GⅠ日本ダービー ちょっとしたデータと馬体を見た感想他。

競馬オヤジの壺

こんにちわ!競馬オヤジサイト、アシスタントのウマンです。

今週はいよいよ競馬の祭典・日本ダービーが行われます!ホースマン達にとっては最大の目標でもあり、この仕事に携わる以上、必ず取りたい勲章。一ファンとしても毎年キッチリ馬券取りたいレース。ま、馬券はどんなレースでもいつでも取りたいですけどね。先週のオークスは長期予想は良かった(ラヴズオンリーユー)ものの、2着馬を軽視してしまいましたからね。今週はそういうことのないようにキッチリお願いしたいところ。各馬のコメントも多めでお願いって言っておきましたので、なにかヒントがあれば見つけたい。レースが近付くと、メディア情報やら、雰囲気から疑わしい人気馬が切り難くなりますから、現状でのジャッジは重要ですから。ではいつものから行ってみましょう。

GⅠ 東京優駿(日本ダービー)

ちょっとしたデータ!

キャリアは4~9戦。前走はGⅡ以上も例外はプリンシパルS(OPで今年からリステッド)。但し皐月賞以外は勝ちが条件(世代レベルによっては最低連対)。皐月賞組では6番人気以下で掲示板外では厳しい。Cコースに変わるが故、1枠有利に。1勝馬の出番なし中6週以上の間隔では開きすぎ。

続いて、登録馬。

指数と馬体を見た感想他のコメント。プラス材料大は赤文字、プラス材料小にはオレンジ文字。フラット材料には緑文字!マイナス材料大には紫文字、マイナス材料小には青文字

※指数については出走馬の過去指数の相対的なものになります。また過去最高指数に近走状態を加味しており、国内レース中心・当該距離にて評価しております。A~Eで想定。A本命級 B次点 C連下なら D恵まれて E厳しい 更に同じランクでも上下を付ける場合もあります。3歳戦の場合、サンプルが少ないので指数は拮抗しています。

また昨年及び今期成績の良い厩舎力の高い厩舎(東西リーディング10位以内と重賞成績をメドとする)にはを!

競馬ブックweb(有料)や競馬ラボ(こちらは無料)に馬体写真があります。またそこに馬体のコメントもあります。参考にどうぞ!

アドマイヤジャスタ 指数B下 栗東須貝厩舎 M・デムーロ騎手 ジャスタウェイ産駒 キャリア2301 中5週 前走GⅠ皐月賞11人気8着

前後に長手で、四肢もスラッと。筋肉の粘りというか収縮力が足りず、現状、背のラインがやや緩くも見え、体幹面も緩め。キ甲や前肢の感じからも成長途上感は強いです。POGの時には垢抜けて完成度も高そうだったのですが、まだまだなのでしょう。繋ぎのクッションが良さそうで、四肢は軽め。もう少しパンッとしてくれば、いずれは長めの距離でおもしろい存在になると見ていますがどうでしょう。今季GⅠ好調の鞍上のサポートで少しでも上の着順を!

ヴィント 指数C下 栗東千田輝厩舎 竹之下騎手予定 モンテロッソ産駒 キャリア2303 中3週 前走京都500万下1800m3人気1着 *抽選対象

タフな叩き良化馬!まずは抽選の突破を!

ヴェロックス 指数A上 栗東中内田厩舎 川田将騎手予定 ジャスタウェイ産駒 3201 中5週 前走GⅠ皐月賞4人気2着

容量抜群で張りのあるトモに、太く力感のある首差し。肩には繊細な筋肉に傾斜は寝気味で、前肢がしっかりと伸びそう。後肢の感じや背と下腹のラインから長く良い脚のタイプ。手先も軽く時計勝負もok。繋ぎの角度・長さも良好。皮膚が薄くて毛艶も抜群。体の線がやや硬くなってきた印象があり、伸びのあるシルエットも相まって距離は長い方が良さそうに見えます。よって距離延長はプラスでしょう。若葉S~皐月賞の仕上げが秀逸でライバルが休養明けという面からも、勝負度合いが強かった感。ただ競馬オヤジ的には成長度が追い付かずというジャッジでやや軽視気味(痛恨でした)。馬体減を心配する面はあるも、中内田厩舎は状態の維持はもちろんのこと、短期間で再度ピークに持っていくことができる稀有な厩舎。1週前には抜群の追い切りを消化。前走時はバランス的にやや頭が大きく見えましたが、今回はそれ程でもないのは、成長しそして、筋肉の張り他が増したからでは?状態は更に上がっている可能性も否定できないでしょう。いずれは世代の中長距離のTOPになりそう。

エメラルファイト 指数B下 美浦相沢郁厩舎 石川裕騎手予定 クロフネ産駒 キャリア3012 約2ヵ月半 前走GⅡスプリングS10人気1着

クロフネ産駒ながら骨格の可動域が良好で骨量と筋肉のバランスも良い意味でこぢんまり。手先が軽く、筋肉の柔らか味も十分ですね。繋ぎのクッションもそこそこ良さそうですし、丁寧に手入れされていそうな蹄は丈夫そうで好感。胸前やトモの容量に張りは上々で、確かな成長も。バランスが良好で運動神経も良さそうですが、シルエットの伸びからも距離の延長は疑問。また東京のような長い直線でのキレ比べよりも、直線の短いコースでのマクリ合いの方が向きそうな印象も。蹄底があり、後肢の繋ぎは少々立ち気味なので深い芝(洋芝)が合いそう。

クラージュゲリエ 指数B 栗東池江寿厩舎 三浦皇騎手予定 キングカメハメハ産駒 キャリア2021 中5週 前走GⅠ皐月賞14人気5着

首に肩にトモの力感は相当。筋肉量の多いキングカメハメハ産駒ではありますが、付くべき個所に素晴らしい筋肉を付けたマッチョですね。シルエット的には伸びがあって全く窮屈さもなく、胴も長め。コレは意見が分かれそうも、この窮屈感のないフォルムを速く動かすべく体幹面などが、まだまだこれからで、手先や四肢は軽いもキレやあまりにも速い時計への対応は疑問でTOPスピードも現状足りなさそう。成長曲線がユルそうなんですよね。腹袋から底力も上々で、本質的にはキレ、速力比べより底力が問われるような馬場やマクるコース向きの感。非常に見映えする良い馬ではありますが、成長度とキャラは疑問かな。今回から接着装蹄なので、最終追いの前進気勢他、馬自身が脚元を気にしているかどうかは確認した方が良いかも。

サトノルークス 指数C 栗東池江寿厩舎 池添謙騎手予定 ディープインパクト産駒 キャリア3101 中5週 前走GⅠ皐月賞8人気14着

さすが名門厩舎の良血馬といったシルエットに皮膚感。この兄弟は骨量が凄く、大型で鈍重になり兼ねないも、同馬は中位の馬格。ただやや縦型というか、バランス的に体高が高いタイプで、こういったタイプって不器用だったり瞬間的な反応が苦手なケースも多々。また距離もややあった方が良いタイプも多い印象。筋肉の収縮力が少々足りない気もします。スローのよーいドン!よりも惰性で走れる方が合いそうな気がするのですがどうでしょう?そういった面から中山から東京へ変わるのは良さそう。

サートゥルナーリア 指数A上 栗東角居勝厩舎 D・レーン騎手予定 ロードカナロア産駒 キャリア4000 中5週 前走GⅠ皐月賞1人気1着

う~ん、この馬の解説はし難いですよね。一目で良い馬ですし、早熟とは少々違うも完成度も高いが故、他馬と見比べても見映えが違いますし。伸びのあるシルエットで骨格の可動域も良好。胸前やトモの筋肉はもちろん付くべき個所にはやや硬質に見えるも、繊細で良好な筋肉がしっかり。胸も深く、心肺機能は高そうですし、手先も軽いので時計勝負もドンとこい。しっかりとした身入りや過去走の印象からも体幹面がしっかりしています。運動神経も良さそうで、ムダはないも大きなアクションで迫力ある走法。コレはアーモンドアイと同様の感。シルエットからも2400mは問題ないでしょう。アバラが浮き、皮膚も薄く毛艶も抜群。皐月賞から更に状態はアップしているのは間違いない。唯一の懸念としては、この母の産駒は能力抜群も使う毎に掛かりやすくなること。ロードカナロアが父故、ココまでは性格は良さそうだが、ダービー向けにピークに仕上げ過ぎると掛かる恐れも。また調教パートナーのシャケトラを失ったことは気になりますね。余談ですが、陣営はココの結果次第で秋は凱旋門賞を同馬で行く気でしょう。それを思うと、東京の高速馬場の改善は急務だったんですけどね。ま、この馬なら時計勝負も問題はないですけど、超絶時計で故障だけは…。

