安田記念2019!ちょっとしたデータと馬体を見た感想他。

競馬オヤジの壺

こんにちわ。競馬オヤジサイトアシスタントのウマンです。今週は東京競馬場で古馬最強マイラー決定戦、安田記念が行われます。ココには4歳世代最強の牡馬牝馬がともに出走を表明し、非常に興味深い一戦に!オヤジさんは今回、どんなジャッジをするのでしょう?先週のダービーでは、最終的にレーン騎手が心配とし、また3強が抜けているとした上で、余力含め他馬が付け入るスキありとし、サートゥルナーリアとダノンキングリーの2頭軸で①③⑩⑱に流し、ヴェロックスを抑えに混ぜ入れるも、サートゥルナーリア外しの馬券がなかったことで、アウト!!!

ボクはオヤジさんに抑えておけばって言われ買っていたのに。オヤジさんアホですねぇ。で、最終も外し、凱旋門賞という楽しみも危うくなり結構落ち込んでいました。今週もかなり興味深い一戦があるので、気を取り直して頑張ってと言って、第3のビールを1缶奢ってあげたので頑張ってくれるとは思います。500ml缶ですしね(笑)

では、いつも通り、行ってみましょう!

ちょっとしたデータ。

明確に【消し】ができるデータがほとんどない。前走クラスはOP以上で、着順はレースレベルを配慮すべき。一応のめどとしては一桁。意外に思うが東京マイルはレースレベルが上がると特殊性が増すため、適性は重視。京王杯SC出走馬は上がり1,2位のみ有力。GⅠ級の牝馬なら通用。

続いて、登録馬。

指数と馬体を見た感想他のコメント。プラス材料大は赤文字、プラス材料小にはオレンジ文字。強調材料なしには緑文字!マイナス材料大には紫文字、マイナス材料小には青文字

※指数については出走馬の過去指数の相対的なものになります。また過去最高指数に近走状態を加味しており、国内レース中心・当該距離にて評価しております。A~Eで想定。A本命級 B次点 C連下なら D恵まれて E厳しい 更に同じランクでも上下を付ける場合もあります。3歳戦の場合、サンプルが少ないので指数は拮抗しています。

また昨年及び今期成績の良い厩舎力の高い厩舎(東西リーディング10位以内と重賞成績をメドとする)にはを!

競馬ブックweb(有料)や競馬ラボ(こちらは無料)に馬体写真があります。またそこに馬体のコメントもあります。参考にどうぞ!

アエロリット 指数A 5歳牝馬 美浦菊沢徳厩舎 戸崎圭騎手予定 前走GⅠVM2人気5着 東京芝3202

太い首差しですね!またそれに負けないほど逞しい、肩、胸前、トモの身入りに張り。葦毛なので筋肉の質は分かり難いも、過去走の印象からは、やや硬質で粘りが強いタイプでは?瞬間的な速い動きは苦手も、スピードの持続は滅法得意。四肢はスラッとし、繋ぎはやや短くバネ性も感じません。また蹄も接地面が大きいタイプではありません。本質的にはこういった手先の馬って深い芝や重は得意のハズなんですけどね。同馬の場合は重心が高く、跳びが大きいので雨等で下が緩いと走り難くなるのかな?四肢の出ている箇所が前後に広く、背と下腹の感じや四肢の感じからも長い脚のタイプ。前走は前半600mを33.7とスプリント戦並のペース。因みに1000m通過も56.1。ペース判断は現役屈指の一人、横山典騎手ながら同馬の資質をフルに引き出すためなのか、誰かの進言かは不明も肉を切らせて骨を断つ!の騎乗。まぁ排気量が大きい馬ではありますが、ちょっと速過ぎたかな???今回の鞍上、戸崎騎手は割と強引な逃げは打たないタイプ。その辺がどうなるか?写真では前走の影響はなさそうに見えるも追い切り他注視。

