った程ではない。が、抑えか!?⑧も抑え必須か!?⑯は桜花賞でも評価したが、週頭には筋肉量が増えすぎていることを懸念。ただCWの調教の動き秀逸で、週頭から評価を上げざるを得ない。⑤も陣営のヤル気は評価したい。橋口功次郎元調教師(橋口慎調教師のお父さん)が現役だったら積極的に…。ならば同じ父の産駒でも新馬戦から高指数叩き出した⑫か。後はスタミナある、相手なりの⑭まで抑えたい。

積極的に買いたい

⑬②⑦⑪

買う

⑫⑯

抑え

③⑤⑧⑭

今回のオークスは仕上げ(状態)と展開の要素が強過ぎる。昨年や一昨年は狙い撃ちができたも、今年は迷いも多い。元々は⑬で良いとのジャッジも陣営が最善を尽くし過ぎている感が、やや不安になってきたが。②はオークス向きで、ハナからココ全力との読み。⑦は途上も陣営がメイチは好感。⑪は桜花賞最先着馬で上がりも最速。馬体からこの時期なら距離は気にしなくても。問題があるとしたら初輸送と穿った見方かもしれないが、ノーザン生産ではなくこの鞍上。オペラオーを思い出す。

買い目が多くなったが、2段目(買う)までは結構投資する予定。抑えは3連系にするかは不明も、多少のガミり覚悟でも、最終レース勝負に持ち越したい(笑)

こんな感じだそうです。分析したところ、桜花賞とフローラS組が強そうとのこと。ただ桜花賞に関しては例年よりもマイラー向きの馬が多く、レースラップ自体もマイラーよりだったとのこと。コントラチェックの出走によって、ラップが厳しくなり、そもそもの能力上位じゃないとという流れが最も予測すべきとも。

それと最終の方がある意味取り易い可能性がありますよって、言ってました。ただその日のレースの流れもあるのであくまでも現時点ではということも付け加えておいてとも。

参考になりましたでしょうか?ボクはオヤジさんの長期予想には乗っかる予定なんです。だから人気しましたけど⑬からいってみようかな!?馬券の種類は考えますけどね。では、第80回優駿牝馬 オークス!良い配当が取れますように。頑張りましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

by競馬オヤジ&ウマン

Posted by KeibaOyaji