宝塚記念2019!ちょっとしたデータと馬体を見た感想他。

競馬オヤジの壺

こんにちわ。ほのぼの福招きサイト、競馬オヤジコーナーアシスタントのウマンです。先週の競馬はいろいろありました。オヤジさん、基本的にはノリが悪くて、予想も少なかったですし、ユニコーンSでは見当違いでスミマセンでしたって。オヤジさん曰く、

「雨上がりの軽い馬場と微妙なHペースで、距離長め志向の有力馬の脚が溜まらなかった!」

って。元々、ワイドファラオについては、芝でもそこそこの評価していた位でしたから、勝たれても驚かないって。それを聞いていたのですが、人気サイドが崩れちゃったからなぁ。ボクはユニコーンSは残念でしたという所も、その前のレースでオヤジさんが、本命党の出番って言ってたから、堅め馬券に投資してどうにかプラスでした。オヤジさん、今週は宝塚なのに、忙しいから原稿出せないかもっていうので、先週の回顧他は割愛させてください。その代わり、僕がオヤジさんにいろいろ聞いたので、各馬のコメントについてはあまりカットせずにオヤジさんの言葉に近い状況でお伝えします。では宝塚記念2019のいつものに行ってみましょう!

ちょっとしたデータ!

3歳馬と高齢馬は苦戦。具体的には7歳以上は馬圏内は昨年の香港馬・ワーザーのみ。前走クラスは重賞以上。OP出走は例外も勝って参戦の場合は要注意。目黒記念の場合は連対が必須で鳴尾記念の場合は負けても好走(0.2程度)がめど。天皇賞春出走馬ではレースの消化数がポイント。ココが4戦目で、前走掲示板に載れていないと調子落ちの可能性大でアウト。この時期の阪神2200mはかなり独特なコースで、向き不向きがハッキリ。前年出走し6着以下馬は敗戦の理由が必要。ない場合は適性なしの可能性大。前走人気も重要で二桁人気馬は苦戦。

続いて、登録馬。

指数と馬体を見た感想他のコメント。プラス材料大は赤文字、プラス材料小にはオレンジ文字。強調材料なしには緑文字!マイナス材料大には紫文字、マイナス材料小には青文字

※指数については出走馬の過去指数の相対的なものになります。また過去最高指数に近走状態を加味しており、国内レース中心・当該距離にて評価しております。A~Eで想定。A本命級 B次点 C連下なら D恵まれて E厳しい 更に同じランクでも上下を付ける場合もあります。3歳戦の場合、サンプルが少ないので指数は拮抗しています。

また昨年及び今期成績の良い厩舎力の高い厩舎(東西リーディング10位以内と重賞成績をメドとする)にはを!

競馬ブックweb(有料)や競馬ラボ(こちらは無料)に馬体写真があります。またそこに馬体のコメントもあります。参考にどうぞ!

アルアイン 指数A下 5歳牡馬 栗東池江寿厩舎 北村友騎手予定 前走GⅠ大阪杯9人気1着 阪神3010

やや重心が低く、かなりの筋肉質ながらも、この父産駒らしく品の良い箇所も多数。まずは何より顔。頭のサイズが良好で男前ですね。皮膚は少々厚く筋繊維もやや粗く硬めっぽく収縮力は微妙も首に胸前にお尻の力感は相当。また腹袋から底力も上々。体幹面が詰まり過ぎの印象で運動神経や瞬発力自体は微妙も、器用で重厚なスピード能力はGⅠ級ですからね。早い段階から上々の形相をしていましたが衰えも感じません。さすがは名門厩舎。前走時はブリンカーの効果も大でまた、新聞等の記事を鵜呑みにすれば、鞍上はムチを敢えて入れなかった(肩ムチも)とのこと。顔付から賢そうですし、もしかしたら我が強いのかも?ムチ云々はアレですが、一流馬にはこういった主張が強いことは多々ありますからね。ただ今回の写真では馬体が緩く見えるんですよ。柔らか味とはまた違う。また右前が接着装蹄。前走、ブリンカーも2度目だったので一般的に最も効果が表れるとも言われています。ま、馬にもよりますが一応そういう考え方は強い。名門厩舎が、ココ勝負とばかりにメイチ仕上げを施した結果が大阪杯の勝利だったのでは?本質的には重は向くので、最終追いや直前の気配まで目は離せないも、現時点ではなぁ…というところ。

エタリオウ 指数B 4歳牡馬 栗東友道康厩舎 横山典騎手予定 前走GⅠ天皇賞春2人気4着今季3戦目 阪神0301

以前からコメントしている通り、友道康厩舎は体幹面がしっかりして、四肢の回転で走るやや長距離型の育成が本当に達者。現役厩舎でもTOPでは?とまで思わせます。このエタリオウも同様。母系はアメリカのスピード&パワー系も、同馬のシルエットからは長めの距離向きというのは分かります。むしろ細身でやや長手の馬体の産駒が出易いステイゴールドの産駒ながら、体幹面他しっかりし、身が詰まっているフォルムは好感。その分、器用さは微妙でもありますが。四肢は軽く繋ぎのバネも良好。ただこういったタイプは意外と重馬場は苦にしないケースも。前走はフィエールマンをどうやったら倒せるか?!苦肉だったとの見立て。掛からないようにブリンカーを浅めにしたことで、思いの外、どころか予想を遥かに超える程位置取りが後ろに。ココまでまだ1勝馬という面からも分かるように、クセは強い。この距離コースをこの面子で勝ち切るには指数も少々足りないが、勝負所で思い切った騎乗ができ、クセ馬を乗りこなす横山典騎手騎乗ということで評価を変えざるを得ないでしょう。

キセキ 指数A 5歳牡馬 栗東角居勝厩舎 川田将騎手予定 前走GⅠ大阪杯2人気2着 阪神1221

首に胴に四肢、全てが伸びがあり、背と下腹のラインや腰高な面に後肢の感じは父似の感。皮膚が抜群に薄く、筋繊維が繊細な面は母父なのかな?非常に見映えする馬体。跳びがかなり大きく、リズムで走るタイプで長く脚を使います。こういった走法の馬って、自身のペースなら割と距離の融通が利く印象。背中の収縮がとっても良さそうに思うのですがどうでしょう?また前腕等、四肢の力感も上々ですよね。厩舎でお世話している方々は良馬場希望とのコメントも、跳びが大きい走法ながら重は鬼の部類と見ています。また路盤や芝もそれ程問わないのでは?とも。気性面が成長してきたようで、位置取りに関しても融通が利きそう。同馬の場合は、どの距離でどこで競馬しようがラスト1ハロン。スピードの持続には長けているも、ちょっとした緩急の問題で、適性高い他馬にやられてきた感。関係者コメントに逆らう訳ではないが、この条件の場合、馬場は悪化した方がとも思えるのだが…。

クリンチャー 指数B下 5歳牡馬 栗東宮本博厩舎 三浦皇騎手予定 前走GⅠ天皇賞春4人気10着今季3戦目 阪神1010

ここ3走は海外遠征の影響が残っていたのでしょう。調教の動きというか、時計的にはむしろ良くなってきた面もありそう。陣営が懸命の立て直しを行っているのでしょう。宮本博厩舎はそれ程大手御用達ではないも勝ち星他、結果を残す腕達者。勝ち数で↑は付けられていませんが、かなり腕のある厩舎。同馬のような地味な血統で、ともすればダート向きになりそうな馬でも、芝の中長距離でキッチリ結果を出しているのは素晴らしい。また強過ぎる相手に負けた時、メンタルが厳しくなるケースも多い昨今ですが、意外にも雑草的に使いながら挑んでもいます。馬としてはパワー&スタミナタイプで四肢の感じからある程度の時計勝負はok。繋ぎのバネなんか上々です。阪神2200mは過去走から結果は出ているので、穴党から支持を集めそうですし、ココで復活しても驚けない。前走時はやや緩かった印象があり、京都の路盤からは良い方にとって見たのですが、やはり堅めの筋肉の持ち主でもあり、マッチョ感は必須なのでしょう。とにかく追い切りの動き注視でしょう。

ショウナンバッハ 指数C 8歳牡馬 美浦上原博厩舎 吉田豊騎手予定 前走GⅢエプソムC12人気4着 阪神0001

キタサンブラックの兄ながら長い活躍は立派。好走時の指数はかなり高いも、平均すると微妙な面も。ハンデ戦で54㎏以下。そして左回りの中距離というのがツボだと思うのだが。パッと見はさすがのシルエットなので、もしかしたらやや非力な面があり、好走条件が限られている可能性。腹袋から底力も上々ですし、衰えもなさそう。先に述べた条件であれば、大物喰いもありそうだが。