アーモンドアイ 指数A上 4歳牝馬 美浦国枝栄厩舎 C・ルメール騎手 前走ドバイターフ1人気1着 東京芝3000

3歳時は割と馬体に変化が大きく安定しなかったタイプ。その辺は完成前且つ、体質の問題でしょう。今回でもまだキ甲の感じからは完成途上も、薄い記憶ながら母の感じも少し出てきたような。伸びのあるシルエットで、やや体幹面が強く立ち姿が硬く、やや鈍重で運動神経が微妙っぽい母。それに対し、今までは広い可動域に柔らかい関節で運動神経抜群の娘という感じでした。が、立ち姿から体幹面の強さが出てきたかな?と。また胴の感じからは中距離型。元々、少し牝馬らしい丸みがあり、やや厚めの皮膚ではあるのですが、今回、首や背にうっすらと銭形が見えるので、遠征帰りの影響はあまり気にしなくても良さそう。筋肉の量も増えて迫力が増しています。胸の深さや体の幅、軽くてバネを感じさせる四肢などは、現代競馬で最も良好と思しきもの。筋肉の質も繊細というよりは、強靭で粘りも強そう。しなやかな首と小顔にクリッとした目は牝馬らしい。賢そうなタイプでもあり、折り合いに関してもルメール騎手との相性抜群。スーパーホースであることは誰しもが認めるところ。前後のバランスが非常によく、本気になった時は体を沈め、リズムよく全身運動でTOPスピードに乗る走法は過去のあの3冠馬を彷彿とさせます。確かに皮膚感他、良く見える他馬はいますけどね。スーパーホースに100%の仕上げは不要。普通の状態であれば。

インディチャンプ 指数B 4歳牡馬 栗東音無厩舎 福永祐騎手予定 前走GⅡマイラーズC2人気4着 東京芝1000

前走、ガッカリした人は多いのでは?小柄で骨量もボチボチで、大よそのフォルムは父が出ていそう。ただ、筋肉量などは母父及び母母父の影響が強そう。筋肉の質はやや硬質も強靭そうですね。こういったタイプは基本、得手不得手がハッキリするケースが多い感。前後のバランスが非常に取れており、後肢は瞬発力型でエネルギー効率は微妙。四肢の軽さやバネは良さそうで、蹄が大きそう。一見、パワー型に感じるもこういった筋肉の質を持った馬の場合、硬い路盤でこそのタイプも多々。また過去走を見る限り、サウスポーの可能性も。それ程、2月の東京新聞杯は強かった。ライバルがもっと頑張っていれば同馬はまだまだ時計詰められたでしょう。それとコレは反論ありそうも、エネルギー効率からも本質的には1400~1600mというタイプの可能性。胴も短くはないですし窮屈さもありませんが、前後のバランスや重心に筋肉量からも1400の上級重賞でも通用しそう。京王杯SC出走ならココで一角崩し期待できたかも?前走の結果で人気を落とすなら。

エントシャイデン 指数C 4歳牡馬 栗東矢作芳厩舎 田辺裕騎手予定 前走GⅡ京王杯SC7人気11着上がり2位 東京芝2012

5走前からマイルで3連勝しOP入り。前2走は重賞も1400m。相手はかなり強化されたも、得意のマイルでどこまでやれるか!?

グァンチャーレ 指数C上 7歳牡馬 栗東北出成厩舎 松岡正騎手予定 前走GⅡマイラーズC5人気2着 東京芝1006

基本的には東京は適性外だというジャッジも4走前の走りはかなり強かった。この血統にしてはしなやかな馬体。ただ前腕や脛は結構逞しく筋肉質。肩の傾斜が寝気味でストライドは伸びそう。粘りのありそうな筋肉の質が良好で、こういったタイプは使い減りしにくい馬が多い感。ですが強靭さとういか力感が少々足りず、そういった面があと一歩という結果を生んでしまっているのかも?速力を伝えやすいラインで胸囲の感じからも、心肺機能も上々。体幹面の緩さと筋肉の強靭さがもう少しあったらなぁって。小顔でハンサムっぽいですね。今回の鞍上は東京で唯一勝った時の松岡騎手。好走を!

ケイアイノーテック 指数B下 4歳牡馬 栗東平田修厩舎 幸騎手予定 前走GⅡマイラーズC6人気6着 東京芝1001

骨格の可動域が良好で、体のラインもメリハリが効いた見映えする馬体。胸も結構深くて良いですね。前碗や脛が逞しく四肢の力感は上々。また胸前やトモの身入りや張りも良好でシルエット的にはさすがGⅠ馬という感。筋繊維は繊細も、筋肉の質は硬質っぽい。冬場、ダート戦に出走した頃よりは時期的にほぐれていそうではありますが、3歳時よりはしなやかさが微妙になってきた感。運動神経が良さそうで、馬格中位もパワーはありそう。時計勝負ドントこいのディープインパクト産駒も、パンパンの良よりはパワー必須の方が合いそうな気がしますがどうでしょう?

