競馬オヤジが考える、GⅠジャパンダートダービー2019について。

競馬オヤジの壺

こんにちわ。ほのぼの福招き、競馬オヤジの壺担当のウマンです。明日は大井競馬場にて3歳ダートナンバーワン決定戦、GⅠジャパンダートダービーが行われます。

オヤジさんの見解についてをまたまたネタにしたいと思いますが、その前に少々、お知らせを。まずは今後、オヤジさんの都合により、競馬オヤジの壺は不定期になりそうです。よって、今週末の函館記念は原稿がくれば当サイトもしくは動画にてUPします。秋のGⅠシーズンに入ってからどうなるのか?についても、その時の状況によるとのこと。特に動画の方はなかなか再生回数他も増えないため、オヤジさんが気を遣っているというのもあります。どうするかが決まり次第、お知らせいたします。またオヤジさんの見解(指数他)についても、あくまでも個人的なモノなので、参考程度にとどめて欲しいとも。というのもこの所、指数の補正他がやや遅れ気味とのこと。当てにしてくれるのは嬉しいのだけど、迷惑をかけてしまっても申し訳ないとも。

確かに本職ではないので、なかなかそれに時間を費やすことも難しいのでしょうね。でもボクもオヤジさんの見解を当てにしている一人。ココまでもおいしい馬券を何度も取らせてもらっているので、どうにか続けて欲しいと思っています。ではGⅠジャパンダートダービーの見解、行ってみましょう。

ちょっとしたデータ!(過去10年)

JRA所属馬が強く、基本的には人気サイドのレース。地方所属馬では船橋2大井1で他地区は苦戦。距離経験は重要で地方所属馬なら東京ダービーに出走し、3着以内が必須。JRA所属馬はマイル以上の重賞やOPでの好走、もしくは古馬混合1000万下の勝利が条件。

*指数は1800m以上で算出。地方馬の指数の精度はやや低め。JRA所属馬との比較による想定との見解です。ご了承ください。

1枠1番 グリードパルフェ 指数C 船橋山田信厩舎 笹川翼騎手予定 東京ダービー4着

やや勝ち切れないタイプもしぶとい脚を使う。

2枠2番 ヒカリオーソ 指数B下 川崎岩本洋厩舎 山崎誠騎手予定 東京ダービー1着

前走は狙いすました見事な仕上げに好騎乗。元々2番が利かないタイプでココは相手強化も、意外と地力はあるが…。

3枠3番 ロードグラディオ 指数A下 栗東西浦勝厩舎 M・デムーロ騎手予定 阪神1800m1000万下1着(古馬混合)

芝でソコソコも、いよいよダートに舵を切ってきた。速力はこの中でも一番で、鞍上にはデムーロ騎手。後は距離か!?

3枠4番 ミューチャリー 指数B 船橋矢野義厩舎 御神本騎手予定 東京ダービー2着

前走惜敗も、現南関東の一番馬!JRA祖y族馬のハードルは高いが、同馬の指数も決して低くはない。ただ2000mでは前走のようにキレに陰りも。

4枠5番 デルマルーヴル 指数A下 美浦戸田博厩舎 戸崎圭騎手予定 前走GⅡUAEダービー4着 GⅡ兵庫ジュニアグランプリ1着 全日本2歳優駿2着

JRA所属の3歳ダート路線では2番手クラスも前走はドバイで世界の馬相手に好走!能力云々の前に、遠征帰りの影響に注視。

4枠6番 トイガー 指数C上 美浦高市圭厩舎 宮崎北騎手予定 前走東京2100m1000万下7着(古馬混合)

前走の古馬混合1000万下での敗戦は現状での力とは言えないも、指数的にはやや足りず。ただ展開のカギを握る1頭故に不気味さも。

5枠7番 ホワイトヘッド 指数C 船橋川島一厩舎 本橋孝騎手予定 前走3歳O若竹賞1800m1着

地方のTOPクラスとだとまだ力差があるか!?馬主名は不気味ではあるが…。

5枠8番 サクセッサー 指数C下 船橋佐藤賢厩舎 石崎駿騎手予定 前走東京ダービー12着

力ある堅実派も、南関東所属の2番手クラスか!?もう少し、力付けば!

6枠9番 メスキータ 指数C 栗東山内研厩舎 松山弘騎手予定 前走阪神1800m1000万下13着(古馬混合)

世代OPクラス及び、古馬混合1000万下だとやや足りず。指数的にも伸ばす必要がある。

6枠10番 デアフルーグ 指数A上 美浦鈴木伸厩舎 津村明騎手予定 前走GⅢユニコーンS7着 中山OP1800m戦1着

1800m以上の指数TOP。前走はラップ的にはマイラーのレースで不向きだったのは明らか。そもそも、力のいる砂の中距離向き。使ったことで馬に疲労が蓄積されていなければ良いが…。

7枠11番 ドウドウキリシマ 指数C下 栗東村山明厩舎 真島大騎手予定 前走阪神1400m500万下2着

川崎、浦和で勝ち上がり、JRAでは500万下で2着まで。距離経験もなく相手強化で厳しい。

7枠12番 クリソベリル 指数A 栗東音無秀厩舎 川田将騎手予定 前走GⅡ兵庫CS1着

関係者の話では現3歳ダート路線でナンバーワンの呼び声。血統的にも異論なくココは通過点か!?今年の後半にはルヴァンスレーヴなどの強豪古馬を見据えている感。賞金の加算問題もあり、ココは負けられぬか!?