スティッフィリオ 指数C上 5歳牡馬 栗東音無秀厩舎 丸山元騎手予定 前走GⅠ大阪杯13人気7着 阪神2102

多くのステイゴールド産駒らしく、馬格や骨量自体はボチボチもシルエットに伸びがあり、メリハリの効いた好馬体。筋繊維自体はこの中に入ると平均点というか、筋肉量自体は少な目で柔らか味や収縮力の強さも平均的なのかな?とっても良い馬ではあるのですが、まだ牡馬としての重厚感も微妙ですし、体幹が緩そうで底力が問われるGⅠになると何ともだなぁ。皮膚は薄くて一流馬の肌感ですし、流線形っぽいフォルムは上々。今回も接着装蹄なんですね。蹄自体が薄いタイプなのか脆いタイプなのか???また58㎏は初。このメンバー相手にどうか。

スワーヴリチャード 指数A 5歳牡馬 栗東庄野靖厩舎 M・デムーロ騎手予定 前走GⅠドバイシーマC3人気3着 阪神2100

左回り巧者という印象が強い同馬。ですが、阪神は巧者の部類。幾らか東京の方がスムーズという程度なのかも。基本的には直線入口の勝負所で内にキレ込む所があるので、ラチを頼りたいのかも?また大型馬ながら、他馬との接触で直ぐにヤル気を失ったり、持ち得る能力は相当も気難しさも相当なのでは?馬体自体は相変わらず見栄えがします。ハーツクライ産駒らしく、伸びがあるも母方の影響でしょう、胸前やトモの丸みを帯びた感じや、多少の皮膚の厚さは個性的。個人的には意外と使い減りしないのでは?とも。手先の感じから時計勝負okも本質的にはパワータイプなのかも?昨年の大阪杯や一昨年のアルゼンチン共和国杯のように、気持ち良く走った時の能力の天井自体は相当の可能性。東京向きという概念を忘れ、ラチを頼りたいタイプで、かなり気難しい馬という方に考えた方が良さそう。海外帰りも銭形が浮き、体調は良さそう。

ソールインパクト 指数C下 美浦戸田博厩舎 騎手未定 前走GⅡ目黒記念9人気3着 阪神0002

馬格あるも、典型的な軽い長距離型。基本的には長距離ハンデ重賞でそこそこの好走を繰り返すタイプ。そういった面からは本質的にはステイヤーではなく、折り合い付くクラシックディスタンスタイプなのかも?故に同馬向きのレースでも勝ち切れないのかな。ただ使い減りしないタイプで、メンタルもタフそう。阪神2200mは結果出ていない面がどうか。

タツゴウゲキ 指数B下 栗東鮫島一厩舎 秋山真騎手予定 前走GⅠ宝塚記念16人気15着1年ぶり 阪神1024

脚元に不安があるだけに、調整も大変なのでしょう。筋肉はやや硬めに感じる面から、夏の方が良さそう。とはいえ写真からはキッチリレースに出走できる所までは仕上げられています。さすがの厩舎力でもありますが、牧場のケアも良好だったのでしょう。骨量自体は上々で、言い方は悪いも無骨な中距離型という印象。得手不得手がハッキリしていそうなタイプで、太い首差しに肩の傾斜がやや立ち気味で、発達したお尻の筋肉に後肢の曲飛気味な面などから好位について行って、一瞬で抜け出す競馬で結果を出してきたのが良く分かります。距離的にも2000m前後向き。衰えなく、脚元が無事なら平坦の速力比べは向く。

ノーブルマーズ 指数B 栗東宮本博厩舎 高倉稜騎手予定 前走GⅢ鳴尾記念6人気5着0.4差 阪神2123

ジャングルポケットの産駒ですが、母方の影響が強いのでしょう、かなりの筋肉量。パッと見的には底力満載のロベルト系に父がマッチした印象。太い首や、張った胸前にお尻の筋肉も上々。四肢は軽いもパワー相当ですし、繋ぎが少々短めなので馬場の悪化は味方になるタイプ。同馬の場合はラップにミソというか、ツボがありとにかく上がりが掛かる我慢比べのような勝負が向く。ただ前走、時計や上がりの速いレースを使った効果も見込め、昨年同様の驚きがあってもおかしくない。デキも上々で、毛艶は出走馬の中でも一番よく見える程。出っぱは速くはないが、いざとなれば自身で競馬も造れるタイプ。馬場含め、同馬向きになるかどうか次第。