サクラアンプルール 指数C 8歳牡馬 美浦金成貴厩舎 横山典騎手予定 前走GⅡ日経賞4人気3着 東京芝0104

記憶ではやや箱型の馬体で、器用な小脚が使えるタイプ。折り合い次第で距離の融通は利きそうも、使える脚が小回り向きだった印象。馬群を縫うメンタルは大きな武器も一瞬のキレとマイルの時計勝負は課題。

サングレーザー 指数A下 5歳牡馬 栗東浅見秀厩舎 岩田康騎手予定 前走GⅠ大阪杯7人気12着 東京芝0101

四肢がスラッと長く、繋ぎのバネの良さは現役でも屈指の1頭では?上体は意外と身がつまっており、骨格の可動域は微妙。筋繊維は繊細もその質はやや硬質なのかな?ちょっと判断しにくいですが。前走も仕上がり自体は悪くなかった印象も遠征帰りはやはり難しいのかな?また同馬の場合は当たりの柔らかいタイプの騎手が合いそう。正直、昨年はかなり期待しましたが、陣営が様々な距離にトライしている面から、総合力は高いが…、というタイプなのかも?胸囲が大きく、心肺機能が高い面から距離適性の幅が大きいのかな?先も述べましたが、今回、身が詰まり気味で筋肉量が増えている印象もある面から、マイル仕様に造ってきた可能性。改めて!

ステルヴィオ 指数A下 4歳牡馬 美浦木村哲厩舎 D・レーン騎手予定 前走GⅠ大阪杯6人気14着 東京芝1201

斜尻に曲飛気味の後躯なので、立ち方によっては前後に伸びを感じますが、胴というか背の長さからは明らかにマイル向き。とはいえ、前走も能力の高さからあそこまで負けるのは意外でした。骨格の可動域は良好で体幹面も少々緩そう。こういったタイプは不器用でTOPスピードに乗るまで時間がかかるケースが多い。またココにきて筋肉量が増えてきた印象。以前はこの血統ながらしなやかなシルエットだなぁって思っていたんですけどね。母父のファルブラヴの牡馬産駒は筋肉量が多過ぎるが故、去勢することが多いってカリスマオーナーブリーダー・岡田牧雄氏がコメントされてました。今回の首差しや胸前にお尻などはそういった兆しが出始めているのかな?それとも、前走の馬体減を戻して、まだユルそうに見えるから?多分、両方あると思うのですがどうでしょう?前腕や脛など四肢の力感があり、そういった面がゴール前のひと踏ん張りにも繋がっているでしょう。惨敗後ですが銭形が浮いて見え体調は良さそう。

スマートオーディン 指数B下 6歳牡馬 栗東池江寿厩舎 池添謙騎手予定 前走GⅡ京王杯SC4人気7着上がり1位 東京芝1004

ダービーに駒を進めたように、シルエットに伸びがあり窮屈さはありません。が、発達した張り抜群の筋肉をかなり多く纏ってもいます。胸前や胴、トモの身入りは凄いですね。四肢はスラッとしているも、力感があり、繋ぎは少し立ち気味もバネを感じます。本質的には1800~2000位の中距離っぽいシルエットなんですが、マイルは問題ないでしょう。ただ心配事としては如何せんかかり癖が凄いですからね。前走後、池添謙騎手は大丈夫だったってコメントもありますけど、やはりペースによるのでは?あれだけの故障後ですが、陣営のケアが良いのでしょう、筋肉の張り他を見る限り、キッチリ調整できていそう。前走着順はイマイチも、そこはペース次第の他力本願型。状態が戻ってきてからは常に最速の上がりを繰り出している同馬。前走東京の1400mの流れを経験したことがプラスに出る可能性は十分でしょう。

ダノンプレミアム 指数A上 4歳牡馬 栗東中内田厩舎 川田将騎手予定 前走GⅡマイラーズC1人気1着 東京芝1001

窮屈さは皆無も、少々箱型で前後のバランスの取れた馬体。筋肉量は多く、その質は繊細ながらも収縮力が相当強そう。このブログや動画を以前からご覧いただいている方ならお分かりいただけるも、こういった筋肉の質を持った馬は早枯れしにくい。むしろ筋肉が硬質化するまではバリバリ!四肢も前腕や脛の筋肉が素晴らしく、手先の軽さ以上にバネや力感を感じます。後肢の感じはやや瞬発力型も、走法からは跳びがかなり大きいタイプで結果、瞬発力より長く脚を使っています。あの感じから背中が相当強いのかな?肩の傾斜も良好でストライドも伸びますし、後躯の蹴っぱりは相当。ココから先は個人的見解になるのでご了承ください。マイルは3戦3勝ですが、同馬の真骨頂は2000m前後の中距離と見ています。ただ上がり勝負に強い昨今の中距離馬とは違い、そこそこ流れるワンラップに強い同馬。ゴール前で一瞬の脚にやられる可能性はあるも、ラップ適性は高いですし、腹袋から底力も相当。皮膚が薄く毛艶が抜群。接着装蹄は気になるが、1週前追いの動きから気にしなくても良さそう。

フィアーノロマーノ 指数B上 5歳牡馬 栗東高野友厩舎 北村友騎手予定 前走GⅢダービー卿CT2人気1着 東京芝0002

肩の感じが詰まり気味なのが気になったのですが、同馬は8月生まれの南半球産。キ甲の感じからもまだ成長途上っぽく、フォルムももう一変わりありそう。大型馬ながら皮膚が薄く、うっすらアバラが浮いて見えます。繋ぎは良好な長さで寝気味。後肢の感じからはそこそこの瞬発力はありそう。ただやはり重戦車のような迫力ある骨量に筋肉量が武器でしょう。胸前や首に胴にトモ。全てが筋肉質!パッと見の適性からは中山コースのような重めの路盤にやや深い芝の小回りが良さそうも、VMで2着したプリモシーンの猛追を凌ぎ、好時計での勝利は底知れなさも感じさせる。東京コースに良績はないが、勢いに乗って。

ペルシアンナイト 指数A下 5歳牡馬 栗東池江寿厩舎 M・デムーロ騎手予定 前走GⅠ大阪杯3人気11着 東京芝0104

3歳時からそこそこの重厚感があり、安定した馬体。また胴は箱形でバランス的に背の長さは微妙も窮屈さはありません。長く逞しい首に胸前、トモは相変わらずの迫力。後肢の感じはやはり瞬発力型(というのも昨今は斜尻に曲飛気味の馬が多い)。手先のバネは上々も、母系の影響か、体の線が少々硬い面があり、それが得手不得手に出ているのでしょう。腹袋から底力も相当ですが、やはりハービンジャー産駒適性からも、下が緩い馬場の方が、その底力を発揮できるのは間違いないかな?また東京1600mGⅠの独特なラップは、適性距離が伸ばせる(1600~2000m)の同馬にはやや不向きの感も。昨年も能力で差のない競馬はしましたが…。

モズアスコット 指数A 5歳牡馬 栗東矢作芳厩舎 坂井瑠騎手予定 前走GⅡマイラーズC3人気7着 東京芝2000

筋肉量が抜群で前腕や脛の筋肉量もこのメンバーでもTOP。骨格の可動域が良好というか、思っている以上に緩そう。とはいえ体幹面は良好でしょう。やや前肢が短く前傾したフォルムに斜尻に曲飛の後肢の感じから一瞬の脚が相当で、マイル路線の馬の中ではTOPスピードの速さは強烈。胸の深さはボチボチという程度で、先に述べたシルエット的特徴や大きなアクションの走法からも本質的には1400mの方が向きそうも、東京1600mの上級重賞はしばしば、スプリント能力の高い馬が好走。コレはコース形態にミソがあるので後述(動画にて)します。前走は香港遠征の影響の可能性大ですし、陣営の織り込み済みでしょう。因みに香港の馬場はこういった体幹面の緩い馬には合わない印象も。今回皮膚が薄く毛艶も良好。間違いなく状態は良さそう。

ロジクライ 指数B 6歳牡馬 栗東須貝尚厩舎 武豊騎手予定 前走GⅡ京王杯SC2人気3着 東京芝2011

前後に伸びはあるも、バランス的に低めの重心の馬体。四肢は軽く時計勝負はむしろ好都合も、骨格の可動域が微妙で運動神経や器用さも同様故、ラップや展開に融通が利かない。また気も強く、他馬に並ばれると掛かる恐れも。速力だけならGⅠで通用するモノがある。新コンビのレジェンドがこの気難しい相棒をどう操るか?それ次第の面も感じるが、コンプレックスホースの可能性も否定できないかな。

ロードクエスト 指数C 6歳牡馬 美浦小島茂厩舎 石川裕騎手 前走GⅡ京王杯SC5人気12着 東京芝1207

早熟な印象が強かったのですが、過去走からも指数的な衰えはあまりなかった。成長は早かったも完成までジックリ成長するタイプだったのかな?胸前にも繊細で良好な筋肉がしっかりとあるも、やはりトモの容量と張りが同馬のアドバンテージ。四肢は軽く、スラッと丈夫そうなのは好感ですね。腹袋からも底力もあり、後躯の感じからもハマった時の強さはなかなか。昨年のスワンSなどはそう。後躯の方がバランス的に突出している馬に良くある傾向の感。可動域自体はボチボチで体幹面などの強さは微妙というか、少々硬そうなんですよね。このフォルムからもそういった面からそれなりの柔軟性と力感を感じられれば、もっと上にというかGⅠでも好勝負可能って思えるんですけどね。

総評~っす!

★続きはYouTubeにて動画版で配信中★

第69回安田記念!キッチリ勝てますように。最後までご覧いただきありがとうございました。

ウマン&競馬オヤジ

☆YouTube「ほのぼの福招き」公式チャンネルもどうぞお楽しみください。

Posted by KeibaOyaji