8枠13番 ウィンターフェル 指数B 船橋川島一厩舎 森泰斗騎手予定 前走東京ダービー3着

中長距離ダートではこの世代の南関ナンバーワンの1頭。堅実派でGⅠクラス(S1)と芝以外での大敗はない。

8枠14番 ナンヨーオボロヅキ(牝馬) 指数C下 高知雑賀正厩舎 赤岡脩騎手予定 前走高知優駿1着

JRA、南関以外からの唯一の参戦。またただ1頭の牝馬も高知優駿の勝ち馬。枠厳しいも逃げてどこまで!?元々JRA所属で侮れぬ可能性。

総評~っす!

まず、デアフルーグの前走が気になります。本音を言えば、使わない方が良かったのでは?とも。というのも、過去走の中距離指数ではこのメンバーでも僅差のTOP。本来ならクリソベリルとの2強という存在も人気的には大分差が付いた感。ただ以前より、クリソベリルは関係者の間で世代ナンバーワンの逸材(ダートで)とのコメントは多く、陣営も今年後半にはルヴァンスレーヴなどの最強クラスとの対戦を示唆してもいる。その馬と真っ向勝負するため、スピード強化という面からマイル参戦は賛成も、前走は余計(2回続けてはどうか)だった可能性も。

ダートは芝に比べ、過去走の指数や調教の動きに、関係者コメントを真に受けやすいと、競馬オヤジは考えている。血統面からもクリソベリル自身、相当な器の可能性も。POGの時、競馬オヤジは注目しJRA-VANのPOGでは指名した1頭。ダートでもポイントを稼いでくれるとの見立ても、陣営が大事に使ったが故、あまりポイントは稼がなかったが。

またつまらない予想で恐縮だが、基本的に馬券の中心にはクリソベリルで良いとのジャッジ。

相手には本質的にはデアフルーグという所も、先に述べたような疑問があり、当日の仕上がりは要確認。ならばロードグラディオという考えから同馬が2番人気になりそう。確かに前走は強かったし、先般帝王賞を勝ったオメガパヒュームが昨年、古馬混合1000万下を勝って、ココで2着と力的には足りる。元々芝を走っているようにスピード的にはココでは上位。ただそれでもダートはまだ2戦目。もちろんナイターの経験も地方コースの経験もなし。飛び付くにしても、当日の状態は確認すべき。

デルマルーヴルも上位の存在。ただ明け3歳で3月末にドバイで出走し今回と、ローテ的にはかなり厳しい。鞍上は魅力も同馬も仕上げを確認すべきで、人気からも現状では食指が動かない。

というのも、今年のメンツ的にはクリソベリル以外のメンツはある意味良し悪しが明確で、一長一短。ならば地方所属で勝負できる可能性。指数的にもJRA所属馬以上を掲示してもおり(競馬オヤジの計算では)馬券内は十分。但しデータ通り、東京ダービーの1~3着馬のみとなるだろう。

今回は当日の気配を見なければ、最終的な優劣は付けられないが、あくまでも個体の能力値等から付けるならば

クリソベリル本命で対抗には、デアフルーグ。本命馬から単穴はなしで☆にはロードグラディオ。注にはミューチャリーを。△1にはウィンターフェル。△2にはデルマルーヴルという所。気配良好ならヒカリオーソは3連系には組み込む可能性も、前走素晴らしい仕上げに好騎乗という面から評価は上げられなかった。またその他のJRA所属馬に関しては、1枚下の存在なのは明らかで、相当な状態であれば3連系の馬券に組み込む程度になりそう。

現状、重馬場(前日の昼)ではあるが、そこそこフェアな状況でのレースになりそうでもあり、JRA所属の上位3頭は強いというジャッジで良いでしょう。ただ東京ダービーの2,3着馬の評価はそれなりにすべきとの見解。

こんな感じだそうです。参考になりましたでしょうか?オヤジさんはとにかく直前の気配をしっかり見ることと、東京ダービー上位馬を舐めないようにとのこと。時計的にはやや微妙ではあるも、侮れないよと。よって3連系の馬券は工夫すべきとの見解。本命党は枠単のオッズに注目してとのことでした。デアフルーグに対してはかなりの高評価で、状態如何によっては逆転も考えられるんだけどねとも。

ではGⅠジャパンダートダービー!素晴らしいレースになって、馬券が取れますように。

byチーム競馬オヤジ

Posted by KeibaOyaji