マカヒキ 指数B 栗東友道康厩舎 岩田康騎手予定 前走GⅠ大阪杯10人気4着 阪神0002

母方の影響もあって、やや立ち姿は縦型で少々硬そうも、抜群に繊細な筋繊維と柔らか味の持ち主。また皮膚の薄さは素晴らしい。キレ一辺倒のイメージも大きなストライドで割と長い脚!胸が深いので心肺機能は上々でしょう。また胸前やトモの身入りに張りはさすがダービー馬という所。この馬の資質は相当高いのは分かっていますが、世代レベルが高く、また育成自体も早かったが故、クラシックのレベルが近年でTOPと言っても過言ではなく、それなりに仕上げないとという面子。マカヒキも皐月賞辺りから素晴らしい成長で好馬体を誇り、その強さを見せつけていました。言い方変ですが育成や馬の完成はノーザンFの思惑からの匙加減もあると思います。が、ダービーまでのこの世代は相当。世間やファンの評価は未だ懐疑的も同馬自身は大分立ち直ってきた印象。ただ前走を評価すると微妙な面も。というのも指数自体はそれ程でもなかった。同馬のファンには怒られてしまいそうだが中位安定という感。ココもこのメンバーで勝ち切るには、海外帰り馬や前走GⅠ好走馬が力を発揮できずに、レース自体の指数が低めになることが必要か!?とはいえ、後方でノンプレッシャーな位置から直線勝負なら!

リスグラシュー 指数A 栗東矢作芳厩舎 D・レーン騎手予定 前走GⅠ香港QE2世C2人気3着 阪神1230

早くから一線級で活躍していましたが、ココにきて覚醒してきた感。筋肉は元々、少し硬めで枯れたような印象が強かったんですが、量も増え収縮力がかなり増した気がします。繋ぎは繊細ながらも、それ程、長い方でもなく、馬場の悪化もok。そう考えると、3歳時は素質と底力で牝馬クラシックを好走していたのでしょう。今回、胸前やトモの張りは素晴らしく背のラインや下腹からも、一流牝馬らしい底力がありそうで迫力を感じます。昨年のエリザベス女王杯の勝ち方や今年のレースを見る限り、ハミ受けにクセがありそう。元々は当たりの柔らかい騎手が良いとのジャッジを陣営もしていたが故、戸崎圭騎手や武豊騎手をピックも、掛かるギリまでガッチリハミを掛け、操る方が向く可能性。前走のマーフィー騎手も3着ながらキッチリ操っていましたし、昨年のモレイラ騎手の時の脚は鮮烈。そう考えると、レーン騎手というのはかなり向く感。馬格自体は460㎏前後も、深い芝も問題ない同馬。降雨で悪化しても対応するでしょう。また脚の使い所も独特で、阪神の内回りは向きそう。牝馬ながら上がりの掛かるレースもok。

レイデオロ 指数A上 美浦藤沢和厩舎 C・ルメール騎手予定 前走GⅠドバイシーマC1人気6着 阪神1000

同馬のレースでの難しさは今回のギャロップ誌の表紙見ても一目瞭然でしょう。クロス鼻革だけでなくハミ他も陣営が細心の注意の感。海外遠征での気候の変化やナイターでパ二くるのかも?また敏感過ぎてルメール騎手のように折り合い達者な騎手じゃないとダメなタイプと見ています。馬体自体は見所十分。母父の影響か骨量抜群で父の影響で筋肉量も豊富。しかもまだ進化中では?伸びのあるシルエットながら体幹面は微妙で速い動きも同様。ストライドはソコソコ大きいも、肩の傾斜が立ち気味でこういったタイプは急坂が味方になるケースが多い感。あ、背腰の強さはある程度必要ではありますが、同馬はさすがと言えるでしょう。全弟のレイエンダより重心が高く、距離の融通性があるフォルムも本質は中距離。元々、緩い路盤向きと見ていたのですが、獲得したGⅠがいずれも東京の芝。個人的には中山や阪神の方がキャラを発揮できると見ているのですがどうでしょう?阪神では3歳時に強い競馬。小回りも問題ないので海外帰りのメンタル次第でしょう。

総評~っす!

★続きはYouTubeにて動画版で配信中★

では第60回GⅠ宝塚記念。素晴らしいレースで、馬券が取れますように。

byチーム競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji