安田記念2019の回顧他。

競馬オヤジの壺

こんにちわ。競馬オヤジサイト、アシスタントのウマンです。

先週の馬券成績はいかがでしたか?ボクはオヤジさんの予想に乗っかって、阪神10Rで万馬券ゲット。安田記念は外しましたが、東京の最終レースでも一応、取れました。このところのオヤジさん、自分でも言ってましたが、上級重賞ではロマン派になってるんだよねって。博打としての競馬は相変わらずも、スポーツ的コンテンツとしてはちょっと陰りがあるからって。

昨日の安田記念でも、かなり言いたいことはあるそう。あ、そういえばGCで伊藤正徳元調教師がパドック診断でアーモンドアイは毛艶がちょっとイマイチ。ダノンプレミアムは体が少々硬いって言って、馬券内危惧していました。さすがですね!オヤジさんは別の馬をズバズバいらないって切ったようですが、アーモンドアイ頭の3連馬券だったが故、ダメだったと言ってました。ただパドック見た限り、②⑤⑥⑨⑭⑮のみでok。⑭頭の3連単でいいでしょうって。

せっかくオヤジさんからメールもらったんですけどね、ボクもアーモンドアイで大丈夫って思っちゃって。残念でした。ま、仕方ないか…。それとオヤジさんがこのサイトをご覧いただいている方々に、最近的中率が下がってしまいスミマセンって言ってました。日曜にピックアップしたレースは、基本自身も買うレース。それなりに自信があるからサイトに公開しているんですから、本来ならもっと当たらないとって、凄く反省していました。あ、ボクのコメント長くしてもアレなので早速、オヤジさんの安田記念、回顧行ってみましょう。

GⅠ 安田記念 インディチャンプ号優勝!

おめでとうございます。

音無厩舎 福永祐騎手

シルクレーシング ノーザンファーム生産

勝ちタイム 1.30.9 勝ち馬上がり 32.9

12.2 10.9 11.4 11.3 11.2 11.1 11.2 11.6

ペース判定 ミドル 1000m通過 57.0 レース上がり 33.9

昨日はある程度、フラットではあるもやはり内伸びの馬場。ペースにもよるが、やはり内枠の先行馬が有利でもあった。

コレは邪推になるが、ロジクライがあれ程、内に寄ったのはなぜ?ココで文字にするのは控えますが、コレは遺恨が残るでしょう。正直、ダノンプレミアム、アーモンドアイ、ペルシアンナイトには多大な影響。ロードクエストは位置取らないとはいえ、同馬にも結構なダメージ。実際、ダノンプレミアムの陣営からは、それが致命的な敗因だとも。またアーモンドアイを生産したノーザンファームの吉田勝己氏からも同様。出っぱが悪い印象は薄い馬で鞍上はレジェンド。今後の騎乗依頼他、いろいろ影響というか、まぁ出るでしょうね。JRAとしても、強い馬達が影響を受けにくい外に入ったにもかかわらず、でしたから。

くどいようですが、現状、スポーツエンターテイメントコンテンツとして微妙になりつつある競馬。あの手この手で捏ね繰り回してもそれは付け焼刃。やはり人の心を動かす、ヒーローやそれに挑むライバル達の出現が急務(元祖アイドルホースのハイセイコーに、天馬トウショウボーイにライバルのテンポイント。そして二代目アイドルホースのオグリキャップに貴公子トウカイテイオー。ある意味日本競馬界の最強馬論争の2強、ナリタブライアンにディープインパクト等のようなスーパーホース)。先般のダービーも先週の安田記念もそういった図式を描ける可能性があったメンバー構成。アーモンドアイ自身、日本歴代最強牝馬になれる可能性があったレースで、アヤを付けられた格好。レースだから仕方ないとはいえ、それで良かったのか?

競馬は時計が全てではないですが、勝ちタイムもVMと同じ。開催期間やコース(B→C)という違いはあれどという結果。今回は一ファンとしてかなりガッカリしたレースでした。馬券が取れなかったからという訳ではないですよ。そんなのはしょっちゅうですから(笑)

勝ったインディチャンプは東京マイルの申し子。福永祐騎手とのコンタクトもバッチリ。好発から直線はアーモンドアイが来るであろう馬場のやや真ん中に!ステイゴールド産駒ですが、この距離での持久力勝負に強いのは母方の好影響を受けているのでしょう。直前の調教も良かったですからね。関係者の皆さま、おめでとうございました。

それとレース後の、福永祐騎手のインタビューは良かった。前走のことや調教、そして今回のレースについてもとっても正直に。たまに「んっ?!?!」というコメントもありますが、それも大よそは事実に近いのでしょう。自分達はハナからプラン通りも、強い馬達が来なかったことは不可解且つラッキーという認識っぽかった。同馬主且つ生産者も一緒ということもあったのでしょうけど、過剰に喜びをアピールする訳でもなかったですからね。

2着のアエロリットもさすがの巧者。戸崎圭騎手の精密機械のようなラップは素晴らしかった。馬もVMを叩いて良化していました。

3着のアーモンドアイはゲートしっかり出たも、あの不利。そして直線でもなかなか進路がない厳しい状況。にもかかわらずあの差で3着は改めて同馬のポテンシャルの高さを感じさせてくれました。しかし、日本で最も大箱でフェアと言われる東京コース。しかもワンターンのマイルであの不利はなぁ。

4着のグァンチャーレは物凄い成長力。厩舎の調整力もさすがと言えますし、鞍上の松岡正騎手とは手が合う。脚がそれ程長くないというか、一瞬なので使い所が難しそう。でも7歳にして充実期に入ったので今後もおもしろいのでは?

5着のサングレーザーはパドックでは、今回は厳しいとジャッジし買いませんでした。岩田康騎手得意のイン突きも勝負には関われず。ただ復調の気配バリバリなので、今後もGⅠを賑わせてくれるでしょう。

6着のモズアスコットは坂井瑠騎手が好位直後からの競馬。脚が溜まらなかった可能性あるも、京王杯SC使えていたらなぁ。

7着のケイアイノーテックは良い競馬してはいるんですが、このカテゴリのTOPでは少々厳しそう。新たなカテゴリへの挑戦に期待。

8着のステルヴィオはやはり前走の影響はあったでしょう。地力はあるので復調すればとは思いますが、ちょっと気になることも多々。

9着のロジクライは出っぱのアレで、遠慮した競馬。他馬への迷惑はもちろんですが、同馬の馬券買った人にもアレでしたね。

10着はペルシアンナイト。本質的に東京マイルは微妙が故、あの不利が全てでしょう。相当、上手くいってもこのメンバーではというところでしたから。

11着のサクラアンプルールは、今後どの路線に行くのか?マイルは問題ないもレースレベルとコース形態なのかな?

12着のロードクエストも不利受けながら頑張りました。名バイプレイヤーとして今後も活躍してくれるでしょう。1つ言うなら、差し追い込みながらその脚の破壊力が落ちていそう。もっと良い位置で折り合えたら。厩舎力高い小島茂厩舎ですし、衰え感じませんのでまだまだ期待できそう。

13着のスマートオーディンには大きな期待。パドックでも外側を堂々周回していました。現状の力なのかな?

14着はフィアーノロマーノは左回りでは?それとココまでのメンバーも初。南半球産で半年遅い生まれ。秋になり、自身向きのコースなら!

15着のエントシャイデン。マイルは合うも、持続勝負の安田記念向きのキャラではないかな?

さて問題の16着のダノンプレミアム。ウマンも言ってましたが、伊藤正徳元調教師がパドックで硬いとの弁。個人的にはそれ程硬いとは思えなかった。やはり実際に現場で携わってきた一流の方は違うのでしょう。ただ不利が全てとも言えるでしょう。馬主さん含め、陣営は悔しかったでしょう。馬が無事で何もないことを望みます。

個人的にも馬券成績は10Rでプラスになっていましたからメインは軽い勝負で、素晴らしいレースを期待していたんですけどね。ノーザンファーム一極集中耐性云々を言うケースはあるでしょう。また外国人騎手偏重云々も同様。先週のダービーに関してはちょっとそういった面もあるのかな?とは思いましたが、今回は別。前途有望な馬達に悪影響が出ないことを望みます。

こんな感じだそうです。ボクも正直ガッカリでしたね。さて今週からGⅠは一休み。ですが、オモシロそうなレースはいろいろ。ならばオヤジさんにスポーツコンテンツとしてではなく、一博打として高配当が取れるように頑張ってもらいましょう。またまたいつものは動画なりにしてアップしますので、良かったら見に来てください。

最後までお読みいただきありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

byウマン&競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji