宝塚記念2019の回顧等とローカル競馬について!

競馬オヤジの壺

こんにちわ。福招きサイト、競馬オヤジの壺担当のウマンです!

先週の馬券成績はいかがでしたか?ボクはこのブログで掲載しているレースでは、札幌最終の3連複と宝塚記念の3連単・3連複と東京最終レースの3連複をゲットと、とっても良い一日になりました。宝塚記念はオヤジさんに逆らってレイデオロ軸にしようかなって考えていたのですが、オヤジさんが直前に

「キセキと見比べてご覧!レイデオロはちょっと危ないかも」

って言っていたので、軸をリスグラシューに!ま、オヤジさんに完全乗っかり(笑)でも、それが良かった。調教でも少し気になるところがあるとも言ってましたから。それにしてもリスグラシューは強かった。オヤジさんはあそこまでとは思っていなかったし、あの位置取りはさすがのレーン騎手だねって。

そう言えば、レーン騎手のお父さんが来日していたとの情報がありました。まさかとは思うんですが、通年免許取得に向けての下調べ???オヤジさんは近年、来日した騎手ではマーフィー騎手を高評価していましたがレーン騎手も同様って。でも馬券購入する競馬ファンなら誰でもそう思いますよね、敢えて言われなくても。ただオヤジさんはデットーリ騎手はもちろん今も現役ですからアレですが、やキネーン騎手やファロン騎手に最近はアレですが、デザーモ騎手らのレジェンドもリアルタイムで、一部は現場で見てますからね。今度、騎手についての見解も聞いてみようかな。

さて前置きが長くなりましたが、宝塚記念の回顧、行ってみましょう。

GⅠ宝塚記念 リスグラシュー号 優勝!

おめでとうございます。

矢作芳厩舎 D・レーン騎手

キャロットファーム ノーザンファーム生産

勝ちタイム 2.10.8 勝ち馬上がり 35.2

12.6 11.4 11.5 12.4 12.1 11.9 12.0 11.6 11.5 11.4 12.4

ペース判定 スロー 1000m通過 1.00.0 レース上がり 35.3 

このメンバーでこのラップ故に前に行った馬有利のスロー。当日の馬場状況からも差しが決まらない訳ではないことからも、位置取りは重要だった。ペースを完全に読み切っていたかのように、リスグラシューは前に行き、キセキに楽逃げさせないよう完全マーク。コーナーの入りでややラップは落ちたも、やや緩めもそこそこの持続ペースに。

勝ったリスグラシューは鞍上とのコンタクト抜群。今回の位置取りは過去初でしょう。それでもキッチリ折り合っていました。ハミを掛けながら、折り合いを付けているように見えたんですけどね。こういった騎乗はやはり外国人騎手ならでは。4角でも余力十分で直線ではグイグイと抜け出しました。ラストのラップは抜けて1頭になってのもの。細身の牝馬ながら、緩い路盤や、やや悪化した馬場を苦にしないどころか、むしろ得意の部類。完全に本格化しましたし、今後も楽しみですがノーザンファームの生産馬は6歳から繁殖に入りますからね。正直、まだ強くなりそうな気もしなくはない同馬。コレはあくまでも私見になりますが、ヨーロッパのGⅠでも十分戦えるのでは?

2着のキセキはパドックで威風堂々。同馬も昨年秋ごろから馬が変わってきた感。ただ今回は出っぱが悪かった。位置取るまでに結構脚を使いました。またリスグラシューの徹底マークは想定外だったのでは?それでも十分に格好は付けてくれましたけどね。先日もコメントしましたが、馬体が父のルーラーシップに似てきた感。かなりの能力の持ち主であることは間違いないのですが、まさかのキャラまでは似なくても。ゲートの悪さに意外と取りこぼしが多いという面。もう一皮むけそうな気もしますし、育成技術が屈指の角居厩舎ならって今後も大きな期待。

3着のスワーヴリチャードは遠征帰りながら、陣営が抜群の調整。最終追いが芝であったことを危惧する声があったも、ジャッジとしては正しかったのでは?ただ枠のせいや、強力な逃げ先行馬がスローペースで前にいた故、好位の内を取れず、マクりも難しかった。デムーロ騎手はどこかでラチ沿いに入れたかったと見ています。ですが、ドバイ遠征帰りで3着は立派。ただ同馬のキャラに関しては、このサイトをご覧いただいている方ならご存知でしょうけど、動画やブログでコメントした通り、新聞他、トラックマンや予想家の方々とは違う見解になりそう。これについては改めて。

4着のアルアインはパドックで見た時、あぁ~さすがのノーザン&池江厩舎だなぁって思いました。というのも、大阪杯後、間違いなく緩めたと思いますが、この期間でGⅠを戦える仕上げに。しかしディープインパクト産駒ながら枯れないタフさは凄い。レースでも闘志満々でした。胸が深く心肺機能が抜群故、距離の融通は利くも今後の路線はどうするんでしょう?マイルCSを秋の最大目標なんてのもおもしろそう。