シュヴァルツリーゼ 指数B 美浦堀宣厩舎 石橋脩騎手予定 ハーツクライ産駒 キャリア1101 中5週 前走GⅠ皐月賞7人気12着 

個人的には過去走や馬体写真からも、同馬のように若い頃、軽い印象の強いハーツクライ産駒ってよく走る印象。伸びもあり、胸前やトモの身入りに張りは抜群ですし、骨量とのバランスも上々。また胸も深く心肺機能は高そう。手先も軽くて良いですね。筋肉の柔らか味も十分で骨格の可動域等も良好。運動神経も悪くなさそうですし、デビュー戦直後はクラシックでの活躍は間違いないかな?なんて期待しました。馬体的には完成度はまずまずかなぁ?、今後、牡馬らしい重厚感が出れば更に良くなりそう。ただ問題は怖がりなのか?クセが強いのか、やや性格に難がありそう。馬群も気にしている印象もありますし。東の名門がこの短期間で、どこまで矯正(成長)させてきたか。データアウトも枠次第では一発を感じるかも。

タガノディアマンテ 指数B上 栗東鮫島一厩舎 田辺裕騎手予定 オルフェーブル産駒 キャリア1114 中2週 前走GⅡ京都新聞杯1人気5着

ややコンパクトながらも、相応以上の筋肉量且つ、やや体の線は硬そうもしっかりとした体幹の持ち主で個人的には評価高い同馬。一般的というか、競馬オヤジ的にもシルエットの伸びは気にするところも、同馬はパーツパーツで父のオルフェーブルっぽいところがあるのも魅力と感じています。この父の産駒は気性面は言わずもがな、筋肉の粘りや収縮力が強過ぎたり、意外や意外、骨量が豊富過ぎたり筋繊維が粗かったりで現状、関係者の方々も扱い難そうな印象。ところが同馬は父の良い面を受け継ぎ、ココまでの戦績からはスケールダウンも、もう少しパンッとすれば父に似た面がもう少しは出せるのでは?と。湿った馬場は得意ですし。そう考えると東京2400mという舞台設定が少々疑問でもあるんですよね。TOPスピードが足りない印象があって。また皐月賞後、1走使わなければいけなかったのはどうか?最終追いでしっかりチェックを。

ダノンキングリー 指数A上 美浦萩原清厩舎 戸崎圭騎手予定 ディープインパクト産駒 キャリア3010 中5週 前走GⅠ皐月賞3人気3着

馬格程々も、小さいトコは小さく、付くべき個所には相当な筋肉量なので、小柄には見えませんし、毛色も相まって凄味というか、迫力も十分ですし、骨太感もある。繋ぎは繊細で長く、バネが良好。胸前の筋肉の発達は素晴らしいですしトモの身入りも上々。後肢が、かなりの斜尻に曲飛なので、瞬発力は相当。また筋肉の質は絶妙で柔らか味あるも、収縮力や粘りが強いので瞬間的なだけでなく長く速力の維持ができるタイプ。前碗や脛も逞しいので、力のいる馬場でも対応できるのでしょう。皐月賞前まではやや背というか、腰が短く見えマイラーの印象が強かったも、今回の写真では脾腹が締まって見える面からも対応できそう。まぁ本質的には1600~2000辺りの可能性が高そうですが、陣営がダービーで勝負になるよう造っているのでしょう。胸が深く心肺機能は上々。前走は直線で踏み遅れたというコメントも散見しましたが、個人的にはそれは結果論だと。瞬間的に速い脚で最後の100mに賭けた戸崎騎手の勝負だったのでは?確かに、周りに馬がいたのは不利でしたけど。今回、内枠引いて直線坂下まで折り合って行ければ。東京は合う!TOPスピードの、一瞬の速さなら世代ナンバーワン!その脚であの馬を差し切るか!?

ダノンチェイサー 指数A下 栗東池江寿厩舎 B・アブドゥラ騎手予定 ディープインパクト産駒 中2週 前走GⅠNHKマイルC3人気4着

首、胸前、胴、トモと素晴らしい身入りに張り!前腕や脛も逞しくパワーも相当。筋繊維は繊細なんですが、やや硬質で迫力がある面なども母方の影響なんでしょうか?肩の傾斜や四肢の出方は速力が伝え易い角度。後肢は斜尻気味で曲飛なのでやや瞬発力に寄っています。底力ありそうな腹袋で顔付から気も強そう。前走ぶつけられても怯まなかったのは気の強さの証明でしょう。瞬間的な動きに関しては微妙も速力の持続型なのかな?そう考えると、掛かる恐れは否めず、賭けにはなるも前走高速マイルを使ったことが、場合によっては大きくプラスに出る可能性。前肢の接着装蹄は気になるも、前走時には管にバンテージを巻いてもいました。休養期間にはソエが出ていた可能性もあり毛艶他から状態はUPしているでしょう。叩き2走目で前進を!

トーラスジェミニ 指数D 美浦小桧山悟厩舎 騎手未定 キングズベスト産駒 キャリア2007 半年以上 前走GⅢ東スポ杯2歳S13人気12着 *抽選対象

長期休養明けも果敢に登録。ダービーにはそれだけの価値があるのだが、それだけに…。

ナイママ 指数C 美浦武藤善厩舎 柴田大騎手予定 ダノンバラード産駒 キャリア1106 中2週 前走GⅡ京都新聞杯10人気4着

馬格中位も、バランス的に骨量がありそうなタイプ。筋肉は柔らか味を感じましたがココにきて、胸前やトモの筋肉量も増え、やや硬質になってきた可能性も。繋ぎは寝気味も蹄底があり、この筋繊維の感じからも、やはり下がそこそこ緩いというか、草丈の長い洋芝の方が良さそうな気もします。後肢は瞬発力型ではあるのですが、そういった筋肉の質等や気性的な面からも、長く脚を使うマクる競馬が合っていそう。また背のラインや走法からも坂が良いとも思えないかな?今ここで議論すべきではないので、申し訳ないのですが、サマーシリーズなんか面白そうですがどうでしょう?

ニシノデイジー 指数C上 美浦高木登厩舎 勝浦正騎手予定 ハービンジャー産駒 キャリア3112 前走GⅠ皐月賞6人気17着

同馬も競馬オヤジの評価が高かった1頭でホープフルSではサートゥルナーリアの不動の対抗とジャッジしました。使う毎に気が勝り、陣営もハミを替えたりして様々対策を施すも結果は出ず。結果論ですが、ホープフルの騎乗を理由に年明けは鞍上を変えた方が良かったのかも?個人的には応援したいコンビですけどね。ハミ受けがデリケートで掛かりやすい場合、そういった面が達者な騎手じゃないと馬の気性面等が悪い方に行ってしまうケースが多いですから。俗に言う、辺りが柔らかい騎手やバリエーション豊富な騎手へのスイッチが有効。ただココにきて、馬体自体もやや竦んできたような印象。もしかしたら母父の影響で適性距離がやや短くなってきたのかも?またバネの良い繋ぎに軽い手先も本質的には下が緩い芝が良いのかも?本質的なキャラが出てきたと見るか?やや早熟と見るか?はたまた、気性面の問題と見るか?厩舎的には調整力がかなり高いので、あの敗戦後も状態は良さそう。毛艶や張りが上々です。思い切って脚を溜めて直線勝負で何頭交わせるか?という騎乗はどうか?まだ捨て切らないが…。

ヒルノダカール 指数C下 栗東北出成厩舎 騎手未定 ヴィクトワールピサ産駒 キャリア2012 中1週 前走京都500万下2000m3人気1着 *抽選対象

母方には活躍馬多数もココに入ると格下感は否めない。

ヒーリングマインド 指数C下 栗東松田国厩舎 騎手未定 タニノギムレット産駒 キャリア2113 中2週 前走GⅡ京都新聞杯6人気7着 *抽選対象

使いつつ状態をアップ。前走のGⅡでも着順ほど負けてはいないが…。

マイネルサーパス 指数C 美浦高木登厩舎 丹内祐騎手予定 アイルハヴアナザー産駒 キャリア2112 前走OP(L)プリンシパルS6人気9着 *抽選対象

2歳時にはそこそこの指数で好走もここ2走は大敗。相手が強かったとはいえココは更に強力に。キャラなのか成長力なのか?

メイショウテンゲン 指数B下 栗東池添兼厩舎 武豊騎手予定 ディープインパクト産駒 キャリア2212 中5週 前走GⅠ皐月賞9人気15着

未勝利戦勝ち辺りから馬体が良い成長をしてきた感。とはいえ気性面含め、まだまだ完成度は低そう。葦毛なので見えにくいも、この父の産駒故、筋肉や体が柔らかく、使い減りしなさそう。キャラ的には母似の感が強く、運動神経よりもややパワー必須な馬場をグイグイ伸びてくる感。繋ぎは繊細そうでバネも感じますが、少々長めで立ち気味。伸びのあるシルエットから距離延長は問題なさそうも、今の時計の速い馬場が果たして合うかどうか?重馬場以上になったら頭まであるかな?って思えるんですけどね。鞍上にレジェンドを迎え、馬主さんとの関係性からも今後のための騎乗をするのかな?それとも。

ランフォザローゼス 指数B下 美浦藤沢和厩舎 福永祐騎手予定 ディープインパクト産駒 キャリア1300 中3週 前走GⅡ青葉賞1人気2着

首差しが太く逞しく、胸囲も大きい。また腰角の深い斜尻なので腰高に見えます。が、これは個性でしょう。良い意味でまとまっており、名門厩舎所属の良血馬らしく、物凄く品のある馬体。しっとりと濡れたような皮膚感もいいですね。繋ぎは長くバネは上々。ただ見えにくいので確証はないのですが、削鉄の問題ではなさそうも蹄底の角度と繋ぎの角度がどうなんだろう?素質馬も使う回数やまだメイチに仕上げ切っていなさそうな面から、ちょっと脚元にクセがあるのかも?皮膚が厚いタイプの可能性もありますね。毛艶は悪くないモノの、少々皮膚が厚ぼったい。もう少し、シルエットに伸びが出て、筋肉の張りが増したらって思うのですがどうでしょう?現状でも、素晴らしい馬であることは間違いないですが…。乗り替わるも、福永祐騎手とは手が合いそう。

リオンリオン 指数B下 栗東松永幹厩舎 横山武騎手予定 ルーラーシップ産駒 キャリア3221 中3週 前走GⅡ青葉賞5人気1着

480㎏台も筋骨隆々で凄く逞しく見えます。前後の伸びがあるも胸前や、特にトモの張りが素晴らしく、胴も底力を感じさせます。やや肩の傾斜が微妙で、ストライドを伸ばすというよりは、力強いややピッチに近い4輪駆動タイプ。過去走見てもワンラップに近い。手先はまずまずも繋ぎの感じや、粘りは強そうもやや硬質の筋肉の質からも、多少下が緩い方が本領発揮できそう。胸の形から心肺機能は高そうで、パワーもあるが故、そうそうタレない逃げ馬というのが分かりますね。鞍上の騎乗停止はやや不可解(2日間というのが)で残念ですが、将来性高い次男坊が騎乗するとのこと。兄貴の技術もまずまずですが、オヤジ程ではないにせよ、その遺伝子を強く受け継いでいそうなのは次男の横山武騎手の方。簡単にタレるタイプでもなさそうですし、何かあれば前(逃げ)からということもあるので、思い切った騎乗を!

レッドジェニアル 指数B下 栗東高橋忠厩舎 酒井学騎手予定 キングカメハメハ産駒 キャリア2021 中2週 前走GⅡ京都新聞杯11人気1着

480㎏台も牡馬にしては細身に見える馬体。首は太いのですが、胸前やトモは張り十分もキングカメハメハ産駒にしては筋肉量がどうか?脾腹や腰もやや薄いタイプで、皮下脂肪も少な目で益々シャープに!四肢はスラッとし繋ぎは長く角度は上々。毛艶が抜群で銭形が浮いて見える面からも、こういった体型なんでしょうね。コレで馬格なければ心配もそれなりに大きいですから個性でしょう。キレを感じさせますから。前走の底力を感じさせる鮮やかな競馬からも、穴党他からもそこそこ人気して売れそう。こういった体型の馬は比較的軽い芝が合うタイプが多い。同馬も過去走からパンパンの良馬場向き。初東上も陣営は虎視眈々か!?

ロジャーバローズ 指数C上 栗東角居勝厩舎 浜中俊騎手予定 ディープインパクト産駒 キャリア2201 中2週 前走GⅡ京都新聞杯2人気2着

スプリングSは7着とはいえ着差は僅か。馬体的には力感や運動神経の良さよりも、速力の持続型でパワーそこそことのジャッジ。そう考えると同馬の持ち得る資質からしても、中山から京都替わりでの好走は陣営の狙い通りでしょう。むしろ2着だったことが誤算!?シルエットに伸びがあって、窮屈さはありません。筋肉の質は柔らか味あって良好も、その量はまだ増えていきそう。血統的には時計勝負には強そうも、収縮力の強そうな筋力が少々足りない印象で、体幹面もユルい印象も。惰性で長く脚を使う方が合いそうで、前走の逃げは馬体からは納得。東京は合いそうも、どの位置で競馬してどこでスパートするか?気性面なども幼さを感じる。

総評~っす!

★続きはYouTubeにて動画版で配信中★

令和最初の第86回日本ダービー!キッチリ勝てますように。最後までご覧いただきありがとうございました。

ウマン&競馬オヤジ

☆YouTube「ほのぼの福招き」公式チャンネルもどうぞお楽しみください。

Posted by KeibaOyaji