5着のレイデオロはなんだか、オーラがなかったというか、筋肉の張りもやや物足りなかった。ただ形相的な面以上に、前を歩くキセキと比べると、威風堂々とした雰囲気に欠けていた印象で、パドック見て今日は怪しいなぁって、直ぐに思いました。ただこちらの見立てにも、もしかしたら問題があって、本質的には軽い芝の王道タイプなのかも?これに関しては過去走のラップ等でもう一度検証の必要がありそう。ただ思った以上にメンタルやられていたのかも?返し馬のルメール騎手の様子からも、ちょっとナーバスになっていたような気もしましたから。

6着のノーブルマーズはもっと緩い馬場だったら。このメンバー相手に一か八かの追い込み!降雨で上がりが掛かる馬場だったら昨年のような好走があったかもですね。

7着のスティッフェリオも一雨欲しかったのでは?個人的にはそう考えてます。スタミナはかなり持っていますから我慢比べの方が良かったでしょう。ただ牡馬にしては小柄な方で58㎏でこのメンバーでしたからねぇ。穴党からは結構人気していましたから、期待した人は多かったでしょう。まだ成長途上っぽいので今後には期待したいところ。

8着のクリンチャーは馬体自体は悪くなかったと思います。やはりどこかでメンタルに不調があるのかな?他馬を異常に気にしていそうなので、何か嫌なことがあったのかな?元々そういう面があるのかもしれませんが、海外遠征で何かあったか???バラける展開やコース形態は必須なのかも?ただ一度こうなると立て直しは大変そう。

9着のエタリオウはレース前はかなり不気味でした。3角では大外の外を離れてマクろうという騎乗だったのでは?ただ馬はそこで一杯というか、ちょっとリズムがどうなんだろう?前走にしても騎乗ミスではないと言ってきましたが、ブリンカーの深さや調整等、陣営も賢明に試しています。ただ気性の難しさが想像以上なのかも?

10着のショウナンバッハはこの条件でよく頑張りました。こういうことをコメントすべきか迷いましたが、ショウナンの国本哲秀氏が関係性の深い吉田豊騎手への快気祝いがてらのGⅠ出走だったのでは?そもそも同馬は左回りの長い直線のハンデ戦で54㎏以下だと、上級重賞勝ち馬相手にも好走しますから。話を戻しますが、そういった関係性って素晴らしいことですよね。徳を積んだ馬主さん(国本氏)には素晴らしい結果も!函館と東京のメインでは持ち馬が勝ちましたから。国本氏の所有馬&吉田豊騎手の今後の活躍を応援したいと思います。

11着のマカヒキは調教が良かったという声が多かった。ただ個人的にはあまりそうは思えなかった。同馬のキャラ変に関してはあまり良いというジャッジではないので。パワー型になってきたのは加齢から理解できるも指数自体は中位安定。ファンにお叱りを受けそうですが、現状ではGⅡの上級重賞止まり。陣営がいろいろ模索し、同馬を信じもう一花咲かせたいというのは分かります。ただ4歳秋には復活を期待して馬券を買った競馬オヤジ的にはあのキャラのままでの上がり目がないことを認識。素晴らしい馬なんですけどね。皐月賞~ダービー時のオーラあるあの馬体は凄かった。ダービーと凱旋門賞を取りに行った陣営の勇気ある決断は今でも素晴らしいと思います。只それ故、やはり影響はあったとも。

12着のタツゴウゲキは良く出走にこぎつけました。陣営も相当苦労したのでは?脚元さえ無事なら、サマーシリーズでの活躍は楽しみですけどね。

こんな感じだそうです。オヤジさん的にはルーラーシップって、ピーク前に引退しているから良好な産駒の成長力は相当の可能性大だって。ただゲート等、キャラが似てくるのはねぇって。結局、血統的・馬体的評価は最上級でしたから、ゲートが酷くなってきたから引退早めたのでしょうって言ってましたから。

さて今週からはローカル競馬!オヤジさん、実はかなり得意。状態の有無とキャラを踏まえた上で、指数を当てはめると良いって。ただこの所、オヤジさん忙しくて指数の補正が間に合っていない面もあり、精度が少々甘くなりそうって。頑張ってって言ってるんですけどね。もしかしたら今週は特注馬!のような形になるかもしれません。動画に関してはなかなかチャンネル登録していただける方が少ないので、少々後ろ向きにもなっているよう。まだまだ頼りない運営ですが、頑張りますのでチーム競馬オヤジをどうぞよろしくお願いします。

帝王賞の予想に関しては、このサイトになるか動画になるかは分かりませんが、アップ予定です。ま、どうせあの馬になるとは思いますけどね(笑)

では最後までお読みいただきありがとうございました。今後もよろしくお願いします。

byチーム競馬オヤジ

 

Posted by KeibaOyaji